フォト

カテゴリー

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012.09.27

報告!2012年8月27日付「安愚楽牧場被害に関する解決要求書」本日回答期限! 全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新! #agura #安愚楽

2012年8月27日付「安愚楽牧場被害に関する解決要求書」に対して、本日が、国からの回答期限でした。結果を速報として公表します。

 平成24年8月27日付で野田総理及び松原大臣宛に送付がありました安愚楽牧場被害に関する解決要求書につきまして、次のように回答します。

1 国の加害責任を認め、それに基づく謝罪と賠償をするようにとの御要求に対しましては、現時点ではコメントを差し控えさせていただきます。

2 真相究明と再発防止の御要求に対しましても、現時点ではコメントを差し控えさせていただきます。
 
 なお、消費者庁としては、昨年11月に安愚楽牧場に対し景品表示法違反を理由として行政処分を行いました。また、その調査の結果、繁殖牛が十分に確保されていないことなどが明らかになったことを踏まえて、現在、消費者基本計画に基づき、政省令、通達などで速やかに対応可能なものについて検討を行っているところです。

3 福島前消費者庁長官に対する退職手当の支払いにつきましては、国家公務員退職手当法の規定により既に支払を実施しております。

以上 
詳細は⇒全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ

2012.09.23

次回期日のお知らせ:原子力損害賠償慰謝料等請求訴訟 傍聴等支援のお願い #原子力発電 #東北大震災 #原発 #fukushima #tepco #東京電力

9月21日午前10時、対東電、原子力損害賠償慰謝料等請求訴訟の期日が開かれ、次回期日は12月7日午前10時 東京地裁610号法廷と決まりました。 

本日の傍​聴の支援ありがとうございました。 

次回期日:第6回=合議事件第4回目

  日 時:平成24年12月7日(金)午前10時~ 

  場 所:東京地裁610号法廷(6階)

※憲法の裁判の公開原則から、傍聴は自由、傍聴無料です。

※なお事件は、渋谷区在住の一市民(⇒ブログ)が、原発事故に対し、東電に対し、恐怖の慰謝料などを請求をした事件です。原発事故後に暮らす日本の市民の全員に利害関係のある非常に重要な事件です。

※引き続きお願いです。⇒東電は原発を「絶対安全」と言って来なかったのか? 弁護団では反論証拠を求めています! 

 東京電力が、「絶対安全」とうたってきた、証拠をお持ちの方はおられませんか?パンフレット、住民向け説明資料、録音録画テープ、会議資料、内部資料、東電名義の書かれた資料がベストですが、そのほかCM映像、PR映像、あまり知られていないホームページ・メールマガジンなど、なんでもかまいません。

資料提供の方法は、郵送でも、僕へのメールでも、このBLOGにコメントでも、なんでもかまいません。

この問題は、市民、国民の力を結集しなければなりません。

皆さま、よろしくお願いします。。

[参考]

原告市民のブログ

→東京電力側の書面⇒東京電力2012年4月19日付準備書面2=pdf」をダウンロード

→市民原告の書面⇒・市民原告2012年4月18日付準備書面(4)=pdfをダウンロード

東京電力=2012年6月15日付準備書面3=pdfをダウンロード・・・なお下線は、わかりやすいように、弁護団で付したものです。

・これまでの経緯=本BLOG内⇒カテゴリー=2011-03 原発事故

東電訴訟

■第5回=合議事件第3回目=終了

  日 時:平成24年9月21日(金)午前10時30分~ 

  場 所:東京地裁610号法廷(6階)

第4回=合議事件第2回目=終了

  日 時:平成24年7月27日(金)午前10時~ 

  場 所:東京地裁610号法廷(6階)

■第3回=合議事件第1回目=終了

日 時:平成24年6月15日(金)午後1時15分~ 

場 所:東京地裁610号法廷(6階)

■第2回=単独事件=終了

日 時:平成24年4月19日(木)午前11時~

場 所:東京地裁508号法廷(5階)

■第1回=単独事件=終了

日 時:平成24年2月16日(木)午前11時~

場 所:東京地裁508号法廷(5階)

裁判所の構成部:25部

→2012.01.10 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版⇒対東京電力慰謝料損害賠償請求事件 傍聴等支援のお願い

2012.09.21

速報!安愚楽牧場の元取締役の大石勝也への破産申し立てが認められました。 全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新! #agura #安愚楽牧場

 破綻した株式会社安愚楽牧場の元取締役の大石勝也に対し、9月19日付で、破産が決定しましたので、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページ.を更新しました。

 当弁護団では、資産隠しは許さないという観点から、三ヶ尻久美子元社長、元取締役の増渕進、同三ヶ尻勲らに破産の申立をし、いずれも認められてきましたが、2011年8月の破たん時の3年前である2008年3月31日付で取締役を辞任している大石勝也に対しても、その責任の追及が不可欠だと考え、本年5月9日付で破産申立をし、4か月を経て、東京地方裁判所により、ようやく認められました。

 

