フォト
無料ブログはココログ

バックナンバー

カテゴリー

« typhoonついにドロップシッピング業者を初摘発!詐欺容疑で実質経営者ら7人を逮捕  | トップページ | typhoon一時代の終わりを感ずる「2ちゃんねる」への強制捜査 覚醒剤書き込み放置の疑い 警視庁  »

2012.03.06

thunder東京電力を本日提訴!!:東電株主42人、歴代役員に,5・5兆円賠償求め提訴!! #tepco #jishin #jisin #genpatsu #fukushima

株主42人の1人は、僕です。

原告兼代理人として、東京電力を訴えました。

その額は、おそらく世界の歴史上でも最高額の約5兆5000億円です。本日、すぐに東京地裁民事第8部に配点されました。

昨年3月11日の大震災から約1年。ようやくここまでこぎ着けることができました。これからが本格的なスタートです。

未曾有の、この人災には、僕は心から怒り心頭です。

原発は、日本という国を住みにくい国に変えてしまいました。

福島県やその隣接県の被害には、もうかける言葉もありません。この原発事故は、天災ではなく「人災」です。

僕は、本当に心から、この事故を憎みます。そしてあまりに悲しいです。責任は、勝俣恒久会長、清水正孝元社長ら経営陣・役員にきちんととってもらいたいっと思っています。

東京電力の勝俣恒久会長

Katumata

4月末ころから、本格的な裁判が開始されると思います。

なお念のためです。
時に勘違いされる人がいらっしゃいますが、株主代表訴訟は、株主が会社に代わって、任務懈怠をして会社に損害を与えた役員を訴えるもので、賠償が得られても、その賠償金額は会社に入るだけで、株主は直接の利益は得られません。

その意味で、今回の訴訟に加わった株主は、僕も含めて、まったくのボランティアです。

今回提訴した株主も弁護団も、勝訴した場合、「取れたお金は被害弁償に使ってほしい」というのが、原告団と弁護団の願いです。

この裁判は、長く続くことが予想されます。費用も労力も大変です。

裁判傍聴やカンパなど、皆様の、応援とご支援も、よろしく、お願いします。

>>>東電株主代表訴訟へのご協力をお願いいたします

カンパ要請ちらし.pdf」をダウンロード 多謝!!

--------------------------------------------------------------------------------------------

東電株主代表訴訟提起のお知らせ

平成24年3月5日

報道各位

〒100-0011

東京都千代田区内幸町1-1-7
NBF日比谷ビル16階
さくら共同法律事務所
弁護士 河 合 弘 之
弁護士 白   日 光
弁護士 金   裕 介
弁護士 並 木   悠

外 代理人弁護士は、紀藤正樹ほか、全員で22名


1.本日(3月5日)15時に訴状を提出しました

2.原告は株主42人

3.被告は事故当時の取締役及び平成14年の文部科学省地震調査研究推進本部のM8クラスの地震の警告以降の社長、会長、原発担当取締役、合計27人

4.請求額5兆5045億円(東電経営・財務調査委員会の試算による)。史上最高額の請求

5.主な責任原因

①超地震大国で漫然と原発を建設・運転したこと
②津波の大きさについての数多くの警告や研究結果(15.7mなど)を無視して想定津波波高を6.1mから1㎝も上げなかったこと
③シビアアクシデント対策不備
ⓐICについてのマニュアル、訓練不足など
ⓑ全電源喪失対策不備など
④2,3号機についてのベントの遅れと海水注入の遅れ

6.目的、狙い――日本では、個人責任をとらせないと何も変わらない

①個人の責任を追及することによって原発業界における集団無責任体制を是正したい
②個人責任の追及によって原発再稼働を阻止したい。他の電力会社の取締役も再稼働をして重大事故をおこしたら株主代表訴訟がおきることを覚悟してほしい

7.最後に
取れたお金は被害弁償に使ってほしい

以上

[参考]

原告団ブログ=東京電力株主代表訴訟
2011年3月11日の東京電力福島第1原発事故を起こした東京電力。取締役の個人責任を徹底的に追及する東電株主代表訴訟。株主代表訴訟ですべての原発を廃炉に!

