フォト

カテゴリー

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.31

thunder速報!!⇒「アレフ」3信者逮捕=滋賀県警 #cult #religion #aum

「ヨガ教室と偽ってオウム真理教主流派「Aleph」(アレフ)に入会させ、入会金などの名目で2万円をだまし取った」

これで逮捕可能なら、統一教会のビデオセンターへの勧誘は、当然逮捕のレベルです。全容解明の捜査を期待しています。

本年5月1日、神世界の霊感商法事件で、詐欺の有罪判決が出されたことが、霊感商法の救済にとって、風となっています。


リンク: 「アレフ」3信者逮捕 : 滋賀 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

「アレフ」3信者逮捕

 ヨガ教室と偽ってオウム真理教主流派「Aleph」(アレフ)に入会させ、入会金などの名目で2万円をだまし取ったとして、県警警備2課と東近江、甲賀両署は30日、いずれもアレフ在家信者の大津市国分、無職藤原淳子(33)、京都市伏見区深草西浦町、会社員有田環(25)、同区石田桜木、アルバイト店員村川奈々恵(33)の3容疑者を詐欺容疑で逮捕した。「覚えていない」と否認している。

◇ヨガ教室と偽り入会金詐取容疑、勧誘が目的か

 発表によると、藤原、有田、村川の3容疑者は共謀して昨年4月24日、草津市の飲食店で、インターネット上で交流するソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を通じて知り合った彦根市の男性会社員(30)にヨガ教室への入会と偽り、アレフの入会書に記入させて入会金や月会費として計2万円をだまし取った疑い。

 男性は、藤原容疑者が昨年3月に作った掲示板「死後の世界」の利用者で、入会書を書き、金を渡した直後に「このヨガ教室はアレフ」と告げられ、怖くなって東近江署に届け出たという。

◇組織名隠しSNS/「オウム」知らぬ若者標的~県警、マニュアル押収

 県警警備2課は30日、同課が昨年11月に湖南市平松のオウム真理教主流派「Aleph」(アレフ)の施設などを捜索した際、SNSなどを利用した詳細な信者勧誘マニュアルを押収した、と発表した。アレフは近年、新たな信者勧誘を活発化させており、県警は警戒を強めている。

 同課は昨年11月、在家の女性信者3人が男性に「ヨガ教室」と偽り、教団への入会金など2万円をだまし取ったとする詐欺容疑で施設を捜索、教団関係資料など約400点を押収した。

 勧誘マニュアルは、信者を効率的に獲得できるようにと作成されたとみられ、「若い方が素直」などとして18~24歳をターゲットにしていた。同課では「地下鉄サリン事件など一連のオウム事件に詳しくない世代なら洗脳しやすいと、狙ったのではないか」とみる。

 きっかけ作りとして、SNSのサイトに「アレフ」を隠して掲示板を作り、関心を示した利用者とやり取りをする。マニュアルでは「まず、仕事や家族についての悩みを聞くように」と指示しており、勧誘者は掲示板からメール交換、直接面談へと交流を深め、頃合いをみてヨガを勧めて教団に引き込む、としている。

 信者は「尊師(麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚)の救済のため」として新規獲得のノルマが設定されており、施設から押収したパソコンには「効率的に信者が集まる。他の支部も実践してはどうか」と、関係者宛てにメール送信された形跡が残っていたという。

(2012年5月31日 読売新聞)

Amazon:『マインド・コントロール』 (2時間でいまがわかる!): 紀藤正樹:.

2012.05.30

thunder速報!!:本日2012年5月30日、安愚楽牧場の第1回債権者集会が開かれました。元社長の三ヶ尻久美子は病気を理由に欠席しました。 #agura

これは速報です。

今日の債権者集会は、1回では、日比谷公会堂に収容しきれない恐れがあるため、

1 第1回13時30分から3時   裁判所主催の債権者集会

2 第2回午後4時30分から6時 管財人の説明会

3 第3回午後7時から8時30分 管財人の説明会

と3回に分けて開催されました。

このような取扱いはきわめて異例なことです。

そのうち1回目の説明会が、正式なもので、管財人団とともに、裁判官、書記官、そして元安愚楽牧場の代表取締役である三ヶ尻久美子の代理人である栃木義宏、柳沢憲 両弁護士が参加して開催されました。

1回目は、満員の約2000人
2回目は、約800人
3回目も、約800人
の債権者(その多くは、オーナー被害者)が集まりました。

次回の債権者集会は、

来年1月22日午後1時30分、同じ日比谷公会堂にて、

と指定されました。


・共同通信:安愚楽、回収資産は0・5% 管財人が債権者に説明  - 47NEWS(よんななニュース).