必読!!『和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか』という本が出版されました。 #安愚楽牧場

長年詐欺事件の取材を続けてきた共同通信の記者・斉藤友彦さんが、安愚楽牧場やふるさと牧場などの和牛商法を中心に、『和牛詐欺 人を騙す犯罪はなぜなくならないのか』という書籍を出されました。和牛詐欺だけでなく、他の詐欺事件についても広く触れられています。いろいろ考えさせられる本です。

418rwjecshl__ss400_

この問題に取り組む関係者にとっては必読文献ですので、推奨します。

~被害額4300億円、被害者7万人と、戦後最大規模の消費者被害事件となった安愚楽牧場事件。1990年代、そして2000年代後半に起こった「ふるさと牧場事件」など、怪しい和牛預託商法が行われ、そして摘発されてきた歴史があるにもかかわらず、悲劇はまたもや繰り返されたのはなぜなのか?自他共に「詐欺専門記者」と認める共同通信社記者が、徹底取材で分析した「詐欺犯罪はなぜなくならないのか」 ~

斉藤/友彦
1972年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部卒業後、1996年に共同通信社入社。津、千葉、大分の各支局を経て2003年から社会部所属。社会部では裁判取材が長く、東京地裁、高裁、最高裁のほか厚生労働省を担当した。その一方、担当とは別に千葉支局時代から詐欺や悪質商法の独自取材を開始。和牛商法のほか、さまざまな投資詐欺会社、インターネット詐欺などを報じてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

価格: ¥ 1,365


目次

第1部 安愚楽牧場事件
1・戦後最大の詐欺事件?
2・暴かれた疑惑
3・放漫経営の末に

第2部 ふるさと牧場事件
4・騙したのは誰だ
5・そして巨悪は逃げおおせる

第3部 詐欺犯罪はなぜなくならないのか
6・詐欺師たちを追いかけて
7・被害者は悪くない

僕の本もよろしく・・・・霊感商法だけでなく、和牛商法などの悪徳商法や、判断能力の低下した高齢者、判断能力の乏しい子供への消費者被害のみならず、児童虐待、高齢者虐待などにも、広く対応可能な、フランス刑法典「無知・脆弱状態不法利用罪」について、日本で初めて一般向けに触れた単行本です。

2012.09.20

消費者庁長官も来られます。ぜひ!拡散希望!=9月27日18時30分~ 全国消費者行政ウォッチねっと33周年記念集会(東京・四谷駅徒歩1分プラザエフ) 開催!無料 #安愚楽

Watchnetimage

全国消費者行政ウォッチねっとが、ウォッチねっと 3周年記念集会を開催します。

2009年9月の消費者庁・消費者委員会の発足後の3年目の検証集会ということです。パネリストとして、消費者庁・消費者委員会・国民生活センターのそれぞれの代表が来られます。

またとない機会で、消費者被害に取り組む者としては、参加必須の集会です。

僕も参加する予定です。

ぜひ被害に取り組む多くの方、団体の参加、そして集会で、これら3権の代表に、直接ご意見を出されることを、強く呼びかけます。

---------------------------------------------------------------------------------



消費者庁・消費者委員会が誕生した2009年9月この新しい組織を含む消費者行政が消費者目線で動いているかどうかをウォッチするため
「全国消費者行政ウォッチねっと」は設立されました。

早いものであれから3年。

このたび3周年記念集会を開催いたします。
皆さま、ぜひご参加ください !

日時 2012年9月27日 (木) 18:30~20:30
場所 主婦会館プラザエフ 9F スズラン
    JR四ッ谷 麹町口(徒歩1分)
    東京メトロ南北線/丸ノ内線 四ッ谷(徒歩3分)

参加無料 ★ お申込不要

プログラム ★ 消費者庁・消費者委員会・国民生活センターに対する評価発表 ウォッチねっとの活動報告

パネルディスカッション
 (パネリスト)
 消費者庁 阿南久長官
 消費者委員会 河上正二委員長
 国民生活センター 野々山宏理事長
 ウォッチねっとメンバー

等々盛りだくさん。

Watchnet20120927


印刷用ちらしpdf

2012.09.18

2012年9月19日は「金融商品110番」の日!電話番号03-3504-8691 相談無料:午前10時~16時まで ぜひこの機会にご相談を!

「金融商品110番」実施のお知らせ

・電話番号は、03-3504-8691

・2012年9月19日午前10時~16時

・相談無料

・東京三弁護士会主催 

電話だけでなく、希望する方には、その後に面接相談も実施 よい機会ですので、お困りの方は、是非お電話を!

Kinyuu11020120919_2

ちらし印刷用pdf


-------------------------------------------------------------------------------------------
51megw50n7l__ss500__2

←悪徳商法被害もマインドコントロール被害の側面があります。ぜひお読みになり感想を!!


