フォト

カテゴリー

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.31

aries連続不審死事件は消費者問題 新消費者庁は「結婚紹介業の」実態調査に早期に乗り出すべき!!。

真相が解明されることを深く望みますが、現時点で分かる範囲の結婚詐欺事件という実態からも、マスコミが報じないので一言。

今回の事件は、典型的な消費者問題が背景にあります。

もともと結婚紹介業には、結婚目的でない人物が結婚相談所に登録して問題を引き起こすという「消費者トラブル」がつきません。まじめに結婚を求める人に、結婚するつもりがないのに近づいて、SEXだけを楽しんだり、金銭をせびったりという問題は以前からありました。

インターネット登場以前からこうした問題は消費者トラブルの一つとして、問題になっていました。

これに対し、「結婚紹介業」側は、入会審査を厳しくしたり、問題人物を早期に退会させたりするなどの「自主規制」で対抗し、旧経済産業省は、民間レベルの自主規制の問題と野放しにしてきました。

今回の事件は闇サイトでおきたわけではありません。

届け出業者以外の参入ができなくなった「出会い系サイト規制法」の改正後(2008年改正)も、今回の問題がひきおこされたという、厳然とした事実を重く受け止めるべきです。

インターネットは、もはや自主規制レベルでは解決できない多くの結婚紹介業者の新規参入を許しました。
もはや自主規制では、この問題の解決は無理です。

9月発足の消費者庁は、結婚紹介業の在り方、登録審査の在り方、問題人物のすみやかな退会処分の在り方等に、法の規制を入れるべきです。

出会い系サイト規制法のような警察規制ではもはやこうした問題は解決できません。

いずれも審査が緩いことが、今回の原因を引き起こしています。

東京新聞:連続不審死 結婚サイト20人超接触:社会(TOKYO Web)

連続不審死 結婚サイト20人超接触

東京新聞2009年10月30日 夕刊

 結婚詐欺の疑いで埼玉県警に逮捕された東京都豊島区の無職の女(34)=詐欺罪で起訴=が、インターネットの結婚紹介サイトなどを使って二十人以上の男性と接触していたことが、捜査関係者への取材で分かった。女は少なくとも六人の男性から計約八千万円を得ていたとみられるが、逮捕時に預金口座の残高はほとんどなかったという。

 捜査関係者によると、女は結婚紹介サイトに自分のブログ(日記風サイト)名と同じ名前で登録し、「介護や料理が得意」などとアピール。県警が女のパソコンを解析した結果、二十人以上の男性とやりとりしていたことが分かったという。

 女はサイトを通じて知り合った長野県の五十代の男性と静岡県の四十代の男性から計約三百二十万円を詐取したほか、介護していた千葉県松戸市の男性=当時(70)=から計約七千万円を受け取っていたとされる。

 また、今年五月に自宅の火災で死亡した千葉県野田市の安藤建三さん=同(80)=や、東京都千代田区の会社員大出嘉之さん=当時(41)=から計約六百八十万円を受け取っているとされる。

 女は家賃と駐車場で月約二十数万円かかる東京・池袋のマンションに入居。外車購入や都心のホテルでの飲食などに金を使っていた。県警は女が派手な生活を維持するために男性らから得た金を使い切っていたとみているという。女は男性らから現金を得ると、二、三日後「もう嫌だ」と携帯電話などのメールで突然、別れ話を切り出していたという。

2009.10.28

thunderサイエントロジー フランスで詐欺罪で有罪!!

