フォト

カテゴリー

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013.05.24

2013年5月27日(月)午前11時30分から、安愚楽牧場の被害に関し、海江田万里氏への損害賠償請求訴訟の第2回期日が開かれますので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #安愚楽

来週、 2013年5月27日(月) 午前11時30分から、海江田万里氏に対する損害賠償請求訴訟の第2回期日が開かれますので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。

場所:東京地方裁判所 103号法廷(1階)

傍聴:自由 安愚楽牧場の被害者の方は、ぜひ傍聴ください。

今のところ、傍聴券発行事件となっていません。但し、念のため、傍聴希望の方は、事前に、東京地裁の傍聴券発行情報をご確認ください。

傍聴兼交付情報 http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=15

2013.05.19

ブログ更新:いよいよ明日2013年5月20日= クリスチャントゥデイ対山谷裁判の証人等の尋問が行われます。 傍聴等支援のお願い #クリスチャントゥデイ

クリスチャントゥデイ= Christian Today = CTJapan は、自らを「メディア」と名乗っています。

「メディア」として「表現の自由」を享受し、これを守っていく立場にありながら、言論には言論で対抗するという手段を取らず、キリスト者の立場で、クリスチャントゥデイの成立過程や現状の欺瞞性を批判した、キリスト教団体・救世軍の少佐の山谷真氏に対し、名誉棄損の訴訟を起こしてきました。

この裁判は、「表現の自由」を守るための戦いです。

ご興味の方は、明日の裁判の傍聴等の支援をよろしくお願いいたします。

以下 支援サイト ⇒ 裁判日記 より引用 ↓

---------------------------------------------------------------------------

「クリスチャントゥデイ対山谷裁判」の被告である救世軍少佐・山谷 真の裁判日記です。

(第二十九回公判)人証尋問(5月20日)のお知らせ

事件番号 平成20年(ワ)第10777号 損害賠償請求事件(通称「CT対山谷裁判」)

原告 株式会社クリスチャントゥデイ 高柳 泉 矢田喬大
原告側訴訟代理人 小林雄介弁護士 辰野嘉則弁護士 飯田耕一弁護士
森濱田松本法律事務所

被告 山谷 真
被告側訴訟代理人 紀藤正樹弁護士 山口貴士弁護士
リンク総合法律事務所

裁判長 戸田久判事
陪席裁判官 山口和宏判事
陪席裁判官 大野昭子判事
陪席裁判官 中野雄壱判事
東京地裁民事第17部合議係

期日 平成25年(2013年)5月20日(月)午前10時から午後5時まで(終日)
場所 東京地方裁判所 民事第17部 第712号法廷(7階)

※ 本裁判は4月3日の第28回公判をもって準備的口頭弁論(口頭弁論準備)を終結して、いよいよ人証尋問(証拠となる証人への尋問)による証拠調べとして、原告・高柳泉氏、原告・矢田喬大氏、被告・山谷真への尋問が行われます。なお、人証尋問は、口頭弁論や口頭弁論準備と同じく、公開の法廷で行なわれますので、これまでと同様に傍聴することができます。法廷の番号が712号法廷に代わりますので、傍聴される方はお間違えのないよう、ご注意ください。

当日は、午前10時から原告・矢田喬大氏への主尋問(30分)と反対審問(90分)が行われ、お昼休みを挟んで、午後1時10分から原告・高柳泉氏への主尋問(120分)と反対尋問(30分)、続いて被告・山谷真への主尋問(40分)と反対尋問(60分)が行われます。

傍聴人は、これまでの口頭弁論や口頭弁論準備と同様、傍聴人席に着席して、尋問を終始傍聴することが出来ます。出来るだけ多くのみなさんに裁判の傍聴に来ていただければ幸いです。

みなさんの傍聴こそ、被告に対する最大の支援です。

人証尋問の後、「裁判説明集会」を行ないます。被告側訴訟代理人の紀藤正樹弁護士と山口貴士弁護士より主旨説明があります。被告本人も質問にお答えします。続いて、裁判支援者懇談会を開催します。みなさまぜひご出席ください。

なお、裁判説明集会と裁判支援者懇談会では、簡単な自己紹介による身元確認をさせていただく場合があります。また、裁判説明集会と裁判支援者懇談会へのクリスチャントゥデイ側関係者の出席はお断りしています。

本件についてのお問い合わせはsaiban.taisaku@gmail.comへどうぞ。

[参考]

・裁判情報全般⇒裁判日記

・被告となった山谷真少佐のブログ⇒Major Mak's Diary プロテスタントのキリスト教会「救世軍」の少佐の日記

2013年5月11日

クリスチャントゥデイvs山谷裁判が最大の山場を迎えます

ダビデ張在亨の異端カルト疑惑をめぐる裁判の攻防が6年目となります。いよいよ最大の山場である証人尋問を迎えました。

と き 5月20日(月)午前10時から午後5時
ところ 東京地方裁判所712号法廷(7階)

