フォト

カテゴリー

2014.09.10

金スマ報道最後の「倉渕透=MASAYA=MARTH=TAKERU=倉渕雅也」のコメントのToshi及び紀藤に対する名誉き損性と虚偽性について #XJAPAN #Toshi 2015年4月8日更新情報あり

金スマ X JAPAN Toshi 2014年8月22日 part 8 8 - YouTube


Toshi140822


ホームオブハートの主宰者であるMASAYA=倉渕透=MARTH=TAKERU=倉渕雅也は、

金スマの取材に答えて、次のように答えている。

「様々に言われていることがあると思います。 事実無根のことでございますが そのようなことで争う悲しみは 人類の痛みと同じ 大変つらいことと感じてやみません 彼の幸せと繁栄を、 そしてみなさまのご健勝と幸せを 陰ながら心よりお祈り申し上げます。」

しかしMASAYA=倉渕透=MARTH=TAKERU=倉渕雅也が、何の根拠もなく、

事実無根のことでございます

などとコメントすることは、

真実を語るToshiに対する名誉き損

であると同時に、

後半は、争っても勝てないことと感じたのか、「人の良さ」を装っています。

しかして、そのホームオブハートや倉渕透らの真の姿は、

僕のこの「ブログ」で既に記載したとおりです。

MASAYA=倉渕透=MARTH=TAKERU=倉渕雅也の発言から見るホームオブハートの真実=2010.01.24UP

TOSHIの妻:守谷香=森谷香=出山香=WANKUの発言から見るホームオブハートの真実=2010.01.23UP

しかもこれはあくまでもさわりにすぎません。

MASAYA 倉渕雅也 オフィシャルサイト

このサイトでは、

「彼の幸せと繁栄を、そしてみなさまのご健勝と幸せを陰ながら心よりお祈り申し上げます。」

などと言いながら、

いまだに、

「MASAYAがプロデュースしたアーティストをご紹介いたします。」

として、Toshiをプロデュースしたこと、そしてToshiの歌のUPを続けている。

なんという厚顔無恥!


なお現在の倉渕透グループの拠点 なんと昨年8月、神戸に拠点を移したようです。
ヒーリングタイム神戸http://www.healingtime-kobe.com/=オーキッドコート右峯館(神戸市東灘区西岡本2-7-3 1階)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

紀藤の著書
→マインドコントロールについて、もっと知りたい方は、ぜひ僕の本を読んでいただければ幸いです。
Toshlさんの脱会についても触れています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014.08.27

ブログ更新>僕が提唱する「無知・脆弱性不法利用罪」の重要性!・・Toshiさんの本「洗脳 地獄の12年からの生還」に、アマゾンの殿堂入りレビュアーであり、トップ10レビュアーである Edgeworth-Kuiper Belt さんが、感想を寄せていただきました。

 

紀藤の著書→マインドコントロールについて、もっと知りたい方は、ぜひ僕の本を読んでいただければ幸いです。Toshlさんの脱会についても触れています。


--ここから本文--------------------------------------------------------------------------------

Toshiさんの本「洗脳 地獄の12年からの生還」に、感想を寄せている、

アマゾンの殿堂入りレビュアーであり、トップ10レビュアーの一人であるEdgeworth-Kuiper Belt さんが、

二度とこのような被害者を出してはいけない」(2014/8/17)と題し、

「想像を絶していた。まさか、ここまでとは。(中略)」

「二度とこのような被害を出さないようにするためは、ヨーロッパで行われている「無知・脆弱性不法利用罪」のような対策法整備の必要もあるのではないかと思われた。 」

との、感想を寄せられています。

実は、僕の本は、ここに記載されている、フランス刑法典「無知・脆弱状態不法利用罪」について、日本で初めて一般書で取り上げた本です。

→[参考] 僕のブログ:2012.05.27 ついに発売:拙著『マインド・コントロール 』 "菊地直子"身柄確保の報道に接して

ぜひお読みいただき、本人に自覚のない、カルト内で、すごす子供たちのためにも、被害者の救済のためにも、

日本ではまだ夢物語の法制ですが、この法律の制定に向けて、皆さん、少し力を貸してください!