2012.09.07

突然ですが、僕は、先日死亡したお父様(文鮮明)が愛したラスベガスに来ています。僕の場合は、目的は、カジノではなく研修ですが・・・ #sult #宗教 #統一教会 #文鮮明

突然ですが、僕は、先日お亡くなりになった”お父様”(文鮮明)の愛した、カジノの街「ラスベガス」に来ています。

[参考]
文鮮明の死去! 統一教会の教祖でありそして霊感商法をはじめとして多くの社会悪をもたらした人物の死 午後9時15分更新情報あり: 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版=2012.09.03

やや日刊カルト新聞: 米統一協会、Las vegas のエアポート・ビルを1100万ドルで購入.=2011年5月15日日曜日


とはいえ僕の方は、”お父様”と異なり、信者から集めた浄財を使ってカジノ三昧という不道徳な遊びのために来ているわけでなく、明日から始まる、ロサンゼルスの消費者系弁護士約2000人が一同に会するという会議に参加して、弁護士としての研鑽を深めるためです。

今回僕が参加するのは、ロサンゼルス消費者弁護士会 Consumer Attorneys Association of Los Angeles(略称CAALA)の大会で、同弁護士会は、全米最大の消費者側で訴訟に携わる弁護士の地方弁護士会です

同会は、1949年に設立され、消費者を守るための弁護士としての技術を維持・発展させるために、1983年から、毎年、ラスベガスで3日間の研修を兼ねた会議を行っています。

今年は、この会議が、記念すべき30年目だそうで、約2000人のロサンゼルスの弁護士が、ラスベガスに集結します。この会議の規模は、消費者側か否かを問わず、訴訟弁護士の大会としても、全米最大だそうです。

僕は、この記念すべき30周年の会議に、参加できる機会を得て、まさに消費者側の訴訟弁護士の一人として、勉強に来たわけです。

3日間の会議のスケジュールだけ見てもとても啓発されますが、まだ時差ボケが抜けず大変です。
でも頑張ります!!

Caalavegas_logo


2012.09.03

文鮮明の死去! 統一教会の教祖でありそして霊感商法をはじめとして多くの社会悪をもたらした人物の死 午後9時15分更新情報あり

今日もずっと仕事が続いていて、速報的にしか書けませんが、今日のニュースの感想です。

日本の報道で、もう巨悪といってよい、霊感商法の問題に触れないニュースは非常に欺瞞的です。

朝日新聞夕刊、日経新聞夕刊、毎日新聞夕刊を見ましたが、いずれも、当然のように霊感商法の問題に触れていました。


[参考]
・僕の公式BLOG=1980~現在 統一教会=統一協会-霊感商法事件
・僕の公式ホームページ「弁護士紀藤正樹のLINC!」統一協会情報

統一教会:創始者・文鮮明氏が死去 霊感商法など問題化も=毎日新聞 

・時事通信速報→文鮮明氏が死去=統一教会の創始者-韓国

・繰り返します。僕の意見はこうです。

『地上天国』を実現せずに、文鮮明が亡くなるということは、これまで自分が唯一のメシアであるといってきた文鮮明の教えは嘘だったことを意味します。

そもそもイエス・キリストは、メシアとして失敗したとまで断言し、自らの正当性を主張して活動を続けて来たのですから、もはや文鮮明の嘘は明白です。

さらには文鮮明は、数年前から『2013年1月13日までに責任を果たす』などと予言していましたが、それも外れることになります。

統一教会は信者が努力しなかったから、お父様(文鮮明)が使命を果たさなかったと、組織の都合のいいような言い訳し、マインドコントロールされた現役信者の方々には、この理由の不合理さはわからないでしょうが(この点、ぜひ僕の拙著『マインドコントロール』を読んでもらいたいところですが)、

文鮮明のこうした嘘がはっきりした以上、教祖の嘘ということですから、このような現実を十分に理解したうえで、霊感商法で多くの被害者を出した、統一教会は、被害者に賠償して、即時に解散すべきです。



文鮮明は、生前、詐欺などの財産犯で逮捕されないだけでも幸せな一生でした。統一教会を解散させず存続させるなら、跡目争いを続ける子どもたち(祝福を受けた原罪のない文鮮明・韓鶴子の子供たちでさえも、相続争いを続けることの一点だけを見ても、文鮮明の嘘は明らかですが)の時代こそ、正念場です。

もう不正義は許されない時代に入っています。日本でも海外でも・・・


ほかのカルトもそうですが、もう次の時代、次の世代には、「文鮮明」的なものを許してはなりません。

拙著『マインドコントロール』では、統一教会の問題性について詳細に言及しています。マインドコントロールの違法性の問題は、統一教会が深化させたといっても過言ではありません。統一教会の信者にも、偏狭な立場に立つのでなく、偏見なく自らの視野を広げるためにもぜひ読んでもらいたいと思います。 =できればご感想を!


---------------------------------------------------------------------------------------------


51megw50n7l__ss500__2

続きを読む "文鮮明の死去! 統一教会の教祖でありそして霊感商法をはじめとして多くの社会悪をもたらした人物の死 午後9時15分更新情報あり" »

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