フォト

カテゴリー

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.29

ふるさと牧場(元ふるさと共済牧場)社長以下6人が起訴!

今日29日、さらに再逮捕されるという。なお余罪が追及されるという。
相田社長の年齢(現在78)から考えて、実刑としては10年以上、もう刑務所から出て来れないだろう。


<和牛商法詐欺>社長ら6人起訴 東京地検(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

<和牛商法詐欺>社長ら6人起訴 東京地検

11月28日19時49分配信 毎日新聞

 和牛商法「ふるさと牧場」(東京都港区)による詐欺事件で、東京地検は28日、社長の相田勇次容疑者(78)ら6人を詐欺罪で起訴した。起訴状などによると、相田被告らは03年8月~07年10月、「和牛のオーナーになれば高配当が得られる」と勧誘して練馬区の無職女性ら8人から計1億9823万円をだまし取った。

 預託金の多くは人件費などに回す自転車操業だったとみられる。ふるさと牧場を巡っては、全国の約1万4000人から約387億円を詐取した疑いがあり、警視庁は29日、相田被告ら6人を別の詐欺容疑で再逮捕する方針。

【三木幸治、武内亮】

2008.11.28

また統一教会員が逮捕!-今度は新潟県警! 「不幸が来る」と購入契約 特商法違反容疑で3人逮捕

■「不幸が来る」と購入契約 特商法違反容疑で3人逮捕 2008.11.27 17:48 産経新聞

「不幸が来る」と購入契約 特商法違反容疑で3人逮捕

 新潟県警江南署などは27日、「不幸が来る」と執拗(しつよう)に言って水晶の購入契約を結ばせたとして特定商取引法違反(威迫・困惑、不備記載書面の交付)の疑いで、新潟市の株式会社「北玄(ほくげん)」社長、横山勝美容疑者(50)=同市西蒲区=と従業員2人を逮捕した。横山容疑者ら3人は「違法な販売はしていない」と容疑を否認しているという。
 調べでは、横山容疑者と従業員1人は6月、会社事務所で新潟市の70代女性に「不幸が降りかかってくる」「水晶を置けば運気が良くなる」と約3時間にわたって水晶の置物2個(計1400万円相当)の購入を迫った上、日付を記載していない書面で契約した疑い。従業員2人は10月、同様の方法で市内の別の60代女性と30万円の数珠の購入契約をした疑い。

2008.11.25

pout北朝鮮と統一教会の親密過ぎる関係にあらためて驚く!

このニュースに驚かされました。

霊感商法という害悪を巻き散らかしている順法意識の欠如した統一教会=統一協会と北朝鮮の親密さに驚いてしまいます。

日本との関係より、統一協会との関係の方が重要なようです。
当該部分に下線をひきました。


北、日本車没収や市場閉鎖など住民統制を大幅強化…韓国紙報道 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

北、日本車没収や市場閉鎖など住民統制を大幅強化…韓国紙報道
特集 北朝鮮情勢

 【ソウル=浅野好春】韓国紙、東亜日報は24日、金正日(キムジョンイル)総書記(66)の健康悪化説が伝えられる北朝鮮で、幹部職員らが所有する日本製自動車を11月20日から没収し始めたほか、2009年から各地の「市場」を閉鎖すると布告するなど、住民統制を大幅に強化していると報じた。
Click here to find out more!

 専門家の間では、総書記に代わって権力をふるう義弟、張成沢(チャンソンテク)・労働党行政部長が、自己の権威を高める目的から、統制を強化しているとの見方が浮上している。

 同紙によると、没収の対象は乗用車や小型バス。北朝鮮で使われる自動車の80%は日本製だが、幹部職員からも容赦なく取り上げているという。理由は不明で、日朝関係の悪化や、北朝鮮に進出した世界基督教統一神霊協会(統一教会)系の「平和自動車」の工場を救済する目的などが考えられるという。

 一方、住民らが集まって日用品や衣料、飲食物を売る市場は、02年に実施された一連の経済対策の一環として登場したものだが、これを閉鎖して01年以前の「農民市場」に戻す。具体的には、取り扱える物品を農民が自宅の空き地などで栽培した農産物に限定し、日用品などはすべて国営商店で委託販売させる計画。

 ただ、自動車没収は07年1月など過去2回にわたり金総書記の指示が出たが、指示を実行する幹部も日本車を使っていたため失敗。また、北朝鮮当局は市場を「資本主義的思考方式」を広める温床と見なし、これまで何度も閉鎖を試みてきたが、いずれも失敗に終わったという。
(2008年11月24日18時41分 読売新聞)

[参考]
■カテゴリー「1980~ 統一教会=統一協会-霊感商法事件」

2008.11.23

annoy石井こうき(石井紘基)事件と元厚生次官ら連続殺傷事件の経過があまりに似過ぎていないか?