実は、この法制化では、カルト問題、マインドコントロール問題、霊感商法問題だけでなく、和牛商法などの悪徳商法や、判断能力の低下した高齢者、判断能力の乏しい子供への消費者被害のみならず、児童虐待、高齢者虐待などにも、広く対応可能です。

まさに弱者救済のための法律です。

よろしくお願いします。


[参考]
・なお Edgeworth-Kuiper Belt さんの僕の本への感想(12/6/4) は、星4つでした。
2012年当時は、カルト問題がここまでひどいとは思っていらっしゃらなかったということであろうと、善解します。

対策法の整備が必要

2012年時点の Edgeworth-Kuiper Belt さんの僕の本への感想の結論は、

「オウム真理教が社会問題となるまで、日本では裁判でマインドコントロールの違法性が直接認定されたことはなかったともいう。ヨーロッパの「無知・脆弱性不法利用罪」をはじめとする各国の法律の話も出てくる。確かに、日本においても法律面での整備を行う必要があるように思われた。

が、

今回、

二度とこのような被害を出さないようにするためは、ヨーロッパで行われている「無知・脆弱性不法利用罪」のような対策法整備の必要もあるのではないかと思われた。

と深化されています。


ブログ更新!>金スマ以降:雑感=ホームオブハートの問題点など

紀藤です。

8月22日の金スマ以降、多くの方から、様々な感想をいただいていますが、もし発言を公にしてよいということであれば、このブログの、このページのコメント欄に投稿してください。

皆様のコメント・反響自体が、歴史的に意義あるものだと思っていますので、「荒らし行為」等問題ないものであれば、準備が整い次第、順次、公開させていただきます。


以下、僕の25日のTweetです。
-------------------------------------------------------------------------------

弁護士紀藤正樹 @Masaki_Kito@masaki_kito

金スマの放映以降、Toshiのファンから御礼を多数いただきましたが、Toshiのホームオブハートからの脱会は、体力精神力とも彼の「生きる力」が優った結果でもあります。あのままでは過労で死んでいたかもしれません。褒めるなら彼、そして彼を強く生んでくれた両親をほめてあげてください。

posted at 23:30:14 8月25日


弁護士紀藤正樹 @Masaki_Kito@masaki_kito

Toshiが、主張しているように、今、むしろ問題なのは、事実を認めて謝罪するならともかく、いまだに事実を否定して、活動を続けるホームオブハートです。新たな被害者が出ないとこ限りませんし、当時保護された社会を知らない子どもたちも、施設には残っています。その救済も必要です。

posted at 23:33:35 8月25日

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

紀藤の著書→マインドコントロールについて、もっと知りたい方は、ぜひ僕の本を読んでいただければ幸いです。Toshlさんの脱会についても触れています。


2014.08.21

明日22日の夜の金スマをぜひご覧ください>「X JAPAN」Toshl、恐怖の“洗脳”体験を生激白!=TBS「金スマ」 午後7時56分から

さて、 いよいよ明日! 

マインドコントロールや洗脳がいかに恐ろしいもので、自分と他人を傷つけるものであるかが、わかります。

僕も出演しています。


2014年8月22日(金)

→「中居正広のキンスマスペシャル

今週はスペシャル2時間枠なので、19時56分から!注意!!

番組の中で、Toshiは、X JAPANの代表曲「Forever Love」も、ピアノの弾き語りで、熱唱している。


{参考}

「X JAPAN」Toshl、恐怖の“洗脳”体験を生激白! TBS「金スマ」 (cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース  8月19日(火)18時1分配信

中居正広が様々な“ワケあり”ゲストとトークを繰り広げる、バラエティ番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」。8月22日(金)のスペシャル放送では「X JAPAN」のToshlが登場。著書「洗脳」で明らかにした12年にわたる苦悩の日々をスタジオで生激白することが明らかとなった。

Toshlさんは、1990年代の後半から自己啓発セミナー「ホームオブハート」に心酔し始め、人気絶頂であった「X JAPAN」から脱退、やがて自己破産にまで追い込まれた。

