フォト

管理者

カテゴリー

« 月食 2011年12月10日 #moon | トップページ | 北朝鮮・金正日の死去直前に統一教会・文鮮明教祖の7男・文亨進が来朝していた! »

2011.12.11

安愚楽だけでない!!消費者庁の不祥事 2010年1月の通報をなんと1年5か月も放置…茶のしずく健康被害事件 #agura

国民生活センターからの通報は、2010年1月。

しかもその内容は「茶のしずく石鹸の利用者6人がアレルギーになったと医師から情報提供があった」という深刻な内容。

しかし消費者庁の注意喚起は、今年の6月7日

小麦加水分解物含有石鹸「茶のしずく石鹸」について=PDF

ちなみに製造販売者の株式会社悠香(福岡県)株式会社フェニックス(奈良県)が自主回収を始めたのは今年の2011年5月20日です。

⇒厚生労働省の発表小麦加水分解物含有石鹸「茶のしずく石鹸」の自主回収について

この間、この石鹸は世上に出続けたことになります。つまり最初の通報から約1年5か月も消費者庁は放置し、被害が出し続けたことになります。

Chanoshizuku20111210

そのうえ、この間、産業育成省庁である厚生労働省は、既に昨年2010年10月15日には、「茶のしずく」に限らず、一般的に、「茶のしずく」と同様、加水分解コムギを使用している医薬部外品及び化粧品に対して、注意喚起をしていました。

小麦加水分解物を含有する医薬部外品・化粧品による全身性アレルギーの発症について|報道発表資料|厚生労働省

「今般、使用者に対して注意喚起を図る観点から、当該製品を含む加水分解コムギ末を含有する医薬部外品及び化粧品に関して注意喚起を行うこととしました。つきましては、下記事項について、貴管下の関係の医薬部外品製造販売業者、化粧品製造販売業者及び関係団体等に対し周知及び指導方よろしくお願いします。」


小麦アレルギーは発症すると、すべての小麦由来の食材が食べられなくなるという重篤な被害を生みます。
肉体被害、精神被害は、あまりにも重いです。

消費者庁の放置は、あまりにも重大です。

しかも現在でも、加水分解コムギが入った他社製品につき、一部が製造中止になったほかは、自主回収や製造中止もなされず、販売され続けています。これらの商品は本当に大丈夫なのでしょうか?

自主回収対象製品(茶のしずく石鹸と同じ加水分解コムギ末を含有する製品=厚生労働省発表

消費者庁は、この際、消費者目線にたち、発症理由がはっきりするまでは、加水分解コムギの入ったすべての製品について、自主回収をさせるなど、重大な決断を早期に下すべきではないのでしょうか。


[参考]
消費者庁、通報を放置…茶のしずく健康被害 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

消費者庁、通報を放置…茶のしずく健康被害

 福岡県大野城市の化粧品製造販売会社「悠香」が通信販売した「茶のしずく石鹸せっけん」の旧製品による小麦アレルギー発症問題で、消費者庁が昨年1月に国民生活センターから寄せられた健康被害報告など、外部からの情報を再三、放置していたことがわかった。

 悠香の製品をめぐる問題が表面化したのは今年5月以降で、同庁の対応の遅れが被害拡大につながった可能性も出てきた。

 消費者庁によると、同センターから昨年1月、「茶のしずく石鹸の利用者6人がアレルギーになったと医師から情報提供があった」と電話で連絡が入った。商品名を明らかにしたうえでの報告で、消費者安全法に基づく通知とすべきかどうかを相談するものだった。

 同法は国の組織などに対し、重大な事故などの情報を同庁に通知するよう求めている。同庁は消費者の安全確保のために情報を有効活用し、迅速かつ的確に集約・分析して、結果を公表する義務を負っている。しかし、同庁は同センターに通知を出すよう指示しなかったうえ、特に何の対応も取らなかった。

(2011年12月10日14時36分 読売新聞)

asahi.com(朝日新聞社):茶のしずく以外でもアレルギー症例7件 厚労省が調査 - 社会=2011年11月15日12時8分


悠香(福岡県)が自主回収中の「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧商品以外に、小麦由来成分を含むせっけんやシャンプーなどでも7人のアレルギー症例が厚生労働省に報告された。うち4例の小麦由来成分は「茶のしずく石鹸」とは異なる。

 14日の厚労省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会で示された。それによると、7人は不明分を除いて10~40代の女性。小麦を含む食品を食べて運動した後などに、じんましんや皮膚炎、急激な血圧低下などの症状が現れた。

 「茶のしずく石鹸」と異なる小麦由来成分を使っていた4例は、ヘアトリートメントとシャンプーが2例ずつ。商品名は公表されておらず、いずれも自主回収はされていない。

 同じ小麦由来成分を使っていた2例はともに自主回収中のせっけんで、1例がコスメナチュラルズ(東京)の「サヴォン アンベリール」と「サヴォン アンベリール ノワール」。もう1例がフェニックス(奈良)の「はちみつクレンジングソープP」。残り1例は、小麦由来成分が同じかどうか不明。

