フォト

カテゴリー

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014.02.28

ブログ更新!>安愚楽牧場事件で、三ケ尻久美子・大石勝也両被告人の控訴審(東京高裁)の刑事裁判期日が決まりましたので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #安愚楽

安愚楽牧場の元代表取締役の三ケ尻久美子や元取締役の大石勝也両被告人の控訴審(東京高裁)での刑事裁判(東京高裁)の日程が決まりました。

控訴審でも、ぜひ傍聴などの支援をお願いします。

[参考]

全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ

刑事裁判  

下記の2期日が指定されました。

 法廷は、東京高等裁判所 102号法廷(1階)=大法廷=

2014 4月24日 午後1時30分から
2014 6月4日 午後1時30分から


 なお傍聴券発行情報はこちらから⇒東京高裁/傍聴券交付情報

 通常、公判日の4~5日前ころから掲示されます。

.

2014.02.26

ブログ更新!>来る2014年3月7日(金)12時~18時 悪徳探偵被害110番のお知らせ

僕の所属する第二東京弁護士会が、来る、2014年3月7日(金曜日)に、悪徳探偵被害110番を実施します。

そもそも詐欺被害の解決をうたう探偵業者は、弁護士法違反の疑い(弁護士法違反は犯罪です!)がありますが、この問題を置いても、「お金を支払ったのに何もやってくれない」など、悪徳探偵業者の消費者被害が増えています。

電話相談は、無料です。
ぜひ、この機会に相談をどうぞ!

相談

悪徳探偵被害110番のお知らせ|第二東京弁護士会ひまわり=更新日:2014年02月10日

 詐欺被害などの消費者トラブルの救済を謳った探偵業者に高額費用を支払ったのに何もしてもらえず困っている方、頼んだ探偵に中止を申し出たところ、当初説明の無い高額の費用を請求された方などを対象に無料相談会をおこないます。

【実施日時】

2014年3月7日(金)12時~18時

【電話番号】

電話相談当日(3/7)のみの臨時番号です。  TEL : 03-3502-3860

詳しくは下記リンクのPDFファイルをご参照ください。

悪徳探偵被害110番のお知らせ


[ご参考]


詐欺被害の解決・返金をうたう探偵業者について:警視庁

 未公開株、出会い系サイトなどによる詐欺被害にあわれた方を対象に、「十分に返金が可能です。」などと告げて誤解させ、契約を締結する探偵業者が増えています。

 「お金を取り戻したい」という被害者の心理につけ込んだ悪質なものです。
 トラブルや苦情が多発しているので、注意してください。

東京都公安委員会が公表する探偵業の業務の適正化に関する法律に基づく行政処分:警視庁

「消費者トラブル解決」をうたう探偵業者にご注意を!!(発表情報)_国民生活センター=[2011年6月9日:公表]

弁護士だからできること|第二東京弁護士会ひまわり

非弁行為を見つけたら

 弁護士法では、弁護士でない者が報酬を得る目的で法律事務を取り扱うこと(非弁護士行為)などを禁止するとともに、弁護士がこのような違法な非弁護士に名義を貸したり、非弁護士から事件のあっせんを受けたりすること(非弁護士との提携行為)を禁止しています。

 当会では、こうした違法な行為を取り締まるため、非弁護士取締委員会という委員会で調査を行っております。非弁護士行為、非弁護士との提携行為については当会への情報提供をお願いいたします。

 なお、情報提供に関して情報提供者から詳しい事情をお伺いすることが必要な場合がありますので、情報提供者への連絡が可能なように、出来る限り連絡先をお教えくださいますようお願いいたします(連絡先をお教え頂けない場合、調査が進められないおそれがありますので、是非ご協力方、よろしくお願いいたします)。

 また、弁護士が非弁護士と提携しているとして当会に当該弁護士の懲戒請求をなされる場合、併せて当委員会にも通報くださるようお願いいたします。

 情報提供についてのお問い合わせは、 03-3581-2256 (会員課)までご連絡ください。

2014.02.02

慰謝料3万円=裁判官の暴言に驚く!=「あなたのせいで左遷」は違法 長野地裁飯田支部

判決を書いたのは、長野地裁飯田支部加藤員祥<かずよし>裁判官

暴言を吐いたのは、当時の同支部の支部長・樋口隆明裁判官

経歴を見ると、樋口隆明裁判官は、42期。

暴言当時、「H.21. 4. 1 ~ H.24. 3.31 長野地・家裁飯田支部長、飯田簡裁判事」、今は、「H.24. 4. 1 ~ 前橋地・家裁判事、前橋簡裁判事」だそうです。

他方、加藤員祥裁判官は、樋口隆明裁判官の後輩にあたる46期。経歴を見ると、樋口隆明裁判官と入れ替わりで、「H.24. 4. 1 ~ 長野地・家裁飯田支部判事、飯田簡裁判事」をつとめられておられます。

今回の判決は、勇気を持って、法に基づき、先輩裁判官の暴言の違法性を認めたという点で、加藤員祥<かずよし>裁判官は、とっても偉いと思います。

憲法上、「その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される」=”法”の番人たる裁判官の気概を見せたという点で、裁判官として、尊敬に値すると思います。

しかしまた、一般市民の発言ではなく、判決の結果という、原告(=暴言の被害者)の生殺与奪を裁判官=権力者の発言、すなわちパワハラとも評価できる発言が、「3万円」の慰謝料というのは、あまりに慰謝料額が低すぎると思います。

それにしても、樋口隆明裁判官が、「あなたの審理が終わらないので、上司から怒られているんだ。私の左遷の話まで出ている」と発言した、その上司の名前を知りたいです。

そもそも憲法上、独立して職権を行える裁判官、しかも飯田支部の支部長裁判官を叱れる裁判官は、どのような立場で、樋口隆明裁判官を叱っているんでしょうか?

樋口隆明裁判官の「上司の言動」は、「左遷」という言葉自体が、パワハラになる可能性があるうえ、憲法上も、問題があるケースだろうと思います。

{参考}=下線は紀藤

日本国憲法

第七十六条

3 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。


<裁判官暴言>「あなたのせいで左遷」に慰謝料 長野地裁=毎日新聞 2月2日(日)13時0分配信

 民事訴訟の口頭弁論で担当裁判官に暴言を吐かれ、公平な裁判を受けられなかったとして、長野県飯田市の男性が国と長野地裁、裁判官に約220万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決で、地裁飯田支部(加藤員祥<かずよし>裁判官)は男性の訴訟活動を制限する感情的な発言があったと認め、国に慰謝料3万円の支払いを命じた。30日付。裁判自体は公平だったと判断し、地裁や裁判官への請求は退けた。

 判決によると、男性は2010~11年に飯田支部であった損害賠償訴訟の被告。11年8月の第6回口頭弁論で、担当の樋口隆明裁判官が、新たな主張を展開した男性に「今日、結審する予定だった」「あなたの審理が終わらないので、上司から怒られているんだ。私の左遷の話まで出ている」などと突然、顔を赤らめて怒り、男性に恐怖感を抱かせた。加藤裁判官は、樋口裁判官の個人的な事情を理由にした感情的な発言だったと違法性を認めた。

 一方で、樋口裁判官が発言後、男性の言い分を聞いたことなどから、裁判の公平が損なわれたとの主張は認めなかった。【横井信洋】

---------------------------------------------------------

長野地裁飯田支部

樋口隆明裁判官の経歴

加藤員祥裁判官の経歴

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