尋問の順序
午前10時
 原告・矢田喬大への主尋問(30分)と反対審問(90分)
午後1時10分
 原告・高柳 泉への主尋問(120分)と反対尋問(30分)
そのあと
 被告・山谷 真への主尋問(40分)と反対尋問(60分)

ことの発端は、ダビデ張系列の新聞「クリスチャントゥデイ」の元編集長k氏のご両親から、わたしがカルト相談を受けたことでした。

k氏が一時失踪した際にアパートに残した大量の聖書講義の中に、「西暦2000年に新しいキリストが到来する」「再臨のキリストはイエス・キリストではない」「その名はダビデ」という、通常のキリスト教会とは大きく異なる教えが存在していたのです。

また、香港・中国・韓国・米国・日本で「わたしはダビデ張を再臨のキリストと信じていた」という脱会者からの情報が出ました。

わたしは、統一協会前歴を持つダビデ張が、自分自身を「再臨のキリスト」として若者たちに教え込むことにより、彼らを関連団体に献身させ、疑念の禁止・絶対服従・無賃金労働などを伴う「熱狂的な崇拝」をさせているのではないか、との疑念を持ち、自分のブログで追及して来ました。

これに対し、クリスチャントゥデイは、名誉棄損で210万円の損害賠償をわたしに求める裁判を起こしました。

わたしは、異端カルト問題をめぐる裁判で日本における第一人者である紀藤正樹弁護士と山口貴士弁護士に弁護を依頼し、2008年4月から今日まで、裁判を戦って来ました。

裁判と同時進行で、ダビデ張の異端カルト疑惑が香港・中国・韓国・米国で次々と明らかになりました。

この裁判が、いよいよ証人尋問を迎えます。

特に、高柳泉は、ダビデ張から按手礼を受けた牧師であったにもかかわらず、日本でクリスチャントゥデイを立ち上げた際に、教界関係者各方面に「自分は牧師ではない。信徒である」と嘘の説明をしていました。彼は現在、ダビデ張の団体から離れています。

その高柳泉が法廷に姿を現し、詳細な尋問に答えることになります。彼がいったい、どのように答えるのか。この裁判の最大の山場です。

証人尋問は、だれでも傍聴することができます。クリスチャントゥデイの背後にあるダビデ張の異端カルト疑惑について関心を持っているクリスチャンのみなさま。教界関係者やメディア関係者のみなさま。ぜひ傍聴してくださり、異端カルト疑惑を白日のもとに解明するため、ご支援くだされば幸いです。

参考
「再臨キリスト論争」
「再臨キリスト論争:公然と語る指導者たち」
「偽キリストとの闘いを回想する」

2013.05.18

ブログ更新!>平成25年5月22日(水)11時~16時まで 開運・占い スピリチュアル被害110番 開催のお知らせ!  #霊感商法

---------------------------------------------------------------

僕が事務局長代行をつとめる全国霊感商法対策弁護士連絡会(1987年設立)が、被害者向け110番を実施することになりました。

◆開運・占い スピリチュアル被害110番 開催のお知らせ!◆

弁護士が無料で御相談にのります

・雑誌広告やインターネット広告で「運気が上がる」「宝くじが当たる」などと宣伝されたブレスレットなどの購入をきっかけに、除霊や祈祷名目でお金を支払わされた方

・インターネット、電話占い、その他スピリチュアル商品等で高額な代金支払わされた方

・霊感など特殊な能力があると言われ、逆らえずにお金を支払わされ続けている方

…etc


お一人で悩まず、お気軽に御相談下さい。弁護士が無料で御相談にのります。


日時:平成25年5月22日(水)11時~16時まで

電話番号:03-5363-5442

当日のみの専用電話番号です

電話相談料金:無料

主催:全国霊感商法被害対策弁護士連絡会

問い合わせ 03-3358-6179


◆被害110番チラシは →

Spritual100


◆参考情報
・2012/11/14 NHK スピリチュアル・トラブルにご用心! ⇒URL:http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/11/14/01.html

・国民生活センター 開運ブレスレットや数珠の購入をきっかけに、“除霊のため”“運気を上昇させるため”と、次々に開運商品を売りつける手口に要注意 ⇒URL:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120202_1.html

2013.05.09

ブログ更新!>MRI の社長・フジナガ氏が現職のラスベガス市長に4万ドル(約400万円)の高額献金! #MRI =再々更新

日本のメディアのどこも報じないのであえて書きますが、MRIのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)は、現職のラスベガス市長であるキャロリン・グッドマン氏=Carolyn Goodmanに、今年春の選挙キャンペーンで、4万ドル(約400万円)の献金をし、今、市長は、これを返金するか否かを悩んでいるみたいです。

