フォト

カテゴリー

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.31

happy01三井マリ子さんの逆転勝訴!!豊中市館長職雇い止め訴訟

紀藤も、代理人をつとめる三井マリ子さんの裁判で、今日、ようやく勝訴判決が出ました。

訴訟は、2004年12月17日に始まったのですが、事件は、2004年3月31日の雇い止めに始まります。

ちょうど僕は、2004年4月から始まる「ホームオブハート」事件の対応に多忙を極めており、弁護団には、名を連ねていたのですが、当時のTOSHIを含む、ホームオブハート側からの業務妨害への対処で、長年の友人であり、知人でもある、三井さんへの具体的な裁判支援ができなかったことは、大変じくじたる思いでした。

でも気持ちは、いつもこの事件の行く末を心配していました。

僕の方は、1月18日に、TOSHIが脱会宣言をして、真実を語り初めていただいたことで、2004年4月から始まるホームオブハート事件も、救済の道筋ができつつあります。

僕自身の体験でもそうですが、僕にとっても長い戦いですが、三井さんにとっても、同じく、大変だったと思います。

お疲れ様でした。そして金額面や一部理由には納得できない部分もありますが、当時の人事の不当性を判断した今回の判決、本当に、おめでとうございます。

なおもともと僕は、大阪大学時代、被告の豊中市に住んでいましたし、成人式も、豊中市で受けました。
被告となった豊中市は、部落差別などの問題でも、先進的に取り組んできた市ですから、今回、性差別の動きをされたことは、とても残念なことです。

豊中市は、男女の市民が住む行政主体として、まずは今日の判決の結果を真摯に反省して、上告など、人権宣言都市として恥じることはせず、三井さんを解任したことで、この6年遅れてしまった男女共同参画への取り組みを、もう一度まい進して取り組んでいってほしいと思います。


[参考]
・判決文は、⇒訴訟の内容を伝える「館長雇止め・バックラッシュ裁判」参照
訴状は、男女共同参画の動きへの反動勢力の台頭(バックラッシュ)がどういうものかというものの、教科書と言ってもよいものです。ぜひお読みいただけると、この事件の神髄がわかります。
訴状パンフを購入していただけると、支援金に回ります。

毎日放送のニュース
今なら映像が見れます。
 政治的勢力に屈して女性センターの館長を辞めさせたとして、大阪府豊中市に150万円の賠償を命じる判決です。

 大阪高裁は「市の部長らが嘘をつくなど館長排除に動いたのは人格権の侵害」として原告の逆転勝訴を言い渡しました。

 豊中市の女性センターの非常勤館長だった三井マリ子さん(61)は6年前、館長を常勤化するという理由で契約の更新を拒否され雇い止めされました。

 判決によりますと当時、市役所やセンターに対し男女平等推進に批判的な運動が繰り返され、三井さん自身も議員から呼び出されて糾弾されるなどしました。

 30日の控訴審判決で大阪高裁は「雇用契約上の違法はない」としながらも、人権文化部長らが水面下で後任の館長を決めたり、三井さんに嘘を述べたりしたのは「公務員の立場を超え」「一部勢力の動きに屈した行動」と指摘、「明確な意図をもって館長を排除したのは人格権の侵害にあたる」と認定して、市に慰謝料など150万円の支払いを命じました。

 「本当に嬉しいです。男女平等なんかくそくらえというような、そういう政治勢力に対して行政が屈服していって、侮辱されたようなやめさせられ方をしたことに関して認定してもらえてうれしい」(三井マリ子さん)

 判決について豊中市は「大変、残念。今後の対応について検討する」とコメントしています。
(03/30 19:21)

三井マリ子・元都議が逆転勝訴 豊中市館長職雇い止め訴訟 - MSN産経ニュース

undefined

三井マリ子・元都議が逆転勝訴 豊中市館長職雇い止め訴訟
2010.3.30 15:20

 大阪府豊中市の「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」の館長職の雇用継続を拒否されたのは不当として、女性政策研究家で元都議の三井マリ子さん(61)が市と運営財団に慰謝料など1200万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、雇い止めに至る経緯に「人格権の侵害があった」と認定。三井さんの請求を棄却した1審大阪地裁判決を変更し、市と財団に150万円の支払いを命じた。

