フォト

カテゴリー

« thunder安愚楽被害:全国安愚楽牧場被害対策弁護団の結成のお知らせ #agura =2011年8月11日午前10時40分修正あり | トップページ | thunder安愚楽被害:栃木・柳沢法律事務所のホームページから突然削除された「Q&A」 #agura »

2011.08.17

thunder安愚楽被害:今日の説明会資料(神戸) #agura 2011/08/18:2011/08/19追記あり、2011/08/27「被害者説明会」の時間につき訂正あり

解説する時間がないので、UPを優先します。ご参考にしてください。

今日の説明会資料 pdfファイル


ご意見があれば、コメント欄にお願いします。


なお今からTBSラジオの「Dig」に、安愚楽問題で出演します。

_dscn9903_2

2011/08/18追記(2011/08/27訂正)

※昨日の「Dig」でお話しした内容は、

全国安愚楽牧場被害対策弁護団主催の説明会2011年9月1日(木) 3回入れ替え制 事前予約不要(無料) 17:00~(1回目)、18:20~(2回目)、19:40~(3回目) 日弁連会館2階の「クレオ」 千代田区霞が関1−1−3(地下鉄霞ヶ関駅B1−b出口直結)

でも、もっとわかりやすい形でお話しますので、お聞きになられなかった方もあまり気にしないでください。

2011/08/19追記⇒再追記2011/08/27現在は試聴できなくなっています。

※今なら「Dig」が試聴できるみたいです。
http://www.tbsradio.jp/dig/sample.html

<クレオの場所>
Sh6_2


« thunder安愚楽被害:全国安愚楽牧場被害対策弁護団の結成のお知らせ #agura =2011年8月11日午前10時40分修正あり | トップページ | thunder安愚楽被害:栃木・柳沢法律事務所のホームページから突然削除された「Q&A」 #agura »

2011-08 安愚楽牧場被害事件」カテゴリの記事

コメント

説明会資料入手ありがとうございます。拝見しました。
私は素人ですが、再生計画の考え方に関して疑問があります。
元々、表面的には、短期の資金ショートが問題であったと認識しています。
10年の弁済期間の猶予があるにも関わらず、事業縮小を急ぐに至った資金計画の内容を早く確認したいものです。
より、きめ細かい債権者(オーナー)分類によるオプションが必要ではないでしょうか?

会社を清算する前に、彼らが自分のものにした、給料や財産などは差し押さえられないのでしょうか?
額と実態がかけ離れていて、返す金が10分の1になるなんてありえない。

預託法とか、契約書の内容は有効にならないのでしょうか?
納得出来ない、社長が借金してでも、出資額はオーナーに返金すべきではないでしょうか?

そういうことを出来る、方法とかないのですか?
会社つくって、金集めて、つぶしたもん勝ちなんて、許していいのですか?

涙なんか流したって、演技だって出来るし。
今の今まで、大丈夫っていってたくせに、実は、、、。なんて、都合良すぎて、おかしすぎる。
裏で操作している、会社側の弁護士達。
なんとか、泣き寝入りせず出来る方法は、ないのでしょうか?

皆さん。
これからあぐらと戦っていきましょう。
あぐらを信じ騙され、全財産投資の愚か者です。
民事再生であぐらを生き残らせてはいけない。
あぐらの言いなりになってはいけない。
あぐらのずるい攻略開始です。また騙されてはいけません。
あぐらのお金は私たちのお金です。
取り戻すためにどうすればいいか?
一致団結していきましょう。
(この2週間心底疲れました。あきらめの心に鞭打ってます)


資料は携帯では見られないのですか?