返金するなら、捜査の結果を待つまでもなく、日本の被害者に返すべきだろうと思います。

連絡先

City Hall
495. S. Main St. Las Vegas, NV 89101
map
Phone: (702) 229-6241
Fax: (702) 385-7960

E-mail →http://www.lasvegasnevada.gov/Government/mayor_carolyn_g_goodman.htm

Business Hours: Monday to Thursday 7 a.m. to 5:30 p.m., CLOSED Friday


[参考]=一部、私訳を入れています。

Huge contributor to Las Vegas mayor's campaign heads company under investigation | Ralston Reports.=ラスベガス市長の選挙キャンペーンでの大口寄付者である会社社長は、現在、捜査中 Submitted by jon.ralston on Wed, 05/01/2013 - 08:20 Ralston Reports

A company headed by the largest contributor to Las Vegas Mayor Carolyn Goodman's campaign is under investigation for mishandling millions of dollars in client money.

Edwin Fujinaga, who heads Las Vegas-based MRI International, bundled $40,000 through various entities to Goodman's campaign, as you can see here

Fujinaga's company is the subject of a Jpanese probe and that country's financial regulators are seeking cooperation from their U.S. counterparts.

The Japan News was in Las Vegas this week covering the story. The paper has been all over the controversy, and the Review-Journal mentioned it, too, albeit without the Goodman connection.

A spokeswoman for the mayor tells me, "She is aware of this issue and will see what the outcome of the investigation is" before deciding whether to return the money.=市長の広報担当者は、市長は事件を認識しており、捜査の結果を待ってお金を返すか否かを決めることになると話している。


[参考]

・このブログ→カテゴリー「2013-4 MRI エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ Edwin Fujinaga」

MRI被害弁護団

ブログ更新!>2013年5月12日 MRI 被害弁護団による説明会開催のお知らせ =2013年5月9日 「MRI被害弁護団」が結成記者会見。都内で12日に説明会を開きます! #MRI

都内で、MRI被害弁護団が立ち上がり、2013年5月9日、記者会見を開きました。

Img_72924_2


今、僕は、安愚楽被害の救済の関係で超多忙ということもあり、平の弁護団員として参加し、被害者の救済のために、国内外を問わず、情報収集等に努めていきたいと思っています。

この問題にお悩みの方は、12日(日曜日)に開かれる、弁護団説明会に、ぜひおこしください。

以下、MRI被害弁護団のホームページから
------------------------------------------------------------------------------------

2013年5月12日(日)午後1時から被害者説明会を開催します!

2013.05.08

当弁護団では、MRI被害事件について、緊急に被害者説明会を開催いたします。被害者説明会では、MRI被害事件の概要、当弁護団の活動方針、被害者の方が当弁護団にご依頼する場合の費用等のご説明、質疑応答等を予定しています。

【開催日時・場所】

日時2013年5月12日(日)午後1時~午後3時

場所大手町サンケイプラザ4階(東京都千代田区大手町1-7-2)

会場費及び資料代1000円

(弁護団には現在何の活動原資もありません。当日の会場費等として1000円 を頂きますのでよろしくお願いします。)

※交通等は、下記公式サイトをご覧下さい。

URL:http://www.s-plaza.com/access/index.html

-------------------------------------------------------------------------------------

弁護団事務局

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿1−15−9 さわだビル5階
MRI被害弁護団 事務局

電話番号

03-5363-5667 (平日の午前10時~午後4時まで)

FAX

03-3355-0445


---------------------------------------------------------------------------------------

[参考]
MRI資産消失、被害弁護団が刑事告訴へ 12日には初の被害者説明会 産経新聞 2013.5.8 20:03

 資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)による資産消失疑惑で、消費者問題に詳しい弁護士約50人が被害弁護団を結成し、8日、米国本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)を詐欺罪などで近く告訴する方針を明らかにした。

 弁護団は東京3弁護士会所属の弁護士を中心に結成。12日に初の被害者説明会を開く。弁護団長の山口広弁護士は東京・霞が関の司法記者クラブで8日会見し「多くの人に参加してもらい、被害回復に尽力したい」と述べた。

 説明会は12日午後1時から、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで。会場費と資料代は千円。問い合わせは弁護団事務局(電)03・5363・5667(平日午前10時~午後4時)。


MRI被害で弁護団結成=説明会開催、刑事告訴も 時事通信 2013/05/08-19:49

0130508at32_t_2

 米資産運用会社「MRIインターナショナル」による顧客資産消失問題で、消費者被害に詳しい弁護士約50人が8日までに、被害弁護団を結成した。9日から電話相談に応じ、12日には東京都内で被害者説明会を開き、今後の活動方針などについて説明する。

