フォト

カテゴリー

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.24

デート商法は公序良俗違反:クレジット会社の責任

一審で敗訴していただけに、控訴審判決は画期的です。
岡光民雄裁判官の英断に感謝!!

中日新聞:デート商法、信販会社も責任 名高裁、既払い金返還命じる:社会(CHUNICHI Web)

デート商法、信販会社も責任 名高裁、既払い金返還命じる

2009年2月24日 02時00分

 異性に好意を抱かせて高額商品を契約させるデート商法の被害に遭った三重県の男性(28)が、クレジット契約を結んだ信販会社に対して既に支払った106万円などの返還を求めた訴訟の控訴審判決があり、名古屋高裁は「契約は公序良俗に反し無効」として、会社側に既払い金の返還を命じるとともに原告には未払いのクレジットを拒否できる権利があるとした。

 判決は19日にあり、代理人の弁護士らによると、デート商法で、信販会社に不法行為の責任を認めた判決は初めて。現在でも年間約550件の被害があり、判決が与える影響は大きそうだ。

 判決理由で、岡光民雄裁判長は「女性販売員との交際が実現するような錯覚を抱かせ、契約する不公正な方法の取引で契約は無効」と認定した。その上で、信販会社が販売業者の不相当な販売行為を知っているのに漫然と契約を行ったとして「販売業者の不法行為を助長し、不法行為責任を負う」と結論づけた。

 判決によると、男性は2003年3月、勧誘の電話がきっかけで、レストランで販売員の女性に会った。交際をほのめかすような話をされたり、手を握られたりした上で、指輪の購入を勧められた。さらに、後から来た数人の販売員からも再三勧められて、男性は指輪2点とネックレス1点を購入。総額218万円のクレジット契約を申し込んだ。

 一審・津地裁伊勢支部は、原告側の訴えを退けていた。被告の信販会社は一審時は「ジーシー」(東京)だったが、控訴審では営業譲渡を受けた「GEコンシューマー・ファイナンス」(東京)が訴訟を承継。デート商法で販売業者だった「シェルフィオーレ」は現在、廃業している。

◆画期的で影響多大

 <クレジット被害対策・地方消費者行政充実会議副代表の小野寺友宏弁護士の話> 自己責任を問われてしまいがちなデート商法で、信販会社の責任を認めた判決は聞いたことがなく、画期的。デート商法では信販会社と連携する仕組みがないと成り立たず、今回の判決が同種犯罪に与える影響は大きい。

(中日新聞)

2009.02.23

despair商工ファンド ついに倒産!?

アカデミー賞関連のニュースでめでたいこの日、今度は倒産の速報です。

あのSFCG(旧商工ファンド)が、今日、破たんしたようです。

過払い金請求をしているさなかの破たんで、1990年代から闘ってきた僕としては「ようやく」という嬉しさ反面、現実の過払い金被害者の救済を考えると複雑な気持ちです。

もっともSFCGには、関連会社がたくさんあり、真の倒産と言えるのでしょうか?
調査を尽くす必要がありそうです。

明日債権者集会-pdfファイルがあるそうです。


東京商工リサーチ:倒産情報
帝国データバンク:大型倒産情報

中国新聞ニュース

SFCG、民再法申請 負債総額3380億円 '09/2/23

 商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド)は二十三日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。負債総額は三千三百八十億四千万円(二〇〇八年十月末時点)。帝国データバンクによると、今年最大の負債額という。今後スポンサーを選定し、決まり次第、支援を得て経営再建を進める。

 全国の中小企業などから利息制限法の上限を超える金利の返還請求が相次いだことや、不動産を担保にした中小事業者向け貸し付けが、不動産市況の悪化で焦げ付いたことが響いた。世界的な金融危機で資金調達も難しくなり、自力再建を断念した。

 一九七八年に商工ファンドとして設立。中小企業向けの融資で業績を伸ばしたが、債務者への強引な取り立てに批判が出て、大島健伸おおしま・けんしん社長(当時)が国会に参考人招致されるなど社会問題化した。〇二年にSFCGに社名変更した。