・製造販売元 株式会社悠香(福岡県)
・同株式会社フェニックス(奈良県) 
 
日弁連会長声明-「茶のしずく石鹸」による小麦アレルギー被害への消費者庁等の対応に関する会長声明-2011年11月24日

« 月食 2011年12月10日 #moon | トップページ | 北朝鮮・金正日の死去直前に統一教会・文鮮明教祖の7男・文亨進が来朝していた! »

2011-06 茶のしずく事件」カテゴリの記事

コメント

消費者庁ってこんな無力でしたっけ。それとも、マルチ業界支持の大臣だからでしょうか。 どちらにしてもひどすぎる。

このような記事がありました。このなかで、監査法人とあるがどこかわからない!

「安愚楽牧場のからくり 資金不足、新規契約で穴埋め 事業計画立案も融資交渉失敗」

日経Web版2011/12/11

2011/1 9日に破産手続きを開始した安愚楽牧場(栃木県那須塩原市)が、和牛オーナー契約収入のほとんどを、契約者への配当や解約金の支払いに充て、事業資金が慢性的に不足していたことが同社の資産内容を調査した監査法人の報告や元経営幹部の証言で明らかになった。

同社は2009年以降に農林中央金庫などJAバンクグループや銀行から融資を受けようと、食品加工で稼ぐ総合畜産会社化を目指す事業計画を立案したものの、融資交渉は失敗。不足資金をオーナー契約の拡大で埋め、経営破綻を先延ばししていたようだ。

2011年3月期まで10年間の
キャッシュフロー計算書
(単位、億円) オーナー契約 6164
食品加工、出荷牛販売 2132
繁殖牛買い戻し(解約) ▲3902
子牛買い取り(配当) ▲1505
オーナー牛育成費用 ▲1924
その他生産コスト
(自社牛育成費用など) ▲671
営業費用、本部費用 ▲272
助成金等収入 112
設備投資 ▲152
投融資 ▲36

※▲はマイナス、監査法人資料をもとに作成

 ある元経営幹部は「減配や無配にすれば解約ラッシュが起きて、事業の継続はたちまち困難になる。事業を縮小均衡させて立て直すことは資金不足で選択できなかった」と語った。

 事業が実質的に赤字状態であるにもかかわらず、安愚楽牧場は和牛オーナーに対し予定通りの年4~8%とも言われる高配当を続けていた。

 8月に安愚楽牧場が申し立てた民事再生手続きで同牧場の財産評定を担当した監査法人の報告によると、同社は2011年3月期までの10年間に和牛オーナー契約の新規獲得や更新で累計6164億円を集めた。

 一方で同じ期間中に、満期解約(繁殖牛の買い戻し)に3902億円かけ、配当(子牛買い取り)に1505億円を支出し、契約で集めた資金の9割近くが流出していた。牛へのエサ代や契約農場への預託費用など育成費1924億円の負担を加えると、この期間の和牛オーナー事業の資金収支は大幅な赤字だった。

 報告によると、安愚楽牧場は和牛の飼養頭数(破綻時約15万頭)を近い将来、26万頭にまで拡大、高い付加価値が見込める食品加工、飲食事業も強化する中期計画を作成していた。

 ただ、こうした計画の中身は社内でもほとんど知られず、「オーナー資金の返済負担から逆算した事業規模に過ぎない」(元幹部)ともみられていた。JAバンクや銀行も同牧場から受け入れた預金を担保とする限定的な融資にしか応じず、「交渉は失敗に終わった」(元経営幹部)という。

 安愚楽牧場が抱えた約4300億円の負債のうち、オーナーに対する負債(買い戻し条件付き契約残高)は約4200億円にのぼる。

 時価の10倍前後、1頭400万円以上もの値段で安愚楽牧場がオーナーに販売した繁殖牛の価値は、同社の経営破綻で暴落。

9月5日時点での財産評定では、牧場、建物なども含めて資産総額はわずか132億円だ。

和牛の処分が遅れれば、資産も飼料代に消えていく。
東京地裁が11月8日、民事再生手続きの廃止を決定。
破産が決まったのを受けて、安愚楽牧場は取引のあった飼料会社や契約農場などに対する和牛のまとめ売りを加速。畜産関係者によると、1頭数万円での処分が進んでいるもようだ。

 和牛オーナー制度のビジネスモデルも分析した監査法人の報告は「数年かけて返金するなら、保有牛が将来獲得する収益から滞りなく返金できた」と結論付け、経営破綻は「福島第1原子力発電所事故による放射能汚染の風評被害などで解約が殺到したためだ」とする経営陣の主張に一応の理解を示している。

