フォト

カテゴリー

« 小学館漫画賞おめでとう。 2008年3月4日加筆 | トップページ | 注意喚起!!霊感商法の被害急増!そして霊感商法事件で過去最高額の和解! »

2008.03.06

消費者被害と公務員の責任:「薬害エイズ最高裁平成20年3月3日決定(通称ひな祭り決定)」

以下は、中村雅人弁護士の受け売りですが、同意見なのでUPします。

「消費者行政機関を統合したりいじってみても、そこに携わる公務員が鈍感や怠慢では、消費者被害は防げません。公務員の鈍感・怠慢は、国家賠償だけでなく、刑事責任にまで及ぶことを明示した最高裁判決が出ました。「消費者庁」議論は、目下、持たすべき機能を中心に議論されています。次に組織形態が議論になります。
しかし、それで終わってはいけません。どういう人に担わせるのがいいか、担うべき人に求められる能力・資質とその選任(解任)方法まで十分検討しておかなければなりません。」

[参考]
薬害エイズ最高裁決定要旨(2008年3月5日 読売新聞)

薬害エイズ最高裁決定要旨

 薬害エイズ事件の最高裁決定の要旨は以下の通り。

 行政指導自体は任意の措置を促すもので、これを行うことが法的に義務づけられるとはいえない。また、薬害発生の防止は第一次的には製薬会社や医師の責任であり、国の監督権限は第二次的、後見的なものであって、これらの措置に関する不作為が公務員の服務上の責任や国の賠償責任を生じさせる場合があるとしても、これを超えて公務員個人の刑事責任を直ちに生じさせるものではない。

 しかし、当時、非加熱製剤にはエイズウイルス(HIV)に汚染されていたものが相当量含まれており、これを使用した場合、HIVに感染してエイズを発症する者が出現し、いったん発症すると有効な治療法がなく、多数の者が死に至る可能性が高いこと自体は予測されていたこと、医師や患者が同製剤がHIVに汚染されたものかどうかを見分けることも不可能だったこと、国が明確な方針を示さなければ引き続き安易な販売や使用が行われる恐れがあり、その取り扱いを製薬会社に委ねれば、その恐れが実現化する具体的な危険が存在していたことなどが認められる。

 このような状況の下では、薬事行政上、その防止に必要かつ十分な措置を採るべき具体的義務が生じたといえるだけでなく、刑事法上も、薬事行政を担当する者には、薬品による危害発生の防止の業務に従事する者としての注意義務が生じたというべきである。

 そして、防止措置の中には、必ずしも法律上の強制監督措置だけではなく、任意の措置を促すことで防止の目的を達成することが合理的に期待できるときは、これを行政指導というかどうかはともかく、そのような措置も含まれるというべきである。

 被告は、厚生省におけるエイズ対策に関して中心的な立場にあり、厚生大臣を補佐して薬品による危害防止という薬事行政を一体的に遂行すべき立場にあったのであるから、必要に応じて他の部局等と協議して所要の措置を採ることを促すことを含め、薬事行政上必要かつ十分な対応を図るべき義務があったことも明らかで、本件被害者の死亡を被告だけの責任に帰すべきとはいえないとしても、被告の責任は免れない。

・判決全文
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=35923&hanreiKbn=01

事件番号 平成17(あ)947
事件名 業務上過失致死被告事件
裁判年月日 平成20年03月03日
法廷名 最高裁判所第二小法廷
裁判種別 決定
結果 棄却
判例集巻・号・頁

原審裁判所名 東京高等裁判所
原審事件番号 平成14(う)1001
原審裁判年月日 平成17年03月25日

判示事項
裁判要旨 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に汚染された非加熱血液製剤を投与された患者がエイズ(後天性免疫不全症候群)を発症して死亡したことにつき,厚生省薬務局生物製剤課長であった者に,薬品による危害発生の防止の業務に従事する者として薬務行政上必要かつ十分な対応を図るべき義務を怠った過失があるとして,業務上過失致死罪の成立が認められた事例

« 小学館漫画賞おめでとう。 2008年3月4日加筆 | トップページ | 注意喚起!!霊感商法の被害急増!そして霊感商法事件で過去最高額の和解! »

2008~ 消費者庁」カテゴリの記事

コメント

公務員になれたらそこで一生生活の安定は
約束されたものと安心しきって消費者目線者が
少ないのは確かにありますものね

警察もサラリーマン化しているとか言われるそうですが
自分の職種に対しての真剣度は徐々に薄れ
その結果市民が被害に遭うのはおかしいのは
確かですものね

仕事に対する姿勢や情熱さに欠けているとも
いえそうね。そういう人に限っていざ自分が被害に
遭えば、、自分のことを棚に上げて
行政を批判するかもね(¬¬)

行政官の責務放棄に対する
刑事責任が明治以来と言っても
いいんでしょうか…ようやく判例
となりましたね。

どれほどの犠牲の上に
成立したのか…気が遠くなるようです。
「怠慢の罪」が特定されて
良かったです。

本省の課長といったら
大企業の社長を呼びつける
立場でしょ。

公衆衛生の最高レベルの責任者
として責任を取るのは当然ですよ。

神仏をauctionに
たく、罰当たりがいますね。

落札は日本の大手デパート?
経常利益はマイナスでしょ。
顧客の要望とか、ホントかな。

裏は取れてないけど
仏教系の宗教団体という話もあります。
「本尊」にでもするのかしら。
Oh, my Godな話で。

ホントなら問題でしょ?

紀藤先生はじめまして。
先生のブログは、すっかり活字離れしてしまっている私なんかでも
分かりやすく、大変勉強になります。毎日自分の事で精一杯になって、
すぐ側で起きている大切な事、他人事の様にいっぱい無視していたんだなぁと反省。これからも先生のご活躍期待しています!happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/40389829

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者被害と公務員の責任:「薬害エイズ最高裁平成20年3月3日決定(通称ひな祭り決定)」:

« 小学館漫画賞おめでとう。 2008年3月4日加筆 | トップページ | 注意喚起!!霊感商法の被害急増!そして霊感商法事件で過去最高額の和解! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