 弁護団によると、MRI本社のあるネバダ州の弁護士と連携して調査を進めるほか、日米の金融当局などに働き掛け、資産凍結を目指す。エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)らについては、近く詐欺容疑などで刑事告訴する方針。

 インターネットなどで被害救済をかたる勧誘に応じ、金銭をだまし取られる二次被害も起きているといい、注意を呼び掛けている。


東京投資被害弁護士研究会にも、MRIの被害相談があいついでいました。


全国安愚楽牧場被害対策弁護団
 安愚楽牧場の被害は、2011年8月に発覚した、被害額4300億円、被害者数7万3000人という、我が国史上最大の消費者被害ですが、まだ詐欺として立件されていません。
 MRIの被害者の皆さんとも連動して、我が国が詐欺天国とならないよう、被害者を救済し詐欺を犯した者をきちんと処断し、違法な収益を被害者に吐き出させるという活動をしていければと思ってます。


・国際化する詐欺については、僕のtwitter 参照。

 国内の対策が遅れているために、日本は狙われていると思います。

国際詐欺団"ブラッドリ・グループ"への注意喚起=2013年03月20日(水) posted at 15:41:29

スペインの詐欺業者警告サイト=英語だが、日本の会社がずらり。日本の投資詐欺会社が海外の人をだましている。そして海外の詐欺会社が日本人を。詐欺も国際化=2013年03月20日(水) posted at 00:01:22

2013.05.03

ブログ更新!>2013年5月3日未明 さきほど、事務所前で、大きな交通事故があったようです。 =2013/05/04続報あり。お亡くなりになられたとのことです。とても残念です。

事故の詳細は不明ですが、一人は意識がない様子。バイクの運転者は意識があるようです。
二人の関係は不明です。事故にあわれた方が、無事であってほしいと思います。

テレビカメラの撮影も来ており、朝のニュースで流れるかもしれません。

場所は、参議院宿舎前の信号がある横断歩道上から、リンク総合法律事務所が入居している麹町パークサイドビル前の、皇居から四谷に向かう車線側の路上(新宿通り=麹町大通り)の間の50メートルの間です。

参議院宿舎前の信号(横断報道がある3つ角の変則交差点)は、これまでも交通事故が多い信号で、僕が、接触事故を目撃しただけでも2回、事故後の状況を目撃したことが今回で2回目、全4回もあり、知らない事故を含めると、おそらく他にも多数あるのではと思います。

僕自身も、普段から気をつけているんですが、事務所に来られる皆様も、気をつけてほしいと思います。


西側・四谷駅方面←□→東側・皇居半蔵門方面
Offcemap


写真は、事務所前で転倒し破損しているバイク
Trafaccident


現場検証中の警察官ら
Trafaccident2


[参考記事]

4月の交通事故死 最少 都内、自転車対策じわり効果 - MSN産経ニュース 2013.5.1 15:41

 東京都内の今年4月の交通事故死者数が4月29日現在で11人にとどまり、月別の統計を取り始めた昭和28年以降で最少となる見通しとなった。これまでの最少は平成15年4月の15人で、一気に4人減少。警視庁は自転車の事故対策に効果が出始めているとみている。

 警視庁によると、1年間の死者数が戦後最少の183人だった昨年でも4月の死者数は17人で、うち6人が自転車に乗車中だった。一方、今年4月の自転車乗車中の死者数は2人に抑えられたという。

 警視庁は昨年から過去3年間の死亡・重傷事故を時間帯、場所、交通手段ごとに分析し、各警察署に交通取り締まりの方法を指導する「データ指導」を強化。自転車対策では交差点での指導を強化し、今年の各月の自転車事故件数は昨年の7~9割に減少した。


------------------------------------------------------------------------------

2013/05/04Up

亡くなられたんですね。ご冥福をお祈り申し上げます。心から合掌。
昨日から、交差点には、お花も捧げられています。


防衛省幹部がオートバイにはねられ死亡 東京 - MSN産経ニュース2013.5.3 22:32 [交通事故]

 3日午前1時55分ごろ、東京都千代田区麹町の国道20号で、歩いて横断していた防衛省統合幕僚監部特殊作戦室長の黒沢晃一等陸佐(50)=同区紀尾井町=が、左側から来た世田谷区上祖師谷の職業不詳、宮嶋稔さん(45)のオートバイにはねられ、全身を強く打って、間もなく死亡。宮嶋さんも頭などを負傷した。

 同署によると、現場は片側3車線の直線道路で、近くには信号機付きの横断歩道があった。黒沢さんは近くの防衛省の寮に帰宅途中だったとみられる。宮嶋さんは「事故の瞬間のことはよく覚えていない」と説明しているといい、同署が詳しい事故原因を調べている

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