フォト

カテゴリー

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.30

#安愚楽 牧場 元社長の三ヶ尻久美子らの今後の裁判日程=全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新!

全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページより.

三ヶ尻久美子被告らの今後の裁判日程

     次のとおりと決まっています。

     法廷は、すべて東京地方裁判所 104号法廷(1階)=大法廷=です。

     傍聴希望の方は、今から手帳に記載ください。
   

 但し、裁判所等の都合により変更される場合もありますので、念のため事前に、裁判所にご確認ください。

 1 第2回公判  10月21日 午後1時15分から午後5時
 2 第3回公判  11月25日 午前10時から午後5時
 3 第4回公判  12月 5日 午後1時15分から午後5時
 4 第5回公判  12月19日 午前10時から午後12時

2013.09.20

ブログ更新>専門の弁護士による相談料が無料! 2013年9月25日 第二東京弁護士会を含む在京三弁護士会が金融商品被害110番を実施します。投資被害にお悩みの方はぜひどうぞ!

相談は無料です。お悩みの方はこの機会にどうぞ!

金融商品被害110番のお知らせ

僕が所属する第二東京弁護士会ほか、東京の三弁護士会では、投資商法(ファンド・株・各種権利等)、先物、保険などでお困りの方々の相談をお受けするために、下記のとおり無料電話相談を実施します。
 

【実施日時】

 2013年9月25日(水)10:00~16:00

【電話番号】

TEL:03-3597-4730

 無料 (実施日のみの電話番号です。)

詳細は チラシ「金融商品被害110番」をダウンロードしてご覧ください。

【お問合せ先】

 第二東京弁護士会 人権課 TEL:03-3581-2257

ソース: 第二東京弁護士会ひまわり | 金融商品被害110番のお知らせ

11020130925


2013.09.17

ブログ更新!>2013年9月24日 #安愚楽 牧場の元社長の三ヶ尻久美子被告らの初公判の細目が決まりましたので、傍聴方法のお知らせです>全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新! 2013年9月19日更新

全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ

日時:2013年9月24日 午後1時30分
場所
東京地方裁判所 104号法廷(1階)=大法廷=
海江田氏訴訟(103号法廷)の隣の法廷で、東京地裁で一番大きい法廷です。

憲法の公開原則から、傍聴は自由。しかも無料です。
安愚楽牧場の被害者の方、ご関心の方は、ぜひ傍聴ください。



本日(2013年9月19日) 傍聴券発行事件となりました。12時40分から整理券が発行されます。同時間以降に、下記の指定場所におこし下さい。

 ⇒東京地裁/傍聴券交付情報 http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=15

裁判所名
東京地方裁判所  刑事第15部

日時・場所
2013年09月24日 午後1時0分 東京地方裁判所正面玄関1番交付所

事件名
特定商品等の預託等取引契約に関する法律違反 平成25年特(わ)第902号等

備考

<抽選>当日午後1時00分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。開廷時間は午後1時30分です。

2013.09.14

拡散希望> #MRI インターナショナルに財産情報の開示命令=資産散逸禁止命令 (インジャンクション)が米裁判所で出されました。 明日15日、弁護団による被害者説明会が札幌で開かれます! 更新・再更新2013/09/14

 MRIインターナショナルに対しては、被害者の救済活動を続けるMRI被害弁護団で、水面下で米国での裁判を遂行していましたが、ようやく最初の一歩が始まりました。

 正式名称は、Preliminary Injunction Order(PIO)=暫定的差止命令。
 一般的には、単に日本語で、「インジャンクション」(日本で言う「仮処分」ないし「仮差押え」に近い。)と言われる決定です。

 実は、僕は、今、安愚楽牧場の問題で、とても多忙で(⇒安愚楽牧場被害対策弁護団の活動)、米国弁護団から渡米するように誘われてはいたのですが、僕の事務所(リンク総合法律事務所)からは、日本語=英語のバイリンガルの山口貴士弁護士が参加し、僕は日本待機組でした。

