フォト

カテゴリー

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.08.27

国の責任を求めて本日要求書を送付!>全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。 #agura #安愚楽 深夜零時の更新情報あり

2011年8月に破たんした安愚楽牧場の被害については、国の責任が甚大です。


全国安愚楽牧場被害対策弁護団では、国の責任を求めて、本日午後3時30分に記者会見を開き、松原仁消費者担当大臣あてに、『安愚楽牧場被害に関する解決要求書』を送付したことを公表しました。

同要求書を、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページにアップし、更新しました

なお国の責任のうち、2009年9月に発足の消費者庁の責任に焦点をあてた僕の原稿(今年1月のもの)を参考までにUPしておきたいと思います。これが安愚楽問題、茶のしずく問題の、この3年間の消費者庁のありのままの姿です。

[参考]

『国民生活センターとの一元化にばかりかまけた消費者庁の失策
-安愚楽被害、茶のしずく被害から見た消費者庁の問題性-』消費者法ニュース2012年1月号= pdfをダウンロード

・なおこの8月に退任した「福嶋消費者庁長官記者会見要旨」 (平成24年8月10日(金)11:00~11:24 於)消費者庁6階記者会見室)=「安愚楽牧場」も「茶のしずく」にも一言も触れられていません。聞かない記者もどうかと思います。時間が短すぎるのも原因かもしれませんが・・・・。

2012.08.26

下ヨシ子事件:2012年8月 名古屋高裁で控訴審が始まりました #下ヨシ子 2012年8月31日更新情報あり

2012年8月31日 更新:

下ヨシ子事件の控訴審 次回第2回期日は、次のとおり決まりました。

2012年10月31日(水)午後1時45分

名古屋高裁 法廷1003号 10階 

ご興味の方は、傍聴を!


---------------------------------------------------------------------------------------------

名古屋地方裁判所で敗訴したにもかかわらず、被害者を生み出した現実を直視することなく、なんら反省なく名古屋高等裁判所に控訴した、自称霊能師の下ヨシ子や、同人が管長をつとめる「六水院(ろくすいいん)=正式名称「肥後修験遍照院」(ひごしゅげんへんしょういん)」の霊感商法被害事件の控訴審が、いよいよ来週から始まります。

日 時 8月29日(水) 午後4時

場 所 名古屋高裁 法廷1003号 10階

今のところ、傍聴は自由です。
ご興味の方は傍聴を!

=写真は、名古屋高裁。下ヨシ子側を敗訴させた一審判決が出された名古屋地裁も同じビル

なお金字塔のような名古屋地裁判決は、公刊物:今発売中の最新の『判例時報』の平成24年8月21日付2153号54頁に掲載されてます。

「悩み相談において寺院関係者より霊感説明を受け畏怖した被害者に、長期にわたり浄霊等の儀式を勧め、多額の出費をさせたことを違法として、寺院関係者の共同不法行為責任及び寺院の使用者責任が認められた事例」(名古屋地判24・4・13)

判決全文をご覧になりたい方はぜひ。

判例時報は、実務的に有用な判例を集めた法律家必読の雑誌。市販されており、図書館等で見ることも可能です。


[参考]
-この僕のブログから

不誠実な下ヨシ子側の声明に驚く! 本件被害に見る下ヨシ子「六水院」の”霊感商法”システムの手口の解説 12/04/14

速報!!下ヨシ子事件判決 被害者側勝訴!! 事実上、マインドコントロールの違法性が認められる!! =2012年4月14日、8月25日加筆あり #cult #religion 12/04/13

「下ヨシ子」事件判決のお知らせ=被害者が下ヨシ子氏らを提訴していました #religion #cult #osero =判決日について誤記訂正あり 12/04/09