 SFCGは今月二十日、大島社長兼会長が代表権のない会長に退き、小笠原充おがさわら・まこと執行役員副社長が社長に昇格する人事を発表したばかりだった。

 東京証券取引所は二十三日、東証一部のSFCGの上場廃止を決定、二十四日から三月二十三日まで整理銘柄に指定すると発表した。

shineアカデミー賞のタイトルを速報で!アカデミー賞の本体サイト Academy of Motion Picture Arts & Sciences

朝日新聞によると、

【ロサンゼルス=堀内隆】第81回米アカデミー賞の発表・授賞式が22日(日本時間23日)、ハリウッドのコダックシアターであり、滝田洋二郎監督「おくりびと」が外国語映画賞を、加藤久仁生(くにお)監督「つみきのいえ」が短編アニメーション賞を獲得、日本作品のダブル受賞という快挙となった。

とのことです。

 そんなわけで、日本人としては、ちょっと嬉しいので、アカデミー賞のホームページを参考までにアップしておきました。

the 81st Academy Awards | Academy of Motion Picture Arts & Sciences

上記映画の英語名がわかります。

News090123_02

Best animated short film
* “La Maison en Petits Cubes” A Robot Communications Production, Kunio Kato

News090123_02_2

Best foreign language film of the year
*“Departures” (Regent Releasing), A Departures Film Partners Production, Japan

[参考]
Nominees for the 81st Academy Awards | Academy of Motion Picture Arts & Sciences


2009.02.14

wobbly破産申し立て「重大な過失」…石丸幸人弁護士のアディーレ法律事務所に賠償命令

石丸幸人弁護士が代表をつとめる債務整理・借金返済のご相談なら「アディーレ法律事務所」(弁護士法人)に敗訴判決が出たようです。

そもそも

①約2年放置したこと、
②この間の1000万円の大半を支出させたこと、

ということ自体が、事実としてひどすぎます。

依頼者にとって得はありませんし、新たな消費者被害、金儲けが目的と言われても仕方ないと思います。
報道からは詳細はわかりませんが、放置していくら弁護士報酬を得たのでしょう?

東京地裁で「破産法(の運用)を十分に理解してない裁判官」がいるはずもなく、このコメントも無茶苦茶です。
まさに管財人の佃克彦弁護士が言うように、「受任から数カ月で申し立てるのが普通」の実務の運用です。
財産が散逸しないように破産前保全処分もできるのですから当然の帰結です。異常な運用というほかありません。

ちなみに当事務所(リンク総合法律事務所)も、「消費者・一般市民の自己破産、任意整理、民事再生、倒産事件などの債務整理事件,、過払い金請求事件、会社倒産事件」も扱っていますが、

当事務所は、広告宣伝を大々的に行って、事件を集め、結局、事務局任せにしてしまい、依頼者に労力と金銭面の負担を強いて、依頼者が右往左往してしまうような、「自己破産、債務整理事件を大量に引き受ける法律事務所」とは異なります。

安心してご相談ください。→参照リンク総合法律事務所


[参考]
破産申し立て「重大な過失」…石丸弁護士事務所に賠償命令 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

破産申し立て「重大な過失」…石丸弁護士事務所に賠償命令

 東京都内の衣料品会社の破産管財人が、「破産申し立てを引き受けた法律事務所の怠慢で、財産が失われた」として、テレビのコメンテーターとして知られる石丸幸人弁護士(36)が代表を務めるアディーレ法律事務所(東京都豊島区)に、約500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。
Click here to find out more!

 針塚遵裁判官は「事務所は依頼から2年間も破産を申し立てず、重大な過失がある」と述べ、請求全額の賠償を命じた。同事務所は即日控訴した。

 判決によると、同事務所は衣料品会社から2005年12月に引き受けた自己破産の申し立てを2年間行わず、その間に入金があった1000万円の大半を支出させて破産管財人には6万円しか引き継がなかった。

 石丸弁護士は日本テレビ系「行列のできる法律相談所」にも出演したことがあり、事務所は債務整理を専門に扱っている。

 同法律事務所の話「破産法を十分に理解してない裁判官による極めて不合理な判断で、到底許容できない」

(2009年2月14日00時24分 読売新聞)

続きを読む "wobbly破産申し立て「重大な過失」…石丸幸人弁護士のアディーレ法律事務所に賠償命令" »

2009.02.11

new警視庁頑張れ!ついに警視庁が霊感商法店舗の一つ「新生」に家宅捜索に入りました。東京では初摘発ではないかと思います。

警視庁は、先週木曜日(2009年2月5日)のL&Gへの強制捜査、波和二会長らの逮捕の次に、昨日(2009年2月10日)、統一協会が、その信者を駆使して全国的組織的に行っている霊感商法店舗への家宅捜索に入りました。普段から多忙な上に、取材が殺到し、更新が遅れましたm(_ _)mが、重要なことなので、速報であげておきます。

