フォト

カテゴリー

« ついに統一協会の行う元祖霊感商法が摘発!! そして統一協会関連団体に対する家宅捜索(:2008年2月19日更新) | トップページ | sun速報!無罪判決が出ました。加筆第1稿第2稿2008年3月1日 »

2008.02.19

たった2年で、HD DVD事業からの撤退を発表した東芝の不誠実 2008年3月1日加筆

東芝の今回の対応は、雌雄が決した後も20年以上も売り続けたソニーのベータ方式のビデオデッキのケースや、PHSの廃止にあたって、携帯電話機の買い替えを無料にしたNTTドコモのケースに比較しても、消費者に、とても冷たいと思います。

しかもここで「消費者」というのは、東芝ユーザーないし東芝ファンであることを、東芝は見逃していると思います。
せっかくの東芝ユーザーに冷たくする企業とは、いかがなものかと思います。

東芝が、自社製のブルーレイ(ないし、まったく新しい映像配信サービス)を発売・開始する際には、割引してでも、ユーザーサービスをしてもよいのでは、というのが僕の意見です。

その方が、東芝にとっても、東芝ファンを自社製品に囲い込めて、企業戦略としても、得策だと思うのですが、いかがでしょうか?


one東芝のHD-DVDの場合

HD DVD事業の終息について

2008年2月19日

 当社は、これまでHD DVD規格に基づいたプレーヤー及びレコーダーのグローバルな事業を展開してまいりましたが、本年初頭の大幅な事業環境の変化に際し、今後の事業戦略を総合的に検討した結果、同事業を終息することを決定いたしました。

 HDDVD規格は、200社以上の国際企業から構成されるDVDフォーラムで現行DVDを継承する次世代DVD規格として策定され、現行DVDとの高い互換性や、ネットワーク接続機能などの先進性を備えた国際規格であり、当社は事業推進に鋭意取り組んでまいりました。しかしながら、異なる規格が併存することによる、いわゆる次世代DVD議論の長期化による当社の事業への影響はもとより、消費者の皆様をはじめとする市場における影響に鑑みて、早期に当社の姿勢を明確にすることが重要と判断し、今回の決定に至ったものです。

 本決定により、HDDVDプレーヤー及びレコーダーは、今後の新商品の開発、生産は中止するとともに、今後、当社からの流通チャネルに対する製品の出荷は縮小し、本年3月末を目処に当社の事業を終息する予定です。当社商品をご愛用いただいている全世界のユーザーの皆様に対しては、安心してお使いいただくために、商品に関するサポート及びアフターサービスは今後も継続します。

 また、PC、ゲームなど向けのHD DVDドライブについても顧客企業の需要に配慮しつつ、同様に量産を終了することを決定しました。

 なお、現行のDVDプレーヤー及びレコーダーについては、従来どおり事業を継続してまいります。

 HD DVDドライブ搭載の当社製ノートPCについては、今後の市場ニーズを踏まえて、PC事業全体の中での位置づけを検討してまいります。

 今後は、市場動向を見極めながら、当社が持つ半導体のNAND型フラッシュメモリや大容量で小型のHDD等のストレージ技術や、次世代CPU、画像処理、ワイヤレス技術、暗号処理技術などを最大限に生かし、新たなデジタルコンバージェンス時代に適した次世代映像事業の中長期的な新戦略を再構築してまいります。
 なお、当社は今後も消費者、及び産業界にとって最適な光ディスク規格を議論・策定する団体であるDVDフォーラムのメンバーとして、DVD業界の発展に貢献していきたいと考えています。

 HDDVD市場の立ち上げに協力して取り組んできたユニバーサル・スタジオ、パラマウント・ピクチャーズ、ドリームワークス・アニメーションや国内外の映像コンテンツ各社、マイクロソフト、インテル、HPなどIT産業を代表するパートナー企業とは、今後も良好な協力関係を継続し、HDDVDの開発で培った様々な技術を活用しながら、今後も様々なビジネス機会での協業の可能性を検討していく予定です。

