フォト

カテゴリー

« thunder安愚楽被害:本日、管理命令が認められ管財人が選任! #agura | トップページ | cake誕生日お祝い! »

2011.11.08

thunder安愚楽被害:本日午後2時、急転直下、民事再生が廃止され破産手続に移行することになりました。  #agura

全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新しました。

 急転直下の決定ですが、本日午後2時、東京地方裁判所は、株式会社安愚楽牧場に対し、民事再生手続を廃止する決定をし、その上で、同社に対し、破産法上の保全管理命令を出し、これまで民事再生手続における管財人であった渡邊顕弁護士(第一東京弁護士会)を保全管理人に選任しました。

 これにより、安愚楽牧場の破たん処理は、民事再生手続ではなく、破産手続に移行することになりました。

 先週4日(金)に、渡邊顕弁護士が管財人が就任し、土日返上して週末かけて安愚楽を調査したところ、想像以上に財産の流出があり、破産法上の処理に移行しなければ、もはや、財産の保全ができないとの判断です。

 戦後最大の消費者被害事件である安愚楽牧場の破綻処理は、大きな転換期を迎えたとはいえ、これにより被害を被った被害者にとっては、民事再生手続を廃止する決定及び保全管理命令は、本格的な被害回復のための出発点にすぎません。

 当弁護団は、裁判所及び保全管理人に対して、最大限に協力を行い、安愚楽牧場から散逸している財産を早期に回収するだけでなく、関連会社や役員の責任追及も視野に入れ、被害者に対するできるかぎりの多くの被害回復及び情報の公開がなされるよう、今後も努力していく所存です。

 なお被害者の皆様の債権者としての地位は、当然に、破産手続に移行しますし、引き続き、弁護団としては、被害者の救済のために、邁進していく覚悟です。


本日付け弁護団声明(2011年11月8日付)(PDF)
 
保全管理人就任の挨拶(2011年11月8日付)(PDF)

« thunder安愚楽被害:本日、管理命令が認められ管財人が選任! #agura | トップページ | cake誕生日お祝い! »

2011-08 安愚楽牧場被害事件」カテゴリの記事

コメント

やっとです!3か月かかりました!
たった4日で明らかになるなんて、なんともお粗末な会社。(いえ、管財人の方のお力でもあります、感謝です)
安愚楽が時間稼ぎをしたこの3ヶ月で、牛の餌代に月20億円として、すでに60億円は消えてます。8月の時点ですぐに破産としていれば、弁済率を何%上乗せできたのでしょう。
特に意味のない、あの説明会という名の安愚楽側のパフォーマンス、裁判所に民事再生申し立てた際の予納金、ただ無駄遣いしただけですよね。
クーリングオフまでも拒んで、一体どれだけ資産隠したかった訳?

過ぎた事を悔やんでも仕方ありませんが、ただただ被害者を苦しめ続けた3か月間の損害賠償請求もしたいくらいです。
もう、経営陣親族一同、身ぐるみはがしてしまってください。どれだけの事をしてきたのか分かってないようだから、一生かけて償い思い知ってほしい。
「想像以上に財産の流出がある」点に大いに期待します。
紀藤先生の仰るように、ここからが出発点。(やっと出発点に辿り着いたんですね)
被害者の皆さん、健康には注意し、正面から正々堂々と戦っていきましょう!
紀藤先生、弁護団の先生方、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

今日までの弁護団の今日までの努力にただただ感謝のみです。

この3ヶ月間は何だったんだ。
クソ経営者・ポンコツTY弁護士によってさらなる財産流出。
お陰で配当はひどいものとなりそうだ。
奴らめ。
TY弁護士にも損害賠償してやろう。