=2012/05/30 18:51

和牛オーナー制度が行き詰まり、4千億円超の負債を抱えて破綻した畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県)の第1回債権者集会が30日、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれた。破産管財人は、債権総額に対して回収できた資産が現時点で0・5%程度にとどまることを明らかにした。

 債権者は出資者を中心に約7万人に上り、集会は東京地裁ではなく、2千人を収容できる公会堂で実施。入りきれない人のために管財人が同じ会場で説明会をさらに2度開く異例の大規模集会となった。

 管財人によると、届け出債権は総額約4264億円で、回収できた資産は現時点で約23億円。


安愚楽牧場、債権者集会で社長欠席 「いつ、いくら戻るのか」出席者から怒号 - MSN産経ニュース

=2012.5.30 18:36 [企業・経済事件]

 会場に社長の姿はなく、最後まで出資者の怒りは収まらなかった。東京都内で30日に開かれた安愚楽牧場の債権者集会。「いつ、いくら戻るのか早く示せ」。つぎ込んだお金が戻る見込みが薄いことが明らかになり、出資者から怒号が飛び、失望が広がった。

 約2千人の出資者で満員となった千代田区の日比谷公会堂。集会は午後1時40分ごろ始まったが、壇上にいるはずの三ケ尻久美子社長は欠席し、出資者が質問で「社長がいないことに納得できない」と声を荒らげた。

 代理人が「うつ病と不眠症で診断書が出ている」と欠席理由を説明し、あきれたような笑いが漏れる場面も。裁判所は、出席は破産者の義務として、今後開かれる集会に参加を求めていくとした。

 質問は戻ってくる出資金の額や時期に集中。破産管財人の渡辺顕弁護士のはっきりしない物言いに「早くしろ」「人ごとにしか聞こえない」などと厳しいやじも聞かれた。


※やじは、あくまでも”やじ”であり、弁護団にもありましたので、念のため。

2012.05.27

ついに発売:拙著『マインド・コントロール 』 "菊地直子"身柄確保の報道に接して 初出2012年5月26日:6月3日・4日:2017年4月7日加筆あり

注記2017年4月7日:大幅に、前著『マインド・コントロール』を、大幅に加筆修正して、新たに発売中↓


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー↓ここから2012年に書いた本文

2007年に出した前著である『カルト宗教』-なぜ性的虐待と児童虐待はおこるのか、では、オウム暴走の理由を、書きました。

くしくも、2012年5月26日、NHKが、オウム真理教事件の再現ドラマを放映し、オウム暴走の理由について、すでに2007年の僕の著者『カルト 性的虐待と児童虐待はなぜおきるのか』に書いたとおりの内容で、オウム真理教の暴走の理由を報道しました。

NHKスペシャル「未解決事件」オウム真理教=偶然ですが、菊地直子逮捕の日6月3日に、再放送があったようです。

事件から17年を経て、オウム事件の評価が、捜査の遅れという国の責任として、僕の意見でまとまりつつあることについては、感慨深く思いますが、逆に言えば、これだけの期間を経なければ、オウム事件の評価が定まらなかったことは、とても残念だと思います。

原子力発電所の事故については、国会事故調=国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会ができましたが、オウム事件については、事件から17年を経ても、いまだに政府からの中立の立場の国会での調査機関の設置もなく、総括的な調査すらなされておらず、事件はなぜ起きたのか、どこに問題があったのか、事件は防止できたのではないか、そのためにどのような対策ができたのか、今後この事件の教訓を踏まえて、どのような対策が必要なのか、などの議論がまったくなされないままに、現在に至っています。

事件から何の教訓も得ないできたことは、日本の現在の不幸を象徴しています。


実は、今回の『マインドコントロール』は、『カルト宗教』から、多忙ゆえに、実に5年ぶりに出した本で、今度は、『マインドコントロール』の問題性に視点をあてて、詳細に記述したものです。

今でもマインドコントロールの恐怖が続いていることは、周知のとおりで、ホームオブハート事件=XJapanのToshi1さん事件、中島知子さん事件などの事件なども題材にしながら、マインドコントロールとは何か、その対処法、さらにはオウム真理教事件、統一教会の霊感商法事件、神世界の霊感商法事件、法の華三法行の足の裏診断商法事件、SPGFのミイラ化遺体事件などの事件も、わかりやすく解説したつもりです。