BBC NEWSの記事を翻訳してみます。

Paris judge ordered the Church's Celebrity Centre and a bookshop to pay a 600,000-euro fine.
パリ裁判所は、サイエントロジーのセレブリティーセンターとブックストアーに60万ユーロの罰金刑を命令。
Alain Rosenberg, the group's head in France, was handed a two-year suspended jail sentence and fined 30,000 euros.Three other leading members of the group were also fined.
フランスサイエントロジーのトップであるアラン・ローゼンバーグに執行猶予付きの禁固2年と3万ユーロの罰金、他の別の3人の指導者のメンバーにもまた罰金が課せられた。


[参考]
LINCBLOGカテゴリー-サイエントロジー

□サイエントロジー信者に詐欺で有罪判決 Page last updated at 13:37 GMT, Tuesday, 27 October 2009
BBC NEWS | Europe | Scientologists convicted of fraud
サイエントロジー教会に罰金刑、組織的詐欺罪で フランス裁判所 写真3枚 国際ニュース : AFPBB News

【10月27日 AFP】

 フランスの裁判所は27日、1990年代に弱い立場にある信者から金銭をだまし取ったとして、新興宗教団体サイエントロジー教会(Church of Scientology)のフランス支部に、組織的詐欺罪で60万ユーロ(約8200万円)の罰金を言い渡した。しかし、フランスで近年改正された法律により、同宗教団体を即座に解散させることができなくなったため、当局高官らは遺憾を表明している。

 罰金を言い渡されたのは、サイエントロジー教会のフランス支部で、パリ(Paris)にあるサイエントロジー・セレブリティーセンター(Scientology Celebrity Centre)と同センターの書店。

 裁判所は、同団体のフランス人指導者、Alain Rosenberg被告にも、同罪で執行猶予2年、3万ユーロ(約410万円)の罰金を言い渡した。同教会フランス支部のパトリック・メゾンヌーブ(Patrick Maisonneuve)弁護士は、控訴する方針を示した。

 サイエントロジー教会は、トム・クルーズ(Tom Cruise)さんやジョン・トラボルタ(John Travolta)さんなどハリウッド・スターも入信していることで知られている。

■法改正で解散命令が見送りに

 パリの検察官は当初、セレブリティーセンターと書店の閉鎖を求めていた。

 しかし前月、裁判所は、ことし5月に議会でほとんど気づかれることなく成立した改正法について気づかされることになる。公判開始の月に成立した同改正法では、判事は詐欺罪で有罪となった組織を解散させることができなくなっていた。

 その後この改正法は撤回されたものの、撤回は遡及的に適応されないため、現在開かれている裁判ではサイエントロジー教会を解散させることができず、そのため裁判所は減刑した判決を余儀なくされることになった。

 今回の裁判は、女性2人の訴えによるもの。1人は、1998年に人間の精神エネルギーを計測できるとする「エレクトロメーター」など、同教会の高価な製品を買わされて2万ユーロをだまし取られたとしており、もう1人は、同じく98年に、同教会の信者だった雇用主にテストを受けさせられ、プログラムに参加するよう強要されたが、拒否すると解雇されたとしていた。(c)AFP/Dorothee Moisan


2009.10.27

sun原告らの請求をいずれも棄却する。-再び、ホームオブハート関連事件で勝訴しました。

2008年12月9日付で、紀藤正樹、私(山口貴士)、ホームオブハートの被害者である山本ゆかりさん、同じく被害者のKさんを被告として損害賠償請求訴訟が提起された事件で、本日、東京地方裁判所527号法廷で判決が出されました。完全勝訴です。

訴訟を提起した原告側は弁護士も当事者も誰も出席しませんでした。敗訴を確信していたのだと思います。その意味で、ホームオブハート側が時効消滅していることが明らかな本件事件をあえて提起したことは、労力・金銭面で、他の関連事件への弁護団の戦力を殺ぐ業務妨害的事件の一貫であり、被害者への口封じ目的の不当訴訟であることは明らかだろうと思います。

なおホームオブハート全事件につき代理人が共通していますが、仮に時効消滅の理由が、訴訟提起遅延という、弁護士の怠慢によるものであるなら、弁護過誤である可能性もあります。

なおこの事件の原告は、2004年4月7日に、トシオフィス及びホームオブハートの施設から栃木県北児童相談所により一時保護された5名の児童(うち、2名は一時保護当時乳児)とその保護者3名の合計8人です。請求金額の合計は1億7000万円にもなります。