2009年の2月には農水省は約3000億近くの債務超過を把握していて、約2年後口蹄疫の補償をしているのです。約90億。焼け石に水(税金)
おかしくないですか!!
そんな債務を知らない我々は何かあっても国が補償してくれると安心してしまった。
口蹄疫直後?(去年5月末)の神戸市のフルーツフラワーパークでのバーべキュー。(有料)行かれた方も多いと思います。内心中止になるかなと思っていました。
そこでも三ヶ尻は嘘泣きをし、口蹄疫の記事は事実無根だと相手の新聞社を逆に訴える準備をしていると言っていた。私はこの時期にのんきに参加していいのかなと思っていました。
去年の今頃には心斎橋での中華料理屋での懇親会。(無料)
そこでも三ヶ尻は各テーブルを太った胡散臭いおっさん(名前忘れた)とまわり、悲観的な事は一切言わず、11月末の時点でも口蹄疫の記事で相手を訴えたと言っていた。
ここに懇親会とか言って集まっているが、次会うときは被害者説明会じゃないかと考えていました。その後に補償金が入ったのです。

安愚楽の社員!何も知らされてなかっただと!ふざけんじゃねー!
本業で儲けが出てないのだから給料は私達の出資金。

やっと今週末に東北で開催されます↓↓↓。

仙台弁護士会のよる”安愚楽説明会”を仙台にて開催。
宮城県消費生活センター(022-261-5161)より連絡有。
11月12日(土)PM3時~(約1時間予定)。仙台弁護士会館4階。予約不要。無料。

震災にあい、関東への引越しも踏まえ、お金が必要となった時期に突然の民事再生申請ニュースにひっくり返った8月…。今は東京のこちらの弁護団には加入し、”数で勝負”に参加させていただいてます。

情報がなかなかメディアで出ないぶん、本来の安愚楽牧場の現状を知ることが出来ないオーナーはたくさんいると思います。震災の影響でそれどころではないと。私もネットであれこれ調べられるようになるまで時間がかかりました。
東北のオーナーの皆さんが足を運んでまずは今の現状を知ることが出来ればと願います。
がんばっぺ。

紀藤弁護士の「非常に重要なニュース⇒安愚楽牧場が2009年2月投資家への会計処理の仕方や情報開示が不適切だとして、当時・監督官庁だった農林水産省から改善指導を受け、事後点検のための定期報告も求められていたことが明らかに :日本経済新聞」とのtwitterは、是非とも深掘りしてその内容をお知らせ下さい。国の不作為により今回の事故が発生していたなら、国への賠償請求もあり得ませんか。
破産宣告により清算業務に入り、債権額が確定することは関係者の努力の成果だと思います。但し、未だに安愚楽の経営陣への刑事責任の追及が為されない事は不可解です。監督官庁の消費者庁が告発すればすむ事ではないのですか。
我々の投資資金を安愚楽の経営陣が持ち逃げした、違法配当に流用した等の事実を明らかにする手段を司直の手にお願いしたいものです。
民事と並行して刑事訴追が為される事を望みます。

民事再生なんて最初から無理だったのに、、、本当にひどい会社だった。集めたお金の流出がどのくらいなのか、、知るのが怖い。金融商品としての牛の餌代はしょうがないとしても、資産隠しは許せない。あれだけ集めればどれだけ贅沢ができることでしょう。バブルのころみたいでしょう。湯水のようにわたしたちのお金を無駄使いしていい思いもしてるはず。社長および関係者には、豚箱に入ってもらいたい。想像以上にかなり悪質なんでしょう。何十年もかかわってきた人は民事再生を信じてる人もこのサイトにいたようですが、ズサンなことをしても、牛は維持するだけでもコストも莫大で、今年のこの状況で民事再生計画なんてどう計画するのだろうと思ってました。いまだに信じている人がいたら目を覚ましてほしい。
スーパーの牛肉をみても、国産牛、黒毛和牛はそのままの価格では売れず、低価格になっても売れ残ってるのが多いのに、この先、あのアグラの牛がさばけるのか心配です。

クローズアップ現代をみて、委託された畜産業の方たち以外の牛は誰が、どのように管理しているのか8月から気になっていたのですが。2002年ごろ、投資をはじめたころ、牧場だよりみたいなものを見た気がしたのですが、そのころは汗水流して働いている、まじめな若い人の写真やコメントがあったと思ったのですが、そういうニュースはいつのまにか聞かなくなってました。

今日真夜中に、やっと債権の書類は送りましたが、あの書類はどうなるのでしょう。
破産ということで、わたしたちのなにか書類上の手続きは、今後変わるのでしょうか。細かいことが少しわかりません。