 元厚生事務次官ら連続殺傷事件の一報が報道されたとき、マスコミは、前例のない事件と報道していたが、僕は、事件がテロ的な事件であること、犯人は出会い頭に躊躇なく被害者を殺傷していることから、石井こうき代議士殺害事件との近似性を感じざるを得なかった。

Isiiface20024c_2

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 石井こうき代議士殺害事件の時も、政治家は、口々に「テロは民主主義の敵」と口々に叫びながら、国会で、真相を追求したり、同種事件を今後予防するための原因究明のための特別委員会すら作らなかった。

 そして再び同種事件がおきてしまった。

 これで石井こうき事件と同様、犯人がすぐに出頭してしまうと、捜査はそれまでの波状的捜査から、逮捕から23日で起訴する義務が生ずる捜査となるため、事実上、被疑者有罪のための捜査となり、事件の背景や共犯関係、真相への捜査はおざなりになる。その結果は、事件はやぶの中、それは石井こうき事件の2の舞となると危惧していた。

 そして今、やはり予想は的中し、犯人は自ら出頭した。

 今回出頭した犯人と石井こうき事件の犯人像とは重なる。
 犯行はきわめて計画的、ためらいもない。そして

1 警視庁本庁に自ら出頭。
2 土曜日に出頭(警察の非番日なので、事実上23日中、土日の2日が稼げる。)。

 現在、動機を、僕の事務所の所轄警察署でもある麹町警察が、鋭意、捜査中のようだが、

これで

3 義憤(しかし意味不明の)が動機のように装う。
4 単独犯であることを強調。

されれば、事件の真相が藪の中になってしまう可能性がある。

 事件はプロの暗殺犯のように計画的でためらいもないにもかかわらず、意味不明の動機と単独犯の強調は、事件当事者にとっては、感覚的に相容れない。違和感だけが残ってしまう。

 忘れもしない石井こうきさんが2002年10月25日に殺されてから、ちょうど今年が7回忌の年にあたる。しかし刑事裁判を経ても、今だ真相は藪の中である。

 与野党問わずすべての政治家、そして警察に対しては、今回の事件と石井こうき事件、この種の事件を二度と引き起こさないためにも、とにかく背景事情も含め、全容の解明を期待したいと思うし、マスコミも、その場限りの報道ではなく、23日間の限られた中での捜査に陥りがちな警察の捜査に対し、そして口だけで「テロ」反対と説く政治家に対して、その問題点を追求した報道に全力をつとめてもらいたい。

 事件は本当に人事ではない!

Logo1
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


続きを読む "annoy石井こうき(石井紘基)事件と元厚生次官ら連続殺傷事件の経過があまりに似過ぎていないか?" »

2008.11.21

やっぱり!定額給付金詐欺

定額給付金詐欺に注意! : 宮崎 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

定額給付金詐欺に注意!
宮崎市で不審電話5件

 政府の追加景気対策の柱となる「定額給付金」の支給に絡み、宮崎市は19日、市職員をかたって給付金支給名目で口座番号を聞き出そうとする不審な電話を5件確認した。市や県警は、支給を装った新たな振り込め詐欺とみて、注意を促している。(甲斐也智)

 市によると、電話の男は市総務課のミズノやフジタと名乗り、「定額給付金支給に関するはがきを送ったが、手続きがなかったために連絡した」と説明。フリーダイヤル(0120・466・070)を告げて、「定額給付金を振り込むので、口座番号を教えてほしい」などと伝えた。

 市民からの連絡を受けた市の相談員がその番号に電話をかけたところ、「給付課のノノムラ」と名乗る男が対応。「新聞などで給付金を支払うとは書かれていない」などと問い詰めると、この男は市役所の代表番号を案内し、一方的に電話を切ったという。

 今のところ、実際に被害に遭ったとの報告はない。市生活安全課は「定額給付金について、はがきの通知やフリーダイヤルでの案内はしていない。怪しい電話がかかってきたら相談してほしい」としている。問い合わせは市消費生活相談窓口(0985・21・1755)へ。

 総務省も、給付金に絡んだ振り込め詐欺などが発生する恐れがあるとして、ホームページなどで「給付のために手数料などの振り込みを求めることはない」「現時点で、住民の個人情報を照会することは絶対にない」と注意を呼び掛けている。
(2008年11月20日 読売新聞)

2008.11.17

rain警戒情報:定額給付金詐欺に注意!