ちなみに朝日新聞の報道では「統一教会関連団体?」とありますが、「?」ではありません。「統一協会」と断定的に報じてほしいと思います。

今回捜索を受けた有限会社新世の本店所在地は、東京都渋谷区渋谷1丁目24番7号 渋谷宮下パークビル601、代表取締役の田中尚樹は、6500双(1988年の合同結婚式参加組)の古参信者です。
僕が所長をつとめるリンク総合法律事務所には多くの相談があります。

警視庁は、この機会に、20年以上にわたり長年放置してきた霊感商法、すなわち「統一協会の組織的悪徳商法」に、抜本的なメスを入れてほしいと思います。

なお最近、統一協会問題で、原稿を書きました。→消費者法ニュース最新号 78号 2009年1月発行
内容
消費者庁設置を求める-統一協会裁判外高額和解報告・・・紀藤 正樹(弁護士[東京])
統一協会の責任を認めた判決の一覧(2008年11月25日時点)
・継続中の霊感商法等訴訟一覧表(2008.9.10現在)
全国霊感商法対策弁護士連絡会がICSAからローズデール賞を受賞した件についてのご報告・・・山口 貴士(弁護士[東京])
申入書(風水総合鑑定フェアについて)・・・全国霊感商法対策弁護士連絡会

ぜひ統一教会の知識を、メディアの皆さんも含め、皆さん、お読みください。


[参考]
朝日新聞:姓名判断で高額印鑑販売容疑 統一教会関連団体?に捜索 - 社会-2009年2月10日12時20分

 姓名鑑定で根拠のないことを言って印鑑を高額で売りつけたとして、警視庁公安部は10日、東京都渋谷区渋谷1丁目、印鑑などの販売会社「新世」の事務所や代表者の自宅など数カ所を特定商取引法違反(不実の告知)の疑いで家宅捜索した。同社は、霊感商法被害対策に取り組む弁護士の団体から、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関係団体と指摘されており、公安部が背後関係を調べている。 公安部によると、新世の販売員の20代と30代の女性2人が07年10月~08年7月、渋谷駅前の路上で50代の女性3人に声をかけ、事務所で姓名鑑定を受けさせ、「よくない運勢が出ている。命がなくなる」などと根拠のないことを言い、それぞれ数十万円で印鑑を販売した疑いがある。 販売員の女性らは、路上で通行人に「いい相が出てますね、詳しく見てあげますよ」などと声をかけ、事務所に連れて行っていたという。 全国霊感商法対策弁護士連絡会によると、新世については、同様の手口による被害相談が04年以降で14件寄せられており、被害総額は843万6千円にのぼるという。

[参考]

続きを読む "new警視庁頑張れ!ついに警視庁が霊感商法店舗の一つ「新生」に家宅捜索に入りました。東京では初摘発ではないかと思います。" »

2009.02.04

航空機内免税品カード詐欺

実は、航空機内では、高空のため、クレジットカードの有効か無効かのオンライン照合ができません。

以前、機内で、クレジットカードを利用した際に僕もきずいていたのですが(もちろん僕のは有効なカードです。)、実際に現状を悪用した事件がおきました。

それにしても機内で140万円とは、機内に積み込まれているほとんどの免税品を買い占めた感じです。
免税品を買いたかった外の客もいたでしょうから、本当に困りものの事件です。


<カード詐欺>機内で悪用、31歳被告に有罪判決 千葉地裁 - 速報 ニュース:@nifty

2009年2月3日(火)20時1分配信 毎日新聞

 国際線の機内販売で無効なクレジットカードを使い、高級腕時計などをだまし取ったとして、詐欺罪に問われた東京都新宿区住吉町、無職、室井健志被告(31)に対し、千葉地裁は3日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。作田寛之裁判官は「機内ではカードの有効性を確認できないことを悪用した犯行。模倣性も高く、悪質」と述べた。

 判決によると、室井被告は08年11月11日から12日にかけ、成田国際空港とホノルルを往復した全日空機内で、紛失届を出して無効だった自分名義のクレジットカードを使い、高級腕時計やブランド品など計約140万円相当を詐取した。

 機内ではカードが有効か調べる機器が使えないが、極端に多い購入額を不審に思った客室乗務員が到着後にカード会社に連絡し不正使用が発覚した。【中川聡子】

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