とにかく、3ヶ月かかったけれどほっとしました。紀藤先生はじめ被害対策弁護団の
方々ありがとうございました。管理命令がみとめられ、管財人の方がいてくれて本当に
よかったです。再生管財人の方は、これだけの被害額なのに、1人というのは大変だと
思います。今後ともよろしくお願いします。
破産で、跡形もなくアグラ牧場および関連施設は消えて、戦後最大の消費者被害の犯罪の記録として残ることを希望します。
もともと他の和牛商法はいくつか消えていたけれど、そのときに、最後に残ったのひとつも消えていればよかったに。。。

みなさん、おかしいと思いませんか?
栃木・柳澤弁護士は「民事再生」の方が、債権者への配当は多くなると言っていたのに、渡邊弁護士がたった数日調べただけで破産への移行って。
これは絶対に栃木・柳澤と三ヶ尻が時間稼ぎをし、我々の出資金をどこかへ持って行ったに違いない。
栃木・柳澤も「詐欺行為」への加担者で一緒に訴えてやろうじゃないですか。
3ヶ月間の餌代損失分も栃木・柳澤法律事務所に損害賠償請求してやりましょう。
許せん。

2009年に農林水産省が調べた時点で、3000億もの債務超過になっていたという情報開示がなされていたら、結果として被害総額は4330億より少なく、さらに、口蹄疫の国の補償を見て安心して追加出資したオ−ナ−の被害は発生しなかった。国は被害拡大に重大な責任があると思います。

民事再生手続き却下ですか、予想どおりです。これで、私の預託金(400万)が殆ど戻ってこない事が決定づけられたように思いますが、刑事責任は追及できますね。
オリンパスの債務飛ばしと何ら変わらない出資者を騙し続けたのですから・・・経営陣は断罪されて当然だと思いますよっ!
違うのは、オリンパスは上場廃止で株券は紙切れになるが、会社資産は残る為、あぐらより少しは配当金が多いこと位かな?(それでも10%前後)
・・・で、私は、あぐら被害の弁護団にも入れない位、困窮生活を余儀なくされています。
気持ち的には、あぐら全資産を処分しても、一般債権者に支払った残りのオーナー配当金が1%から5%になる保証もないですし、刑事事件として争っても、何年掛かるか分かりません。もう私も高齢ですので、この嫌な思いを忘れるように気持ちを切り替えて耐乏生活を続けております。

弁護士の先生方、日頃よりお忙しい中、私たち被害者のために頑張っていただき、本当にありがとうございます。ビジネスとしてだけではなく、心からこの国の矛盾や、弱者の救済に人生を捧げている方々なんだなぁと感動しております。破産手続に移行されたのは、やっと出発点についたと言うことなんですね。了解しました。実は自分の回りにも変化が現れたんです。あんなに8月の時点では、日本学生支援機構の緊急枠の奨学金は貸せませんと言っていた子供の大学側が、いきなり申し込みを募ると言ってきました。当時はとても冷たくあしらわれたのですが。。まるでこのブログを読んでいるのでは?と思うほどタイムリーでした。皆さんに助けられながら、これからもめげずに頑張ります!

弁護団に委任してから、この1ヶ月あまり事態の進展のなさにへこみ、自分の不運な人生を嘆き、うつが悪化して、しばらくホームページを離れていました。ツイッターも見ていませんでした。
奇しくも自分の誕生日に管財人が選任され、姉の誕生日に破産手続きに移行する事になっていた事を知り、死のうとまた考えていたこの1週間あまり、少し希望が見えました。債権届も出そうとするたび、具合が悪くなり、今日はもうやらなくてはとやっとパソコンに向かって、この記事を読み、思わずコメントせずにはいられませんでした。
まだ、子供のために死ねません。でも、このまま生きていくのもつらい毎日を送っています。
ありがとうございます。もう少し、皆さんと一緒に頑張っていこうと思います。
弱音を吐いてすみません。

弁護団に加入しました。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« thunder安愚楽被害:本日、管理命令が認められ管財人が選任! #agura | トップページ | cake誕生日お祝い! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