フォト

カテゴリー

« 山口県立宇部高校の先輩「中村一好さん」の死に涙! | トップページ | 子どもへのフィルタリングの議論、そして中国の人権問題 »

2008.04.23

来年には消費者庁ができる!

今日の首相官邸から

消費者庁(仮称)の創設に向けて

平成20年4月23日

<6つの基本方針>

1. 消費者の視点から政策全般を監視し、「消費者を主役とする政府の舵取り役」となる消費者庁(仮称)を創設する。消費者庁は、商品・金融などの「取引」、製品・食品などの「安全」、「表示」など、消費者の安全安心に関わる問題を幅広く所管する。

2. 消費者庁を、一元的な窓口機能、企画立案、法執行、勧告などの機能を有する消費者行政全般についての司令塔として位置づける。

3. 消費者に身近な問題を取り扱う法律は、消費者庁に移管することとし、その他の関連法についても、消費者庁が強い勧告権を持つ司令塔として関与できるようにする。また、すき間への対応や被害者救済を視野に入れた新法の検討を進める。

4. 消費者庁の創設と併せて、地方の消費者行政の強化に向けて、地方の窓口の一元化、関連行政機関の情報の集約などを進めるために、法的な措置を含めて抜本的な対策を講ずることとする。
  また、地方分権を基本としつつ、地方の消費者行政の立て直し・強化のために、当面、国が講ずべき支援策のあり方について検討する。

5. 消費者庁の設置に当たっては、行政の肥大化との批判を招かぬよう、法律、権限等を移管する府省から機構・定員を振り替えることを原則とする。また、消費者庁の運営に消費者の意見が直接届く仕組みを検討する。

6. 来年度から消費者庁を発足させることとし、必要な予算等の要求、法律案等の準備を進める。また、消費者庁の円滑な発足のためにも、所要の体制整備を行い、今年度中に前倒しして実施できることは、早急に着手することとする。

<守るべき3原則>

1. 第一は、「国民目線の消費者行政の充実強化は、地方自治そのものであることを忘れてはならない」ということ。
  消費者の声に真摯に耳を傾け、それに丁寧に対応していくということは、地方分権の下で、地方自治体が地域住民に接する姿勢そのものであり、国民目線の消費者行政の推進は、「官」主導の社会から「国民が主役の社会」へと転換していくことでもある。
  霞が関に立派な「消費者庁」ができるだけでは何の意味も無く、地域の現場で消費者、国民本位の行政が行われることにつながるような制度設計をしていかなければならない。

2. 第二は、「消費者庁の創設は、決して行政組織の肥大を招くものであってはならない」ということ。
  消費者の立場に立って強力な指導力を発揮する、機動的で賢い組織作りを目指していただきたい。消費者行政を総合的に取り扱う行政組織を作るということは、むしろ、各省の重複や、時代遅れの組織を整理することにもつながるものでなければならない。

3. 第三は、「新たな消費者行政の体制強化は、消費活動はもちろん、産業活動を活性化するものでなければならない」ということ。
  消費者の利益にかなうことは、企業の成長をもたらし、産業の発展につながるものである。

  今後の消費者行政は、消費者に安全安心を提供すると同時に、ルールの透明性や行政行為の予見可能性を高め、産業界も安心して、新商品や新サービスを提供できるようにしなければならない。

2008年04月23日(水) 11時34分
消費者庁を創設、09年度から…首相が正式に表明(読売新聞)

 福田首相は23日午前、首相官邸で開かれた「消費者行政推進会議」で、消費者行政を一元化する新組織として「消費者庁」を2009年度から創設する考えを正式に表明した。

 同庁は商品・金融などの「取引」や、製品・食品などの「安全」「表示」を中心に所管し、窓口機能、企画立案、法執行、勧告の機能を一元的に担う消費者行政の司令塔とすることを目指す。

 政府は、創設までの手順を示した「基本計画」を6月をめどに閣議決定し、今秋の臨時国会で必要な法整備を行う。

 首相は会議冒頭、「政策全般にわたり、消費者の視点から監視する強力な権限を有する消費者庁を、来年度に発足させる」と述べ、5月末の報告書取りまとめを求めた。そのうえで「消費者庁創設は行政組織の肥大化を招くものであってはならない。各省の重複や時代遅れの組織の整理にもつながるものでなければならない」と強調した。

« 山口県立宇部高校の先輩「中村一好さん」の死に涙! | トップページ | 子どもへのフィルタリングの議論、そして中国の人権問題 »

2008~ 消費者庁」カテゴリの記事

コメント

well
今までの首相では考えもしなかったことを
現首相氏が消費者庁をと動いてくれたことは
市民にもそれらを救済してきた側にも
さらに心強い味方を得たような、、
(^^)// ですよね

来年には消費者庁ができる、、まさに
その指マークね^^:
今までの首相さんには考えも
されなかったことだけに期待もありますわよね
一般消費者の強い味方が又一つ、、みたいな
(^^)//

来年には消費者庁ができる、、まさに
その指マークね^^:
今までの首相さんには考えも
されなかったことだけに期待もありますわよね
一般消費者の強い味方が又一つ、、みたいな
(^^)//

「消費者庁」って仮名でしたの
でも消費者のための庁なのは確かね
国民センターを視察された理由がここに
あったのね。これだけ多くに消費者被害者
が出る以上はあって然りですものね
(^^)//

紀籐先生をはじめ、多くの方々のご苦労のかいあっていよいよ
実が結ばれようとしていますね!
おめでとうございます&ありがとうございます

これは統一協会にだまされた被害者とも関係してくるのかな?
一日も早く国が統一協会に捜査に入ることを祈ります

国民の味方政策
消費者庁、、消費者被害も少なくなりそう
福ちゃんだけに庶民にも福来る
(/^^*))

国民生活センターはどうなるのでしょうか。
たしかな目も廃刊になったし。
(正確には国民生活と統合)

あらら~~続けて投稿スタイルで
ごめんでございます。
ただすばらしい「庁」のご誕生と申したくて
(/^^*)))

でもさ~。
結局、メーカー企業と消費者庁が癒着したら、
意味ないじゃん。
なんだか、手放しでは喜べない・・・。

pekoさんの仰るとおり。
せっかく消費者庁が設立されても、官吏が企業と
癒着、また経産省の天下りの悪弊にならなきゃいいですけどね。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/40973364

この記事へのトラックバック一覧です: 来年には消費者庁ができる!:

» 福田首相が消費者庁創設を明言 [インドア アンテナ]
首相が消費者庁創設を明言、カラー鮮明化で失地回復に狙い 福田首相は23日の消費者行政推進会議で、消費者行政の司令塔となる「消費者庁」を2009年度に創設する方針を表明した。 同会議の結論を待たずに首相が決断した。 内閣支持率が低迷する中、「福田カラー」を鮮明にし、失地回復を図る狙いがあると見られる。政府は6月をめどに創設に向けた「基本計画」を閣議決定し、今秋の臨時国会に内閣府設置法改正案などの関連法案を提出する予定だ。 首相は会議で「政策全般を消費者の視点から監視する強... [続きを読む]

» 消費者庁創設へ [ろーやーずくらぶ]
 政府は、23日に消費者行政推進会議を開催し、「消費者庁(仮称)の創設に向けて」との文書を発表し、勧告権の付与など、「6つの基本方針」と「守られるべき3つの原則」を明らかにしました。中日新聞  他省庁が有する権限の委譲については、4日と8日の2回にわた...... [続きを読む]

« 山口県立宇部高校の先輩「中村一好さん」の死に涙! | トップページ | 子どもへのフィルタリングの議論、そして中国の人権問題 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