フォト

カテゴリー

« thunder安愚楽被害:安愚楽被害を生んだ「消費者庁」の責任 #agura 2011/09/25加筆あり | トップページ | 安愚楽被害:全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新 #agura »

2011.09.27

thunderまた宗教団体で修行の名を借りた死亡事件が発生 =「中山身語正宗」の熊本の施設 #cult #religion =22時加筆あり

戦前から続く真言系宗教法人の中山身語正宗の施設で、子どもの死亡事件が起きました。

中山身語正宗は、全国のお寺数が90以上、教会数も100以上ある全国的な宗教団体で、信者数も30万人を超えており(文化庁監修の宗教年鑑から。但しこれは自己申告です。)、大正時期に生じた新宗教の中では、比較的、安定した新宗教だと思われていました

被害者は、中学2年のともみさん(13)さん、しかも加害者の一人は父親とのことで、とても痛ましく、考えさせられる事件です。

ともみさんを椅子に座らせ、腕や足をベルトで縛り、「滝行」と称して、約5分間、顔を上に向けさせた状態で水を浴びせるなどの暴行を加え、死亡させた疑いとのことです。

熊本県警に逮捕された父親と僧侶の木下和昭の両容疑者は、調べに対し、「娘に悪霊がついている。除霊すれば治るので、『滝行』を行っていた。嫌がって暴れたので椅子に縛り付けた」と供述し、「暴行ではない」と容疑を否認していると報道されています。

これは単なる偶然の事故か、必然の事件なのか?

いずれにせよ、宗教団体の施設内で、修行と称して、殺人事件や傷害致死事件はよくおこることです。

宗教団体側は修行と言いますが、客観的には、リンチと同じです。

修行の行き過ぎた結果が、今回の事件であると思います。

オウム真理教内の施設(たとえば1998年の真島事件)でもおきましたし、最近でも大規模なものとして、1997年の紀元会事件(現在、ご遺族が紀元会などに東京地方裁判所において、賠償請求中で、僕が、ご遺族の代理人です。)などがあります。

中山身語正宗の自浄作用も期待しますが、そのためには、警察の捜査という外圧的手段だけでなく、自ら、真相を解明することも重要ですし、被害者への賠償と謝罪、そして社会に対しての説明も必要です。

なおこうした宗教団体内で、信者の肉親からさえも、児童虐待が起きる理由については、拙著Amazon.co.jp: カルト宗教―性的虐待と児童虐待はなぜ起きるのか:で明らかにしたところです。

ぜひご高覧ください。

[参考]
除霊すると13歳の娘に水浴びせ死なす (読売新聞) - Yahoo!ニュース.

読売新聞 9月27日(火)10時48分配信

除霊すると13歳の娘に水浴びせ死なす
拡大写真
「除霊」すると父親が13歳の娘に水を浴びせて死なせた熊本県長洲町の「中山身語正宗玉名教会」
 中学生の娘に「滝行」と称して水を浴びせ死亡させたとして、熊本県警は27日、父親の熊本市帯山3、会社員舞鴫(まいしぎ)淳(50)と、同県長洲町宮野の僧侶、木下和昭(56)の両容疑者を傷害致死容疑で逮捕した。

 2人は「除霊のため」として、3月頃から同様の行為を100回以上繰り返していたという。

 発表によると、2人は8月27日午後9時頃、同町宮野の宗教施設「中山身語正宗(なかやましんごしょうしゅう)玉名教会」で、舞鴫容疑者の次女で中学2年ともみさん(13)を椅子に座らせ、腕や足をベルトで縛り、「滝行」と称して、約5分間、顔を上に向けさせた状態で水を浴びせるなどの暴行を加え、死亡させた疑い。

 ともみさんが意識を失ったため、救急車を呼び、病院に搬送したが、翌28日午前3時40分頃に死亡した。死因は窒息死。

 2人は調べに対し、「娘に悪霊がついている。除霊すれば治るので、『滝行』を行っていた。嫌がって暴れたので椅子に縛り付けた」と供述し、「暴行ではない」と容疑を否認しているという。

 「滝行」は、敷地内の別棟にある3・5平方メートル程度の小さなコンクリート造りの「お滝場」で行われていた。地下水をくみ上げ、高さ2・5メートルから落とす装置を使っており、舞鴫容疑者がともみさんを押さえつけ、木下容疑者が呪文のようなものを唱えていたという。

[参考]
中山身語正宗の歴史=但し自称です。

« thunder安愚楽被害:安愚楽被害を生んだ「消費者庁」の責任 #agura 2011/09/25加筆あり | トップページ | 安愚楽被害:全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新 #agura »