総額2兆円も国民に支給されるという定額給付金

この定額給付金の配布をめぐり、振り込め詐欺グル-プが暗躍することも必至で、ついに総務省が注意喚起に乗り出した。

定額給付金の給付をよそおった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください。-総務省(重要なお知らせ)

新しい手口として、税金の還付詐欺と同じ手口で、お年寄りの手持ち資金も狙われだろうが、同時に、2兆円の配布をめぐり、配布の取りまとめと称した詐欺グループも暗躍する可能性もある。

いきおい、間違えのない配布方法を取ろうと思えば、配布事務を司る地方自治体が、住民の実情に配慮した住民に優しい配布事務を行うほかないが、そうなると配布事務がかさむことになる。

1人あたりの配給事務の費用が100円かかると見たらそれだけで100億円以上の費用がかかる計算となるが、紙代、印刷代、郵便代だけでなく、労働対価を含めれば、1000円はかかるかもしれない。
そうすると配布事務だけで、1000億円の費用がかかる計算となる。

配布事務を行う地方自治体が嫌がるのも当然の流れだと思う。
そんなわけで、経済効果さえ疑問視される定額給付金。正直言って、費用対効果を考えると、政府は徹底する勇気を持った方がよいと思う。


--------------------------------------------------------------------
定額給付金の給付をよそおった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください。

総務省

 今般、与党において決定された「定額給付金」については、住民の皆様へのご連絡や給付を行う段階ではありません。具体的な給付の方法などが決まり次第、速やかに広報いたします。

 このため、「定額給付金」に関して、

* 市区町村や総務省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動預払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

* ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。

* 市区町村や総務省などが、「定額給付金」の給付のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

* 現時点で、市区町村や総務省などが住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは、絶対にありません。


 ご自宅や職場などに市区町村や総務省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談電話(♯9110))にご連絡ください。


さらに本日総務省等から、こんな発表もありました。
[参考]平成20年11月17日 警察庁 総務省 社団法人電気通信事業者協会発表-振り込め詐欺の被害防止対策の取組みについて


2008.11.09

annoy個室ビデオ店放火事件と宗教団体サント・ダイミ教(=Santo Daime)との関係

2008年10月1日未明におきた、16人が死亡した大阪・難波の個室ビデオ店放火事件にからんで、小川和弘容疑者(46)と、世界中で議論が巻き起こっているサント・ダイミ教(=Santo Daime)との関係が報じられています。

議論の最大の理由は、ダイミ茶の使用です。

ダイミ茶は、南米の植物アヤワスカを煎じたものですが、本来は、当然に違法ドラッグというべきものです。

イタリアでは、2005年3月に薬事法違反で摘発例があります。
フランスでは、アヤワスカ自体が禁止薬物に指定されています。

問題は、薬物について、宗教的利用が許されるか否かですが、
少なくとも、薬理作用で見る幻覚を利用して、安直に、宗教心を高めさせる(要するにマインドコントロールする)ということは、オウムでも見られたところであり、きわめて問題です。

本人に、薬理作用と知らせず、薬物を処方することはなおさら危険であり、人の精神に障害を与える以上、傷害罪にもあたる犯罪というべきです。

私は、薬物の宗教的な利用すべてをだめだと思いませんが、被使用者に、薬理作用の効果について適切な情報を与えず、薬物を処方して神を体験させるというのは、信教の自由の侵害、特に内心の自由を侵害する人権侵害であると考えます。

サント・ダイミ教については、Amazonの

「人類の発祥、神々の叡智、文明の創造、すべての起源は「異次元(スーパーナチュラル)」にあった (単行本)
グラハム ハンコック (著), エハン デラヴィ (著), Graham Hancock (原著), Echan Deravy (原著)」

のカスタマーレビューに、ハンドル名「しんちゃん」がコメントを寄せていますが、まさに薬物利用の実際の現場はこのとおりであり、薬理作用の幻覚作用と超常現象の区別すらつかないコメントが寄せられています。