あぐらに20年近く投資してます。投資額は3600万です。自分の安易さに言葉もありません。ついつい相手を信じ込み深みにはまってしまいました。去年の口蹄疫騒ぎの時に週刊誌にあぐらを暴露していた写真つきの記事が出た時もっと真剣に考えればよかったと悔やんでいます。自転車操業をずっと続けてきたのかどうだったのか真実が知りたい気持ちです。

残額がおかしい、社長や側近には隠し財産があるに違いない・・・・等々と書いてらっしゃる方が多いのですが、これだけ大きな騒動になっていて今更大金を隠しているとするのは現実味が薄い気がします。
倒産などすると、ありとあらゆる方面から身辺を探られるのはもとより、遠縁というだけで全く面識のなかった親戚とかまで叩かれるのが常です。私には昔、町工場を潰した身内がいるのですが、顔もよく知らない間柄なのに私の預貯金の流れなどまで銀行から調べられていたらしいという嫌な経験があります。
そこに希望を持ちたいのはやまやまですが・・・・仮に隠し財産が見つかったとしても、現時点での家屋敷などを押さえても、オーナー救済に回せるほどまとまった額にはとてもならないと思います。

傾き始めた企業からはカネはものすごい勢いで消えて、沈没する時は一瞬なんですよね

電話が全くつながりません。 

オーナー歴17年。
社会人となってからこつこつ貯めた全財産を投資してしまいました。
贅沢せず、節約に励み、家を買うためのお金でした。
負債総額を聞いて唖然。この半月で心身ともに疲れ果てました。
もう返金は無理だろうと諦めかけていました。
が、それじゃ向こうの思うツボと気力を奮い立たせています。
向こうの言いなりになるのはごめんです。時間稼ぎもさせたくない。
説明会で涙流す演出する根性あるなら、社長以下役員の資産全て投げ打ってでも借金してでも返金しろと言いたい。

紀藤先生、少しでも多く取り返すために、今すべき事を教えて下さい。
汗水流して働いたお金を取り返すために、出来ることは小さな事でもしていきたいです。
法的知識の無い者にとって、誤った情報に惑わされないよう正しい情報をご指南下さい。
経理資料が隠ぺいされる前に、何か打つ手を教えて下さい。
私たちの出資金の流れに違法性がないか、不当な行為を追及するため準備することを教えて下さい。

7万人という人数でみんなが一致団結したら、何か変えられる、動かなかった行政も動かせると信じています。
先生方のお力を借りて、泣き寝入りしないで戦いましょう!
先生方、どうぞお力をお貸し下さい。宜しくお願い致します。

 満期が近づくと配当利率をアップして、案内が届きます。継続すると商品券がつくとか、つい勧誘にまけて継続してしまいます。  意思の弱さに反省しています。
 5月から募集している「支援コース」経過報告が8月のあぐらニュースでありましたが、義捐金92万3千円は日本赤十字を通じて被災地へお届けすると書かれていますが、送ったのでしょうか? これも時期的に支払停止になった時ですが。
倒産間近まで集めた資金は、どこに消えたのでしょうか? 

神戸の説明会に行って来ました。
・・・なんちゅうか、会社更生に賛同が得られない場合、出資金返還額が下がるので、
賛同する方がよろしいですよ~、とか、会社側には経営責任は無く、原発被害・風評
による食牛の価格暴落が原因だと・・・・ふざけんじゃないの!、本当に原発被害・風
評による暴落なら社長自ら農水省に乗り込んで交渉でもしなかったのかい、あぐらが
農水省に直談判したニュースは聞いたことが無い。だから、出資者は別な方に疑惑
を持つのでは・・・、当方、昨年に400万を出資した愚か者ですが、今回の説明会で
は、出資者への負債総額○○○億円に対して、出資者から集めた総額○○○○億
円との差額が何処に消えてしまったのか?と言う疑念が生まれた。

ざっくり外部売上が100億なのにオーナーへの配当が100億以上。笑うしかない。

オーナーの金はオーナーの配当に消えたのが明白じゃん。まあ自己責任ですね。

全財産アグラとかいるけど、どんな金銭感覚してるのやら。私には理解できない。

電話が全くつながりません。いずれ、相談受付窓口が設置されるとのことなので、それまで待っても大丈夫でしょうか?