 ですから今回の決定、なお一層、とても嬉しいです。 

 山口広 団長の勇姿、とてもかっこいいです。山口さんに向かって、一番右はしの男性が、米国訴訟で中心的な役割を担っていただいている ロバート・コーエン弁護士(Robert W. Cohens氏)の勇姿です。

2013年9月13日付け MRI被害弁護団声明 = 米国ネバダ州連邦地裁は、本日(現地時間9月12日)、MRIらに対して暫定的差止命令を出しました。

 報道されている写真は、日本時間2013年3月13日今朝(ロサンゼルス時間2013年3月12日午後)の記者会見(ロサンゼルス)での写真です。

 ちなみに山口さんに向かって左側に少し写っている弁護士が、ジム・ギボンズ弁護士(Jim E. Gibbons氏 フジテレビでは、真ん中の弁護士)、山口さんに向かって右側すぐの女性は、コーエン事務所の、英語=日本語バイリンガルの妙中マリ子弁護士(Mariko Taenaka氏)です。いずれも米国側の弁護団です(ジム弁護士の左隣の女性は通訳の方です。)。 

 


 

時事ドットコム:MRIに財産情報の開示命令=資産散逸も禁止-米裁判所-9/1313:34

米資産運用会社「MRIインターナショナル」の訴訟について記者会見する山口広弁護団長=12日、ロサンゼルス

 【ロサンゼルス時事】米資産運用会社「MRIインターナショナル」(ネバダ州ラスベガス)が顧客資産を消失させたとされる問題で、日本人の出資者らが、同社などを相手取り、損害賠償を求めた訴訟で、ラスベガスの連邦地裁は12日、原告が求める財産などの情報を開示するようMRI側に命じた。MRIの財産状況を明らかにした上で、本格的な審理に入る。
 同地裁は同時に、財産を散逸しないようMRIに命令した。今後、MRIの財産状況を把握した上で、財産管理人の設置や銀行口座などの資産凍結を検討するとみられる。(2013/09/13-13:34)

 


 

朝日新聞デジタル:MRIに証拠開示を命令 米地裁、出資金消失集団訴訟で  2013年09月13日11時03分

写真・図版

米ロサンゼルスの法律事務所で12日、記者会見する原告弁護団の山口広団長(手前中央)ら=藤えりか撮影

【ロサンゼルス=藤えりか】

 資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ラスベガス)が多額の出資金を消失させたとして、出資者がその返還を求めた集団訴訟をめぐり、ネバダ州の連邦地裁は12日、証拠となる関連書類を90日以内に開示するとともに、資産を散逸させないようMRIなどに命じた。

 地裁によると、対象となる書類は2011年1月から現在までのMRIの事業に関する書類。破棄したり隠したりすることのないよう求めている。

 この日、ロサンゼルスで記者会見を開いた原告弁護団によると、MRI側が書類保全を妨害したりした場合、地裁は必要に応じて財産差し押さえに踏み切る、とも明らかにしたという。山口広・弁護団長は、MRI側がすでに社内文書を破棄しているとも指摘した。

 一方、原告弁護団によると、MRI側は「約5900万ドル(約59億円)の現金や、資産価値の高い不動産を保有している」「まだ満期を迎えていない出資金も多い」などと主張。財産差し押さえの必要性はないなどと反論したという。

 原告側は、約8700人とされる全出資者の約半数にあたる4245人分、計約887億円の出資金について、MRIやエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長らを相手取り、7月5日付で提訴している。

 


 

ご相談は⇒MRI被害弁護団へ=僕も参加する弁護団です。

明日は、弁護団による被害者説明会が、札幌で開かれます=東京(8月31日)、福岡(9月7日)、札幌(9月15日)で、被害者説明会を開催します! | MRI被害弁護団.