請求の理由は、紀藤正樹、山口貴士両弁護士、山本ゆかりさん、Kさんが共謀の上で、児童相談所に対して虚偽の通告を行った上で、5名の児童を「監禁」させたということ等ですが、その動機としては、XJAPANの元ヴォーカリストであるToshiこと出山利三を洗脳から解いてホームオブハートから決別させ、XJAPANに戻し、復活コンサートを武道館で行い、最後はXJAPANのメンバーであるYoshikiと抱き合うというストーリーのドキュメンタリー番組を捏造する、という企画に紀藤正樹、山口貴士、山本ゆかりさん、Kさんが加担し、Toshiこと出山利三を救出するためにメディアを使って騒動を起こし、ホームオブハートを陥れて抹殺するという計画の一環として、虚偽の通告を児童相談所に行ったという荒唐無稽な被害妄想としか言いようがない内容が訴状において臆面もなく語られていました。

まさに「でっちあげ」は、ホームオブハート、Toshiの方です。
このような訴訟に、子供たちを楯にして巻き込む感性が驚きです。彼らの属性をよくあらわしていると思います。

なお先行している東京地裁(平成19年2月26日判決)判決は、次のとおり判断していました。

・判決理由抜粋
 ホームオブハートが癒しの商品やサービスを提供する会社であるかのように装って、悩みをかかえている女性に女性スタッフを接近させ、具体的な悩みの内容とその原因、経歴、家族関係その他の個人情報を聞き出し、被告MASAYA(本名倉渕透)のコンサートなどに参加させた機会に、精神医学や心理学の知識を基礎とする自己啓発セミナーのノウハウを流用して、・・不安を煽り、困惑させて、このような罠にひっかかる女性の出現を待つことを共謀していたものとみるのが相当である。
 そして、このようにして罠にひっかかりセミナーに参加するようになった女性に対しては、さらに、精神医学や心理学の知識を基礎とする自己啓発セミナーのノウハウを流用してマインドコントロールを施し、被告MASAYAの言うことを聞かなかったり、セミナーへの参加を止めたりすると、地獄のようなつらい人生を送ることになると信じ込ませ、猜疑心を持たないようにすべきこと、思考を止めるべきこと並びに所持金が底をつくこと及び借金が返せなくなることに対する恐怖感をなくすべきであることという考え方を刷り込み、被告MASAYAの指示するとおり所持金や借入金を被告ホームオブハートに支払ってくれる人間に改造していったとみるのが相当である。また、このようにマインドコントロールされた状態を維持するために、思考を停止する訓練を継続させ、フィードバックやセラピーにより被告MASAYAの言うことが正しいと思いこませ続けた。
 (このような)目的及び手法をもってマインドコントロールされた状態に照らし意図的に陥れる行為は、社会通念に照らし、許容される余地のない違法行為であることは、明らかである。
 精神医学や心理学の知識を濫用してはならないことは当然のことであって、これらの知識を濫用して他人の心を傷つけることが、およそ血の通った人間のやるようなことではないことは、論をまたないところである。他人に考える余裕や反論する余裕を与えずに、特定の考え方、価値観に基づき集団で長時間一人の相手を罵倒し続けることは、精神的な拷問に等しく、相手の心に深い痛手を永遠に残すことになるのであって、このような行為がおよそ血の通った人間のやるようなことではないことも、また、論をまたないところである。


[参考]
□被害者側
HOHとToshi問題を考えるhttp://homepage1.nifty.com/kito/htp-info.htm
HOHとToshi問題を考える会http://www.htphtp.com/

□ホームオブハート・トシオフィス側
トシオフィスhttp://www.toshi-official.com/
TOSHI with T-EARTH http://www.t-earth-official.com/
歌手 守谷香のサイトhttp://www.wankulove.com/