昨日の説明会に行ってきました。
安愚楽側からは、通り一遍の謝罪のみ。土下座しろとのヤジもありましたが、
これまでの努力について社長自身が真摯に説明することも、歳後に謝ることもありませんでした。
質問された方の中で、3500億近い使途不明金について清算調査されていない点を指摘している方がいましたが、私も同意見です。集金された金がプール分にも当たっていなかったのなら、どこへ行ったのでしょう。年利表の公表を早めにして欲しいと思いました。

また、実際の債務遅延は3月には始まっていたとの説明。
その段階で清算されていれば、こんなに牛肉価格が低落しなくて済んだのでは?との思いもあります。それと7月中旬までは債務を返済していたとのこと。
返してもらった人と返してもらっていない人が存在するわけで、
その選定基準はなんだったのかも気になります。

すみません。先ほどのに追加です。
説明会後、近くの席の方から声を掛けられました。
何をどうしたらいいのかわからない。
知り合いに相談もできないし、他の被害者も知らないので、
せめて連絡先を交換してくれないかとのことでした。

高齢の方が多くネット環境も充分でない方も大勢いらっしゃいます。
紀藤さんが弁護団を組織なさっていることすら知らない方もいます。
また、ここにコメントを書いている私自身、弁護士さんにお願いして何が変わるのだろうかと疑心暗鬼になっている面があるのも否めません。
8月下旬から債権申立書の募集を始め、2ヶ月猶予するとのことで、
何も分からないうちに行動しなきゃいけないんだろうかと言う不安もあります。
再建案は、議決権者の頭数と債権額の両方の過半数で議決されるとありました。
ならば、多くの人が集まるであろうこちらに身を寄せるのがいいのだろうかとも
思ってみたり。
とにかくどう動けばいいのかあちらこちら情報を手繰り寄せてばかりです。

財務諸表を見て思ったんですが、ずいぶん前から自転車操業してたんじゃないですか?

牛の出荷売り上げ 160億
オーナー契約    755億
その他         88億(口蹄疫補償金と思われる)
食品売り上げ     25億

オーナー債権が4200億という事は、年5%の配当だとしても配当金だけで200億必要。古オーナーが3/4という事は6%~8%という配当も多いと思います。

牛の出荷と食品売り上げを足しても配当金より少ない計算。
飼育費用や人件費や広告費など経費もかかるでしょうから、純利益はどれだけでしょうね。

4200億集めたとの事ですが自転車操業で回していて、残っているのはあまりなさそうにも思います。


神戸の説明会に参加しました。
弁護士の説明によると民事再生に向かう会社の詳細があきらかになりました。会社と弁護士事務所の最初の接点が7月25日(月)、民事再生の方針決定が26日(火)ということでした。
私が送金したのが28日(木)、これは確信犯で栃木・柳澤弁護士も加担した詐欺でしょう。この2人も会社と結託して詐欺を主導した者として裁判で訴えてやろうかと思っております。8月からの民事再生を選択してでの送金受付は明らかに詐欺です。少なくとも27日(水)以降に送金した人たち(ほとんどの方がクーリングオフを行使されていると思いますが)への100パーセント返金を求めます。27日時点で送金受付禁止したら被害も多少は減ったと思います。明らかに会社&両弁護士の過失でしょう。6月末に出資金返金もほとんどできておらずその時点で方向性が分かっていたのですから7月以降の募集は全額返金すべきです。あんな悪魔のような泣きまね上手な芝居経営者、そして会社の詐欺に結託した詐欺弁護士がいたことに非常に強い憤りを覚えております。皆が一生懸命稼いで出資した金をあいつらはどう思っているのか。役員一同身包みはいででも全額弁済しろ思います。

 明日会場で質問したいこ事がある。順番が回ってきたら良いのだけれど・・・。
 契約書に記載されている耳No.の牛は、今どの牧場にいるのだろうか?全オーナーに教えて欲しい。餌はもらえているのだろうか?
 2010年9月以降に契約した5件の耳Noがすべて、下3桁000である。なぜ?とても気にかかる。
 神戸での説明会にて、口蹄疫による影響も理由に挙げていたようだが、「すべての牛は保険に入っているので、病気になっても保険により補てんされ、心配ないと記載されていたはずだが・・・また、両親が那須の牧場を見学した際に職員より、万が一病気で死んでしまった時は、安愚楽牧場所有の牛を割り当てる、とも説明を受けた。と聞いているが、あの説明は何だったのだろうか? 
 