【放射能漏れ】東電株主42人、歴代役員に5・5兆円賠償求め提訴 - MSN産経ニュース 2012.3.5 22:53

 東京電力の福島第1原発の事故で、経営陣が地震や津波への安全対策を怠り巨額の損失を生じさせたとして、同社の株主42人が5日、勝俣恒久会長(71)ら歴代の役員計27人を相手取り、計約5兆5千億円を東電に賠償するよう求める訴えを東京地裁に起こした。

 原告団によると、国内の民事訴訟で過去最高の請求額という。

 提訴した株主は「脱原発」活動を行う市民団体の会員ら。株主側は訴状で、(1)文部科学省が平成14年、三陸沖から房総沖にかけ、マグニチュード8クラスの地震が起こりうるとの見解を公表した(2)東電が20年、社内の試算で「明治三陸沖地震(明治29年)レベルの地震が福島県沖で起きた場合、第1原発に最高15・7メートルの津波が到達する」と予測していた-と指摘。

 「事故は想定外ではなく、経営陣が適切な津波対策を怠った」などと主張している。

 株主側は昨年11月、東電の監査役に対し、歴代の経営陣について訴訟を起こすよう求めたが、東電側は今年1月、「法令違反などの責任は認められない」として、提訴しない方針を株主側に通知していた。


 原告団は5日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「事故から1年たつが、東電は一切企業責任を取っていない」と強調。「『重大な事故を起こせば、役員個人の責任が追及される』と認識させることで、原発再稼働の阻止につなげたい」と話した。

・ゲンダイ「経団連米倉会長 必死に東電擁護のワケ」 http://gendai.net/articles/view/syakai/135382

会社法の条文

第二節 株式会社における責任追及等の訴え

(責任追及等の訴え)
第八百四十七条  六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き株式を有する株主(第百八十九条第二項の定款の定めによりその権利を行使することができない単元未満株主を除く。)は、株式会社に対し、書面その他の法務省令で定める方法により、発起人、設立時取締役、設立時監査役、役員等(第四百二十三条第一項に規定する役員等をいう。以下この条において同じ。)若しくは清算人の責任を追及する訴え、第百二十条第三項の利益の返還を求める訴え又は第二百十二条第一項若しくは第二百八十五条第一項の規定による支払を求める訴え(以下この節において「責任追及等の訴え」という。)の提起を請求することができる。ただし、責任追及等の訴えが当該株主若しくは第三者の不正な利益を図り又は当該株式会社に損害を加えることを目的とする場合は、この限りでない。
2  公開会社でない株式会社における前項の規定の適用については、同項中「六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き株式を有する株主」とあるのは、「株主」とする。
3  株式会社が第一項の規定による請求の日から六十日以内に責任追及等の訴えを提起しないときは、当該請求をした株主は、株式会社のために、責任追及等の訴えを提起することができる。
4  株式会社は、第一項の規定による請求の日から六十日以内に責任追及等の訴えを提起しない場合において、当該請求をした株主又は同項の発起人、設立時取締役、設立時監査役、役員等若しくは清算人から請求を受けたときは、当該請求をした者に対し、遅滞なく、責任追及等の訴えを提起しない理由を書面その他の法務省令で定める方法により通知しなければならない。
5  第一項及び第三項の規定にかかわらず、同項の期間の経過により株式会社に回復することができない損害が生ずるおそれがある場合には、第一項の株主は、株式会社のために、直ちに責任追及等の訴えを提起することができる。ただし、同項ただし書に規定する場合は、この限りでない。
6  第三項又は前項の責任追及等の訴えは、訴訟の目的の価額の算定については、財産権上の請求でない請求に係る訴えとみなす。
7  株主が責任追及等の訴えを提起したときは、裁判所は、被告の申立てにより、当該株主に対し、相当の担保を立てるべきことを命ずることができる。
8  被告が前項の申立てをするには、責任追及等の訴えの提起が悪意によるものであることを疎明しなければならない。

(訴えの管轄)
第八百四十八条  責任追及等の訴えは、株式会社の本店の所在地を管轄する地方裁判所の管轄に専属する。

(訴訟参加)
第八百四十九条  株主又は株式会社は、共同訴訟人として、又は当事者の一方を補助するため、責任追及等の訴えに係る訴訟に参加することができる。ただし、不当に訴訟手続を遅延させることとなるとき、又は裁判所に対し過大な事務負担を及ぼすこととなるときは、この限りでない。
2  株式会社が、取締役(監査委員を除く。)、執行役及び清算人並びにこれらの者であった者を補助するため、責任追及等の訴えに係る訴訟に参加するには、次の各号に掲げる株式会社の区分に応じ、当該各号に定める者の同意を得なければならない。
一  監査役設置会社 監査役(監査役が二人以上ある場合にあっては、各監査役)
二  委員会設置会社 各監査委員
3  株主は、責任追及等の訴えを提起したときは、遅滞なく、株式会社に対し、訴訟告知をしなければならない。
4  株式会社は、責任追及等の訴えを提起したとき、又は前項の訴訟告知を受けたときは、遅滞なく、その旨を公告し、又は株主に通知しなければならない。
5  公開会社でない株式会社における前項の規定の適用については、同項中「公告し、又は株主に通知し」とあるのは、「株主に通知し」とする。

