フォト

カテゴリー

2016.04.30

家族間の断絶を助長するサイエントロジ-の非道性=ハリウッドに立つ反サイエントロジ-看板

「反サイエントロジ-看板は、切り裂かれた子どもたちへのご両親の切なる願い」(紀藤訳) (Anti-Scientology billboard is desperate parents’ plea to estranged children - TODAY.com) =April 7th, 2016

「California parents Phil and Willie Jones have tried nearly everything to reach their son and daughter, who are members of the Church of Scientology, with years of phone calls going unanswered and visits to their workplaces being denied. Now they are hoping a giant billboard will help them to reconnect. NBC’s Gadi Schwartz reports for TODAY.」

(紀藤訳=「カリフォルニアのジョーンズ夫妻は、何年も電話に出てくれず職場への訪問も拒否される、サイエントロジ-信者の息子と娘との交流を求め、ほとんどできる努力はすべてしてきた。」=NBCのGadi Schwartz氏のレポート)

この米NBCのニュース(但し英語。映像なので、英語のわからない人でも雰囲気が分かると思います。)を見ると、カルト問題で悩む両親の気持ちは、世界中同じみたいです(子どもたちを思う親の気持ちは、バンコク共通ですね。)。

日本のカルト問題の実情(たとえばオウム真理教や統一協会などの場合)となんら変わりません。

トムクルーズが入信していることで知られている、サイエントロジ-は、たとえ両親であっても、反対する元信者の家族との断絶=disconnection=を指導しています。 サイエントロジ-については、僕のブログ⇒カテゴリー「サイエントロジー」 参照

そのために悲劇が生まれます。

子どもたちの意思の結果だと、サイエントロジ-は主張していますが、サイエントロジ-が、一言、子どもたちに促せばいいだけです-親子の交流はとても大切なことだと・・・・。

それをしない、サイエントロジ-の方が、おかしいと感じる方が、むしろ普通の発想です。

このご両親は、ハリウッド(サイエントロジ-の本部がある。)に、大きな看板を建てて、子どもたちとの交流を求めています。

Stopsientology

Billboardfront1a

名付けて「StopScientologyDisconnection」(「ストップ サイエントロジ-の親子断絶」)

ちなみに、ハリウッドのエンターテイメント界の最大のニュースである、ハリウッドリポーターも、このニュースを報じています。

「ハリウッドの反サイエントロジ-看板 両親は言う。私たちは”洗脳”で、子どもたちを失った。」(紀藤訳)

「Hollywood's Anti-Scientology Billboard: Couple Says, "We Lost Our Kids" to "Brainwashing"」= 2:52 PM PDT(アメリカ太平洋夏時間) 4/8/2016 by Seth Abramovitch http://www.hollywoodreporter.com/news/hollywoods-anti-scientology-billboard-couple-882171

「The Joneses want to speak to their two adult children, Mike, 42, and Emily, 38, whom they say they've lost all contact with through a process known within the Church of Scientology as "disconnection."」

「ジョーンズ夫妻は、サイエントロジ-内で”断絶”として知られる手口で、交流がなくなったマイク(42歳)と、エミリー(38歳)との話ができることを望んでいる。」(紀藤訳)

2012.07.04

トム・クルーズの離婚騒動と、トムが信じる宗教団体「サイエントロジー」とは?

トムクルーズの離婚にからみ、マスコミからの問い合わせが多いので、サイエントロジーについて、まとめてみます。

実は、サイエントロジーは、今回の離婚騒動を超えて、日本だけでなく、欧米社会においては、社会問題となってきたカルト的宗教団体の一つです。

まずサイエントロジーについては、

このブログ⇒カテゴリー「サイエントロジー」

僕のTwitter⇒サイエントロジーに関する僕のつぶやき

を見ていただければ幸いです。

そのうえで、サイエントロジーの勧誘がなぜ問題なのか?、という点については、次のような問題があり、サイエントロジーの勧誘行為は、目的手段結果の観点から不法行為となる疑いがあります。

フランスでは、すでに詐欺罪で有罪のケースすら出ています。

■サイエントロジーのコース勧誘行為の違法性(我が国の場合)

