フォト

カテゴリー

2013.07.30

訃報>松岡博さん74歳=大阪大名誉教授・元副学長 心からご冥福をお祈り申し上げます。

大阪大学時代に大変お世話になった、国際私法の権威である松岡博先生がお亡くなりになられた。

僕の、今の準拠法(ある法律関係について、どの国の法律を適用させるかという場合に、適用する法律を準拠法と言う。)の適用や国際裁判管轄などを学問対象とする「国際私法」の知識は、松岡先生に負っているところが大きい。

準拠法の適用問題に関し、アメリカの判例学説にみられる法目的や政策考慮のアプローチから、「機能的公序論」を提唱するなど、非常に斬新な解釈論を提示された。僕の弁護士人生にとっては、いろんな意味で啓発された大先生であった。

実は、僕が、国際私法の勉強を始めたのは、大学院時代で、非常に遅咲きだったと思う。

そもそも大学の学部時代、人権の救済に興味があった僕は、渉外など企業法務にまったく興味がなかった。そのため国際企業法務では必須の国際私法にまったくと言ってよいほど、興味がなかった。

ところが、大学院時代に、当初は、国際私法について、司法試験科目として勉強を始めたところ、そのころ既に、一定の法律知識があって始めた勉強であったことから、従来の国際私法の考え方や仕組みへの疑問が沸々と浮かび上がった。まだ知識のない学部生のころだったら、疑問は湧かなかったもしれません。

当時、僕は、「絵に描いたモチ」的な人権論にはまったく納得できず、大学院では、米国憲法、中でも、具体的な裁判実務における人権救済論の勉強をしていましたが(僕の修士論文のテーマは「陪審選任手続における無条件忌避の差別的行使と平等保護条項‐最近のアメリカ合衆国の判例を素材として‐」)、米国では、憲法裁判であっても、具体的な紛争で争われることから、現実の裁判実務では避けられない国際私法の考え方が、それまで国際私法について何も勉強してこなかったからこそ、とても興味深く、さらには国際私法の考え方と憲法の考え方を、理論的につなぐ哲学的な思錐することが、とても楽しくなった。

松岡先生は、当時、欧州流の国際私法が主流だった学会に、米国の州際私法(米国で「州」は国と同視できるから、現実の裁判では、どの州で裁判をするかという国際裁判管轄の問題と、どの州の法律を適用するかという、準拠法の問題が避けて通れない)から発展させた国際私法論を持ち込んで、新風を巻き起こされた先生で、米国憲法の勉強をしていた僕にとっては、まさに米国の現実の実務では必須の州際私法の問題を、深く考えさせられ、時には疑問をぶつけ、松岡先生の立論に、非常に啓発されました。

もう10年以上前になるであろうか、東京でお会いしたきりであったが、そのころの先生はとてもお元気だった。僕にとっては、まさに天上の人ででした。

先生に与えられた知識は、弁護士になって、韓国発の統一教会=統一協会と戦い始めたときも、いまなお米国で裁判を続けているセインツオブグローリーチャーチの事件においても、今年4月に発覚したMRI被害弁護団の活動を通じ、MRIインターナショナルの被害者救済の活動などでも、その知識は多いに役立っています。

僕には恩師と呼べる人はそう多くはありませんが、先生はまさに恩師でした。

本当に感謝しています。

先生!心からご冥福をお祈り申し上げます。合掌

訃報:松岡博さん74歳=大阪大名誉教授・元副学長- 毎日jp(毎日新聞).

毎日新聞 2013年07月30日 19時01分(最終更新 07月30日 19時24分)

松岡博さん74歳(まつおか・ひろし=大阪大名誉教授・元副学長、元帝塚山大学長、国際私法学専攻)25日、甲状腺がんのため死去。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男直之(なおゆき)さん。