そしてこの久々の単独著『マインドコントロール』では、オウム事件の教訓を踏まえ、オウム事件を受けて、その教訓から、2001年に、いわ​ゆるマインドコントロールの悪用を犯罪として制定した、フランスの「無知​・脆弱性不法利用罪」も詳しく解説しました。

単行本ではおそらく日本では初めての試みです。

フランスの導入からもう10年を経ても、また日本では議論すらされない、知られていない我が国の現状に驚かされますが、この犯罪が立法化されていれば、カルト問題だけでなく、他人からの干渉による医療忌避(しばしば死に至ります。)や教育ネグレクトなど、児童虐待にも対応できますし、信者への自殺誘導なども犯罪に問うことも可能になります。

中島知子さんの事件のような問題にも対処できる可能性があります。

宗教被害だけでなく、マインドコントロールを悪用した悪徳商法、そして振り込め詐欺など、高齢者を狙った犯罪にも対応できるもので、日本の法制には、大きく参考になるものです。

宗教や宗教的被害だけでなく、とにかくこの日本で、児童虐待や高齢者への悪徳商法など、弱者からの収奪を前提とした被害事件をなくそうと考えている人は、ぜひ買ってもらいたいと思いますし、政府も、真剣に、「無知​・脆弱性不法利用罪」の導入を検討すべき段階に来ています。


旧著 ⇒新著


[参考]
・マインドコントロールに関する僕のTweet

⇒・菊地直子に関する僕のTweet

⇒『カルト 性的虐待と児童虐待ははぜおこるのか』 こちらは、現在品切れなので、今は中古本市場で「5000円」近くにもなろうとしていて、困りものですが・・・(ぜひ『マインドコントロール』と同じ出版社がアスコムなので、ぜひ再発してもらいたい(但しキンドル版あり)・・・。皆様のご要望があれば再発可能ですので、よろしくお願いします!)↓


続きを読む "ついに発売:拙著『マインド・コントロール 』 "菊地直子"身柄確保の報道に接して 初出2012年5月26日:6月3日・4日:2017年4月7日加筆あり" »

2012.05.17

flair注意喚起!!「統一協会被害者家族の会 (e_kazoku) Twitter」は偽物です!! #cult #religion #uc

偽物Twitterを作る意図は何なのか?

業務妨害とも評価できることをするのはなぜなのか?

びっくりです。これでは対策をとる必要がありそうです。


annoy■偽物⇒統一協会被害者家族の会 (@e_kazoku) on Twitter

shine■こちらが本物⇒統一教会(統一協会)被害者家族の会homapage

【緊急】 下記のツイッターは、当会とは全く関係ありません。 ◆http://twitter.com/#!/e_kazoku

ついでですが、「被害者の会のサイト」には、この3月にあいついで出された、被害者側勝訴の統一協会敗訴判決をUPしています。

両者で7億円近い敗訴判決です。

これがいまの、統一協会=統一教会の現実です。

2012.03.29
統一教会に賠償命令、札幌地裁 元信者らに2億7800万円

 違法な布教活動を受け、伝道や献金を強いられたとして、北海道と愛知、鹿児島の元信者と親族ら63人が統一教会に約6億6500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(橋詰均裁判長)は29日、2億7800万円の支払いを命じた。
 原告側は「宗教であることを隠して勧誘し、不安を煽るなどして誤った教義を信じ込ませた。教団の布教活動は、憲法が保障する信仰の自由を侵害している」と主張。
 教団側は、活動に問題はなく「伝道や献金は個人の自由意思」として、請求棄却を求めていた。


2012.03.17
統一教会に3億9000万円賠償命令

 多額の献金や物品購入などを強要されたとして、福岡県内の世界基督教統一神霊協会(統一教会、東京)の元女性信者(50歳代)が、同会に約5億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が16日、福岡高裁であった。木村元昭裁判長は「『先祖の因縁が原因』などと不安を助長した勧誘行為は違法」と述べ、同会に対し約8100万円の賠償を命じた1審・福岡地裁判決を変更し、約3億9100万円の支払いを命じた。

2012.05.11

eventコンプガチャ=コンプリートガチャについての僕のコメント>「多いときには1日1万円使った」トラブル続出の「コンプガチャ」 

いわゆるコンプガチャについては、2年ほど前から僕の所属する第二東京弁護士会の消費者問題対策委員会でも問題となっていました。

共同通信には、景表法違反どころか、犯罪である「賭博罪」にあたる可能性も含めて、いろいろ話したんですが、コメントは、僕の発言の一部だけが採用されています。


以下は産経新聞より。

「多いときには1日1万円使った」トラブル続出の「コンプガチャ」 - MSN産経ニュース.2012.5.11 00:39

 