 三井さん側は1、2審を通じ、男女平等を目指す活動に反対する勢力に市と財団が屈し、「すてっぷ」から排除されたと主張。雇い止めの背景に男女平等への反動や不当な行政介入があったかが争点になった。

 塩月裁判長は、三井さんに関し市役所前で中傷ビラがまかれたことや市議に呼び出され糾弾されたことなどを挙げ、「遅くとも平成14年3月ごろから、市や市議会の内外で反対勢力による組織的な攻撃が行われていた」と認定。

 その上で市幹部らが三井さんの考えと異なる後任者を就任させようとした点を「一部勢力に屈した行動。中立であるべき公務員の立場を超えた動きで、三井さんを館長職に就かせない明確な意図があり、人格を侮辱した」と指摘した。

 判決によると、三井さんは12年9月に全国公募で選ばれ「すてっぷ」の初代館長に就任。非常勤職員として1年契約で更新してきたが、16年2月、館長職を常勤とする組織変更に伴って選考試験が行われ、不採用になった。 

 判決後、大阪市内で会見した三井さんは「本当にうれしい。行政は男女平等にもっと真剣に取り組むべきだ」とコメント。豊中市人権文化部は「大変残念。判決内容を精査し今後の対応を検討する」としている。


2010.03.26

cloud備忘録:未公開株詐欺業者!「ディー・ジー・コミュニケーションズ」(港区)、「シーエーアイ」(東京都新宿区)、「ココル」(同区)

昨年2009年12月22日に警視庁が家宅捜索に入ったようです。

未公開株を無登録で販売容疑 コンサル会社の関連先を家宅捜索 警視庁 - MSN産経ニュース2009.12.22 12:31

 未公開株を無登録で販売したとして、警視庁生活経済課は22日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、経営コンサルタント会社「シーエーアイ」(東京都新宿区)の関連会社、「ココル」(同区)など数カ所を家宅捜索した。

 同課によると、シー社は、無登録で平成19年ごろ、千葉県在住の男性ら計4人に、広告企画・制作会社「ディー・ジー・コミュニケーションズ」(港区)の未公開株約100株を、計数千万円で販売した疑いが持たれている。

 同課によると、シー社はディー社の未公開株について「株を上場すれば倍ぐらいもうかる」などと持ちかけ、1株数十万円で販売していた。これまでに数億円を売り上げた疑いがあるという。

 ディー社は、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のキャラクターを使ったインターネット学習システムなどを提供していた。

2010.03.25

coldsweats01琴欧洲のブログが何だかかわいい!!

琴欧州ブログのひらがな書きは、なんだかほのぼのします。

最近は、琴欧州の爆発力が感じられなくなっていますが、長身(2メートル3センチ)を生かして、横綱目指して頑張ってもらいたいです。

僕は、ホームオブハートの関係者から、ホームページのひらなが書きを強く批難されたことがありますが、ひらがな書きもいいものです。

素直に考えてもらえれば、と思います。

琴欧洲オフィシャルブログ|『ちゃんこ鍋とヨーグルトって意外と合うんです』

2010.03.20

think黙とう:地下鉄サリン事件から15年 

あの事件から15年が経過しました。
今日1日は、あの日のことを、しっかりと考え、そして今後に生かす道を考えたいと思います。
事件はまだ終わっていません。

以下は、当時の首都の緊迫した情勢で、僕の書いた原稿です。
ご興味のある方はぜひ読んでみてください。
当時の緊迫した情勢がよくわかると思います。

⇒「原稿:首都は今戦時下にある

・当時の緊迫した情勢

1995年1月1日 読売新聞が1面でサリン報道
1995年2月28日 刈谷さん拉致事件が発生
1995年3月4日 この日から刈谷さん拉致事件が、連日、オウム真理教の犯行であるとの報道がなされるようになる。
3月6日、オウム真理教が、朝日新聞を提訴。その後次々とマスコミを提訴。
3月15日 霞ヶ関駅自動噴霧器設置事件が発生。
1995年3月19日 阪大生拉致事件で、大阪府警が、オウム真理教大阪支部に強制捜査。
1995年3月19日 島田元教授宅 爆発物設置事件が発生(自作自演)
オウム真理教東京総本部に火炎瓶が投げつけられる(自作自演)

