フォト

カテゴリー

« ブログ更新!>平成25年5月22日(水)11時~16時まで 開運・占い スピリチュアル被害110番 開催のお知らせ!  #霊感商法 | トップページ | 2013年5月27日(月)午前11時30分から、安愚楽牧場の被害に関し、海江田万里氏への損害賠償請求訴訟の第2回期日が開かれますので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #安愚楽 »

2013.05.19

ブログ更新:いよいよ明日2013年5月20日= クリスチャントゥデイ対山谷裁判の証人等の尋問が行われます。 傍聴等支援のお願い #クリスチャントゥデイ

クリスチャントゥデイ= Christian Today = CTJapan は、自らを「メディア」と名乗っています。

「メディア」として「表現の自由」を享受し、これを守っていく立場にありながら、言論には言論で対抗するという手段を取らず、キリスト者の立場で、クリスチャントゥデイの成立過程や現状の欺瞞性を批判した、キリスト教団体・救世軍の少佐の山谷真氏に対し、名誉棄損の訴訟を起こしてきました。

この裁判は、「表現の自由」を守るための戦いです。

ご興味の方は、明日の裁判の傍聴等の支援をよろしくお願いいたします。

以下 支援サイト ⇒ 裁判日記 より引用 ↓

---------------------------------------------------------------------------

「クリスチャントゥデイ対山谷裁判」の被告である救世軍少佐・山谷 真の裁判日記です。

(第二十九回公判)人証尋問(5月20日)のお知らせ

事件番号 平成20年(ワ)第10777号 損害賠償請求事件(通称「CT対山谷裁判」)

原告 株式会社クリスチャントゥデイ 高柳 泉 矢田喬大
原告側訴訟代理人 小林雄介弁護士 辰野嘉則弁護士 飯田耕一弁護士
森濱田松本法律事務所

被告 山谷 真
被告側訴訟代理人 紀藤正樹弁護士 山口貴士弁護士
リンク総合法律事務所

裁判長 戸田久判事
陪席裁判官 山口和宏判事
陪席裁判官 大野昭子判事
陪席裁判官 中野雄壱判事
東京地裁民事第17部合議係

期日 平成25年(2013年)5月20日(月)午前10時から午後5時まで(終日)
場所 東京地方裁判所 民事第17部 第712号法廷(7階)

※ 本裁判は4月3日の第28回公判をもって準備的口頭弁論(口頭弁論準備)を終結して、いよいよ人証尋問(証拠となる証人への尋問)による証拠調べとして、原告・高柳泉氏、原告・矢田喬大氏、被告・山谷真への尋問が行われます。なお、人証尋問は、口頭弁論や口頭弁論準備と同じく、公開の法廷で行なわれますので、これまでと同様に傍聴することができます。法廷の番号が712号法廷に代わりますので、傍聴される方はお間違えのないよう、ご注意ください。

当日は、午前10時から原告・矢田喬大氏への主尋問(30分)と反対審問(90分)が行われ、お昼休みを挟んで、午後1時10分から原告・高柳泉氏への主尋問(120分)と反対尋問(30分)、続いて被告・山谷真への主尋問(40分)と反対尋問(60分)が行われます。

傍聴人は、これまでの口頭弁論や口頭弁論準備と同様、傍聴人席に着席して、尋問を終始傍聴することが出来ます。出来るだけ多くのみなさんに裁判の傍聴に来ていただければ幸いです。

みなさんの傍聴こそ、被告に対する最大の支援です。

人証尋問の後、「裁判説明集会」を行ないます。被告側訴訟代理人の紀藤正樹弁護士と山口貴士弁護士より主旨説明があります。被告本人も質問にお答えします。続いて、裁判支援者懇談会を開催します。みなさまぜひご出席ください。

なお、裁判説明集会と裁判支援者懇談会では、簡単な自己紹介による身元確認をさせていただく場合があります。また、裁判説明集会と裁判支援者懇談会へのクリスチャントゥデイ側関係者の出席はお断りしています。

