フォト

管理者

カテゴリー

« 弁護士に対する接見妨害は違法! | トップページ | 「ライブドア」に登場する弁護士2 »

2006.03.02

ライブドア被害者説明会

一応皆さん、読んでいると思いますが、ライブドア株主被害弁護団は、来る3月5日に説明会を開催する予定です。

弁護団で話し合った今、最善でできることをお話しする予定です。

一部に、あたかもすべての被害が回復できるかの論調、議論が生じていますが、何ができ、何が難しく、何ができないのか、など、被害回復可能性の程度問題に踏み込んだ、説明会を開く予定です。

たとえば、まともな医師であればあるほど、病気につき断定的な結論は言いません。弁護士も同様です。

ぜひ情報に惑わされず、冷静に議論を進めている弁護団をご信頼くださいますようお願いします。

ぜひお悩みの方、ご参集をお願いしたいと思います。

紀藤も、本当は忙しく、別用もあるのですが、参加する予定としています。

http://www.livedoor-higaibengodan.jp/setsumei.htmリンク: 被害者説明会.


<日時>
平成18年3月5日 日曜日

受付、開場予定時間 午後5時45分
説明会開始予定時間 午後6時00分

ただし、入場に時間がかかる場合、若干遅くなることがございます


<開催場所> 
九段会館(大ホール)定員1112名

住所 東京都千代田区九段南1-6-5 
TEL 03-3261-5521

九段会館公式サイト
http://www.kudankaikan.or.jp/flash/

※当日来場者多数の場合は入場整理券を配布いたします。
※会場施設の定員の都合上、ご入場頂けない場合があります。あらかじめご了承下さい。


<アクセス(公共交通機関利用の場合)>
東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線  九段下駅 4番出口から徒歩1分
JR総武線・飯田橋駅から 徒歩約10分


この稿、https://kito.cocolog-nifty.com/livedoor/2006/02/post_3000.htmlのコメント欄にも投稿しています。

« 弁護士に対する接見妨害は違法! | トップページ | 「ライブドア」に登場する弁護士2 »

2006-01 ライブドア事件」カテゴリの記事

コメント

calwestcoastさん
『>紀藤も,,,、別件で,,
ちょこっと恩着せがましいの』
って言われてみればその通りかも^^;

ところで遅れてきた人は、

『入場整理券を配布』になった時に着いた場合
対応:
 割り込みましょう ・x・b
すまん≡≡≡(((#・ω・)ちょっと通るお
 と、言って通る振りして割り込みましょうw

既に説明会が始まっており『定員の都合上、ご入場頂けない』時に着いた場合
対応:
 弁護士の振りをして入りましょう ・x・b
まぁ、弁護士さんでしたのね(*ノノ)
 と、受付の方は言ってくれて通してくれます

注意:
 ここに書いてある対応をした結果について一切ウチは責任を負いません。 ・x・ノシシ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア被害者説明会:

» 糖尿病を見つめて [糖尿病(生活習慣病)闘病日誌]
闘病日誌(はじめに) あらゆる合併症を起こす糖尿病たった何年かで死亡するケースもある。 症状の出ないまま慢性化していてある日突然、倒れて昏睡状態。 急性心筋梗塞、脳梗塞の何人かに一人は糖尿病に気づかずに起きた 合併症です。 又、近年では健康診断等で糖尿病の気があるなどと診断を受けていて 放置したまま合併症で死亡した場合、 死亡保険金が支払われないケースも多数発生しているようです。 気づかずにある朝突然『失明』年間に2000人も居るそうです。 そして『壊疽』糖尿病患者は神経感覚も... [続きを読む]

» ライブドア株主被害弁護団が都内で初説明会 [100%ホリエモン]
【ダイジェスト】 ---------------------------------------------------- ■損害賠償請求訴訟に向けた「ライブドア株主被害弁護団」初説明会 ■個人株主らから質問「訴訟の途中で倒産したらどうなる」「役員の個人資産まで損賠の対象に含めるのか」 ■お茶の間キャ....... [続きを読む]

» ライブドア株主の被害者説明会(粉飾被害?自己責任?) [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「ライブドア株主被害弁護団被害者説明会(粉飾被害?自己責任?)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。... [続きを読む]

« 弁護士に対する接見妨害は違法! | トップページ | 「ライブドア」に登場する弁護士2 »