宗教被害」カテゴリの記事

コメント

修行であれば、まだ表面化した時に誰かが取り締まりますが、そうではなく、習慣として勧める内容がゆるやかな殺人になっている事実が多くの宗教にあるんじゃないかと思います。分別のない子供がそれを当然の常識として宗教内での偏った考えの中で育てられることを何とかして阻止できるようにならないかと思います。

(薬を否定して薬を捨てると賞賛されたり、病院に行くのは地獄に行くのと一緒、というようなことを子供のころから言われて洗脳されて育ちました。自宅が宗教の施設になってしまったので地獄でした。)

失礼致します。私は、約30年ほど、中山身語正宗に御縁を頂いて来た者です。今回の出来事は、本当に驚きましたし‥女の子の事を思うと、胸が痛みます。被告人となった二人は、暴行ではないなどと、語っている様ですが‥それは、言いたい事は、わかります。ですが‥暴行云々ではなくとも、今回の事は誤っています。調べて頂くと、わかりますが‥中山身語正宗では、派手な広告や宣伝なども無く、御先祖供養を主とされています。そもそも、他界した仏様を悪霊と言う呼び方は致しませんし、除霊と言った教えもありません。信じてもらえないかも知れませんが、私達は、憑依などと言う言い方は致しませんが‥仏様からの知らせと言うのは、事実あります。ですが‥その場合、今回の様な形で向き合うのでなく、供養と言う形を教えてあります。ニュース報道で見る限り、同じ宗人としても、信じられない誤った行為です。お父さんは‥ニュースを見る限りでは、お子さんを大切にしておられたとか‥。御病気の娘さんを思うあまり、あの滝行の方法が間違っていると、冷静に判断出来なかったのか‥悲しいです。繰り返しますが‥同じ宗人としても、あの水行は、誤っています。なぜ?‥木下僧侶が、誤った行動を取った

コメント承認をありがとうございました。先日、投稿させて頂きましたコメントが、字数オーバーしていた様ですね。途切れていましたので、何度も申し訳ありませんが、追記させてくださいませ。‥今回の悲しい出来事、同じ宗教の宗人としても、被告僧侶が犯した行為に理解に苦しみます。なぜ?‥教えとは違う道外れた事を‥と、悔しい思いです。第一に、ともみさんを思うと、辛いです。そして‥一匹の馬狂えば千匹の馬狂うと言いますが、今回の出来事で、あちらこちらで、中山身語正宗について、歪められた書き込みを目にして、悲しい思いでいっぱいです。ですが、今後、二度と同じ様な出来事が繰り返されない様に、大本山も‥そうですし‥私達宗人も、より一層、心引き締め精進して行きたいと思います。上手く表現出来なかったところは‥どうか、お許しくださいまして、気持を察して頂けたら幸いです。この場をお借りできました事に、感謝を申し上げます。

この事件に関してどうしても我慢が出来ず一言申し上げます。
中山身語正宗の顧問のU氏ですが、総合政策調査会という政治団体の代表者で、普段は頭に自民党の名を付け「自由民主党総合政策調査会」という非常に紛らわしい架空の団体の名刺を持ち「自分は自民党の外郭団体の者で裏処理を担当している」と言い、何人もの人を騙しお金を巻き上げ、中には割腹自殺まで追い込まれた女性もおりました。かつては自動車保険金詐欺で保険会社から訴えられた事もあります。
数年前には同じ名刺を持つ人間2名が「日本郵政詐欺事件」逮捕されています。その他にもこの団体について警察に数件の問い合わせもあったそうです。そんな詐欺師が顧問を務める宗教団体ってなんでしょう。確かに自殺者が出て自分で発見して惨状を目の当たりにしてから祟られるのが怖いのか信心深くはなったようですが・・・。それがテレビで仏様の教えについて話すなどとんでもない事です。もし、亡くなった女の子のご両親がそんな人間が本山の顧問を務めているなどという事を知っていたら今回のような悲しい事件は起きなかったかもしれないと思うとやり切れません。
これは中傷ではなく事実です。現に私の非常に近い人物もU氏に融資詐欺にあい現在係争中です。更に詳しくお知りになりたければブログをご覧ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/051026/diary/201109290000/
http://plaza.rakuten.co.jp/doukutu1234567/diary/201007140017/
http://pub.ne.jp/ninapo2009/?entry_id=3310055

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« thunder安愚楽被害:安愚楽被害を生んだ「消費者庁」の責任 #agura 2011/09/25加筆あり | トップページ | 安愚楽被害:全国安愚楽牧場被害対策弁護団の公式ホームページを更新 #agura »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