 しかし、「返済能力あり」との判断は、母牛が年1頭安定的に子牛を産む優良牧場の成績を残すことが大前提で、安愚楽牧場の実態とはかけ離れている。安愚楽牧場は、繁殖事業の不振で慢性的な牛不足、資金不足に直面し、オーナー契約の伸びに見合う繁殖牛(母牛)を確保できない状態が続いていた。

 消費者庁も11月末、繁殖牛としてオーナーに販売した10万頭前後の牛のうち3~4割は子牛など繁殖牛ではなかったとして、景品表示法違反(優良誤認)だと認定、違反事実の公表を同牧場に命じている。

 経営陣主導の民事再生手続きが廃止され、管財人主導の破産処理に切り替わったことで、経営陣の責任はあらためて検証される見通しだ。安愚楽牧場の厳しい経営の実情を知りうる立場にあった監督官庁や大口取引業者の責任を問う声も出ている。

(編集委員 樫原弘志)

2/11 18:46

----日経Web版で問題発覚----

・安愚楽牧場のからくり 資金不足、新規契約で穴埋め
事業計画立案も融資交渉失敗 2011/12/11 18:46の件について日経に問い合わせた内容と回答です。

----------お問合せ内容ここから
「電子Webから安愚楽牧場のからくり 資金不足、新規契約で穴埋めの件」(2011-12-12 11:29:48)

●カテゴリー
  日本経済新聞電子版>電子版や新聞紙面の記事について>日経各紙と電子版の記事について>日経の調査(掲載日)
●お問合せ内容
日経の購読者です。

※電子Web版見出しより2011/12/11「安愚楽牧場のからくり 資金不足、新規契約で穴埋めの中の記事で監査法人」

文中の中のリンクにあるこの監査法人はどこの監査法人なのか教えてほしいの

ですがよろしく回答お願いします。

私は安愚楽オーナー被害者


----------お問合せ内容ここまで

こちらは日本経済新聞 電子版サービスセンターです。
このたびは、お問い合わせいただきまして誠にありがとうございます。
下記のとおり回答させていただきます。

----------回答内容ここから
●回答日時
  2011-12-12 12:54:55
●回答
安愚楽牧場の債務調査を依頼された下記の法律事務所にお問い合わせください。

栃木・柳澤法律事務所
東京都港区虎ノ門1-22-13秋山ビル3階
電話03-3580-1331

----------回答内容ここまで

※やはり上記の弁護士の仕業なのか調査してほしいです。

しかし、ある方のブログに

渡辺破産管財人のコールセンターに電話して監査法人の件を確認しました。

管財人の方から発表したことではなくメ ディアが勝手に報道したとのことです。

管財人が監査法人に依頼した結果云々の報 道ではないとのことです。

同じく、来年5月30日1:30の説明会の場所 も現時点で日比谷公会堂に決まっていない
のにメディアが勝手に報道しているとのことでした。

それから何故来年5月末まで説明会開催に時間がかかるのか質問しました所、裁判所
とのやり取りが何回かあり通常これぐらいかかるとのことでした。

消費者庁の無策、栃木・柳澤弁護士の時間稼ぎの間に、あぐらオ−ナ−の資産はどんどん減価していったのですから、裁判では、彼らの過失についても明らかにしていただきたいです。

このような状況での安愚楽の経営を放置した消費者庁の怠慢もさる事ながら、幾ら株式会社では無く(後に株式会社化)公認会計士の審査が必要無いとは言え当初からの経営方法で赤字である事は明白であった筈です。

国税庁は法人税を取るに当たってこの30年ほどの間、何の監査もせずに只利益を上げているとして取るものだけ取れれば良いと言う考えで居たのでしょうか?
暫くの間でも個人経営に携わって居た経験の有る自分からすれば、全く信じられないような幼稚な出来事です。誰が考えてもおかしな話だと思います。

09年度の法人税支払額では、栃木県で7位に入る程の優良企業として扱われているのですよ。この事がどう言う事か判りますか?
実際は操業当初から赤字で、一部を経営陣のみが利益として独占していたような会社から毎年数億から数十億に上る税金を取り立てて居た訳です。
国税庁がちゃんと調べていれ、ばこんな会社は設立後数年も経たずに経営破たんしていたはずです。
他の同じような牛の預託事業が破綻した時に、何故ここだけが大丈夫だと判断されたのでしょうか?(20年近く前農水省勤務の友人も「安愚楽は健全経営だよね」と言っていました)
株式会社化した時の内部監査なども行われなかったのでしょうか?国のやり方自体が、不思議な事だらけです。

これらの事実からして我々被害者は消費者庁に限らず、国税庁に関しても今まで取り立てていた30年余りの税金数百億を返還請求する権利は大いに有ると思います。
それのみならず、内情を調べもせず放置した事は国税庁自体にも大いに責任は有るはずですからその辺りでの損害賠償も込みで検討する必要が有るかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月食 2011年12月10日 #moon | トップページ | 北朝鮮・金正日の死去直前に統一教会・文鮮明教祖の7男・文亨進が来朝していた! »