2013.07.07

ブログ更新!>龍谷大学が法科大学院=ロースクールから撤退へ 続く大学のロースクール撤退のもたらす意味

龍谷大学が、2015年度以降のロースクール生の募集を停止する方針のようです。

全国に74校ある法科大学院のうち、募集停止の決定は、これで7例目だと思います。

[参考]→東北学院大、法科大学院から撤退へ 全国6例目 2013年3月5日10時32分


Ryukoku_2


 驚いたことに、同大学の法科大学院の2012年の司法試験合格者数は4人で合格率はたったの4・5%。
 
 5%以下、司法試験の一番難しかったころの合格率(僕が合格したころは2%代)よりは、まだ高いとしても、司法試験改革前の合格率と見間違えるほどの数字です。
 
 「法科大学院修了生全体の合格率の24・62%を大きく下回っている」ということですから、市場から撤退も、やむ得ないと思いますが、レベルがあまりにも低すぎです。

 司法試験改革がうまくいかなかったという行政の責任を問うことは簡単ですが、もっと根本的に、ほかに合格率の高い大学もあるのですから、大学院教育の在り方も問われています。

 合格できない、ということは、市民が求めている法律家のレベルに達していないということです。日本の将来を考えると、不合格は、本当は、良かったと評価できることなんですから。

[参考]
龍谷大学法科大学院
同大学院 2013.07.04UP 2014年度入試要項(PDF形式)

・2012年度(平成24年度) 新司法試験 法科大学院別合格者数・合格率ランキング

[参考記事]

龍谷大法科大学院 15年度以降の募集停止方針 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE=読売新聞

 龍谷大(京都市)が、法科大学院の学生募集を、2015年度以降停止する方針であることがわかった。来年度の入試要項の中で、「13年度中に新たな法曹養成のあり方を構築した上で、学生募集を停止する方向」と告知した。

 同大学は05年度に入学定員60人の法科大学院を設置。定員割れが続いたことから10年度に定員を30人、翌年度さらに25人にまで減らした。今年度の入学者は15人だった。12年の司法試験合格者数は4人で合格率は4・5%。法科大学院修了生全体の合格率の24・62%を大きく下回っている。

 
(2013年7月6日 読売新聞)

2010.02.28

eye.備忘録:トラックやバスって高い!

ハイブリッドバス 日野セレガ ハイブリッドBJG-RU1ASAR (ハイデッカ 乗合 56人乗 GVW15トン)は、車両本体価格が4,180万円もする。

Img_hybridbus01_5

[参考]
日野エコカーラインナップ | 製品情報 | 日野自動車

2010.02.27

soccer旧岩崎邸の思い出

紀藤が、司法研修所で学んだのは、もう20年以上も前の1988年から1990年までのことですが(42期)、当時の司法研修所は、今の和光とは違い、湯島にあり、その敷地には、岩崎邸がありました。

司法研修所の運動場は、岩崎邸の敷地の庭(芝)で、その鮮やかな緑に、司法研修所に行くたびに、心が洗われたのを覚えています。この運動場で、研修所の同期仲間で、よくサッカーもしました。

岩崎邸に入るには、司法研修所の門(管理人がいます。)から入るしかほかなく(つまり一般の人は入れないということです。)、この岩崎邸を、あたかも独り占めにできる感覚は、僕のその後の人生に大きな影響を与えていると思います(誤解なきように付言しますが、司法試験に合格して初めて「権力の特権性の持つ矛盾」に肌で触れたという面でです。)。


今は、司法研修所は、和光市に移転し、岩崎邸も、司法研修所敷地から切り離されて、旧岩崎邸庭園として整備され、一般にも開放されていますので、ぜひご覧ください。当時の支配層の建物であっても、その芸術性の高さは、見る価値があると思います。

Outline03501


[参考]
司法研修所
# 1969年(昭和44年):和館大広間を重要文化財に指定。司法研修所庁舎建設のために和館の大部分を撤去。湯島ハイタウン、池之端文化センター等の建設により敷地が約1/3となる
# 1994年(平成6年):司法研修所の移転に伴い、文化庁に移管
岩崎家とは?
・なお鳩山会館

2010.02.11

dash備忘録:婚姻届、離婚届での保存期間は27年

なぜ30年ではなく、20年でもなく、27年という中途半端な期間なのでしょう。
不思議です。

ちなみに場所は、市区役所ではなく、法務局のようです。

戸籍法施行規則抜粋
第48条  
戸籍の記載手続を完了したときは、届書、申請書その他の書類は、本籍人と非本籍人とに区別し、事件の種類によつて、受附の順序に従い各別にこれをつづり、且つ、各々目録をつけなければならない。但し、市町村長は、相当と認めるときは、事件の種類別に分けてつづることを要しない。
○2  前項の書類で本籍人に関するものは、一箇月ごとに、遅滞なく管轄法務局若しくは地方法務局又はその支局にこれを送付しなければならない。
○3  第一項の書類で非本籍人に関するものの保存期間は、当該年度の翌年から一年とする。