今回のスペシャル放送では、Toshlさん本人の証言VTRや洗脳に至る経緯、その後の洗脳生活を再現したVTRなどを通して12年にもわたる地獄の日々が語られる。心の中にあった小さな悩みを巧みに利用され、そうとは気づかぬうちに考え方・生き方を支配され、しまいには逃れることができなくなっていたという。

世界進出を目前にしながら脱退を決意したToshlさん。メンバーにその思いを告白して行われた解散コンサートの裏側で、何が起こっていたのか? その後、何が起きたのか? その真相が明らかにされる。

今回の放送に際して、Toshlさんからは、こんなコメントが。

「長年にわたり人を騙し続けることは、ある意味『人を殺害する』その行為以上に残虐ともいえる。人の心を操り、それをどこまでも繰り返すこと、それが『洗脳』という恐ろしさである。」

著書の冒頭に書き記したこの言葉の真の意味がリアルに伝わるような番組内容になっていると思います。ぜひ多くの方々に見て頂きたいメッセージがそこにあります。

(Toshl)

スタジオには、かつて新興宗教に入信した経験を持つ飯星景子も出演し、自らの体験も踏まえ、「洗脳・マインドコントロール」の恐ろしさを語るという。また、カルト集団による洗脳の被害を減らす活動を続けている紀藤正樹弁護士もスタジオに出演し、洗脳する集団への対抗策、洗脳された被害者を助けるために必要な手段などのレクチャーも放送予定だという。

「中居正広のキンスマスペシャル」は8月22日(金)19時56分~TBSにて放送。


以下↓関連記事

X JAPAN・Toshl、地獄の洗脳生活!12年にわたった苦悩を告白!写真         シネマトゥデイ         19日(火)18時4分    

X JAPAN・Toshlや飯星景子が「キンスマ」で“洗脳騒動”を生激白写真         RBB TODAY         19日(火)17時19分    

X JAPANのToshlが“地獄の洗脳生活”を告白!そして生歌も写真         webザテレビジョン         19日(火)14時0分    

Toshl「金スマ」SPで洗脳恐怖を激白写真         ナタリー         19日(火)14時0分    

X JAPAN・Toshl、HIDEさんに自責の念「自分が洗脳されなければ…」写真         オリコン         19日(火)14時0分


[参考]
紀藤のホームページから→ホームオブハートの実態
 ー Toshiさんが脱会するきっかけとなった2007年2月26日付けの東京地裁判決
MASAYAこと倉渕透グループ問題を考える会(旧、HOHとToshi問題を考える会)


 

紀藤の著書→マインドコントロールについて、もっと知りたい方は、ぜひ僕の本を読んでいただければ幸いです。Toshlさんの脱会についても触れています。



2014.07.23

ついに発売へ> Toshl 「洗脳 地獄の12年からの生還」 A New BooK by X JAPAN Toshi "Brainwashed" 2014/7/26更新情報あり

A New BooK by X JAPAN Toshi,prominent rock singer, "Brainwashed - Surviving 12 years in the Abyss of Mind-control"


leftrightleftright


セミナー団体「ホームオブハート」(現在の法人名は「フィールド」)と、その主宰者”MASAYA”こと倉渕透(くらぶちとおる)らの被害者である、X JAPAN のToshiさんが、ついに、当時の置かれた状況などについて、赤裸々に語った本を出版することになりました。

名付けて、「洗脳 地獄の12年からの生還」(講談社)です。

なお英語タイトル= "Brainwashed - Surviving 12 years in the Abyss of Mind-control" 
この英訳は、紀藤訳です。

この本、紀藤も、あとがきを書き、そして帯に、推薦のコメントを寄せました。

カルトによる被害に、被害者がどのくらい深刻な状況に置かれるか、その被害が、いかに交通事故の被害のように、いきなりの出会いと偶然の積み重なりから起きるのか、そして、マインドコントロールの進行に伴い、今度は被害者が新たな加害者となっていき、そして団体を支え、新たな被害者を生んでいってしまうのか、といった、プロセスが、1997年のX JAPANの脱退と解散、HIDEの死とも絡み合い、まるで映像のようにリアルな筆致で語られる、真の好著です。