本件についてのお問い合わせはsaiban.taisaku@gmail.comへどうぞ。

[参考]

・裁判情報全般⇒裁判日記

・被告となった山谷真少佐のブログ⇒Major Mak's Diary プロテスタントのキリスト教会「救世軍」の少佐の日記

2013年5月11日

クリスチャントゥデイvs山谷裁判が最大の山場を迎えます

ダビデ張在亨の異端カルト疑惑をめぐる裁判の攻防が6年目となります。いよいよ最大の山場である証人尋問を迎えました。

と き 5月20日(月)午前10時から午後5時
ところ 東京地方裁判所712号法廷(7階)

尋問の順序
午前10時
 原告・矢田喬大への主尋問(30分)と反対審問(90分)
午後1時10分
 原告・高柳 泉への主尋問(120分)と反対尋問(30分)
そのあと
 被告・山谷 真への主尋問(40分)と反対尋問(60分)

ことの発端は、ダビデ張系列の新聞「クリスチャントゥデイ」の元編集長k氏のご両親から、わたしがカルト相談を受けたことでした。

k氏が一時失踪した際にアパートに残した大量の聖書講義の中に、「西暦2000年に新しいキリストが到来する」「再臨のキリストはイエス・キリストではない」「その名はダビデ」という、通常のキリスト教会とは大きく異なる教えが存在していたのです。

また、香港・中国・韓国・米国・日本で「わたしはダビデ張を再臨のキリストと信じていた」という脱会者からの情報が出ました。

わたしは、統一協会前歴を持つダビデ張が、自分自身を「再臨のキリスト」として若者たちに教え込むことにより、彼らを関連団体に献身させ、疑念の禁止・絶対服従・無賃金労働などを伴う「熱狂的な崇拝」をさせているのではないか、との疑念を持ち、自分のブログで追及して来ました。

これに対し、クリスチャントゥデイは、名誉棄損で210万円の損害賠償をわたしに求める裁判を起こしました。

わたしは、異端カルト問題をめぐる裁判で日本における第一人者である紀藤正樹弁護士と山口貴士弁護士に弁護を依頼し、2008年4月から今日まで、裁判を戦って来ました。

裁判と同時進行で、ダビデ張の異端カルト疑惑が香港・中国・韓国・米国で次々と明らかになりました。

この裁判が、いよいよ証人尋問を迎えます。

特に、高柳泉は、ダビデ張から按手礼を受けた牧師であったにもかかわらず、日本でクリスチャントゥデイを立ち上げた際に、教界関係者各方面に「自分は牧師ではない。信徒である」と嘘の説明をしていました。彼は現在、ダビデ張の団体から離れています。

その高柳泉が法廷に姿を現し、詳細な尋問に答えることになります。彼がいったい、どのように答えるのか。この裁判の最大の山場です。

証人尋問は、だれでも傍聴することができます。クリスチャントゥデイの背後にあるダビデ張の異端カルト疑惑について関心を持っているクリスチャンのみなさま。教界関係者やメディア関係者のみなさま。ぜひ傍聴してくださり、異端カルト疑惑を白日のもとに解明するため、ご支援くだされば幸いです。

参考
「再臨キリスト論争」
「再臨キリスト論争:公然と語る指導者たち」
「偽キリストとの闘いを回想する」

« ブログ更新!>平成25年5月22日(水)11時~16時まで 開運・占い スピリチュアル被害110番 開催のお知らせ!  #霊感商法 | トップページ | 2013年5月27日(月)午前11時30分から、安愚楽牧場の被害に関し、海江田万里氏への損害賠償請求訴訟の第2回期日が開かれますので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #安愚楽 »

宗教被害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログ更新!>平成25年5月22日(水)11時~16時まで 開運・占い スピリチュアル被害110番 開催のお知らせ!  #霊感商法 | トップページ | 2013年5月27日(月)午前11時30分から、安愚楽牧場の被害に関し、海江田万里氏への損害賠償請求訴訟の第2回期日が開かれますので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #安愚楽 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