(和解)
第八百五十条  民事訴訟法第二百六十七条の規定は、株式会社が責任追及等の訴えに係る訴訟における和解の当事者でない場合には、当該訴訟における訴訟の目的については、適用しない。ただし、当該株式会社の承認がある場合は、この限りでない。
2  前項に規定する場合において、裁判所は、株式会社に対し、和解の内容を通知し、かつ、当該和解に異議があるときは二週間以内に異議を述べるべき旨を催告しなければならない。
3  株式会社が前項の期間内に書面により異議を述べなかったときは、同項の規定による通知の内容で株主が和解をすることを承認したものとみなす。
4  第五十五条、第百二十条第五項、第四百二十四条(第四百八十六条第四項において準用する場合を含む。)、第四百六十二条第三項(同項ただし書に規定する分配可能額を超えない部分について負う義務に係る部分に限る。)、第四百六十四条第二項及び第四百六十五条第二項の規定は、責任追及等の訴えに係る訴訟における和解をする場合には、適用しない。

(株主でなくなった者の訴訟追行)
第八百五十一条  責任追及等の訴えを提起した株主又は第八百四十九条第一項の規定により共同訴訟人として当該責任追及等の訴えに係る訴訟に参加した株主が当該訴訟の係属中に株主でなくなった場合であっても、次に掲げるときは、その者が、訴訟を追行することができる。
一  その者が当該株式会社の株式交換又は株式移転により当該株式会社の完全親会社(特定の株式会社の発行済株式の全部を有する株式会社その他これと同等のものとして法務省令で定める株式会社をいう。以下この条において同じ。)の株式を取得したとき。
二  その者が当該株式会社が合併により消滅する会社となる合併により、合併により設立する株式会社又は合併後存続する株式会社若しくはその完全親会社の株式を取得したとき。
2  前項の規定は、同項第一号(この項又は次項において準用する場合を含む。)に掲げる場合において、前項の株主が同項の訴訟の係属中に当該株式会社の完全親会社の株式の株主でなくなったときについて準用する。この場合において、同項(この項又は次項において準用する場合を含む。)中「当該株式会社」とあるのは、「当該完全親会社」と読み替えるものとする。
3  第一項の規定は、同項第二号(前項又はこの項において準用する場合を含む。)に掲げる場合において、第一項の株主が同項の訴訟の係属中に合併により設立する株式会社又は合併後存続する株式会社の株式の株主でなくなったときについて準用する。この場合において、同項(前項又はこの項において準用する場合を含む。)中「当該株式会社」とあるのは、「合併により設立する株式会社又は合併後存続する株式会社若しくはその完全親会社」と読み替えるものとする。

(費用等の請求)
第八百五十二条  責任追及等の訴えを提起した株主が勝訴(一部勝訴を含む。)した場合において、当該責任追及等の訴えに係る訴訟に関し、必要な費用(訴訟費用を除く。)を支出したとき又は弁護士若しくは弁護士法人に報酬を支払うべきときは、当該株式会社に対し、その費用の額の範囲内又はその報酬額の範囲内で相当と認められる額の支払を請求することができる。
2  責任追及等の訴えを提起した株主が敗訴した場合であっても、悪意があったときを除き、当該株主は、当該株式会社に対し、これによって生じた損害を賠償する義務を負わない。
3  前二項の規定は、第八百四十九条第一項の規定により同項の訴訟に参加した株主について準用する。

(再審の訴え)
第八百五十三条  責任追及等の訴えが提起された場合において、原告及び被告が共謀して責任追及等の訴えに係る訴訟の目的である株式会社の権利を害する目的をもって判決をさせたときは、株式会社又は株主は、確定した終局判決に対し、再審の訴えをもって、不服を申し立てることができる。
2  前条の規定は、前項の再審の訴えについて準用する。

« typhoonついにドロップシッピング業者を初摘発!詐欺容疑で実質経営者ら7人を逮捕  | トップページ | typhoon一時代の終わりを感ずる「2ちゃんねる」への強制捜査 覚醒剤書き込み放置の疑い 警視庁  »

コメント

東電は本当に、人災ですね。原告団と弁護団の皆様がんばってください。
詐欺続きで、カンパも傍聴も時間なくてなにもできませんが。
アグラと東電の問題、どっちが早く決着つくでしょうか。
順番からいってアグラと思うのですが、、どちらも長期戦ですね。
アグラが10年ならその倍だったりして。
震災から1年が過ぎて、今後また地震がおきたら日本はどうなるんだろうと思うこのごろです。
次の地震がおきないうちに、この問題がかたずくことを祈ります。

がんばってください! 超期待してます。応援します。
長い裁判になるにちがいないですけど、勝俣らが生きてるうちに判決確定してほしいですよね。
いよ!名弁護士!正義の味方!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« typhoonついにドロップシッピング業者を初摘発!詐欺容疑で実質経営者ら7人を逮捕  | トップページ | typhoon一時代の終わりを感ずる「2ちゃんねる」への強制捜査 覚醒剤書き込み放置の疑い 警視庁  »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

最近のコメント