41kuck61tpl_sl500_aa240_

http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/AJT2AXTJADJDH?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview

good
[参考]
産経新聞記事2008年10月15日記事
サント・ダイミ教のホームページ-但し英文、なんと原文はポルトガル語-読めないので、誰か教えて!happy02
サント・ダイミ教の紹介(Wikipedia)-但し英文でサント・ダミエ教側に偏った情報
■サント・ダイミ教の聖地Ceu do mapia(セウ・ド・マピア)で、YouTubeに、たくさんの紹介映像があります。
■日本語として、YouTubeに、映像ディレクター/プロデューサーのnabe0205さんが、今年9月3日、サント・ダイミ教の聖地Ceu do mapia(セウ・ド・マピア)への訪問ビデオをUPされています。

 ボッカ・ド・アクレからジャングルの中にあるサント・ダイミ教団 の本拠地セウ・ド・マピアを目指す。ボートで途中の集落まで7時間。そこから2年前にできたという悪路40キロほど車に乗り換え4時間。この道はマピアからこの集落までしか通っていない。雨期ならマピアに直接ボートで行くこともあるが、乾期なので水位が低く、車の方が早い。サント・ダイミはジャングルの植物を煮出したアヤワスカという飲料を儀礼で使用する。アヤワスカはアマゾンのシャーマンが古くから使っていたもので、幻覚剤として知られている。これがものすごく不味い。しかも飲むと嘔吐感に襲われ、実際に吐く。なぜこんなものを飲料として発見できたのか不思議だ。カトリック系とされている教団のルーツは今世紀初め、創始者のRaimundo Irineu Serraというゴム採取労働者が地元インディヘナが使っていたアヤワスカを飲み、ジャングルの女神と出会うビジョンを見た事に始まるという。アクレにサント・ダイミのセバスチャン派が入植したのは25年前。今では支部が欧州など世界各地にある。9月3日から17日までここに滞在し4回のセッションを体験した。サント・ダイミについては以下を参照。 http://en.wikipedia.org/wiki/Santo_Daime 人々はジャングルのことをフローレスタ、花園と呼ぶ。マピアも花があふれた場所だった。


--------------------------------------------------------------------------------------

【個室ビデオ店放火】幻覚作用のあるダイミ茶を飲む 小川容疑者が事件半日前

10月15日2時19分配信 産経新聞

【個室ビデオ店放火】幻覚作用のあるダイミ茶を飲む 小川容疑者が事件半日前

拡大写真

(写真:産経新聞)
 大阪市浪速区の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」の放火事件で、殺人容疑などで逮捕された無職、小川和弘容疑者(46)が事件の半日前、奈良県内の宗教施設で南米原産の植物を煮出し、幻覚作用をもたらすお茶を飲んでいたことが14日、わかった。同行した男性は「頭がぼーっとして幻覚をみた」と証言。小川容疑者も服用直後に涙を流したり、叫んだりしたが、施設を離れるときには元の落ち着いた状態に戻っていたという。

【写真で見る】 歯車狂った…小川容疑者の人生

 小川容疑者が飲んだのは、ブラジル発祥の宗教「サント・ダイミ教」の儀式に用いられる「ダイミ茶」で、幻覚作用の持続時間は約2~6時間とされる。

 小川容疑者の場合、服用から犯行までに10時間以上経過し、幻覚作用は消えていたとみられるが、浪速署捜査本部は、小川容疑者の心理状況に何らかの影響を及ぼしていなかったか慎重に調べる方針。

 関係者によると、小川容疑者は9月29日夜、大阪・心斎橋の路上で出会った露天商の男性(43)に「ハーブを飲みに行こう」と誘われ、30日午後1時ごろ、露天商の知人のミュージシャン(32)と3人で奈良県内の宗教関係者(55)宅を訪問した。

 同宅では、宗教のワークショップが開かれ、祈りの後、午後2時と4時の2回、30ccずつダイミ茶を飲んだ。ミュージシャンは「すぐに頭がぼーっとした」「考えていることが別人の声で聞こえた」と幻覚作用があったことを認めた。

 一方、小川容疑者は1回目の服用後は変わった様子を見せなかったが、2回目の後、テーブルの脚にもたれながら涙を流し始めた。さらに願い事を書く紙を渡され、「そんな資格などない」と泣き叫ぶような声を上げたという。

 3人は午後11時ごろに同宅を出たが、ミュージシャンは「そのころには頭ははっきりしていた」と証言。小川容疑者は「こんなに幸せな気分になれたのは初めてです」と宗教関係者に礼を言っていたという。

