フォト

管理者

カテゴリー

« まだ結果責任と強弁し続けるのか!-審査会社であるイーホームズの責任は重い | トップページ | 高齢者・障害者の消費者被害110番のお知らせ »

2005.11.29

重婚罪

ヨーロッパなどの大陸諸国では国境を越えれば重婚が可能ですので(しかも宗教婚であることから、教会で結婚の誓いを立てれば法的に結婚と認められます)、時々逮捕例もありますが、島国で戸籍制度がある日本では、ほとんど事例が見られない重婚の事例です。

当然重婚罪の適用を視野に入れた捜査がなされていると思います。実務的にはとても興味があります。

リンク: カリスマ主婦重婚逮捕、エッセイストの山崎えり子 知人の戸籍使い婚姻届別人に成り済ます ZAKZAK 2005/11/25 .

カリスマ主婦重婚逮捕、エッセイストの山崎えり子
知人の戸籍使い婚姻届別人に成り済ます

戸籍も経歴もウソまみれだった節約生活のカリスマ
 節約生活ブームの元祖“カリスマ主婦”が逮捕-。他人の戸籍を使って別人に成り済まし、不正に婚姻届を提出したとして、警視庁荻窪署は25日までに、公正証書原本不実記載、同行使の疑いで、エッセイストの山崎えり子(本名・内山江里子)容疑者(41)=静岡市葵区=ら3人を逮捕した。

 山崎容疑者は平成10年に出版したエッセー「節約生活のススメ」が90万部を超えるベストセラーとなり、節約や貯蓄などをテーマにした多数の著書を執筆してきた“カリスマ主婦”。テレビ番組や雑誌などにもたびたび登場し、生活の知恵を紹介していた。

 ほかに逮捕されたのは、同居人で高校教諭の男(43)と、飲食店アルバイトの女(48)=東京都杉並区。

 調べでは、山崎容疑者は13年11月、男と入籍する際、知人の女の戸籍謄本を使い、身元を偽った婚姻届を静岡市役所に提出した疑い。

 山崎容疑者は著書などで、「29歳で学生時代からの知人だった夫と婚約したが、結婚式の約3カ月前、夫が交通事故に遭い、下肢不自由となった」として、内縁関係にあった男を夫として紹介。夫が障害者となり、将来への不安から節約を始め、35年の住宅ローンを5年半で完済したというエピソードが売りだった。

 だが、実際には山崎容疑者は過去に別の男性と結婚しており、離婚しないまま、男と約10年前から同居。入籍のため、借金の返済を肩代わりした見返りに女から戸籍を譲り受け、届け出後は女に成り済ましていた。

 山崎容疑者は「本が売れてしまって確定申告をすることになり、そのままの戸籍では素性がばれてしまうと思った」などと供述、容疑を認めている。

 また、山崎容疑者は著書の中で、「大学卒業後、福祉関係の公務員として5年間、たびたび視察に訪れたドイツで、質素でありながら豊かな暮らし方に感動した」などと自己紹介していたが、「実際には公務員や海外生活の経験はなく、でたらめの経歴を書いた」と話しているという。

ZAKZAK 2005/11/25

« まだ結果責任と強弁し続けるのか!-審査会社であるイーホームズの責任は重い | トップページ | 高齢者・障害者の消費者被害110番のお知らせ »

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重婚罪:

» 山崎えり子容疑者のこと3 [さくさく日記]
このニュースを見ていて考えたことが二つあります。 ひとつは、 ○このニュースでショックを受けたのは女性だということ。 いろんなサイトやブログを見ていると、彼女の本の読者はほとんど女性。 主婦層が多いだろうな、とは前にも書きましたが。 男性は、このニュースは、「へー」「興味深い」と考えているみたい。 私程度に、読んだことはあるけど実践していない、 くらいでも結構なショックなのに、信奉していたら、 ホント、どうなのかなと。 これが、男性がよく読むビジネス書のカリスマ... [続きを読む]

» 山崎えり子容疑者のこと5 出版社の不当表示では? [さくさく日記]
出版社の責任をまだ考えています。 私は、出版社側は、彼女の本を「不当表示」して出版し、 利益を得ていた、ということになるのではないかと思います。 レーヨンのものを「国産シルク100パーセント」と表示して、 販売したら、不当表示ですよね。 なんだかそういうことに近いような気がします。 そういう場合、返品はできるでしょうか。 時間がたちすぎている場合は無理なのでしょうか。 不当表示が明確になったのはつい最近です。 彼女の本を出している出版社は、どこも名の通った会社です。 ... [続きを読む]

« まだ結果責任と強弁し続けるのか!-審査会社であるイーホームズの責任は重い | トップページ | 高齢者・障害者の消費者被害110番のお知らせ »