HD DVDプレーヤー・レコーダーに関するお問い合わせ先

東芝HD DVDインフォメーションセンター

* フリーダイヤル(一般回線からのご利用)
0120-13-1353
* ナビダイヤル(携帯電話からのご利用、通話料は有料となります)
0570-00-1353
* 受付期間
月曜日から土曜日 10:00~20:00(当社指定休業日は除く)
日曜日・祝日   10:00~16:00

twoソニーのベータの場合

2002年8月27日  
ソニー株式会社  

ソニーベータマックスVTRをご愛用のお客様へ

 ソニー株式会社はこれまで、EDベータ・ビデオデッキ EDV-9000、およびハイバンド・ベータハイファイビデオデッキSL-200Dの生産を継続して参りましたが、今後、約2,000台(両機種合計)の生産をもって終了する予定です。

デジタル機器などの新たな録画手段が市場に定着する中、需要は減少を続け、また専用部品の入手も困難となってきたため、生産の終了を決定致しました。

1975年5月に第1号機を発売以来、当社製ベータマックスVTRは日本国内で累計約400万台(全世界で累計約1,800万台)が生産され、多くのお客様にご愛用いただいて参りました。
ここに改めて、厚く御礼申し上げます。

なお、ベータマックス機器の修理、およびテープ生産については、当面継続して参ります。また、このたび下記の通り、「ソニーベータマックスご相談センター」を新たに開設致しました。ベータマックスに関するお客様からのお問い合わせを受け付けて参ります。

お問い合わせ窓口: ソニーベータマックスご相談センター
専用フリーダイヤル: 0120-53-4735
   (携帯、PHSからもご利用いただけます。)
受付時間: 月曜日~金曜日    午前9時~午後8時
        土曜日・日曜日・祝日 午前9時~午後5時

threeNTTドコモのPHSの場合

重要なお知らせ

2008年1月8日

PHSサービス終了のお知らせ

 平素はNTTドコモグループ(以下、ドコモ)のサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 ドコモでは、2008年1月7日をもちまして、「PHSサービス」を終了させていただきました。

 長い間ご愛顧賜り、誠にありがとうございました。

 ドコモは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

注意 弊社PHSサービス終了に伴い、携帯電話や一般電話などから、旧弊社PHS電話番号におかけいただいた場合には、以下のアナウンスが流れます。

【アナウンス内容】
「お客様のおかけになった電話番号は現在使われておりません。番号をお確かめになってもう一度おかけ直しください。」
注意 着信側が、これまでと同様のPHS電話番号にて他社PHSサービスをご契約されている場合には他社PHSサービスへの接続となります。

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
DoCoMoインフォメーションセンター
受付時間:午前9時~午後8時
ドコモの携帯電話からの場合 151
一般電話からの場合 (フリーダイヤル)0120-800-000

fourNTTドコモの2007年8月6日(2007年12月11日更新)の記者発表-ドコモPHSサービスをご利用中のお客様へ

・発表内容抜粋


<ドコモの携帯電話へのご変更特典について>

070806_img01_2

DVD規格ブルーレイ勝利 東芝撤退に紀藤弁護士苦言


DVD規格ブルーレイ勝利 東芝撤退に紀藤弁護士苦言

2008年2月20日 17時00分

 ソニー・松下等の「ブルーレイ・ディスク」陣営が勝利し、決着したと言える次世代DVD規格戦争。東芝は、19日に「HD-DVD」事業からの撤退を記者会見で報告し、事実上の敗北宣言を行った。この争いは、ビデオテープ規格の覇権を争った「VHS vs ベータ」を彷彿させるものだった。

 東芝の「生産中止、出荷縮小、3月末に事業終了。ただしアフターサービスは行う」という発表に対し、弁護士の紀藤正樹氏(47)が「不誠実」と自身の日記で指摘した。

 紀藤氏は事実上の敗北が決まったにもかかわらず、20年以上も売られたソニーのベータ方式のビデオデッキや、PHSを廃止するにあたって携帯電話機の買い替えを無料にしたNTTドコモを引き合いに出し、東芝の発表について「消費者に、とても冷たいと思います」、「せっかくの東芝ユーザーに冷たくする企業とは、いかがなものかと思います」と書いている。