1 前提として、サイエントロジーは、科学的趣向を凝らしているものの、実際には、前世、現世、来世を認める輪廻転生を肯定する宗教団体であることが、重要です。

2 この点は、消費者の多くは、自己啓発セミナーのようなもの、あるいは、科学的知見に基づいた分析的なものとしか認識せず、知らないうちに、サイエントロジーという宗教団体の教義が刷り込まれていきます。一種のマインドコントロールです。

3 しかも消費者にとって、今後の全てのコース料金が事前に総額でいくらかが明示されず、また事前に、全てのコースが終了する時期も明示されず、実際には、一生かかってもコースが終了しないことが事前に教えられていないこと、逆にこのような事実が教えられていれば、そもそも消費者は当初のコース申し込みをしなかったこと、

4 各個別のコースの進行や終了についても、全てサイエントロジー側で恣意的に決めることになっており、結局、各個別のコースについても、消費者にとって、今後かかる費用・時間について、事前に消費者には不明であること。つまりは事前のサイエントロジー側の説明と、実際の内容が大きく異なっていること、

5 事前に宗教団体であることをはっきりと明示せず、セミナーを謳って勧誘を行っているにもかかわらず、実際には「輪廻転生」と、コースの全過程の終了が密接に関わっており、全過程の終了は、来世以降になるという事実が事前に消費者に知らせていないこと(実は、いまだ世界中で、サイエントロジーの言う「完全な自由」を達成した、つまり全コースを修了した人はいないとされています。)、

6 サイエントロジー側は、コース料金が安くなるなどとして、多額の前払いを要求するが、その前提には結局1ないし5についての消費者の誤信が前提となっており、1ないし5をきちんと事前に説明されていれば、消費者は当初から、申し込みはしなかったこと、

7 多くの消費者が、その時点では不必要なEメーター等の教材を売りつけられていること、

8 退会する手続が煩雑で、退会のための査問手続がとられることから、個人でサイエントロジーをやめようとしても、詰問されてやめさせてもらえず、さらにはそれまで知られた個人情報を利用して抑圧的脅迫的な査問手続がとられるなど、結局、消費者を困惑させて退会させない仕組みが組織的になされていること

9 その結果、コース料金として支払わせられる金額が、短期間で数百万、数千万にのぼることがあり、明らかに消費者被害と言えるものであること、現実に、1990年ごろから消費者被害の一つとして、サイエントロジーが問題とされていたこと、

10 コース料金の支払いができない場合、フルタイムと称して、事実上出家のような形で、サイエントロジーの活動を労働力で支える存在とさせられること、

等の問題があり、サイエントロジーの勧誘行為には、目的手段結果の観点から不法行為となる疑いがあるものです。

フランスでは、前述のとおり、すでに詐欺罪で有罪のケースすら出ていますし、サイエントロジーのコース受講の流れの中で自殺者すら出ており、それが刑事事件と発展したケースも、おきています。

[参考]
→■ トム・クルーズ、離婚の原因は新興宗教サイエントロジーか (シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース シネマトゥデイ 6月30日(土)13時24分配信

 トム・クルーズとケイティ・ホームズの離婚の原因に、トムの信奉する新興宗教サイエントロジーの存在が挙げられている。ケイティはもともとカトリック教徒だったが、トムとの結婚を機にサイエントロジーに改宗した。

トム・クルーズ出演!映画『ロック・オブ・エイジズ』場面写真

 サイエントロジーはSF作家L・ロン・ハバードが創始した新宗教で、トムをはじめ、ジョン・トラヴォルタなどのハリウッドスターが熱心な信者として知られている。とりわけトムの傾倒ぶりはたびたびメディアに取り上げられるほどであり、学習障害を克服できたのはサイエントロジーのおかげだとインタビューで語ったこともある。

 TMZ.comは、ケイティが離婚を決断したのはトムが娘スーリちゃんを教会に無理やり連れて行こうとしていることに危惧を覚えたためだという関係者の証言を紹介。破局を認める際にケイティは代理人を通して「これは彼女と彼女の家族のプライベートな問題です。ケイティは、娘のことを一番に考えています」との声明を発表している。