 3人は近くの駅で別れ、小川容疑者と露天商は電車で難波に向かった。2人はラーメン店で食事後、翌午前1時半ごろにキャッツに入店。小川容疑者が放火したのは同2時55分ごろで、ダイミ茶の服用から約11時間経っていた。

 宗教関係者は産経新聞の取材に「幸せな気分になった後、大阪のどろどろしたところへ行って精神的にがくっときたのではないか。小川容疑者が帰るときにはちゃんと効果は冷めていた」と話している。

     ◇

 小川容疑者が飲用したダイミ茶は、南米のアマゾン川流域に自生するつる状植物アヤワ「スカ」が主原料。煮出して飲むと強い幻覚作用があり、現地では宗教儀式や民間療法に用いられている。

 厚労省によると、アヤワスカからは麻薬取締法で規制されている向精神性成分「ジメチルトリプタミン」(DMT)と、薬事法で規制されている「5メドキシDMT」が検出された例があるという。

 このため、アヤワスカの抽出物を所持すると処罰対象になる可能性もある。ただ、同省は「情報が少なく国内にどれだけ入ってきているのか実態がわからない」としており、事実上野放しの状態になっている。

 一方、小川容疑者らに提供した宗教関係者は「ダイミ茶はブラジルの教団本部から送られてくる。合法か非合法かはよくわからないが、これまでずっと使ってきたし、事件後に警察に提出したが何も言われていない」としている。


-------------------------------------------------------------------------------------
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/185339/より

大阪市浪速区の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」で15人が死亡した放火事件で、殺人などの疑いで逮捕された無職、小川和弘容疑者(46)が事件直前、一緒に入店した露天商の男性(42)と奈良県内の宗教施設に出かけていたことが8日、わかった。2人は深夜に電車で難波に戻り、ビデオ店に入店していたという。

 小川容疑者は衝動的に火を付けた可能性が高まっているが、事件2日前、露天商に「生きる気力が持てた」と話しており、浪速署捜査本部は関係者からの事情聴取を進め、直前に「引き金」になるような出来事がなかったか調べる。

 調べでは、小川容疑者は9月28日夜から29日未明まで、大阪・心斎橋で出会った露天商と、その場に居合わせた無職男性(53)の3人でギョーザ屋で食事するなどして過ごした。29日夜も露天商の占いの仕事を手伝ったという。

 このとき、露天商が小川容疑者に「ハーブに行こうか」と誘い、小川容疑者も承諾。ハーブとは、ハーブティーを飲ませる宗教施設のことで、2人は近くで宿泊した後、30日朝以降、奈良県内の施設に向かった。

 宗教関係者の男性も同行。昼間は施設などで過ごし、深夜に電車で難波に戻ってラーメン店で食事。その後、小川容疑者と露天商の2人が個室ビデオ店に入ったという。

 捜査本部は、30日の小川容疑者の具体的な行動について、宗教関係者の男性から事情を聴くなどして捜査、動機の解明を急いでいる。

続きを読む "annoy個室ビデオ店放火事件と宗教団体サント・ダイミ教(=Santo Daime)との関係" »

2008.11.07

typhoon速報:ついに逮捕!ふるさと牧場(旧ふるさと共済牧場)

 この事件、被害者のお金を返してもらいに、ふるさと牧場本社にアポなしで訪問。
 逮捕された相田勇次と直談判でお金を返してもらったこともあり、今回、摘発までに、10年以上が経過したことに、大変、残念な思いがあります。

 警察や行政の放置という、この事件の経過を見ても、本当に消費者庁の設置と違法収益吐き出し法制の必要性を痛感します。

------------------------------------------------------------------
和牛商法、社長ら逮捕=高配当うたい200億超集金-詐欺容疑で警視庁

11月7日10時52分配信 時事通信

 和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京都港区)が、和牛のオーナーになれば高配当が得られるとうたい、多額の資金を集めたとされる事件で、警視庁生活経済課は7日、詐欺容疑で社長の相田勇次容疑者(78)=港区芝浦=ら6人を逮捕した。
 同社は1995年設立。出資者が購入した子牛の飼育を農家に委託し、育った牛の売却益から配当を支払う仕組みで、「100万円の預託金を出資して黒毛和牛のオーナーになれば、年利10%近い高配当が得られる」などと勧誘。「牛は期間満了時に預託金と同額で買い取る」として元本も保証していた。
 しかし数年前に委託先の農家とトラブルになり、配当も滞るようになった。同社は牧場の実体がなくなった後も出資を募り、配当に回していたとみられ、同課は詐欺の疑いがあると判断した。
 農林水産省によると、同社は全国の約7800人から238億円以上の預託金を集めたが、配当に流用。少なくとも2006年12月以降は配当金も支払っていなかった。 