これまでの類書にないものです。

世界的に著名なロックボーカリストとして、Toshiの生き様すべてが、彼の苦しみと悲しみとともに語られた本書は、読者に多くの感動を与えるだけでなく、今のToshiの元気な姿が、ホームオブハートだけでなく、多くのカルトの被害者に、勇気を与えてくれると思います。

ぜひお読みください。


Toshi OFFICIAL=Japanese =2014年8月25日に、出版後初の、コンサートが、東京お台場のZepp DiverCity(TOKYO)で開かれます。→http://www.toshi-samuraijapan.com/info/011.html

Toshi OFFICIAL=English

[参考]
紀藤のホームページから→ホームオブハートの実態
 ー Toshiさんが脱会するきっかけとなった2007年2月26日付けの東京地裁判決
MASAYAこと倉渕透グループ問題を考える会(旧、HOHとToshi問題を考える会) = 今回の書籍発行を機会に、内容が更新されています。


Toshlさんの本の内容紹介=以下、アマゾンの説明です。

自分はなぜ洗脳集団に絡め取られてしまったのか。
それを解き明かすために、Toshl自らが、振り返る苦痛を乗り越え、自分の弱さを見つめ、洗脳集団ホームオブハートの残忍な手口のすべてを赤裸々に語る。

1997年、X JAPANの脱退と解散。HIDEの死。
妻と、ホームオブハートとの出会い、巧妙な勧誘。執拗な暴力と罵倒による洗脳、呪縛、搾取。脱会の決意と戦いの日々。
X JAPANの再結成、そして今……。


著者について

Toshl

1965年千葉県館山市生まれ。幼なじみのYOSHIKIと共に小学生の頃からバンド活動を始め、ヴォーカリストとなる。高校時代に結成したXは、その後ライブハウスを中心に徐々に人気を集め、’89年、CBSソニーからメジャーデビュー。奇抜なルックスと高い音楽性は熱狂的な支持を集め、’92年には世界進出を目指して、X JAPANと改名し、タイム・ワーナーと契約。しかし、’97年、自ら脱退し、バンドは解散。その背景には、自己啓発セミナーを主催するホームオブハートの残忍な洗脳があった。長いマインドコントロール期間を経て、’09年、ホームオブハートの支配下から完全に脱却し、’08年以降、復活したX JAPANのメンバーとしても、ソロ・アーチストとしても活動している。 」

単行本: 276ページ
出版社: 講談社 (2014/7/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062186578
ISBN-13: 978-4062186575
発売日: 2014/7/24


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

紀藤の著書→マインドコントロールについて、もっと知りたい方は、ぜひ僕の本を読んでいただければ幸いです。Toshlさんの脱会についても触れています。


以下、アマゾンの説明です。

内容紹介

あなたのすぐそばにある危機の
すべてがこの一冊でわかる!

オセロ中島、X ジャパン Tosh1……。 なぜ占い師や霊能者、詐欺師にいとも簡単に騙されてしまうのか?
様々な手口で私たちを狙うカルト宗教、霊感商法など。その巧妙な手口を、被害者救済の第一人者が徹底告発!
さらに、その対策をわかりやすく解説する。


素朴な疑問にズバリ答えます!
●恋愛中の男女もマインド・コントロールに かかっていると言えるのか?
●コーチに心酔するスポーツ選手もマインド・コントロール?
●「性格のよい素直な子」たちがなぜひっかかる?
●「マインド・コントロール」と「洗脳」は、どう違う?
●マインド・コントロールで駆使される心理テクニックとは?
●家屋敷まで巻きあげる手口とは?
●「脱マインド・コントロール」の手法とは?
●なぜ日本は「世界的なカルトの吹きだまり」なのか?