消費者庁から違法の可能性を指摘され、運営会社6社が携帯電話ゲームのアイテム商法「コンプリートガチャ」の廃止を相次いで表明。有料のアイテムを次々に購入することでゲームに勝ち進める快感にはまり、高額請求されるケースが続出していた。

 「多いときには1日1万円ぐらい使った」。青森県の中3男子はコンプガチャにはまっていた。ゲームはアイテムを強化しながら敵を倒すストーリー。無料で楽しむこともできるが、強いモンスターを倒すには1枚300~2千円ぐらいのコインを購入してアイテムをそろえ「レアアイテム」を入手する必要がある。

 コンプガチャ以外にもオンラインゲームでは「無料」と表示しながら、実際にゲームを進めていく中で料金の支払いを求められるケースもある。消費者問題に詳しい紀藤正樹弁護士は「利用者がゲームにどこまでお金をかければいいか分からない状態は健全ではない。きちんと表示をすべきだ」と指摘している。

sign02ところで、今週土曜日(2012年5月12日)朝の、NHK「週刊 ニュース深読み」に出演します。
コンプガチャについて解説する予定です。 

http://tv.yahoo.co.jp/program/55840401/

番組終わりで、和歌山に行きます。和歌山のみなさん、ご参加を!

2012.04.02 2012年5月12日 「悪徳商法!」講演で、和歌山市に行きます。

2012.05.02

thunder拡散希望:5月10日シンポジウム「地方自治と原発、そして消費者」=紀藤司会=のお知らせ #jishin #jisin #genpatsu #fukushima

いよいよ来週木曜日です。

パネリストは、

猪瀬直樹氏(東京都副知事・作家)

橋本大二郎氏(前高知県知事・早稲田大学大学院客員教授)

佐藤栄佐久氏(前福島県知事)

藤原淳一郎氏(第二東京弁護士会会員・明治学院大学法科大学院教授)

これ以上ない人材です。

今回のシンポジウムは、第二東京弁護士会消費者問題対策委員会の委員で、原子力損害賠償請求訴訟の代理人をつとめられている川井康雄弁護士と、本年4月まで当会消費者問題対策委員会の委員長をつとめられた紀藤正樹弁護士をコーディネーターとして、現役の東京都副知事であり地方自治問題のスペシャリスト・猪瀬直樹氏(作家)、長年福島県内の原子力発電行政に携われてきた佐藤栄佐久氏(前福島県知事)、伊方原発の隣接県である高知県知事を4期された経験を持つ橋本大二郎氏(早稲田大学大学院客員教授)、また行政法分野、特にエネルギー法体系のエクスパートとして、長年にわたり、慶応大学教授として教鞭をとられてきた藤原淳一郎氏(明治学院大学法科大学院教授)をお招きし、今般の政府やメディアにおいて議論が抜け落ちていると思われる「地方自治と原子力行政のあり方、そして消費者」をめぐる好個の機会として企画しました。

地方自治と原子力発電所等との関わり、原子力行政と消費者、公共料金との関係などの問題点について、現場の第一線の経験者から具体的なお話をうかがえることは大変有益な機会であり、弁護士会(第二東京弁護士会)で主催するシンポジウムに相応しい題材です。

会場の規模が限られていますので、早めにお集まりいただければ幸いです。


日 時  2012年5月10日(木)18:30~20:30(開場18:00) 無料

場 所  2階クレオBC ⇒場所

パネリスト

猪瀬直樹氏(東京都副知事・作家)

橋本大二郎氏(前高知県知事・早稲田大学大学院客員教授)

佐藤栄佐久氏(前福島県知事)

藤原淳一郎氏(第二東京弁護士会会員・明治学院大学法科大学院教授)

コーディネーター

川井康雄・紀藤正樹(第二東京弁護士会会員)

主 催  第二東京弁護士会消費者問題対策委員会

問い合わせ先

第二東京弁護士会 人権課 石井 ℡:03-3581-2257


D8e2dd1e_3


2012.05.01

thunder神世界の霊感商法事件:教祖の斉藤亨被告に懲役5年の実刑判決!!=2012年5月2日更新=弁護団声明UP!! #cult #religion

もう速報ではありませんが・・・・・判決後の記者会見などがあり、報告が遅れました。

教祖の斉藤亨被告に対して、懲役5年の実刑判決です。

しかし求刑は10年ですので、あまりにも軽すぎる判決です。

斉藤被告はすぐに控訴したようですが、佐野孝被告(43)の懲役3年・執行猶予5年(求刑6年)、浅原史利(49)、嘉子(48)の両被告の懲役2年6月・執行猶予4年(同4年)もあまりにも軽い判決で、検察官も、即刻控訴すべきだと思います。