1995年3月20日 地下鉄サリン事件発生
1995年3月22日 オウム真理教に対する強制捜査
1995年3月24日 上祐史裕氏が、緊急帰国する。
1995年3月30日 国松長官銃撃事件発生。 

今年、国松長官銃撃事件は、今年3月30日で時効を迎えるそうです。
当時、長官銃撃事件をまったく予想していなかったと、当時警視総監の井上幸彦さんが、朝日新聞2010年3月19日付長官で語っていますが、当時の警察の、そしで行政、政府の、オウム真理教に対する理解、ひいてはカルトの理解がまったくなかったことを示しています(今もなお不十分ですが・・・・)。

2010.03.17

typhoon不当な最高裁判決に驚き!と困惑!! 本日午前11時47分加筆あり 本日3時40分判決文UPup

国家権力が、市民の表現につき、恣意的に、逮捕起訴できることを容認する判決が出ました。

この事件で、中傷という評価は誤っています。
少なくとも、この事件は、市民として「できうる調査」はしていた事案です。

ですから今回の最高裁判決は、本当に驚きです。
たった4頁の判決で、市民に、マスコミと同様の調査義務を課すというのでしょうか?

⇒最高裁平成22年3月15日付判決・「20100315.pdf」をダウンロード

いまだ「インターネット」は、市民側の表現媒体として、成熟していないということでしょうか?
あるいは、簡単に信じやすいという、受け手側の成熟が待たれるということでしょうか?

市民はそんなに馬鹿じゃありません。真実か否かについて、当然、さまざまな情報から切り分けて考えます。
市民を馬鹿にしていないでしょうか?

時代の変化を経て、以前は有罪であったものが、有罪でなくなるという事件も現にあります。
有名な伊藤整氏翻訳の「チャタレー夫人の恋人」は、わいせつ物頒布罪として、第1審では、伊藤整氏は無罪、高裁、最高裁と有罪判決が出されましたが、現在では、何ら問題なく出版できています。

チャタレー事件

では一体なぜ、その時代に、伊藤整氏は、有罪とされたのでしょうか?
それは時代の変化に、裁判所がついていけていないからです。

今朝の朝日新聞は1面でとりあげていました。

ですから、橋爪さん、これにめげず、歴史を作った生き証人として、そして歴史がこれからも動いて、判例が変わる可能性があるものとして、まさに先駆者として、生きていってください。

橋爪さんには、表現者として、まだまだやることがあると思います。

=今回の最高裁判決を下した裁判官5人は以下のとおりです。
 全員一致というのが驚きです。

 宮川 光治 第一小法廷 弁護士出身
 櫻井 龍子 第一小法廷 官僚出身
 金築 誠志 第一小法廷 裁判官出身
 横田 尤孝 第一小法廷 検察官出身
 白木 勇(裁判長) 第一小法廷 裁判官出身

asahi.com(朝日新聞社):ネット上の中傷書き込みで名誉棄損罪確定 最高裁初判断 - ネット・ウイルス - デジタル

ネット上の中傷書き込みで名誉棄損罪確定 最高裁初判断

2010年3月16日

 インターネット上で虚偽の内容で企業を中傷した男性会社員(38)について名誉棄損罪が成立するかどうかが争われた刑事裁判の上告審で、最高裁第一小法廷(白木勇裁判長)は男性の罰金刑を確定させる決定をした。15日付。第一小法廷は、ネット上の書き込みなら名誉棄損罪成立の判断が緩やかになるかどうかについて「個人利用者によるネット上の表現行為でも成立判断は緩やかにはならない」とする初判断を示した。

 男性は2002年10~11月、ラーメン店をフランチャイズ展開する企業が「カルト集団」という内容を自分のホームページに書き込んだとして、04年に名誉棄損罪で在宅起訴された。一審・東京地裁判決は、マスコミや専門家がネットを使って情報を発信する場合と比べ、個人利用者が発する情報の信頼性は一般的に低いと指摘。「個人利用者に求められる基準の調査をして書き込んでいれば罪は成立しない」と述べ、従来の同罪の成立に比べ緩やかな基準を示して無罪とした。しかし、二審・東京高裁はこの基準を否定して男性に罰金30万円を宣告。男性側が上告していた。

