フォト

管理者

カテゴリー

« クリスマスモード | トップページ | あいつぐ死刑判決 »

2004.12.13

来年の初詣から

1907年と言えば、明治40年
来年1月1日から施行だそうです。

厳罰化→犯罪の抑止、という命題に対する答えが出ます。
諸外国の例を見る限り、厳罰化だけでは抑止できないと思いますが、こういった幻想に対する一定の答えは出そうです。

「厳罰化」刑法、元日から施行 法定刑、初の抜本改正 - asahi.com : 社会

「厳罰化」刑法、元日から施行 法定刑、初の抜本改正
--------------------------------------------------------------------------------


 殺人や強姦(ごうかん)など身体に対する犯罪の厳罰化などを盛り込んだ改正刑法・刑事訴訟法の施行日が、13日の政府の事務次官会議で来年1月1日と決まった。1907年に制定された刑法の法定刑が抜本的に改正されるのは初めて。公訴時効の期間も最長15年から25年に延長される。

 今回の改正は凶悪犯罪が近年目立つことや、性犯罪に対する罰則が軽いとの指摘などを受け、厳罰化の方向での見直しとなった。早稲田大生らのサークルによる女子大生に対する集団強姦事件をきっかけに、4年以上の懲役が法定刑の集団強姦罪と、無期または6年以上の懲役の集団強姦致死傷罪が新設された。

(12/13 13:12)


« クリスマスモード | トップページ | あいつぐ死刑判決 »

司法」カテゴリの記事

コメント

良い傾向ではないですか、
日本は、米国から見ると
その手のケースの加害者の刑は
甘いというか、短いとは感じてましてどね。

最近大学生の集団わいせつ強姦事件が
多いですものね、その早稲田大学の強姦事件が起き
起訴されても、さらに他の大学でもという具合に
集団心理が働くのか、悪質極まりない
女性に与えた精神的障害も含めて
さらに厳しい刑罰にされたほうが、よろしいかも

アメリカなら、集団で1人を強姦などのケースなら
日本の禁固刑の2倍は当たり前ですけど。

日本って不思議な国ですよね
まあ鉄道機関が発達しているという意味もあるんでしょうけど、日本へ行くたびおもうのが、
朝のRush、他人と身体を密接にする
中でも我慢して通勤、通学をしなくてはいけない。

そういう環境になれていると、
それを逆手にとって悪用してやろうと
先日のA大学生集団痴漢隊も登場する。

アメリカですと、
とくにWestcoastでは
鉄道なるものが、地下鉄だけですけど
他人と身体をぴたりとあわせる習慣がないですからね
ちっとかすった程度でも、Excuse meと
言葉かけをするとか、極端に見ず知らずの他人と
身体を併せて状態になれば、つかさずいいますけどね

日本の女性にように、黙って耐えるなどとは
絶対にしない国民性ですし、
周りの男性も、おかしな動きをしたら
すぐさま助けるための、言葉を発したりしますしね

日本は他人のことは関係ない他人がどうなろうが、関わると面倒だという意識があるじゃないですか、
だからこそ、あの集団お障り魔のような
ハレンチな大学生が、登場して、
加害者がますます図にのり、今回のように
大学生という大人でありながら善悪の境も
計れない集団が次々と、、、

日本人の他人への無関心さにも
問題かも、自分さえよければ、、しかし20歳過ぎている大学生でも、加害者としての実名はなぜ伏せる
甘い対処が、ますます、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年の初詣から:

» 「厳罰化」刑法、元日から施行 [+MoonTycho.]
 ◆ 「厳罰化」刑法、元日から施行 法定刑、初の抜本改正 殺人や強姦(ごうかん)など身体に対する犯罪の厳罰化などを盛り込んだ    改正刑法・刑事訴訟法の施行... [続きを読む]

« クリスマスモード | トップページ | あいつぐ死刑判決 »