 また、同サイトによると、ケイティはサイエントロジーに改宗したものの、トムほど宗教活動には熱心ではなく、スーリちゃんの信仰についてトムと言い争うこともあったという。

 2011年にジェニファー・ロペスが離婚の意志を公表した際も、サイエントロジーをめぐる意見の相違が破局の理由だと報じられた。(編集部・福田麗)

→なおトム・クルーズとケイティ・ホームズの離婚騒動については、超スピードで協議離婚が成立したようです。- ニュースウォーカー 2012年7月10日 MovieWalker http://news.walkerplus.com/2012/0710/7/ 


--------------------------------------------------------
サイエントロジーが引き起こした「リヨン事件」が(前出僕のBLOGを参照。)、フランスで「無知​・脆弱性不法利用罪」が制定された一理由をなしています。この「無知​・脆弱性不法利用罪」に日本で初めて単行本の中で触れたのが、拙著「マインドコントロール」です。ぜひお読みを↓

51megw50n7l__ss500__2

このBLOG 2012.05.27 2012年6月3日・4日加筆あり="菊地直子"身柄確保の報道に接して=ついに発売:拙著『マインド・コントロール 』 店頭にGO! #cult #religion #マインドコントロール #オウム #菊地直子 #高橋克也 初出2012年5月26日UP
--------------------------------------------------

2009.10.28

thunderサイエントロジー フランスで詐欺罪で有罪!!

BBC NEWSの記事を翻訳してみます。

Paris judge ordered the Church's Celebrity Centre and a bookshop to pay a 600,000-euro fine.
パリ裁判所は、サイエントロジーのセレブリティーセンターとブックストアーに60万ユーロの罰金刑を命令。
Alain Rosenberg, the group's head in France, was handed a two-year suspended jail sentence and fined 30,000 euros.Three other leading members of the group were also fined.
フランスサイエントロジーのトップであるアラン・ローゼンバーグに執行猶予付きの禁固2年と3万ユーロの罰金、他の別の3人の指導者のメンバーにもまた罰金が課せられた。


[参考]
LINCBLOGカテゴリー-サイエントロジー

□サイエントロジー信者に詐欺で有罪判決 Page last updated at 13:37 GMT, Tuesday, 27 October 2009
BBC NEWS | Europe | Scientologists convicted of fraud
サイエントロジー教会に罰金刑、組織的詐欺罪で フランス裁判所 写真3枚 国際ニュース : AFPBB News

【10月27日 AFP】

 フランスの裁判所は27日、1990年代に弱い立場にある信者から金銭をだまし取ったとして、新興宗教団体サイエントロジー教会(Church of Scientology)のフランス支部に、組織的詐欺罪で60万ユーロ(約8200万円)の罰金を言い渡した。しかし、フランスで近年改正された法律により、同宗教団体を即座に解散させることができなくなったため、当局高官らは遺憾を表明している。

 罰金を言い渡されたのは、サイエントロジー教会のフランス支部で、パリ(Paris)にあるサイエントロジー・セレブリティーセンター(Scientology Celebrity Centre)と同センターの書店。

 裁判所は、同団体のフランス人指導者、Alain Rosenberg被告にも、同罪で執行猶予2年、3万ユーロ(約410万円)の罰金を言い渡した。同教会フランス支部のパトリック・メゾンヌーブ(Patrick Maisonneuve)弁護士は、控訴する方針を示した。

 サイエントロジー教会は、トム・クルーズ(Tom Cruise)さんやジョン・トラボルタ(John Travolta)さんなどハリウッド・スターも入信していることで知られている。

■法改正で解散命令が見送りに

 パリの検察官は当初、セレブリティーセンターと書店の閉鎖を求めていた。

 しかし前月、裁判所は、ことし5月に議会でほとんど気づかれることなく成立した改正法について気づかされることになる。公判開始の月に成立した同改正法では、判事は詐欺罪で有罪となった組織を解散させることができなくなっていた。

 その後この改正法は撤回されたものの、撤回は遡及的に適応されないため、現在開かれている裁判ではサイエントロジー教会を解散させることができず、そのため裁判所は減刑した判決を余儀なくされることになった。