*******************************************************
マインド・コントロールに関する騒動が芸能界で起きると、ワイドショーのコメンテーターから、「自己責任ではないか」とか「マインド・コントロールにも良いものと悪いものがある」といった意見が必ず出てきます。
しかしこれらの意見は、被害実態や事実を直視しない意見です。
私は、いまなおこのような誤解が続いていることに驚きを禁じえません。

私は、統一教会のさまざまな事件、神世界事件、X JAPANのTosh1さんが入っていたホームオブハート事件はじめ、数々の事件を被害者側の弁護士として手がけてきました。
マインド・コントロールされた多くの人々に接し、マインド・コントロールが解けていくプロセスにも何度も立ち会ってきました。
どのような手口を使い、どう罠にかけるかもすべて見てきました。
本書では、そこで明らかになった「手口」を詳しくお話しました。
みなさんがこの本を注意深く読んでくださり、マインド・コントロールの被害者が一人でも少なくなることを、私は願っています。 (「まえがき」より)


内容(「BOOK」データベースより)

なぜ占い師や霊能者、詐欺師にいとも簡単に騙されてしまうのか?被害者救済の第一人者がその手口と対策を徹底解説。

2011.01.24

heart04今晩はTOSHI のコンサート

今晩はTOSHI<br />
 のコンサート

僕にとっては、彼が脱会後、初のコンサートです。写真はTOSHIのデザインしたビアノのデザート・チョコレートケーキとYOSHIKIのワインです。おいしかった

2010.08.30

happy01同窓会

同窓会

今日は僕とTOSHIと大木凡人さんと15年ぶりの同窓会です。

写真はある寿司屋さんです。携帯で撮ったので、指なんかが写って、あまり写りがよくないですが、雰囲気はいいですので、UPします。

大木さんとTOSHI、僕と大木さんはそれぞれ、TOSHIが、1997年にホームオブハート(ヒーリングワールド、現フィールド)に入る以前からの知り合いです。

そんなわけで、今日は、本当に15年ぶりの同窓会でした。


2010.04.25

thunderホームオブハートの前名称:レムリアアイランドの由来と「倉渕透グループ」

以前、こんな報道がありました。

「Google Earthでアトランティス大陸発見」報道、Googleが否定 - ITmedia News

夢がある話しですが、そもそもGoogle Earthで、こんな画像があるのでしょうか?誰か教えていただけませんか?

L_ah_atlantis_5


ところで、宗教類似グループとしての団体ホームオブハート(構成員の同一性が認められる「株式会社ホームオブハート」とは、別に観念される団体としての「ホームオブハート」)は、社会問題化するたびに、その中心会社の名称を変更してきました。名称を変えるのは、正体を隠した活動のためだと評価できると思います。

ホームオブハートという名称自体、1998年に、TOSHIの洗脳騒動が起きた後につけた名称ですが、それ以前は、レムリアアイランドレコードと称していました。

つまりTOSHIは、レムリアアイランドレコードに、入信したと評価できるわけです。その名前が、1998年のTOSHIの洗脳騒動後、ホームオブハートと名前を変え、2004年に児童虐待騒動を引き起こすわけです。

そして、2004年に児童虐待騒動が起きた後は、ヒーリングワールドを中心会社として、活動しています(その意味で、このグループの名称は、不変的に「倉渕透グループ」と評価してもよいと思われます。)。

ちなみに、レムリアアイランドとは、アトランティス大陸同様、架空の大陸、レムリアアイランド(Lemria Island)のことです。

[参考]=いずれもWIKIより
伝説上の大陸 - Wikipedia.
・英語「レムリア大陸」(Lemuria (continent) )Lemuria (continent) - Wikipedia, the free encyclopedia

続きを読む "thunderホームオブハートの前名称:レムリアアイランドの由来と「倉渕透グループ」" »

2010.04.23

thunderTOSHIの公式コメント:4月23日の記者会見に寄せて

今日の記者会見に向けたTOSHIの公式コメントが、MIXIに、アップされました。

[mixi] ToshIさん | 4月23日の記者会見に寄せて

本日4月23日正午より、紀藤弁護士やホームオブハート被害者の方とご一緒に共同記者会見を行うこととなりました。

その目的は主に3点ございます。

第1にホームオブハート(ヒーリングワールド)、倉渕透(MASAYA)、守谷香(WANKU)らが、被害者との間の裁判で明らかにされた真実に反することを、未だに真実であるかのように言い続けています。彼らから連絡を受けたり、彼らのブログ等の文章により、誤った事実をいまだに信じ込んでいる方々がいらっしゃいます。
そのような方々に対して、改めて真実を伝え、被害者の方や私がされたように、一般の方々が金銭等を取り上げられ、また家族を失う等、危険な活動に巻き込まれることがないよう、またこれ以上多くの被害者を出さないため。