2009.10.20

impact「信者の個人的な活動」との逃げ口上は許されない!今度は、和歌山県警!統一教会信者2人を逮捕

統一教会和歌山教会にも家宅捜索に入ったということです。

これで一昨年から、沖縄、福岡、新潟、長野、新潟、大阪、警視庁、和歌山(順不同)と強制捜査に入ったことになります。

霊感商法が、全国的組織的に、統一協会の指揮のもと、なされていることが明白です。
つまり統一協会のコメントは、嘘というほかありません。

霊感商法からあがる多額の便益を受けつつ、他方、知らないではすまされません。
「信者が個人的な活動」などと逃げ口上せず、すべての違法収益を被害者に返すのが筋でしょう。


特商法違反容疑:高額な印鑑販売 統一教会信者2人を逮捕 - (2009年10月20日付毎日新聞)

特商法違反容疑:高額な印鑑販売 統一教会信者2人を逮捕

 「家系に悪い運がつきまとっている」などと不安をあおり、高額な印鑑を購入する契約を結ばせたとして、和歌山県警は20日、印鑑などの販売会社「エム・ワン」(和歌山市太田2)の従業員、奥ひとみ容疑者(55)と鹿田三津子容疑者(71)を特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で逮捕した。県警によると、2人は世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者で、県警は統一教会和歌山教会(同市黒田2)を関係先として家宅捜索した。

 逮捕容疑は、昨年3月下旬、「姓名判断をする」として会社員の女性(52)をエム・ワン社内に誘い、「悪い運勢が永遠に続く」「運命を変えるためには印鑑を作ることです」などと数時間にわたって迫り、約110万円の印鑑3本セットを買う契約を結ばせたとされる。奥容疑者は「勧めたが、脅してはいない」、鹿田容疑者は「買わせるつもりはなかった」などと容疑を否認しているという。

 同社は01年2月設立。全国霊感商法対策弁護士連絡会によると、統一教会の信者が関与している全国300社の一つだという。同連絡会事務局長の山口広弁護士は「信者が献金のためにやっている組織的な販売だ。全容解明に期待したい」としている。

 統一教会広報局は「一切の営業活動をしておらず、印鑑販売会社と関係はない。信者が個人的な活動で違法性を問われることのないよう指導を徹底したい」とコメントした。【藤顕一郎】

2009.10.09

thunder注意喚起!!サイエントロジーとXJapanのTOSHI-2009年11月11日加筆あり

サイエントロジーと、裁判で相変わらず不合理な主張を繰り返しているホームオブハートのTOSHIのコラボには正直言って驚きました。

互いの主張が噛み合うのでしょうか?

「WISE経営コンサルタントの資格をもつ、㈱アキノス」と題するホームページ
2009.9.28 弁護士山口貴士 大いに語る-TOSHIと三輪有子とサイエントロジー

ちなみにアキノスの代表取締役は三輪有子氏。WISEとは、「World Institute of Scientology Enterprise」の略です。

つまりWISEは、Scientology(サイエントロジー)の関連団体です。

事実上、宗教団体の主催だときずかず、コンサートに参加する人がいる可能性があり、とても心配です。


[参考]
・このブログ-2008.09.11 サイエントロジー教会、フランスで詐欺容疑で起訴!

ホームオブハートとToshi問題を考える会
なおTOSHIの個人責任を求めている損害賠償事件の判決が、
2009年11月20日金13:10~
東京地裁526号法廷で
言い渡されます(傍聴自由)。
また
2009年11月16日(月)13:30~
同じ東京地裁526号法廷で、TOSHI側が日本テレビを訴えた裁判で、TOSHIが証言する予定となっています(こちらも傍聴自由)。

↓以下2009年11月11日加筆
thunder11月16日の尋問での、TOSHIの出廷は、病気を理由に延期となりました。
また11月20日の判決は、裁判所側の事情で、12月25日午後1時10分と、延期となりました。


2009.10.08

sun速報!ウイニー事件は無罪!