 今回の裁判は、女性2人の訴えによるもの。1人は、1998年に人間の精神エネルギーを計測できるとする「エレクトロメーター」など、同教会の高価な製品を買わされて2万ユーロをだまし取られたとしており、もう1人は、同じく98年に、同教会の信者だった雇用主にテストを受けさせられ、プログラムに参加するよう強要されたが、拒否すると解雇されたとしていた。(c)AFP/Dorothee Moisan


2009.10.09

thunder注意喚起!!サイエントロジーとXJapanのTOSHI-2009年11月11日加筆あり

サイエントロジーと、裁判で相変わらず不合理な主張を繰り返しているホームオブハートのTOSHIのコラボには正直言って驚きました。

互いの主張が噛み合うのでしょうか?

「WISE経営コンサルタントの資格をもつ、㈱アキノス」と題するホームページ
2009.9.28 弁護士山口貴士 大いに語る-TOSHIと三輪有子とサイエントロジー

ちなみにアキノスの代表取締役は三輪有子氏。WISEとは、「World Institute of Scientology Enterprise」の略です。

つまりWISEは、Scientology(サイエントロジー)の関連団体です。

事実上、宗教団体の主催だときずかず、コンサートに参加する人がいる可能性があり、とても心配です。


[参考]
・このブログ-2008.09.11 サイエントロジー教会、フランスで詐欺容疑で起訴!

ホームオブハートとToshi問題を考える会
なおTOSHIの個人責任を求めている損害賠償事件の判決が、
2009年11月20日金13:10~
東京地裁526号法廷で
言い渡されます(傍聴自由)。
また
2009年11月16日(月)13:30~
同じ東京地裁526号法廷で、TOSHI側が日本テレビを訴えた裁判で、TOSHIが証言する予定となっています(こちらも傍聴自由)。

↓以下2009年11月11日加筆
thunder11月16日の尋問での、TOSHIの出廷は、病気を理由に延期となりました。
また11月20日の判決は、裁判所側の事情で、12月25日午後1時10分と、延期となりました。


2008.09.11

info02サイエントロジー教会、フランスで詐欺容疑で起訴!

ついに宗教団体「サイエントロジー」に詐欺容疑でメス!

新興宗教サイエントロジー教会、フランスで詐欺訴訟 国際ニュース : AFPBB News

新興宗教サイエントロジー教会、フランスで詐欺訴訟 * 2008年09月09日 19:51 発信地:パリ/フランス

【9月9日 AFP】米国に拠点を置く新興宗教団体サイエントロジー教会(Church of Scientology)が、詐欺容疑により、フランスで起訴された。また同教会の信者7人も、違法な薬物処方を行った疑いで訴えられている。

 フランスで元信者の女性1人が、同教会のプログラムの受講料やテキスト代、薬代、人間の精神状態を計測できると教会が宣伝している「エレクトロメーター」代として、計2万ユーロ(約 300万円)を支払ったとの証言から、起訴につながった。この女性は1998年にパリ市内の路上でサイエントロジー教会の勧誘を受けた後に、これを支払ったとされる。

 この件のほかにも、別の原告による訴え、およびフランスの薬剤師協会による訴えがパリの裁判所で審理される。公判日程はまだ明らかになっていない。

 サイエントロジー教会は1954年、米国でSF作家の故L・ロン・ハバード(L. Ron Hubbard)氏が創設。米国ではその後、宗教団体として認定されており、トム・クルーズ(Tom Cruise)などハリウッド・スターも入信している。信者には金銭的貢献が求められ、それにより教会内の階級が上がる仕組みになっている。

 しかし、欧州各国では、信者の財産を搾取しているとして起訴される例が多く、これまでフランスをはじめベルギー、ドイツ、ギリシャなどで訴えられてきた。 (c)AFP/Lachlan Carmichael