下ヨシ子裁判の次回期日 10/01/28 

テレビ人気霊媒師!?有名「霊能力者」!? 下ヨシ子を提訴しました。 10/01/22


・ところで、この9月、下ヨシ子の握手会が予定されているようです。

「千と千尋の神隠し」などのジブリ映画をこの世に生み出し「子供たちの夢」を与えてきた、有名な「徳間書店」のホームページにまとめて掲載されていました。びっくりです。

出版社、そして書店の責任をどう考えているのでしょう

ちなみに、この事件で被害者が被害にあうきっかけは、次のような事実経過で、メディアの責任は重大です。

被告下ヨシ子らは、平成14年ごろ、「奇跡体験!アンビリバボー」などのテレビ番組や書籍を通じて、被告平田寿蔵が、強直性脊椎炎という不治の病を患っていたところ、被告下ヨシ子の浄霊やヒーリングによって、激痛が治まり病気の進行が止まったことや、被告下ヨシ子に弟子入りして霊能力を開花させたなどと断定的かつ大々的に喧伝していた。現代医療によっては完治が困難な難病に苦しんでいる者の中には、藁をも掴む気持ちで救いを求めている者が少なくない。そのため、公共の電波に乗せられた、被告平田寿蔵が六水院で強直性脊椎炎の苦しみから解放された旨の断定的な喧伝行為に接すると、六水院に行けば、肉体的精神的苦痛から逃れる契機を得られると誤信させられ、六水院関係者との面談に強く誘引される。
被害者も、上記のように、「奇跡体験!アンビリバボー」を見た結果、六水院に誘引され、その後多額の金を被告下ヨシ子らに支払わされているのであるが、かかる経緯は、妻の病気に関する悩みからわずか2か月で473万円も六水院に支払わされた○○氏のケースや、長男の腎臓病に関する悩みから何年も六水院に通わされて数々の儀式を受けさせられて、多額の金を支払わされた○家族のケースとほぼ合致する。


【開催スケジュール】


●9月8日(土) 明文堂プランナー金沢ビーンズ店 

http://kanazawa-beans.com/

       石川県金沢市鞍月5-158

       お問い合わせ先 076-239-4400

       14:00スタート

       整理券配布枚数 100枚

  

●9月9日(日) 紀伊國屋書店梅田本店

http://www.kinokuniya.co.jp/store/Umeda-Main-Store/

       大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街
       お問い合わせ先 06-6372-5821

       14:00スタート

       整理券配布枚数 100枚

          

●9月15日(土) 紀伊國屋書店玉川高島屋店

http://www.kinokuniya.co.jp/store/Tamagawa-Takashimaya-Store/

        東京都世田谷区玉川3-17-1 
        玉川高島屋ショッピングセンター南館5F

        お問い合わせ先 03-3709-2091

        14:00スタート

        整理券配布枚数 100枚



■僕の本でも、下ヨシ子敗訴の名古屋地裁判決について触れています⇒51megw50n7l__ss500__2

2012.08.25

「カルト宗教」取材したらこうだった (宝島社新書): 藤倉善郎著を読んでみた!: #cult #religion #統一教会 #オウム #幸福の科学 #ラエリアンムーブメント

各位

「やや日刊カルト新聞」という、何かをぱくったような変な名前のネット新聞を立ち上げて「主筆」におさまり、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの

ジャーナリスト藤倉善郎氏が、

初の著作である『 「カルト宗教」取材したらこうだった (宝島社新書)』を出しました。

僕の本より売れているみたいで、悔しいです(^_^;)。

でも読んでみるととてもいい本です。カルト問題の実相が詳細かつ濃密に触れられています。

非常に情報の濃い本です。

僕の名前も随所に出てきます。同じ「カルトの真実」の問題を扱っても、被害者の救済を第一義的目標とする弁護士と、ペンを力とし表現の自由を一義的目標とするジャーナリストの微妙な立ち位置の違いやアプローチの違いも、同時期に発売された僕の本と比較していただくと、よくわかっていただけると思います。

この時期、2冊が、発売されたことは、感慨深いです。

一家に2冊、並べて買って座右の書にしていただけると、すごいです!。

PS:「カルト宗教」取材したらこうだった (宝島社新書)は、元統一教会信者で、統一教会の真実などをわかりやすく解説する、多田文明氏の名著「ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ」のパクリらしいです。

藤倉氏本人が認めています

2012.08.22

文鮮明の危篤報道と日本人妻・韓国人夫を殺害報道 = 韓国中央日報紙の報道から #cult #統一教会 #religion #カルト 8月24日更新情報あり

文鮮明の危篤情報をいち早く報じた韓国紙「中央日報」。 

“金日成と兄弟関係”文鮮明統一教総裁が危篤 2012年08月16日11時25分 中央日報日本語版

201208161139341_2 =1920年1月20日生まれの92歳

文鮮明は、日本では、全国霊感商法被害対策弁護士連絡会が統計を取り出した1987年から昨年までの過去25年の間に、1100億円を優に超える被害相談という日本の消費者被害史上でも未曽有の消費者被害を生み出した霊感商法を、全国的組織的に行ってきた宗教法人統一教会の教祖であり、その被害の深刻さ、甚大さからは、その責任重大な人物です。