全財産投資しています。7月満期継続をしたばかりでした。まさか・・・
やたら募集の手紙が届くと、ちょっと気にはなっていたのですが・・・
15年問題もなく、信用していただけにショックで、これからどうしたらいいのでしょうか?

ベグログhttp://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/08/post-6e6a.htmlをみていると
日本農業新聞記事に、直営・預託牧場の経営について担当弁護士は「赤字の牧場を優先的に閉鎖するが、黒字の牧場は、事業を譲渡して存続を目指す」とした上で「オーナーには解約するかどうかの判断をお願いし、(解約)しない場合は月に1万5000円の餌代などの負担をお願いすることになる」と説明した。
「債権者説明会」に参加された方のtwitterにはな方のですが、神戸で参加された弁護士さんからお聞きになっていますか。
被害者の会には申し込んでいますが、これが本当であれば対処のしかたを被害対策弁護団HPにある説明会(第1回は9月上旬に・・・・)相談できるのでしょうか、お伺いします。

説明会の資料を拝見させていただきました。
本当に、日にちの感覚を忘れるくらいにただただ、毎日情報を頼りに過ごしてきました。
あきらめないこと
一人では、ないということ
答えがすぐに出るとは思えませんが、それでも戦っていきたいと気持ちを切り替えています。

当方にも、過去に契約(現在は未契約)していた家族宛で、柳沢・栃木弁護士から来ています。姑息さが伺えとても腹が立ちます。

利益以上に分配してた牧場、元金返還広告を許した出版社・監督官庁、中途解約し放題のオーナー、資産隠しする幹部、原因は多々有ると思います。有名雑誌を見て引っかかった者です。金融広告適正化法を作って、広告代理店・出版社に注意義務を規定して欲しい。

オーナー説明会にて

使途不明金3500億円との発表がありました。
負債額4300億に対して 使途不明金3500億

詳細は調査中 との返答しかなかったようですが

預託金 満期金 利益金 の帳簿もない とは よく言えたものだと思います。

隠滅した帳簿や 使途不明金の詳細 牛に掛けていた保険の契約内容 頭数 期間 などもすべて情報公開させて洗わなければ 闇に葬られてしまいます。

TBSラジオでのコメントも大変参考になりました。あらゆる面で動いて下さり、どうも有難うございます。

投資は自己責任とはいえ、いま何重苦にもなっている身には生きる気力をなくすのに十分です。

解約して震災の修復資金にと思っていた矢先でした。

けれど、尽きる一方の最後の力で戦いたいと思います。

餌代をさらにオーナー持ちにするのは許されるんでしょうか?

契約時にすでに含まれているなら債務者の責任では?

解約したら債権額も減ると遠回しに言っていながら、解約しなければ餌代?あり得ません!

先生の弁護団にお電話してもつながらず、第2弁護士会にしましたら、受付はあくまで弁護団なのでそちらへ、と。

他に方法はありますか?

8月19日の債権者説明会13時と18時、2回の説明会に参加しました。
1回目の多彩な意見に比べて、2回目は「やらせ質問・意見」の出来レースでした。
2回目の主な意見は「何年かかってもいいから、今の経営陣に頑張ってもらって
夢話を復活してほしい」という意見でした。
年寄連中は、また、その話を信じて、10年でも任せるつもりです。
早く今の経営陣の刑事責任を追及しないと、どんどん、食い物にされるでしょう。

いつも情報ありがとうございます。
digでのお話、大変参考になりました。

弁護団の先生方の説明会ですが、弁護団に登録していなくても拝聴できるのでしょうか?また、ネット等での配信予定はありますか?