 今回の決定で第一小法廷は、個人利用者がネットに載せた情報であるからといって、閲覧する側が「信頼性が低い」と受け取るとは限らないと指摘した。

 そのうえで、ネットに載せた情報は不特定多数の利用者が瞬時に閲覧でき、名誉棄損の被害が深刻になる可能性がある▽ネット上の反論によって十分に名誉回復が図られる保証はない――といったネットの特性を考慮。名誉棄損罪が成立しないのは、活字や演説など判例が積み重なってきた従来の表現行為と同様、内容が正しいと誤って信じたことについて「確実な資料、根拠に照らして相当の理由があると認められるとき」だけだとする考え方を示した。

 この考え方にたって男性のケースを検討。他のネットの書きこみ、企業の内部関係者のメールなどを真実と信じて企業を批判したことを「中には一方的な立場から作成されたに過ぎない資料もあるうえ被告の理解も不正確で、関係者に事実関係を確認することも一切なかった」などの点から、「罪が成立する」とした二審判決が相当と結論づけて弁護側の上告を棄却した。(中井大助)

2010.03.15

bearing驚きのニュース!!名古屋高検の検事が盗撮容疑で捜査中

本当にびっくりです。

名古屋高検の検事、盗撮しようとした疑い : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
名古屋高検の検事、盗撮しようとした疑い

 名古屋高検は、男性検事(44)が女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、愛知県警から県迷惑防止条例違反の疑いで任意で取り調べを受けていると15日発表した。
現在は業務に携わっていないといい、同高検は県警の捜査を待って処分を検討する。

 同高検によると、この検事は今月8日朝、名古屋市千種区のバス停で、近くに並んでいた女性のスカート内をカメラ付き携帯電話で撮影しようとした疑いが持たれている。検事は同日、電話で上司に報告し、事実関係を認めたという。

 関係者によると、検事は座るような動作をしながら撮影しようとし、近くにいた人に見とがめられたため、途中でやめたと話しているという。この日、名古屋高裁で開かれる公判に出る予定だったが、電話連絡を受けた上司が自宅謹慎するよう命じ、公判は別の検事が担当したという。検事は1995年に任官し、2008年に同高検に配属され、脱税などの経済事件を担当している。

 同高検の松井巌次席検事は「被害者や関係者に多大な迷惑をかけただけでなく、国民の検察に対する信頼を大きく損ない、深くおわびする」と謝罪した。

(2010年3月15日20時41分 読売新聞)

2010.03.13

shine重大な告知 【3月15日】【告知】東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える。【記者会見とイベント】

情勢は差し迫っています。

表現の自由が重要だと思われる、心あるかたはぜひイベントにご参加ください。

[参考]⇒山口貴士弁護士のブログ

【記者会見を行います!】

<日 時>
2010年3月15日 正午~

<場 所>
東京都庁記者クラブ(東京都庁記者クラブ)

<テーマ>
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案(第30号議案)」の問題点について

<備 考>
午前11時20分頃から都議会民主党からのヒアリングに出席し、その後に行われます。

<記者会見に参加予定の人々(敬称略)>

山口貴士(弁護士・当ブログ主宰者)

竹宮惠子(漫画家・京都精華大学マンガ学部学部長)

里中満智子(漫画家・マンガジャパン事務局長・大阪芸術大学教授・文化庁文化審議会委員・)

ささやななえ(漫画家 代表作:児童虐待防止法成立に力のあった「凍りついた瞳」)

森川嘉一郎(明治大学国際日本学部准教授、ヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展日本館展示「おたく:
人格=空間=都市」(コミッショナー))

呉智英(評論家、日本マンガ学会会長、京都精華大学客員教授)

藤本由香里(評論家 明治大学国際日本学部准教授 文化庁芸術選奨推薦委員 国立国会図書館納本制度審議会委員)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【記者会見後にイベントを行います!】

<イベント名>
「東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える。」

<主 宰 者>
「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」(代表者:藤本由香里)