実は、過去、僕は、何度も文鮮明の個人の不法行為責任を求めることを検討してきましたが、現実の被害者の救済を優先させる必要から(外国に居住する外国人を訴えると裁判手続が遅滞する傾向があり、被害者の救済が遅れます。)、あえて裁判を起こさずに来ました。

その文鮮明の危篤情報には、もう20年以上も霊感商法の救済に携わってきた立場からは、とても感慨深いものがあります。

しかし仮に文鮮明が死亡するという事態になれば、現在の統一教会の3男派と4男派の対立の中で、統一教会は完全に分裂する可能性もあるうえ、分裂はかえって教団の制御をなくし、熱心な信者は、より熱心に霊感商法にまい進するなどの過激な行動に走る可能性があります。

オウム真理教でも、比較穏健派の上祐派が分裂した後のアレフの活動の原理主義化、先鋭化がおきています。

僕の意見はこうです。

『地上天国』を実現せずに、文鮮明が亡くなるということは、これまで自分が唯一のメシアであるといってきた文鮮明の教えは嘘だったことを意味します。

そもそもイエス・キリストは、メシアとして失敗したとまで断言し、自らの正当性を主張して活動を続けて来たのですから、もはや文鮮明の嘘は明白です。

さらには文鮮明は、数年前から『2013年1月13日までに責任を果たす』などと予言していましたが、それも外れることになります。

統一教会は信者が努力しなかったから、お父様(文鮮明)が使命を果たさなかったと言い訳するでしょうが(現実に、マインドコントロールされた現役信者の方々には、この理由の不合理さはわからないでしょうが・・・・・・この点、ぜひ僕の拙著『マインドコントロール』を読んでもらいたいところです。)、

文鮮明のこうした嘘がはっきりした以上、教祖の嘘ということですから、このような現実を十分に理解したうえで、霊感商法で多くの被害者を出した、統一教会は、被害者に賠償して、即時に解散すべきだろうと考えます。

最新号の2012年8月31日付週刊朝日に、同趣旨のコメントを入れていれました

ネットでも配信されました。今なら見れます。⇒http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20120822-02/1.htm


さて、その同じ、中央日報紙が、今度は、

韓国人夫を殺害=韓国・江原道 2012年08月21日17時35分 中央日報日本語版

というニュースを報じています。

 

国際結婚をした日本人女性が生活苦のため、韓国人の夫を殺害したと、韓国内のメディアが21日報じた。

 報道によると、江原道春川警察署は21日、部屋で眠っていた夫P(51)をタオルで窒息させて殺害した容疑(殺人)で、日本出身の妻A(52)に対する逮捕令状を請求した。

 Aは95年、ある宗教団体の斡旋でPと国際結婚し、韓国で暮らし始めたという。夫は結婚当時から無職で、毎月30万ウォン(約2万1000円)ほどの基礎生活受給費で生計を維持してきた。 10年ほど前からは夫に腎不全の症状が表れ、血液透析だけで月70万ウォンほどかかった。 しかしPはその後も酒ばかり飲み、家具をつぶすなど暴れることが多かったという。
 Aは警察で「これ以上の治療費に耐えられず、自分も生きていくのが苦しくてした」と供述した。


宗教団体名は明らかにされていませんが、1995年は、統一教会で、「36万組」(但し自称で水増しです。)の合同結婚式のあった年です。⇒http://www.ucjp.org/?page_id=29

統一教会は公式に、今回の事件が統一教会信者の事件だとは認めていませんが、

やや日刊カルト新聞2012年8月22日 韓国で日本人妻が夫を殺害、統一協会信者か?