これは速報です。ウィニー事件Winny事件の控訴審判決は、結論、無罪です。


↓以下2009年10月8日午後4時25分追記

阪大法学部の後輩である壇俊光弁護士(Winny弁護団事務局長)が、自身のブログに

Winny事件高裁判決

台風は止んだ。

雨は上がった。

勝った。

初めて判決で涙が流れた。

報告を入れてくれています。

本当に良かったと思います。(o^-^o)


[参考]
・本ブログ内-来週2009年10月8日は、ウィニー事件Winny事件の控訴審判決!!-注目!!

・本ブログ内-カテゴリー「インターネット-ファイル交換ソフト」

・産経新聞-「法に不備」ウィニー開発の金子被告に笑顔 逆転無罪判決 2009.10.8 11:12


 「あいまいな基準で著作権法違反幇助(ほうじょ)の成立を認めれば、技術者が開発自体をできなくなる」。ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発・公開した元東大大学院助手、金子勇被告(39)は一貫してこう主張してきた。ソフトウェア業界も論争に巻き込んだ事件に、2審の大阪高裁が示した判断は無罪。金子被告や弁護団からは笑顔がこぼれた。

 黒のスーツ姿の金子被告は証言台で両手を後ろに組んで裁判長の言い渡しを待った。「原判決を破棄する。被告人は無罪」。裁判長の声が法廷に響くと、傍聴席はどよめき、12人の弁護団のなかには小さくガッツポーズしたり、握手を交わしたりする姿も。金子被告は裁判長に深くお辞儀をして被告人席につき、判決理由に耳を傾けた。

 金子被告は1審公判中の平成15年末ごろ、東大大学院助手を辞職。その後、ネット関連会社の技術顧問に就任し、ウィニーの技術を生かした新たなファイル共有システム作成に携わった。ネットワーク管理と課金システムを組み合わせて著作権侵害の可能性を排除し、商業利用もされている。

 しかし、他のソフト開発は自粛しているという。金子被告は判決前の取材に、「現段階では、何をやったら罪に問われるのかが分からない」と話した。

 実際、ウィニー事件はソフト開発の現場にも大きな影響を与えた。金子被告を支援する技術者によるNPO法人「ソフトウェア技術者連盟」の新井俊一理事長(31)は「ネットの法整備がしっかりしておらず、技術者は手探りするしかない」と指摘する。

 同連盟によると、事件後、コンピューターの性能が飛躍的に向上し、大量のデータを集中管理するため違法なデータの削除が容易な「サーバ型」が主流になった。「YouTube(ユーチューブ)」などの動画投稿サイトが人気を集め、技術者の関心もそちらに向かった。

 一方で、ウィニーのようにパソコン同士で直接データをやりとりする「P2P型」と呼ばれるソフトの開発は、金子被告が立件された影響もあり、敬遠され続けているという。

 判決を傍聴した新井理事長は「著作権侵害という問題点があるソフトは規制されるべきだが、法整備が何もできていない段階で不意打ちで逮捕、起訴されるのはおかしい」と改めて捜査のあり方に苦言を呈した。

 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は「ネット上での技術開発自体に罪があるわけではない。今回の事件は幇助罪で、直接的な著作権法違反ではないので、判決について発言する立場にはない」と中立の立場を貫いた。

Trl0910081009002n1控訴審判決で弁護団とともに大阪地裁に向かうウィニー開発者の金子勇被告(中)=8日午前9時45分、大阪市北区の大阪地方裁判所(甘利慈撮影)

金子勇さんの後ろに、やっぱり背後霊!?のように映っているのが、壇弁護士です(゚ー゚)。
金子勇さんも、お疲れ様でした。
本当に大変だったと思います。

あたら惜しい人材を無為に過ごさせた責任を痛感し、検察官が控訴しないことを強く望みたいと思います。

2009.10.06

新たな水商売!?:薬事法違反:効能うたい水無許可販売 東京の社長、容疑で逮捕

また野島尚武氏です。

ホームオブハートの水商売

摘発された有限会社パラサイトのホームページには、下記のような記載があります。
 記
「医学博士:野島尚武により開発された、自然の鉱石である花崗岩(黒雲母)から硫酸抽出法により多種類の金属元素を液状に抽出したミネラル水溶液(超ミネラル水)を利用して、様々な研究・開発を行っております。」