Dig放送を視聴させて頂きました。
問題に取り組んで頂いてから、今日まで数万人からの弁護団への登録、相談対応など電話がパンクしている事察します。実は、登録時に家族と自分のものを合わせた金額で、自分の名前で登録していて、各々での登録に変更しなくてはいけないのかをお尋ねしたいところですが、電話は、未登録の方もいるので控えております。
夏休みやお盆休みを返上して取り組んで頂いてるのでしたら申し訳ありません。
また、テレビが一番問題媒体として力を感じますが、取り上げにくいのか残念です。しかし、先生がご多忙な中でもラジオに出演、わかりやすくお話くださり感謝の気持ちでいっぱいです。
預託金の使途を知りたくても、その手段を持たない私たちにとって、本来泣き寝入りを強いられるところかもしれませんが、おちからを注いで下さる先生にお願いするしかありません。引続きどうぞよろしくお願いいたします。

8/19の説明会に出ましたが、以下の点が不明のままです。
1)オーナー負債4200億の所在が不明。牛の購入代金で支払い済みだとしてもオーナーの牛の総数は105,000頭との事。代金が50万だとして約525億。残りの約3700-億はどこにある?
2)原発後の解約金の金額は幾ら?
3)震災、原発による対象は全体の何割に相当する?
口蹄疫や震災が資金ショートの原因ではないと考えます。既にずっと前に破綻していたのを震災を理由に逃げたいだけではないのか?
1)のお金があれば資金ショートは起こさないはず。既に会社には無いのでしょう。
経営者の個人資産、関連法人資産、オーナー出資金のお金の流れを徹底的に明らかにする方法はあるのでしょうか?
経営者、民事再生を進めようとする弁護士達、裁判所。全てグルの可能性もあるのでは?

大金をつぎ込んだオーナーの1人です。
安愚楽〈代理人〉の配布資料や質疑応答での回答内容は、何が真実で、何が偽りか、正直わかりません。ただただ元金だけでも戻ってくることを願っています。
配布資料の内容を信ずれば、戻ってくるのはせいぜい10%前後であると推測されます。今後、「破産」もしくは「事業の整理・売却に基づく再生処理」が決定すれば、この数字は大して変わらないと思います。安愚楽が心から債権者〈オーナー)に詫びるならば、歯を食いしばってでも何とか事業を継続し、利益を生み出していくことです。5年、10年は要すると思われますが、預託金の配当分を元金の返却金に回し、少しずつ元金を減らしていく方法は取れないでしょうか。短期間に預託金を取り戻そうとか、刑事責任を追及しても決して得策とは思えません。畜産経営の環境状況が好転するまで暫くの間、皆が耐え、利益が出るようになったら借金を少しずつでも債権者に返却してもらうことが出来ないでしょうか。
安愚楽を攻撃するだけではなく、今はしっかり畜産業を継続してもらい、安愚楽および私達債権者のベストの道を探そうではありませんか。

大金をつぎ込んだオーナーの1人です。
安愚楽〈代理人〉の配布資料や質疑応答での回答内容は、何が真実で、何が偽りか、正直わかりません。ただただ元金だけでも戻ってくることを願っています。
配布資料の内容を信ずれば、戻ってくるのはせいぜい10%前後であると推測されます。今後、「破産」もしくは「事業の整理・売却に基づく再生処理」が決定すれば、この数字は大して変わらないと思います。安愚楽が心から債権者〈オーナー)に詫びるならば、歯を食いしばってでも何とか事業を継続し、利益を生み出していくことです。5年、10年は要すると思われますが、預託金の配当分を元金の返却金に回し、少しずつ元金を減らしていく方法は取れないでしょうか。短期間に預託金を取り戻そうとか、刑事責任を追及しても決して得策とは思えません。畜産経営の環境状況が好転するまで暫くの間、皆が耐え、利益が出るようになったら借金を少しずつでも債権者に返却してもらうことが出来ないでしょうか。
安愚楽を攻撃するだけではなく、今はしっかり畜産業を継続してもらい、安愚楽および私達債権者のベストの道を探そうではありませんか。