<日  時>
2010年3月15日 14:00~16:00

<場所>
都議会議事堂 2F 第二会議室

<アクセス>
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」A3出口より徒歩1分
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/outline/map.html

<取材について>
こちらのイベントでも取材を受け付けています。記者クラブでの記者会見で取材が出来なかった方もどうぞ。

2010.03.12

thunderXJAPANのギャラをめぐりトラブルが起きたようです。⇒YOSHIKI、CD販売・コンサート運営会社を提訴

あのGLAYの事件と同じ人物が関わっている。

この問題が、TOSHIの破産、そしてホームオブハートとの関係で、どのようにリンクしていくのでしょうか?
注目です。

YOSHIKI、CD販売・コンサート運営会社を提訴(産経新聞) - Yahoo!ニュース


YOSHIKI、CD販売・コンサート運営会社を提訴=3月11日19時21分配信 産経新聞

 契約金や再結成コンサートの出演料などが未払いになっているとして人気ロックバンド「XJAPAN」のリーダー、YOSHIKIさんが、CDの販売契約を交わしコンサートを運営した会社を相手取り、計約3億7千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが11日、分かった。YOSHIKIさんの代理人が明らかにした。提訴は10日。

 XJAPANは平成19年に再結成し、被告の会社と新作のCD販売やコンサートの開催について契約。東京ドームなどで再結成コンサートを行った。

 YOSHIKIさん側は、印税の前払い金や契約金として、被告側がYOSHIKIさん側に計6億円を支払う契約だったのに未払いになっていると指摘。また、複数回行ったコンサートのチケット収入やグッズの販売で、被告側が25億円以上を売り上げているのにもかかわらず、無関係の経費を計上するなどして支払いを免れているとした。


2010.03.10

sagittarius速報!!日弁連会長再選挙の結果は?

史上初めての日弁連会長選挙の再選挙は、宇都宮さんが勝ちました。無所属出馬で勝った会長も、史上初めてだと思います。

昨年の消費者庁の設置も含めて、国も変わりつつありますが、
来年度以降の日弁連の姿勢が、さらに一層「消費者重視」となることが、これで、はっきりしました。

僕も、さらに大変となりますが、頑張りたいと思います。

速報!日弁連選挙=日弁連始まって以来の再投票が決まりました!new2009年2月6日更新情報あり

2010.03.01

punchあまりに痛ましい事故:米シーワールドの女性調教師、シャチに襲われ死亡

人間の責任なのか?
動物の責任なのか?

もちろん人間の責任だと思う。
調教師の責任ではない。
管理者の責任だと思う。

日本でも起きうる事件。
鴨川シーワールドシャチのパフォーマンスショー
名古屋港水族館 イルカ・シャチのショー

楽しいショーだが、こんな悲惨な事件を防げる日本にしたい。

[参考]
米シーワールドの女性調教師、シャチに襲われ死亡 | Reuters

米シーワールドの女性調教師、シャチに襲われ死亡
2010年 02月 25日 13:26 JST

[マイアミ 24日 ロイター] 米フロリダ州のテーマパーク「シーワールド」で24日、調教師がシャチに襲われて死亡する事件があった。シーワールドを経営するシーワールド・パークス・アンド・エンターテインメントと警察が明らかにした。

 同社の責任者は「頭をなでていた調教師をシャチがくわえ(水中に)引きずり込んだ」と説明した。

 死亡したのは調教師歴16年の40歳の女性で、事故はシャチショーが始まる直前に起きたという。オレンジ郡保安官のスポークスマンによると、救助隊が駆けつけたときには女性は息を引き取っていた。

 地元紙オーランド・センティネルによると、襲ったシャチは雄の「ティリカム」で、これまでにも2度、調教師および一般人の死亡事故に関与した過去がある。

 一方、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める 人々の会)」は、「防げる死だった」と批判。シーワールドに対しては過去何年も、海洋哺乳動物にとってバスタブほどでしかない大きさの施設に閉じ込めるのをやめるよう訴えてきたと述べた。

© Thomson Reuters 2010 All rights reserved.

CNN.co.jp:フロリダ州「シーワールド」の調教師、シャチに襲われ死亡

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