[参考]
■LINC-TOPニュース カテゴリー「サイエントロジー

↓以下日本のサイエントロジー関連団体
サイエントロジー東京

ダイアネティックスセンター赤坂 DIANETICS CENTER AKASAKA-こちらはサイエントロジーという正体を隠しています。-ダイアネティックスセンター赤坂の代表は三輪有子氏・・・なぜか、このページはごく最近消されたみたいで、キャッシュでしか残っていません(なお今は、元代表のようです。この点訂正します。⇒http://www.dnc-akasaka.org/biz1/staff.html この告知は、サイエントロジーのミッション(伝道所)であるダイアネティックスセンター赤坂のホームページ内の、なぜか「スタッフ募集」のページにしか書かれていません。)-2009年9月24日追記2009年10月20日補筆)。

以下は消されたメッセージ

「三輪有子からのメッセージ

わたしくどもは、近年の子供の教育問題、精神の育成、家庭環境などの分野に関し、真の教育とはなにか、子供達や親達が抱えている本当の問題とは何かを解明する技術をもっており、その技術を適用することにより、よりよい日本の礎を築いていきたいと日々活動しています。

中でも、L.ロン ハバード氏の「勉強の技術」は子供達が本当に学ぶ事の楽しさを身体で感じ、喜びを得られ、そして自らの可能性を最大限に引き出していける、とても素晴らしい技術です。この技術を子供達に教えていくことにより、自分で考え決断できる日本の真のリーダーを育てていきたいと思っております。

また教育も、ヴァリアントユニバーシティーにおいて、机上の学問に終始するのではなく、学んだことを実社会で完全に適用し、自信の人生の向上へと直結させ、さらには日本の武士道や日本文化、芸術を学ぶことにより、将来のこの国を背負って立つ真の真の日本人としての誇りと人格、教養を備えたリーダーを育成し、これらの方面から、日本の世直し、ひいてはアジア、世界の平和へとつなげていきたいと強く決意しております。

L.ロン ハバード氏の研究した学問は、どんな職業のどんな地位の方にも必ず役に立つ科学的テクノロジーです。精神面から教育面、そして経営面に関してのおどろくほどの量が体系化されています。
ぜひ人生に役立て、しあわせになってください。」


-三輪有子氏のブログ→三輪有子のしあわせへの道

Ssp9150203

ちなみにしあわせの道とは、三輪有子氏がラジオ日本でDJをつとめている「しあわせの道」と同じ名称ですが、これは、サイエントロジーの冊子と評価できる「The Way to Happiness」の日本語訳と同じです。

ほかに現在でも、三輪有子氏は、「・・・ヴァリアントユニバーシティー理事長、㈱アキノス、Happy Children代表の肩書を持つことが公表されています。

三輪有子氏の経歴

㈱アキノス・・・ヴァリアントユニバーシティー設立事務局

Happy CHildren・・・塾のフランチャイズ事業で、㈱アキノス Happy Children事業部であることが公表されています。

ヴァリアントユニバーシティー・インターナショナル Valiant University INTERNATIONAL

設立経緯(日本)・・・三輪有子氏が設立

設立経緯(世界)・・・教祖のロン・ハバードが設立

2006.08.23

トム・クルーズの「奇行」の理由

トム・クルーズが,パラマウントを「首」になったみたいです。

理由は,サイエントロジーだそうです。

日本にも,既に進出している団体で,紀藤も何度か,金銭返還の件で,対応したことがあります。

■参考記事asahi.com:トム・クルーズ、「奇行」で契約打ち切りへ?-?文化芸能


なおサイエントロジーのことについては,ぜひ共著書「カルト宗教のトラブル対策―日本と欧米の実情と取り組み―」(教育史料出版会)をお読みください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876523819/bengoshikitol-22

「外国のカルト対策はどうなっているのか」という問い合わせもたくさんいただきますが、共著書カルト宗教のトラブル対策―日本と欧米の実情と取り組み―(教育史料出版会)という本を出版しました。お読みくださると嬉しいです。

■参考-2005.07.17 トム・クルーズとサイエントロジー

続きを読む "トム・クルーズの「奇行」の理由" »

2005.07.17

トム・クルーズとサイエントロジー

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - トム・クルーズに名誉市民授与せず=新興教団加盟がネック―パリ.