野島氏は、「野島式超ミネラルですべてのガンは完治する」「驚き!!癌・糖尿・アトピーはミネラル欠乏症 超ミネラルで簡単解決」などという本を出しているくらいですから、今回の摘発は、野島氏の責任(社会的責任、道義的責任)も大きいと思います。


摘発された企業名
■ 社  名   有限会社パラサイト
■ 設  立 昭和62年11月6日
■ 代表取締役 早坂 孝吉
■ 資 本 金 300万円
■ 本  店 千葉市中央区長洲1丁目14番1-314号
■ 事業内容
①多重気相を応用した水産生物の養殖法の指導
②多重気相を応用した養殖・蓄養槽の設計
③ミネラル栄養素の研究及び開発
④ミネラル栄養素を補給する栄養補助食品の販売


薬事法違反:効能うたい水無許可販売 東京の社長、容疑で逮捕 /新潟 - 毎日jp(毎日新聞)

薬事法違反:効能うたい水無許可販売 東京の社長、容疑で逮捕 /新潟

 効能をうたったペットボトル入りの水を医薬品の許可なく店に陳列したとして新潟市の健康食品店経営者が逮捕された事件で、県警生活保安課と江南署は17日、東京都港区芝浦3、栄養補助食品販売会社「パラサイト」社長、早坂孝吉容疑者(60)を薬事法違反(医薬品の無許可販売)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は医薬品の販売許可がないのに、今月7日に同法違反(医薬品の無許可販売目的陳列・貯蔵)容疑で逮捕された長谷川テル容疑者(63)が経営する新潟市中央区京王1の健康食品店「八字屋」に対し、3月中旬、「超ミネラル水『泉力』」と称した500ミリリットル入りペットボトル108本を5万4000円で販売したとしている。ボトルのラベルには「免疫力や自然治癒力の回復強化に役立つ」などと医薬品に相当する表示があった。早坂容疑者は「販売はしたが、医薬品とは思わなかった」と容疑を否認しているという。

 同課によると、パラサイト社は04年ごろから「泉力」の販売を開始。八字屋には05年11月から同ペットボトル1300本を卸し、06年以降、全国数十カ所の販売店に4000本を販売していたという。【畠山哲郎】

[参考]サイト
水商売ワッチング

2009.10.05

eye鳩山内閣メールマガジン

2009年9月18日、首相官邸から、こんなメールが送られて来ました。
ご興味がある方は登録されたらよいと思います。

鳩山内閣メールマガジン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
From: 首相官邸
To:   ○○@○○.ne.jp
Date: Fri, 18 Sep 2009 14:13:26 +0900 (JST)
Subject: 内閣広報室からのお知らせ(2009/09/18)
----

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
       内閣広報室からのお知らせ(2009/09/18)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

○○@○○.ne.jp 様

 このメールは、内閣メールマガジンにご登録いただいているメールアドレ
スに送付しております。

========================================================
 鳩山内閣でもメールマガジンの配信を予定しております。
========================================================

 鳩山内閣が9月16日にスタートしたところですが、国民のみなさんとの
対話を積極的に進めるため、鳩山内閣メールマガジンの配信を予定しており、
みなさんにご愛読いただけるような内容の企画にとりかかっているところで
す。

 継続して内閣メールマガジンの配信を希望される場合は、下記リンク先を
クリックしてください。

https://www.mmz.kantei.go.jp/addPcJa?e=link@k5.dion.ne.jp
(上記アドレスで間違いのない方)

https://www.mmz.kantei.go.jp/addPcJa
(上記アドレスと異なる方)

 なお、再度内閣広報室よりご連絡メールを配信させていただくこともござ
います。あらかじめご了承ください。

====================================================================
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)

2009.10.04

good来週2009年10月8日は、ウィニー事件Winny事件の控訴審判決!!-注目!!

弁護人の壇弁護士が告知しています。

壇弁護士の事務室

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