なお
[参考]
2007.11.29
和牛預託商法-ついに最後に残った二つの共済牧場のうちの1社「ふるさと牧場」が破綻しました。

2008.11.03

poutハワイ・イオンド大学(IOND University)があっという間に敗訴したようです。

裁判は10月13日開始。
判決は10月17日

判決概要が、ハワイ州のホームページにアップされています。
http://hawaii.gov/dcca/areas/ocp/udgi/lawsuits/ionduniversity/

[参考]
2008.09.30・flairハワイでのイオンド大学(IOND University) に対する裁判が10月13日から始まります。日本での刑事裁判の控訴審も、いよいよ10月9日から始まります。

2008.11.02

danger備忘録:MTCI事件

MTCI会長、逮捕
2002年11月26日 01:37 PM 更新

東京地検特捜部と証券取引等監視委員会は11月26日、証券取引法違反の疑いで、ISPのMTCI会長、早川優容疑者を逮捕した

 東京地検特捜部と証券取引等監視委員会は11月26日、証券取引法違反の疑いで、ISPのMTCI会長、早川優容疑者を逮捕した。

 調べでは、早川容疑者は1999年9月、同社の未公開株公募に際し財務内容を優良に装う虚偽の記載をした届出書を関東財務局に提出した疑いがもたれている。

 中堅ISPを運営していたMTCIは1999年10月、1株256万円の未公開株を新聞広告などで公募するなどして注目。同月にはベンチャー投資専門の証券会社「MTCI証券」の設立を発表するなど積極的な展開で知られたが、当時から事業内容には疑問が指摘されていた。現在、MTCIはISP事業を含め実質休眠状態。


「MTCI」見過ごす──金融庁、トーマツを戒告処分
2006年03月30日 20時41分 更新

 

金融庁は3月30日、破たんしたISP「MTCI」などの有価証券報告書の虚偽記載を見過ごしたとして、監査法人トーマツを公認会計士法に基づき戒告処分とした。

 MTCIは1999年、同社の未公開株を公募する際、財務内容を優良に装うため、財務書類に虚偽記載をした。同社会長は2002年11月に証券取引法違反で逮捕され、実刑判決が確定した。

 金融庁は、MTCIの有価証券報告書の重大な虚偽をトーマツが見過ごしたとして処分したほか、MTCIを担当していた会計士2人を業務停止3カ月とした。


トーマツの記者発表
2006.3.30 金融庁による処分について

監査法人トーマツ並びに当監査法人元社員7名は平成18年3月30日付で金融庁より、公認会計士法の規定に基づく処分を受けました。当監査法人は本件を真摯に受けとめ、改めて審理体制、教育研修体制の強化に全力を尽くしてまいる所存です。

当監査法人は、当該案件発生後の平成13年以降に、審理手続・体制の見直しを行い、その充実を図ると共に、不正発見ケーススタディ等の研修を継続的に行う等、信頼性の高い監査の実施に向けて精進を重ねております。

また、当監査法人は監査業務を実施する監査部門と審理等を実施する品質管理部門を独立した部門として機能させておりますが、昨年7月には包括代表社員(CEO)直轄の部門として、レピュテーションリスク担当部門を新設いたしました。同部門では、品質管理部門が実施している審理等のチェック機能が有効に働いているかの監視を行っています。当監査法人は、今後とも、これらの体制を一層強化し、社会的信頼の回復に努めてまいる所存であります。

処分の内容(公認会計士法第34条の21第2項第2号及び30条第3項に基づく)
当監査法人: 戒告。株式会社エムティーシーアイ、株式会社サワコー・コーポレーション、株式会社ナナボシの3件の監査証明に係る審理体制と教育研修体制に関して
業務執行社員: 株式会社エムティーシーアイの監査証明に関して、2名の業務停止3ヵ月
株式会社サワコー・コーポレーションの監査証明に関して、2名の業務停止2ヵ月
株式会社ナナボシの監査証明に関して、2名の業務停止3ヵ月、1名の同1ヵ月

本件に関するお問い合わせ先:監査法人トーマツ 本部広報 Tel 03-3457-1573
当ページに記載の内容は掲載日現在の情報であり、その後情報が変更している可能性があることをご了承ください。


MTCI経営健全化を図る会
-但し、2003年.2月13日以降、更新されていないのが残念。


« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