2012年5月1日付弁護団声明 =pdf


なお神世界は、自主解散をうたっています

解散が終了すると被害の回復が難しくなるおそれがあります。
被害者の方は、とにかくお早めに弁護団に連絡をください。

神世界の被害者の皆様へ

神世界が解散してしまいますので、神世界の霊感商法の被害については、できるだけ早めに、神世界被害対策弁護団へお願いします。

 弁護団事務局 〒102-0083 東京都千代田区麹町4-7 麹町パークサイドビル3階

 リンク総合法律事務所

 TEL 03(3515)6681 

 FAX 03(3515)6682

 平日10:00~16:00(土日祝日は休みです)

 なお、12月29日~1月3日まではお休み 

⇒このブログより カテゴリー「2007-12 神世界=びびっととうきょう=えんとらんすアカサカ(-霊感商法事件)」

[参考]=下線は、紀藤

霊感商法:神世界教主に懲役5年「悩みに付け込み悪質」=毎日新聞 2012年05月01日 21時02分(最終更新 05月01日 22時58分)

 有限会社「神(しん)世界」(山梨県甲斐市)グループの霊感商法事件で、横浜地裁は1日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)に問われたグループトップの斉藤亨被告(54)に懲役5年(求刑・懲役10年)の実刑判決を言い渡した。朝山芳史裁判長は「教主として絶対的な地位を占め、詐欺のシステムを考案、構築した」と指摘する一方、被害者との民事訴訟で和解が成立していることを考慮した。斉藤被告は即日控訴した。

 判決によると、斉藤被告は東京都内の傘下のサロン経営者らと共謀して04〜06年、「地縛霊や先祖の霊が悩み事の原因。祈願をすれば解決する」などとうそを言い、祈願代名目で5人から計1340万円をだまし取った。

 朝山裁判長は「悩み事に付け込み、多額の現金を詐取した巧妙かつ悪質な犯行。多大な精神的苦痛も与えた」と批判したが、和解で「被害者の損害は相当程度補填(ほてん)されている」とも述べた。

 また判決は、同法違反に問われたグループ幹部の佐野孝被告(43)を懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役6年)、グループ傘下のサロン運営会社元役員、浅原史利(49)と妻嘉子(48)の両被告をともに懲役2年6月、執行猶予4年(同・懲役4年)とした。

 被害対策弁護団は「組織的詐欺行為と認定したことは画期的だが、悪質さや被害実態の深刻さからすれば刑は軽すぎる」との声明を出した。【山田麻未】


「神世界」霊感商法、「教祖」に懲役5年判決 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市、3月解散)グループによる霊感商法事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)に問われた最高幹部で「教祖」と呼ばれていた斉藤亨被告(54)ら幹部4人の判決が1日、横浜地裁であった。

 朝山芳史裁判長は「最高責任者として、責任は極めて重い」と述べ、斉藤被告に懲役5年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。斉藤被告は即日控訴した。

 佐野孝被告(43)には懲役3年、執行猶予5年(同6年)、浅原史利(49)、嘉子(48)の両被告には懲役2年6月、執行猶予4年(同4年)の判決が言い渡された。

 判決によると、斉藤被告はグループ幹部らと共謀し、2004年5月~06年9月、病気に悩む女性ら5人に対し、「祈願をすれば悩み事が解決する」とうそを言い、組織的に現金計1340万円をだまし取った。

(2012年5月1日16時03分 読売新聞)

テレビ朝日:神世界グループ“教祖”に懲役5年 被告側は控訴.

神世界グループで「教祖」と呼ばれていた男に実刑判決です。

 斉藤亨被告(54)は、病気などに悩む女性3人に「除霊が必要」などと言い、合わせて約1200万円をだまし取った罪に問われています。斉藤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役10年を求刑していました。1日の判決で、横浜地裁は「グループの最高責任者として一連の犯行に対する責任は極めて重い」「被害者は財産のほかに精神的、肉体的にも苦痛を被った」として、斉藤被告に懲役5年の実刑を言い渡しました。斉藤被告は、この判決を不服として控訴しました。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