フォト

カテゴリー

« 預金保険機構によって詐欺業者として公開された「宗教法人」の名前 | トップページ | 行政処分を受けた初めての法律事務所として消費者被害の歴史に残ってしまったアディーレ法律事務所の失態と波紋 »

2016.02.16

仏教界は詐欺対策に本腰を!本日2016年2月16日、開運商法=霊感商法業者の「幸せ工房」が摘発!=3人逮捕

本日2016年2月16日、開運商法=霊感商法業者の「幸せ工房」が摘発されたようです。

関連寺院だと思われる「長照寺」というお寺が、、預金保険機構により、詐欺業者として、広告されています。

お寺が、詐欺業者として、繰り返し、預金保険機構により、広告されるというのは、明らかに異常事態です。

 ⇒このブログ=預金保険機構によって詐欺業者として公開された「宗教法人」の名前=2016.02.09

全国の無関係の「長照寺」さんが迷惑を受ける立場なんですから、もっと仏教界は、自分たちの名前が利用されていることに怒りの目を向け、国民に対し、被害防止への注意喚起などの告知し、開運商法や霊感商法の詐欺の撲滅に関し、もっと社会に貢献してよいのではないのでしょうか。

振り込め詐欺に名前を使われる企業や官公庁がこの問題に強く取り組んでいるのに対し、仏教界の対応が、この問題にとても鈍いことも、とても異常に感じます。

Tyosyoji_2

 ⇒元URL=預金保険機構の検索窓
  名義人に「長照寺」と入れてみてください。


[参考]
僧侶名乗り“開運商法” ネックレス購入者に「悪霊が」…元通販業者の男3人逮捕 - BIGLOBEニュース=

=産経新聞2月16日(火)11時48分

 「開運ネックレス」の購入者に電話をかけ、不安をあおって金をだまし取ったなどとして、京都府警は16日、詐欺と特商法違反(不実の告知・書面不交付)の疑いで、東京都内にあった通販会社「幸せ工房」(閉鎖)の元営業部長、長藤晶彦容疑者(33)ら元従業員の男3人を逮捕した。長藤容疑者は「今日は何もしゃべりません」と供述。府警は、開運商法による組織的な詐欺の可能性もあるとみて全容解明を進める。

 逮捕容疑は平成26年12月〜27年4月、それぞれ僧侶を自称し、電話で「水子の霊が付いている」などと伝え、京都・大阪の50〜80代女性3人から、祈祷(きとう)料名目で現金計約40万円をだまし取るなどしたとしている。

 同社は、雑誌の広告や折り込みチラシで「開運ネックレス」を販売。購入した客に電話をかけ「お札に願いを書いて返送して。祈祷する」と伝えた。返送した客には「お札を祈祷したら祈祷師が倒れた」「相当悪い霊が付いている。除霊が必要」と話し、祈祷料として現金を要求していた。

 長藤容疑者らは入金先に、茨城県や山梨県にある2つの寺院の名義の口座などを指定。寺院の“東京道場の僧侶”と自称していたという。

 府警は27年、同社の複数の関係先を家宅捜索。26年9月〜27年9月、関係する複数の口座に、約5500人から計約2億5千万円が入金された形跡があったといい、詳細を調べている。


・このブログ=預金保険機構によって詐欺業者として公開された「宗教法人」の名前=2016.02.09

全国霊感商法被害対策弁護士連絡会

開運商法被害弁護団

« 預金保険機構によって詐欺業者として公開された「宗教法人」の名前 | トップページ | 行政処分を受けた初めての法律事務所として消費者被害の歴史に残ってしまったアディーレ法律事務所の失態と波紋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 預金保険機構によって詐欺業者として公開された「宗教法人」の名前 | トップページ | 行政処分を受けた初めての法律事務所として消費者被害の歴史に残ってしまったアディーレ法律事務所の失態と波紋 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