 


 


■フジテレビ 2013/09/13=MRI出資金不明 米連邦地裁、MRIに保全命令 日本の原告では初=記者会見の映像が見れます。山口貴士弁護士も映っています。

■TBS 2013/09/13=MRIに財産状況など開示命令、米連邦地裁 =記者会見の映像が見れます。

NHK 2013/09/13=米裁判所 MRIに書類開示命令 9月13日 10時17分=今なら映像が見れます。

2013.09.12

ブログ更新!>また顕正会に家宅捜索!=入会強要などの疑い 顕正会を捜索 警視庁 2013年9月14日更新情報あり

最近、また冨士大石寺 顕正会の強引な勧誘や脱会引き止めの相談が増えていましたので、気になっていました。

2013年9月11日、また入信強要の容疑で、家宅捜索です。

入信勧誘の違法が、繰り返し、最高裁判所も含めて、裁判所で認められ続けている統一教会にも、家宅捜索が入っても良い事態です。

 ちなみに今年3月29日に、統一教会=統一協会の伝道違法を問う裁判で、札幌地裁で出された判決は、

はっきりと、
これら不公正な伝道・強化活動は、原告らに財産を差し出させ、原告らを集金活動に従事させるという特異な宗教的実践を強制するものであり、客観的に見れば、統一協会が経済的利益を維持する目的で行われたといわざるをえない。原告らに対する伝道・強化活動と同様の手法で、経済取引の勧誘が行われたとすれば、そのような勧誘は我が国の法律では取締りの対象とさえなるのである。したがって、統一協会の信者が原告に対して行った伝道・強化活動は、社会的相当性の範囲から著しく逸脱する民事上hの違法な行為であるといわなければならない

などと、判決しています。

 なおこの判決に対しては、統一教会側から控訴され、今年10月31日午後1時10分、札幌高裁判決が出される予定です。

 要注目です。


NHKニュースの冒頭映像の画像
Kensyokainhk120130911jpg


入会強要などの疑い 顕正会を捜索 NHKニュース. 2013年9月11日 =今なら映像が見れます 14時49分

さいたま市に本部がある宗教法人「顕正会」の会員2人が東京の22歳の男性を脅して無理やり入会させた疑いが強まったとして、警視庁は都内にある教団の施設などを強要などの疑いで捜索しました。

捜索を受けたのは、さいたま市に本部のある宗教法人「顕正会」の東京・板橋区にある施設など5か所です。
警視庁によりますと、ことし3月、教団の会員2人は都内の22歳の男性に対し「入信しなければバチが当たる」などと言って板橋区にある施設に連れて行き無理やり入会させたうえ、「このことを話すと自宅に押しかけるぞ」などと脅したとして強要などの疑いが持たれています。
顕正会は昭和32年に発足し、会員はおよそ160万人に上るということですが警視庁によりますと東日本大震災以降の社会不安をあおって入会を勧誘しているということで入会を巡るトラブルの相談が警視庁にだけでも、ことしに入って7月までにおよそ80件寄せられているということです。
警視庁は会員らから事情を聞いて勧誘の実態などを詳しく調べています。
これについて顕正会は「不当な捜査だ」とコメントしています。

NHKのニュース映像からの画像=顕正会側の資料
Kensyokainhk20130911

[参考]

管理元サイト→弁護士紀藤正樹のLINC ⇒  顕正会年表=但し更新情報が古いです。


こちらはTBS 2013/09/11 =宗教法人「顕正会」に家宅捜索、強引な勧誘の疑い=家宅捜索の映像が見れます。 

2013.09.04

ブログ更新!>全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #安愚楽

本日午前10時、安愚楽牧場の元代表取締役で、現在、特定商品預託法により起訴され勾留中の三ヶ尻久美子容疑者の第4回債権者集会が開かれましたので 全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ.を更新しました。

三ヶ尻久美子 第4回 債権者集会資料 ⇒PDF 本日配布資料=平成25年9月4日付

なお次回債権者集会は、来年2014年3月19日午前10時からとなりました。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