第49条  前条第二項の規定によつて送付された書類は、受理し、又は送付を受けた市役所又は町村役場の区別に従い、年ごとに各別につづつて、これを保存しなければならない。但し、分けてつづることを妨げない。
○2  前項の書類の保存期間は、当該年度の翌年から二十七年とする。


[参考]
戸籍法施行規則全文

その他のカテゴリー

1980~現在 統一教会=統一協会-霊感商法事件 | 1989~ オウム真理教=アレフ=アーレフ | 1997 神戸酒鬼薔薇事件=少年事件 | 1999-12~ 法の華三法行=天華の救済 宇宙・みらいグループ | 1999~SPGF=旧ライフスペース=高橋弘二グループ | 2001-09~リンク総合法律事務所 | 2004-10 石井こうき事件 | 2004-4 ホームオブハートとToshi問題を考える | 2006-01 ライブドア事件 | 2006-03 PSE(電気用品安全法)事件 | 2006-07 パロマ事件 | 2006-07 摂理=MS(モーニングスター)=JMS | 2006-10 福島県知事選 | 2006-11 近未来通信事件 | 2007-02 リンナイ事件 | 2007-04 大牟田ミイラ化遺体事件 | 2007-10 L&G被害対策弁護団 | 2007-12 神世界=びびっととうきょう=えんとらんすアカサカ(-霊感商法事件) | 2007-2008 新参議員宿舎 | 2008-08 三笠フーズ事件 | 2008-10 サント・ダイミ教(=Santo Daime) | 2008-11 ふるさと牧場(和牛預託商法) | 2008~ 消費者庁 | 2009-02 SFCG(旧「商工ファンド」) | 2009-05 裁判員制度 | 2009-10 ロマゾフィー協会 | 2010-01 下ヨシ子 | 2010-04 ダンヨガ (ダンワールド=DahnWorld)=イルチブレインヨガ | 2010-04 宮崎口蹄疫被害事件 | 2010-05 岡本倶楽部事件 | 2010-11 故津谷裕貴弁護士の会 | 2011-03 原発事故 | 2011-03 東日本大震災 | 2011-06 茶のしずく事件 | 2011-08 安愚楽牧場被害事件 | 2011-11 オリンパス粉飾決算被害 | 2012-05 コンプガチャ=コンプリートガチャ, RMT | 2012-1 オリンパス株主被害弁護団 orympus | 2013-01 遠隔操作ウイルス事件 | 2013-4 MRI エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ Edwin Fujinaga | 2015-01 ISIS=IS=ISIL | 2015-06 IMM(International Marketplace Miinistry) | おすすめサイト | お遊び | インターネット | インターネット-ファイル交換ソフト | インターネット-ブログ=BLOG | エンターテインメント | グルメ | ゲーム | サイエントロジー | ストーカー問題 | スポーツ | テレビ | ニュース | ブログ=BLOG | プロ野球-合併 1リーグ反対 | マルチ商法=ネットワークビジネス=連鎖販売取引 | ラジオ | 世界に平和をワールドメイト→世界中に愛をワールドメイト | 事件 | 人権 | 人災 | 個人情報保護法 | 備忘録 | 児童虐待 | 司法 | 名誉毀損 | 宇部市 | 宗教団体 千乃正法=パナウェーブ研究所 | 宗教被害 | 幸福の科学 | 弁護士 | 弁護士業務妨害 | 弁護士紀藤正樹のリンクへようこそ! | 心と体 | 悪徳商法 | 情報公開 | 政治 | 日本平和神軍=JPNA | 日本弁護士連合会 会長選挙 | 映画 | 法の華三法行=天華の救済=よろこび家族の和 | 法律 | 消費者問題 | 消費者被害 | 消費者被害-スキミング | 消費者被害-先物取引 | 消費者被害-振り込め詐欺 | 犯罪 | 皇室 | 知識と教養 | 著作権 | 詐欺 | 講演 | 趣味 | 音楽 | 顕正会

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