少なくとも宗教が絡まなければ、この女性は、とっくに昔に離婚したと思われる事件であり、被害者にとっても加害者にとっても、今回の殺人事件はありえなかった事件だと思われます。本当に罪つくりな宗教団体です。被害者も加害者も本当に気の毒です。殺人事件であるのに、加害者の名前さえ報道されないのは、加害者側の事情も反映されているのかもしれません。

なお仮に、この事件が、統一教会信者の事件だとすると、文鮮明が、前世やその人の霊人体まで見て、この地球上に存在するもっともふさわしい男女をカップリングするという、合同結婚式の根幹部分にも嘘があったことになります。今後の続報が気になるところです。


拙著『マインドコントロール』では、統一教会の問題性について詳細に言及しています。マインドコントロールの違法性の問題は、統一教会が深化させたといっても過言ではありません。統一教会の信者にも、偏狭な立場に立つのでなく、偏見なく自らの視野を広げるためにもぜひ読んでもらいたいと思います。 =できればご感想を!

51megw50n7l__ss500__2


続きを読む "文鮮明の危篤報道と日本人妻・韓国人夫を殺害報道 = 韓国中央日報紙の報道から #cult #統一教会 #religion #カルト 8月24日更新情報あり" »

2012.08.09

安愚楽牧場破たんから1年:全国安愚楽牧場被害対策弁護団のホームページを更新! 毎日新聞のスクープ→安愚楽牧場の出資金の半額以上が配当 管財人調査で判明 #安愚楽

昨年の破たんから1年を経て、安愚楽牧場の詐欺事件の全容が明らかになりつつあります。

「管財人が過去20年間に出資者から集めた約3700億円の使途を調べたところ、約2000億円(54%)が配当金としてオーナーに戻され、残りの約1700億円も畜産事業の赤字補填(ほてん)などに使われていたことが分かった。全体の収支は76億円の赤字という。」

但し安愚楽牧場被害対策弁護団の団長の紀藤個人の意見としては、安愚楽牧場は、1981年の設立当初から、和牛のオーナー商法は、自転車操業であったと考えており、なお一層の全容解明が必要です

なお本日2012年8月9日、東京地裁20部から連絡があり、

破綻した安愚楽牧場の役員であった三ヶ尻勲、増渕進両名の債権届け出の期間が、8月31日から来年2月28日まで延期ということになりました。

三ヶ尻久美子に対する債権届け出期限が、6月25日から12月25日に延期されたのと同様、被害者の多くが債権届け出をすることを前提とする措置です。


<安愚楽牧場>出資金の半額以上を配当 管財人調査で判明 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース. =8月9日(木)2時31分配信

 和牛オーナー制度で出資金を集めていた「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県那須塩原市)が経営破綻した問題で、同社が過去20年に集めた約3700億円に上る出資金のうち半額以上をオーナーへの配当に充て、実質的に「自転車操業」だったことが破産管財人の調査で分かった。破綻から9日で1年。出資金の大半は返還されない見通しだ。  

 管財人が過去20年間に出資者から集めた約3700億円の使途を調べたところ、約2000億円(54%)が配当金としてオーナーに戻され、残りの約1700億円も畜産事業の赤字補填(ほてん)などに使われていたことが分かった。全体の収支は76億円の赤字という。

 和牛オーナー制度は安愚楽牧場が飼育する繁殖牛の権利を販売し、同社が生まれた子牛を譲り受けるシステム。同社は配当金を支払った上、契約終了時に出資金を払い戻すことになっていた。配当金を出すには子牛販売で利益を出す必要があったが、実際は販売価格が想定を下回り大幅な赤字だった。  

 消費者庁の立ち入り検査では、繁殖牛の頭数はオーナーの契約頭数の55~69%だったことも判明。同社元役員は「契約が成立するたびにみんなで『牛が足りない』と言っていた」と証言しており、制度自体が成り立っていなかった疑いがある。

 全国安愚楽牧場被害対策弁護団長の紀藤正樹弁護士は「牛の販売は名目に過ぎず、金を集めるための手段だった。実際の収支は火の車で、その状況を隠して金を集め続けたのは悪質だ」と指摘する。

 安愚楽牧場を巡っては、これまでに大阪、愛知など4府県警に弁護団から詐欺などの容疑で告訴状が提出されたほか、警視庁などに被害相談が相次いでいる。  同社が破綻時にオーナーから預かっていた出資金の総額は約4200億円。警察当局が経営陣を立件すれば、豊田商事事件(被害総額約2025億円)を上回る過去最大の詐欺商法事件に発展する可能性がある。【前谷宏、浅野翔太郎、中川聡子】


拙著『マインドコントロール』は、高齢者などを狙った悪徳商法対策にも言及しています=ぜひ読んでご感想を!