こんにちは、長年安愚楽に投資、配当の良さもさながら、日本の酪農を支えるなどの理念に賛同し自己資金のほとんどを預けていたばかりか、両親なども巻き込んでしまいました。破綻は口蹄疫 放射能被害のせいとつい先日まで思っていましたがそうではないようように思えてきました。今ある自分達の権利である 一頭あたりの牛の価格×オーナー保有牛の数=現オーナー資産 約600億    オーナーからの債権額約4300億  差額の3700億 はいったいいったいどこに消えたのでしょう?
両親はこの7月に、満期が3年ほど残っていた契約のものを8%にの配当に引きあげてあげるからと勧誘され、条件はさらに8年の契約にすることと加えて300万円新たに出資すること。
近々使う予定もないのでとその勧誘にのってしまい、新たに300万の出資をさせられてしまいました。破綻がわかっていてさらにお金集め。資金の流れを明らかにしていただきたいです。

先週から、ずっと弁護団へ電話をしていますが話し中ばかりでつながりません。
9月1日の説明会は、だれでも参加できるのでしょうか?
電話がつながらないため、まだ登録もできていないのですが。

今年契約(5月、6月)しました。この時はもう駄目だったんでしょうね?
電話つながりません。登録しなくても説明会参加できますか?

地方支部に登録しても全国の弁護団に登録した事になりますか。

上でも書きましたけど・・・

オーナー債権-資産=使途不明金約3500億
たぶんこれらはオーナーへの支払い・設備投資・人件費・宣伝費等に使われてると思いますよ。

市場での売り上げと食品売り上げで年200億以下
4200億の配当が年5%だとしても年間200億。
配当金>売り上げです。
今までは満期には一応契約額と同額返してきたんですよね。
だったら経費などはどこから出すのでしょう?
どう見ても自転車操業ですよ。
オーナーから集めた金を回していたとしか思えません。

つまりオーナーが右上がりで増えていかなければ成り立たないシステム
ではないかと思います。
それに気がついたので私はこうなる前に手を引きました。

投稿: 年金生活者 | 2011.08.20 15:35投降者と同感です。

いろいろ心配になると、そのたびに『大丈夫』と連絡があり、
それがいきなり倒産、1割以下しか払えないっていうのは、
絶対に裏、嘘、横領、別の組織の関与などがあると確信しています。

30年も続いたことだけを信じてしまって、
20年近く、どんどんつぎ込んで1億円を軽く超えていました。
身内も巻き込んでしまいました。
財産の大半をつぎ込んだ方が多いようですが、
それだけ信用のさせ方が巧妙だったのです。

節約して頑張って働いてきたお金を失って、
年齢を考えるとこれからどうやって生きていけばよいのかわかりません。
節約のためずっと軽自動車でしたが、
これからはちょっと贅沢してハイブリッドカーとか夢見てた矢先でした。
老後、少しのんびりと暮せるかなと思ってましたが、お先真っ暗です。

破産、1割以下の返金、ハイおしまいというわけにはいきません。
一体、4千億円がどこに消えたのかを徹底的に明らかにして欲しいです。
現物の牛は存在しても、牛の価格の10倍の金を運用して、
ここ最近はいったい何をやっていたのでしょうか?

社長は資産を弟などに名義変更、
多くの役員が退職金をもらって辞めたなどの噂は本当なのでしょうか。

説明会で、再建した後も、オーナーに少しずつ弁済するようなことを言ってましたが、
それが本当であることに一縷の望みをかけていますが、
そんなことするきは全然ないのでしょうか。

東電への賠償も、担当弁護士は腰が引けて、やる気がないようでしたね。
東電の影響をわずかでも見出して、
1円でも多く賠償を勝ち取る気のある弁護士さん、
もしいらしたらぜひ助けてください。

