フォト

管理者

カテゴリー

« 下ヨシ子裁判の次回期日 | トップページ | 備忘録:文部科学省大臣・副大臣・大臣政務官(2009年9月現在) »

2010.01.29

和牛預託商法の末路 「ふるさと牧場」社長に懲役12年

相田勇次被告(79)とは会って、話をしたことがあるだけに、79歳という年から考えると、事実上の死刑判決に等しい判決に、詐欺師の末路を見る感じがする。

和牛商法詐欺、「ふるさと牧場」社長に懲役12年 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

和牛商法詐欺、「ふるさと牧場」社長に懲役12年

 和牛のオーナーになれば高配当が得られるとうたって預託金をだまし取ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)に問われた「ふるさと牧場」社長・相田勇次被告(79)の判決が27日、東京地裁であった。

 藤井敏明裁判長は「飼育管理する牛がいないのに、牧場見学ツアーを開催して牧場の所有ではない牛を見せており、犯行は悪質だ」と述べ、相田被告に懲役12年(求刑・懲役15年)を言い渡した。

 弁護側は「預託金の支払いは可能だと思っていた」として無罪を主張していたが、判決では「犯行当時のふるさと牧場は、牛の飼育で利益を上げたことはなかった」と認定された。

 判決によると、相田被告は2003~07年、「牛を購入して飼育・販売し、その収益で1年に5~10%程度の配当金を支払う」とウソをつき、首都圏などの15人から約3億4000万円をだまし取った。
(2010年1月27日15時17分 読売新聞)


[参考]
カテゴリー「2008-11 ふるさと牧場(和牛預託商法)」の3件の記事
和牛商法・ふるさと牧場に業務停止処分 | ホンネの資産運用セミナー.

« 下ヨシ子裁判の次回期日 | トップページ | 備忘録:文部科学省大臣・副大臣・大臣政務官(2009年9月現在) »

2008-11 ふるさと牧場(和牛預託商法)」カテゴリの記事

コメント

スレ違いで申し訳ないですが貼らせてくだちい。

口蹄疫拡大の張本人は安愚楽牧場らしいです。
http://www.nikaidou.com/wp-content/uploads/2010/05/agura_bokujo.jpg

 今日(2010.11.8)になって、「事務局のものだが、破産したので翌日正午までに連絡くれれば全額返金する」との電話が、携帯電話から。
 2000万円ほどだ、とのことだったのですが、仮に真実であったとしても破産だったら偏頗行為になるから折り返しの連絡はしなくてよい、とは言いましたが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和牛預託商法の末路 「ふるさと牧場」社長に懲役12年:

« 下ヨシ子裁判の次回期日 | トップページ | 備忘録:文部科学省大臣・副大臣・大臣政務官(2009年9月現在) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

無料ブログはココログ