51megw50n7l__ss500__2

2012.08.08

備忘録;沖縄県の小選挙区割 近づきつつある総選挙 沖縄の基地問題は国民全員の課題! #沖縄

普天間基地の移設問題、オスプレイ Osprey の配備問題など、沖縄の基地問題は、国民全員が背負う問題。近ずきつつある衆議院選挙は、国民全員の課題。

僕だけの備忘録ではない。

href="http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=38&id=4097&page=1">沖縄県のホームページから

Img40970

[参考]
沖縄県 平成21年8月30日執行 第45回衆議院議員総選挙 小選挙区開票結果

2012.08.07

急告!!拡散希望=弁護団への締切は本日8月31日!!=神世界グループ7社が解散公告!神世界の霊感商法事件:期限が9月11日 速やかに弁護団へ連絡を!(03-3515-6681)!! 2012年8月9日サロンリストを更新! 2012年8月31日締切の告知!

弁護団への依頼締切は>>>>>>>本日 8月31日まで!

神世界への届出の関係で、本日8月31日をもって依頼を締切ります。

必要な方は、とにかくすぐにご連絡ください。9月1日以降のご連絡の場合は、神世界への債権届出につき、弁護団としては8月31日までの依頼者とは異なり、完全な責任が持てません。

とにかくお早めにお願いします。
債権届け出の仕方が分からない方も、あまり考えず、そして悩まず、まずは、とにかくご連絡ください。


神世界の霊感商法事件

期限が9月11日 あと1か月程度しかありません。

速やかに僕が団長をつとめる神世界被害対策弁護団へ連絡を!


03-3515-6681


既に教祖の斉藤亨被告が、組織的詐欺を認めている以上、そもそも神世界は、顧客名簿でわかる顧客:すなわち被害者全員に通知をすべきですが、神世界は不誠実にも、あえて被害者に知られないように、法人を解散しようとしています。

このまま被害者が泣き寝入りをすれば、犯罪収益が、斉藤被告らに温存される可能性があります。

弁護団は、鈴木秀男弁護士らとは、法人の解散前から、被害回復の交渉を続けています。

失権しないように、被害者が泣き寝入りをしないように、声をあげて、弁護団にご依頼ください。

既に弁護団を通じて、200人近くの被害者の財産被害が救済されています。

多くの被害者が声をあげると、対神世界、対裁判所(斉藤亨被告は第1審の実刑判決に対して控訴しています。)的にも強いです。

被害者の意思を結集して、まとめて、神世界の代理人である「鈴木秀男弁護士」に請求し、被害者のすべての債権が失権しないように努力していこうと思っています。

なお被害者の多くは、サロン名でしか、神世界グループを認識してない場合が多いことから、過去、存在したサロン(=ヒーリングサロン)の名称を公開します。

このサロン名の場所に通ったことがある方は、すべて被害者になりうる人です。

リストをご確認ください。

知人・友人・家族でこの名前のサロンに通ったことがある人をお知りの方は、ぜひご連絡ください。

thunder神世界グループサロンリストpdfをダウンロード


Shinsekaikaisan


神世界グループ7社が解散公告 弁護団「被害者は連絡を」  :日本経済新聞

=2012/8/7 19:41

ヒーリングサロンを装った山梨県甲斐市の「神世界」グループによる霊感商法事件で、被害対策弁護団は7日、グループ7社が解散したとの公告が7月11日付の官報に掲載されたことを明らかにした。公告は、掲載翌日から2カ月以内に申し出がない債権者は弁済を受けられないとする内容。弁護団は「公告を知らない被害者が多くいる」として期限までに弁護団に連絡するよう呼びかけた。弁護団の連絡先はリンク総合法律事務所((電)03・3515・6681)。官報に掲載されたのは神世界本社のほか、「E2(イースクエア)」「えんとらんすアカサカ」など。グループ7社は全国で約180店のサロンを運営していたが、昨年12月から今年3月に解散したとしている。〔共同〕


Mirokukaisan


Vivitkaisan

Hillskaisan

Akasakakaisan_2


3to1kaisan_2


E2kaisan_2


拙著『マインドコントロール』にも神世界事件に言及しています=ぜひ読んでご感想を!


51megw50n7l__ss500__2


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