第2にいまだホームオブハート(ヒーリングワールド)関連施設にいる学校に行かされない子供たちや、まだ施設内に残っている人に、現実の本当のことを知らせ、1日も早く社会復帰してほしいため。

第3に、倉渕透、守谷香は被害者から取り上げたお金で豪華な暮らしを送ることをやめ、まだ公になっていない被害者にもお金を返し、被害者全員に心から詫びてほしいため。


紀藤弁護士のブログにも掲載いただいています。
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/


自分の恥を皆さんに知らせなければならないことは自分にとって、自分の活動や心身にとって大きなマイナスにもなるかもしれませんが、自分のために被害に遇われた方や、社会的な面からみても自分がこのことを伝えなければならない義務があると考えました。
今後も彼らは名前を変え、手法を変え、また勧誘の連絡や活動を始める危険性が高いと考えられます。
いくつかの裁判でもすでに認められていますが、非常にこの組織の手法が悪質であります。
私の13年間、守谷香は仮にも一時的に夫婦であった夫である私を働かせ続け、すべてのお金を奪い取り、信じる心も奪い取り、何もかも嘘で固めた人生を送らされてきました。
私は、今日まで倉渕透(MASAYA)と守谷香が二人で一緒に豪華な生活をしている二人の関係を夢にも思わず、日夜働き続け、すべてのお金を渡してきました。
なぜこれがわからなかったのかと言うと、倉渕透とホームオブハートの施設内で共同生活の内情は、私にはすべてのことを何もかも隠されていたのです。
なぜならば、私にその倉渕透と守谷香の関係を知られることは、二人のための大きな収入源が断たれてしまうことになるからです。
また、私の悪いところはすべて親のせいだと信じ込まされ、私と家族との関係を断ち切られました。
そんな中で倉渕透は、プール付き大豪邸まで建てて、何台もの高級外車(ポルシェ、ベントレー、BMW、ランボルギーニ等など )を二人で乗り回し、高級ブランドの服を二人で数多くショッピングし、高級レストランで二人で食事を頻繁にしているのですが、そのためのお金はすべてこれまでの被害者からだまし取ったお金なのです。
そのような二人の生活のために、私はすべてに嘘をつかれ、だまされ、一銭も残らず、すべての財産、現金を二人にとられてしまったのです。
それどころか、私に多額の税金や借金を背負わされるシステムが作られていました。
人を人として思わないような、尋常ではないこの現実をみなさんにお伝えしたいのです。
倉渕透、守谷香には、人をだましてお金を取り生活することをやめ、すべての被害にあった方々に心から詫びてほしい。

ここにお話ししたことは、私が実際に体験したことであり、裏付けのある事実です。

                                             Toshl

2010.04.22

thunder明日、TOSHIと僕で、共同記者会見を開くことになりました。

ついに、明日金曜日2010年4月23日正午から、いろいろあって、紀藤とTOSHIとの共同記者会見を開きます。

こうした事件で、記者会見に立ち会うのは、山崎浩子、飯星景子(1992年)以来のことです。

著名人としては、本当に勇気のいることだと思います。

でもTOSHIは新たな被害者を出さないという気持ちから、今回の記者会見に臨みます。

頭が下がる思いで一杯です。

記者会見:午後0時(正午)から、
参加者:TOSHI、TOSHI代理人河合弘之弁護士、山本ゆかり、紀藤正樹弁護士 外

TOSHIとトシオフィスが破産(同4月7日)に至った今も、加害者と評価できるホームオブハート(ヒーリングワールド)やこれを主宰する倉渕透、TOSHIの元妻のWANKUこと守谷香らは、自らの活動を改めず、TOSHIの肖像や知的財産権を利用した、商品販売活動や自らの宣伝活動を継続し、さらには「オフィシャル」などと称して、以前と変わらずTOSHIを積極的に広告塔に利用する活動を行っていて、実情を知らない市民が、新たな被害者となることが憂慮される事態となっています。

