フォト

カテゴリー

« ブログ更新>児童虐待を放置する日本! お隣り韓国の法制を見習うべき! | トップページ | ブログ更新!>”冷凍食品農薬混入事件”で世間を騒がしている株式会社アクリフーズは、過去、消費者の信用を完全に失い、名門企業グループが解体・再編された「雪印乳業」の元・100%子会社 »

2014.01.09

これは速報です>全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新!本日、被告人三ヶ尻久美子に懲役2年10月、大石勝也に懲役2年4月の実刑判決が出されました。 #安愚楽

2011年8月の事件発覚から、ようやく2年以上の時を経過して、本日、1月9日午後1時30分から刑事判決公判において、被告人三ヶ尻久美子に懲役2年10月、大石勝也に懲役2年4月の実刑判決(各未決勾留50日)が出されました。

わずか10分の判決の朗読でしたが、裁判所は、長年、保有頭数と契約頭数が恒常的に不足し売買の対象牛が存在しなかったという本件犯行の長期性と、対象牛が存在しないことの印として耳番号の末尾に002をつけるという、本件犯行の反規範性の高さ、常習性、規模の大きさ、計画性、周到性を指摘したうえで、犯行動機も会社本位の自己中心的なものあり、また不実の告知に対して確定的認識を持ち犯意も強いとして、最高刑(但し併合罪)が3年のところ、犯行は相当重いほうに入ると述べ、裁判で反省等を述べるが、それは犯行の強さに照らせば猶予を付する事案ではないと述べたうえで、上記の実刑判決を下しました。

検察官の求刑は、被告人三ヶ尻久美子に懲役3年、大石勝也に懲役2年6月でしたが、いずれの被告人もわずか2か月の減刑、しかも実刑判決というのですから、裁判所が本件犯行が詐欺の実質を有するという実態を直視し、特定商品預託法の適用の範囲内でほぼ最大の刑罰を科したものと評価できると思います。検察官の求刑は、被告人三ヶ尻久美子に懲役3年、大石勝也に懲役2年6月でしたが、いずれの被告人もわずか2か月の減刑、しかも実刑判決というのですから、裁判所が本件犯行が詐欺の実質を有するという実態を直視し、特定商品預託法の適用の範囲内でほぼ最大の刑罰を科したものと評価できると思います。

要するに今回担当検察官が詐欺で起訴しないことが問題であったと評価できると思います。

僕が団長をつとめる全国安愚楽牧場被害対策弁護団は、近く、検察審査会への申し立ても含めて、詐欺での起訴を求めてさらに活動していく所存です。

[参考]

全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ

« ブログ更新>児童虐待を放置する日本! お隣り韓国の法制を見習うべき! | トップページ | ブログ更新!>”冷凍食品農薬混入事件”で世間を騒がしている株式会社アクリフーズは、過去、消費者の信用を完全に失い、名門企業グループが解体・再編された「雪印乳業」の元・100%子会社 »

2011-08 安愚楽牧場被害事件」カテゴリの記事

コメント

今回の判決は納得いきました。

しかし、配当率が5%とは・・・

犯人が有罪になっても被害者には出資金の返還は難しいのでしょうか?
残りの出資金の返還が出来るだけ多く実施できるよう、先生方宜しくお願いします。

いつもお世話になっております。裁判の傍聴には一度も出席出来ていませんが、検察、裁判官へのメールや手紙、被害者の会へのカンパなど、出来ることは継続して行きますので、今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。

紀藤先生、お疲れさまです。
平田信の公判中なので、コメントする機会も多いと思うので、ご自愛ください、
実刑になられたなら、刑務所の中で、猛反省していただいて、三ヶ尻さんは
刑務所の中で、安愚楽が詐欺になるまでの真実を、赤裸々にまとめていただいて
本にしてその利益を、被害者に還元してほしいです。
数年で出てこられるので、無期懲役とかと違うので、すぐ出てこられるという印象です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログ更新>児童虐待を放置する日本! お隣り韓国の法制を見習うべき! | トップページ | ブログ更新!>”冷凍食品農薬混入事件”で世間を騒がしている株式会社アクリフーズは、過去、消費者の信用を完全に失い、名門企業グループが解体・再編された「雪印乳業」の元・100%子会社 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