最後に、三ヶ尻社長、史上最大最悪の詐欺行為と、
末代まで恥をさらし続けることのないように、死ぬ気で頑張ってください。


P.S.『年金生活者』さんの御意見、私も同感です。

(ツイッターの中で、atom1104が教えてくださった)  http://t.co/CnjybtM
8月24日までの内容読みました。
この方の調べたこと、なぜだか社長の家族や数字やいろんな事にすごく詳しい
私も高額被害者で、毎日死にそうですが、これを読んで言い方が面白くて、思わず笑っちゃって‥   ちょっと元気出たかんじです
たくさんの方のツイッターも毎日必ず読んでいます。

私も電話しましたがつながりませんでした。説明会は夜だけでなく、昼間(できれば午前中)もあると助かります。子育て中の主婦は夜に家を空けることができないので。

私も年金受給者さんと同じ気持ちです!
三ヶ尻社長さん!30年近くあぐらを信じて老後の設計をたてていた我々の気持ちを
少しでもわかって下さい!信じた者が馬鹿をみるなんて・・・・・
原発等々今の状況の厳しさは我々も分かりますので直ぐに解約するとかもせず、配当金も乗り越えるまでいりませんので、あぐらの関係者の方達の健闘を期待します!
東電や国への賠償請求を頑張って下さい!

投資額700万円のオーナーです。民事再生法による早期清算を阻止しましょう。そんな事になったら、オーナーへの返金額はわずかなものになってしまいます。案愚楽牧場は東電、政府への損害賠償の早期支払いを要求すべきです。8月25日に政府は岩手、栃木、福島の牛の出荷停止を解除しました。これを期に、国産牛の安全性をアピールして、国産牛の価格、消費を安定させ、案愚楽牧場を再建させる努力をするべきです。5〜10年かかっても従来のシステムに戻すべきです。

いまだに東電、政府への賠償請求で解決すると思っているジジババに驚かされます。
従来のシステムってなんですか?
自転車操業のことでしょうか。
自分さえ助かればあらたな被害者を生んでもいいのでしょうか。
使途不明金などすべて人件費、従来のオーナーへの配当に回っていると思います。
アグラで良い思いをした人も少なからずいるんじゃないでしょうか。
元々利益が出るシステムじゃないと思いますよ。
そうでなければ掛け金を売り上げに計上しないでしょ普通。

16年間、アグラを信じ満期になっては充当再契約を繰り返して来ました。来年から年金生活に入る為、少しでも余裕のある生活を夢見ていた矢先です。後一年で殆どが満期を迎えるはずでした。年末から一つずつ契約を辞めていく予定でした。確かに過去には一度も遅延もなく順調でしたが会社側はすでに窮地に追い込まれていたんですかね・・・
オーナーもアグラの経営理念に賛同し協力もしてきたと思います。こうなってしまった以上、社長を筆頭に今度はオーナーを救うべきではないでしょうか。全財産を投げ打ってでも返金するべきですよ。どれだけのオーナーが傷つき怒り、苦しい思いをしているのか解っていますか?オーナーあってのアグラ牧場でここまで成長してきた事を忘れては人間失格です。時間が経つにつれ精神的に鬱状態になって自殺者も増えて来るかもしれません。必ずや元金を返して下さい。私達の老後生活を助けて下さい・・・裁判費用も高くてとても無理です。でも死にたくありません。楽しい老後を送らせて下さい。

『年金生活者』さんの意見に賛同する人が多いみたいですが、
その考え方は非常に甘いと思います。
30年前のバブル期ならともかく、口蹄疫、原発事故がなくても安愚楽牧場は遅かれ早かれ破綻してましたよ。
粗利の少ない畜産業なのに、驚くほどの高配当なのはなぜか?
確かに牧場業務は実態として存在したけれど、これで利益は出ていません。
安愚楽の現状は、古オーナーへの配当を出すために新オーナーを募る自転車操業です。

3000億円の使途不明金はどこへ行った?と鼻息を荒げている人もいますが
配当として既に自分たちの手へ渡ってたと考えるのが順当です。

さっさと解体して、数%でもお金が戻ってくればよしと考え
現経営陣の刑事責任を追及していくべきです。

安愚楽牧場の収入は雑所得、 給与所得者の場合20万以上は申告が必要(20万以下でも確定申告する場合は申告が必要)正直に申告した人と、申告してない人で今後不都合があるのでしょうか?

