フォト

カテゴリー

« angry法律詐欺は許しまじ!! | トップページ | ついに逮捕へ »

2009.01.15

弁護士がブログに相談内容書き込みで業務停止1か月

インターネット上の表現で懲戒となった初のケースではないだろうか?

弁護士がブログに相談内容書き込み、業務停止1か月処分に(読売新聞) - Yahoo!ニュース.

国内 弁護士がブログに相談内容書き込み、業務停止1か月処分に

1月14日22時47分配信 読売新聞

 東京弁護士会は14日、同会所属の遠藤きみ弁護士(66)を業務停止1か月、佐竹修三弁護士(56)を同10か月の懲戒処分にしたと発表した。

 同弁護士会によると、遠藤弁護士は2006年9月、ストーカー被害を訴える女性から相談を受け、相手の男性と面談したが、その後、自分のブログに「本当の被害者は相手男性と言ったほうがよさそう」などと書き込んだ。遠藤弁護士は読売新聞の取材に「実名を挙げたわけではなく、中傷目的でもなかった」と語った。

 一方、佐竹弁護士は依頼者からの預かり金計5300万円を着服や流用するなどしたという。

 このほか、第2東京弁護士会が14日、同会所属の松野允(まこと)弁護士(74)と東松文雄弁護士(59)をいずれも同3か月の懲戒処分にした。発表によると、松野弁護士は弁護士以外の人に法律事務をさせ、東松弁護士は役員に就いていた債権回収会社で、取締役会にはからず多額の借り入れを行うなどしていた。

最終更新:1月14日22時47分
読売新聞

[参考]
ちなみにこちらは損害賠償が認められたケース→■2007.01.06 こんな判例があるんですね。保存ログ「判決2006/09/27.pdf」をダウンロード


« angry法律詐欺は許しまじ!! | トップページ | ついに逮捕へ »

インターネット」カテゴリの記事

コメント

well
弁護士にもいろんな種類が居るということが
よ~くわかりますわよ。
法を司る立場が、私情を挟み男性側を
庇う行為などはもてのほか

また依頼費用を預かりそのお金にお目めが向き
拝借をなんて、、窃盗行為でしょ。
ご自分達の職業がどんなものなのか
初心を忘れるとこんな非常識な言動も
平然と出来るのね。

正樹とは正反対の法律家に恥を知りなさいませと
申し上げたい気分でございます。

この遠藤きみも最低ですが、根拠もないのに
訴訟を吹っかけてくる弁護士もいますね。
司法修習生は裁判の見学実習でよく寝ています。

関連がないようなコメントで申し訳ありません。古いものにつけても見ていただけるかどうかわかりませんので。裁判員制度についてこのブログでは肯定的なようですが、制度としての緻密さで言えば如何かと思います。聴覚障害者の立場からのものですが、障害を理由として裁判員から排除しないと言っているのに、実際はトラバさせていただいたような配慮不足が多すぎます。聴覚障害者には手話と要約筆記で対応すると最高裁は言っていますが、実際に要約筆記を実行した裁判はゼロです。この辺に関心を持っていただきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/43743960

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士がブログに相談内容書き込みで業務停止1か月:

« angry法律詐欺は許しまじ!! | トップページ | ついに逮捕へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