トム・クルーズに名誉市民授与せず=新興教団加盟がネック―パリ

拡大写真

トム・クルーズに名誉市民授与せず=新興教団加盟がネック―パリ
 
【パリ12日】パリ市は、米国の新興科学教団「サイエントロジー」のメンバーであることを理由に米映画スター、トム・クルーズ(43)に「名誉市民」の称号を与えないことを決定した。
 パリ市議会が11日夜、クルーズを名誉市民としない趣旨の決議を採択したことによるもので、世紀の二枚目俳優はパリでは「歓迎すべからざる人物」と規定された。
 サイエントロジーは1954年、SF作家のロン・ハバードによって米国で創設され、フランス


その他のカテゴリー

1980~現在 統一教会=統一協会-霊感商法事件 | 1989~ オウム真理教=アレフ=アーレフ | 1997 神戸酒鬼薔薇事件=少年事件 | 1999-12~ 法の華三法行=天華の救済 宇宙・みらいグループ | 1999~SPGF=旧ライフスペース=高橋弘二グループ | 2001-09~リンク総合法律事務所 | 2004-10 石井こうき事件 | 2004-4 ホームオブハートとToshi問題を考える | 2006-01 ライブドア事件 | 2006-03 PSE(電気用品安全法)事件 | 2006-07 パロマ事件 | 2006-07 摂理=MS(モーニングスター)=JMS | 2006-10 福島県知事選 | 2006-11 近未来通信事件 | 2007-02 リンナイ事件 | 2007-04 大牟田ミイラ化遺体事件 | 2007-10 L&G被害対策弁護団 | 2007-12 神世界=びびっととうきょう=えんとらんすアカサカ(-霊感商法事件) | 2007-2008 新参議員宿舎 | 2008-08 三笠フーズ事件 | 2008-10 サント・ダイミ教(=Santo Daime) | 2008-11 ふるさと牧場(和牛預託商法) | 2008~ 消費者庁 | 2009-02 SFCG(旧「商工ファンド」) | 2009-05 裁判員制度 | 2009-10 ロマゾフィー協会 | 2010-01 下ヨシ子 | 2010-04 ダンヨガ (ダンワールド=DahnWorld)=イルチブレインヨガ | 2010-04 宮崎口蹄疫被害事件 | 2010-05 岡本倶楽部事件 | 2010-11 故津谷裕貴弁護士の会 | 2011-03 原発事故 | 2011-03 東日本大震災 | 2011-06 茶のしずく事件 | 2011-08 安愚楽牧場被害事件 | 2011-11 オリンパス粉飾決算被害 | 2012-05 コンプガチャ=コンプリートガチャ, RMT | 2012-1 オリンパス株主被害弁護団 orympus | 2013-01 遠隔操作ウイルス事件 | 2013-4 MRI エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ Edwin Fujinaga | 2015-01 ISIS=IS=ISIL | 2015-06 IMM(International Marketplace Miinistry) | おすすめサイト | お遊び | インターネット | インターネット-ファイル交換ソフト | インターネット-ブログ=BLOG | エンターテインメント | グルメ | ゲーム | サイエントロジー | ストーカー問題 | スポーツ | テレビ | ニュース | ブログ=BLOG | プロ野球-合併 1リーグ反対 | マルチ商法=ネットワークビジネス=連鎖販売取引 | ラジオ | 世界に平和をワールドメイト→世界中に愛をワールドメイト | 事件 | 人権 | 人災 | 個人情報保護法 | 備忘録 | 児童虐待 | 司法 | 名誉毀損 | 宇部市 | 宗教団体 千乃正法=パナウェーブ研究所 | 宗教被害 | 幸福の科学 | 弁護士 | 弁護士業務妨害 | 弁護士紀藤正樹のリンクへようこそ! | 心と体 | 悪徳商法 | 情報公開 | 政治 | 日本平和神軍=JPNA | 日本弁護士連合会 会長選挙 | 映画 | 法の華三法行=天華の救済=よろこび家族の和 | 法律 | 消費者問題 | 消費者被害 | 消費者被害-スキミング | 消費者被害-先物取引 | 消費者被害-振り込め詐欺 | 犯罪 | 皇室 | 知識と教養 | 著作権 | 詐欺 | 講演 | 趣味 | 音楽 | 顕正会

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

無料ブログはココログ