私も、「お金が無理なら責任を取って欲しい 」さんの意見に賛成です。
2~3年前からの勧誘活動の激増、満期解約の渋り、契約期間の延長・・・等々、自転車操業と思われても仕方がない。
景気の良い時期に考えられた商法を長年続けた結果だと思う。そのような状況判断をせずに、オーナーを高配当で募ったのは経営陣に責任が有るのではないでしょうか?
しかも、責任は、東電と国に有ると、転嫁するやり方は到底納得できない。

私は、年金受給者で、あぐらに預けたお金が頼りです。使途不明金3000億の解明がなされなければ、商法違反(預かり金行為、ねずみ講行為等)で処罰すべきだと思います。

投資とはこういうモノだと思いますが…
甘い蜜だけ吸いたければ、誰でも全財産投資します
損した人は自己責任なり
税金投入とは正に愚の骨頂ですね
と、いうかいくら騒いでもその様な事には成り得ないだろうけど
1割くらい保証されるなら、かなりマシな方だと思いますよ

ちょっと通りますよ、って人。

なんでアンタ、書き込みしてんの。
ここは、被害者同士が情報を求めて、わらにもすがる思いで書き込みしてんのよ。

見るのは自由かもしれないけど、書き込みしないでよ。
アンタが言うことも、もう聞き飽きた。何の新しさもない。

アンタのような人に言ってもムダかもしんないけど、これ以上被害者の傷口に塩を塗るような書き込み、しないでください。
皆さん、自己責任だった、って事はよ~~く分かってます。

あなたのような人に追い打ちをかけられると、本当に人間不信になります。
他のサイトにもオーナーに対する誹謗中傷、罵詈雑言・・・。

人の不幸は蜜の味でしょうね。
本当に嬉しいでしょうね。かわいそうな、悲しい人ですね。

はやく縁起切りたい、さん、そう、カッカして怒っても、ちょっと通りますよ、を楽しませるだけですよ、私思うに、この人も投資で大損している人だと思う。
哀れな人だと、放置しておくのに限ります。(反論するほど、書き込みしてきますよ、この手の人は・・・)
・・・で、ちょっと通りますよに一言、
>損した人は自己責任なり
> 税金投入とは正に愚の骨頂ですね
これは、一般的には正論ですが、時と場合によります。
例えば、東電などは政府(国)は絶対に破たんさせません。なぜなら社会的影響が大きいからです。更に、あぐらも個人企業では有りますが、畜産業界の15%を一挙に解体することは農水省も、ちょっとためらうのではと私個人は思っております。
ただ、政府の補償金は、あぐらではなく、畜産農家個人に支給される公算が大きいので、牛オーナーさんは、あぐらに対し70000人の損害請求しなければ、補償金を持ったままトンずらされますので、一致団結して取り返さなければいけません。
・・・ちょっと、長くなりましたが、ちょっと通りますよ、って人。の書き込みを読んで感じました。

去年まで帰ってきてたので年初めに改めて投資してしまった・・・父の少ない遺産金を少しでも増やして母の老後の足しに成ればと思っていたのですが・・・。
少しでも返って来て欲しいです。
ドコに登録したら宜しいでしょうか?何したら宜しいのでしょうか・・・。

最近、安○楽関係者と疑われる人物の書き込みがあちこちに目立ちますね。
皆様、情報操作に御注意下さい。

再生法なんてとんでもない。破産させるが最良の道です。
未だに、再生したら、お金が幾らかでも帰ってくると思ってる方、いませんか?


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« thunder安愚楽被害:全国安愚楽牧場被害対策弁護団の結成のお知らせ #agura =2011年8月11日午前10時40分修正あり | トップページ | thunder安愚楽被害:栃木・柳沢法律事務所のホームページから突然削除された「Q&A」 #agura »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