Ⅹ JapanのボーカルTOSHIが被った一連のホームオブハート事件の被害について、TOSHIと、ホームオブハート問題を追及してきた紀藤正樹弁護士、被害者らとで、初の共同記者会見を持つことになりました。

[参考URL]
紀藤正樹弁護士のサイトhttp://homepage1.nifty.com/kito/htp-info.htm
HOHとTOSHI問題を考える会http://www.htphtp.com/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1980~現在 統一教会=統一協会-霊感商法事件 | 1989~ オウム真理教=アレフ=アーレフ | 1997 神戸酒鬼薔薇事件=少年事件 | 1999-12~ 法の華三法行=天華の救済 宇宙・みらいグループ | 1999~SPGF=旧ライフスペース=高橋弘二グループ | 2001-09~リンク総合法律事務所 | 2004-10 石井こうき事件 | 2004-4 ホームオブハートとToshi問題を考える | 2006-01 ライブドア事件 | 2006-03 PSE(電気用品安全法)事件 | 2006-07 パロマ事件 | 2006-07 摂理=MS(モーニングスター)=JMS | 2006-10 福島県知事選 | 2006-11 近未来通信事件 | 2007-02 リンナイ事件 | 2007-04 大牟田ミイラ化遺体事件 | 2007-10 L&G被害対策弁護団 | 2007-12 神世界=びびっととうきょう=えんとらんすアカサカ(-霊感商法事件) | 2007-2008 新参議員宿舎 | 2008-08 三笠フーズ事件 | 2008-10 サント・ダイミ教(=Santo Daime) | 2008-11 ふるさと牧場(和牛預託商法) | 2008~ 消費者庁 | 2009-02 SFCG(旧「商工ファンド」) | 2009-05 裁判員制度 | 2009-10 ロマゾフィー協会 | 2010-01 下ヨシ子 | 2010-04 ダンヨガ (ダンワールド=DahnWorld)=イルチブレインヨガ | 2010-04 宮崎口蹄疫被害事件 | 2010-05 岡本倶楽部事件 | 2010-11 故津谷裕貴弁護士の会 | 2011-03 原発事故 | 2011-03 東日本大震災 | 2011-06 茶のしずく事件 | 2011-08 安愚楽牧場被害事件 | 2011-11 オリンパス粉飾決算被害 | 2012-05 コンプガチャ=コンプリートガチャ, RMT | 2012-1 オリンパス株主被害弁護団 orympus | 2013-01 遠隔操作ウイルス事件 | 2013-4 MRI エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ Edwin Fujinaga | 2015-01 ISIS=IS=ISIL | 2015-06 IMM(International Marketplace Miinistry) | おすすめサイト | お遊び | インターネット | インターネット-ファイル交換ソフト | インターネット-ブログ=BLOG | エンターテインメント | グルメ | ゲーム | サイエントロジー | ストーカー問題 | スポーツ | テレビ | ニュース | ブログ=BLOG | プロ野球-合併 1リーグ反対 | マルチ商法=ネットワークビジネス=連鎖販売取引 | ラジオ | 世界に平和をワールドメイト→世界中に愛をワールドメイト | 事件 | 人権 | 人災 | 個人情報保護法 | 備忘録 | 児童虐待 | 司法 | 名誉毀損 | 宇部市 | 宗教団体 千乃正法=パナウェーブ研究所 | 宗教被害 | 幸福の科学 | 弁護士 | 弁護士業務妨害 | 弁護士紀藤正樹のリンクへようこそ! | 心と体 | 悪徳商法 | 情報公開 | 政治 | 日本平和神軍=JPNA | 日本弁護士連合会 会長選挙 | 映画 | 法の華三法行=天華の救済=よろこび家族の和 | 法律 | 消費者問題 | 消費者被害 | 消費者被害-スキミング | 消費者被害-先物取引 | 消費者被害-振り込め詐欺 | 犯罪 | 皇室 | 知識と教養 | 著作権 | 詐欺 | 講演 | 趣味 | 音楽 | 顕正会

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント

無料ブログはココログ