 だが、こうなった以上は、自社製のブルーレイを発売する際は、割引してでもユーザーサービスをすることでユーザーの囲い込みに繋がるのでは? と提案している。

« ついに統一協会の行う元祖霊感商法が摘発!! そして統一協会関連団体に対する家宅捜索(:2008年2月19日更新) | トップページ | sun速報!無罪判決が出ました。加筆第1稿第2稿2008年3月1日 »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

各社競争が激しいということは?
それだけ利用者の数も多いということに
つながりますものね。東芝,ソニー,ドコモ。
一流企業範囲でもあり。

東芝と言えば…クレーマー事件!!!!!

熾烈な、熾烈なBlue-ray/HD DVD war
仰せのように消費者のcareは
忘れられています。

世界市場・標準規格を日本企業が
設定できるという快感はありますがネ。

英字新聞ではいずれもabandon
となっていました。
辞書では「計画を中止する」は、
はるか第五語義でして、
第一語義は「見捨てる」です。

皮肉がこめられていました。(苦笑)

HDDVDの件ですが、先生の言われている通りだと思います。
アメリカであれば、東芝を訴えるのが普通ではないでしょうか?
東芝撤退のニュースの日経の記事を読んでいましたら、「販売店の返品は受け付けるが、購入者の返品には対応しない」との内容がありました!
これほど、消費者を無視した会社があってよいのでしょうか?
消費者不在の企業精神は(儲け主義の会社)、昨年来の偽装問題と同じ根幹の考え方ではないでしょうか?
東芝だけではなく、パナソニックの今後の対応も気になります。
「HDDVDを買った消費者がバカだ」と考えるのではなく、消費者保護の観点に立って、東芝の対応問題、パナソニックの今後の対応には充分注意してみていくことが必要ではないでしょうか?
企業姿勢を変えていただくためにも、被害者の会で集団訴訟も考えても良いのではないでしょうか?

HDDVDの件ですが、先生の言われている通りだと思います。
アメリカであれば、東芝を訴えるのが普通ではないでしょうか?
東芝撤退のニュースの日経の記事を読んでいましたら、「販売店の返品は受け付けるが、購入者の返品には対応しない」との内容がありました!
これほど、消費者を無視した会社があってよいのでしょうか?
消費者不在の企業精神は(儲け主義の会社)、昨年来の偽装問題と同じ根幹の考え方ではないでしょうか?
東芝だけではなく、パナソニックの今後の対応も気になります。
「HDDVDを買った消費者がバカだ」と考えるのではなく、消費者保護の観点に立って、東芝の対応問題、パナソニックの今後の対応には充分注意してみていくことが必要ではないでしょうか?
企業姿勢を変えていただくためにも、被害者の会で集団訴訟も考えても良いのではないでしょうか?

私はドコモのPHSユーザでしたが、決してドコモの対応が誠実であったといまでも思っていません!いいもの扱いするのはいかがなものかと・・・東芝のDVDは良く分かりませんが。

東芝さんもそんなに余裕ないんですよ、、、
確か自社ビル売却してましたよね?

"安心してお使いいただくために、商品に関するサポート及びアフターサービスは今後も継続します。"
この言葉を信じたいですね。頑張れ~ 東芝!!


東芝の対応は自社の損得勘定だけを考えた対応であり、顧客の事など全く考えていませんネ。

私はベータの愛好者で今でも3台所有し、大事に使用しています(通常の録画・再生はVHS若しくはDVD)。

最終生産案内の際も1台購入しました。ソニーはVHS転向後も利益を度外視し、十数年に亘りベーターを販売し続けましたし、いまだに故障・修理に対応してくれています。

私の学生時代(1965年)に購入したラジオ(ICF-110D)の修理も、サービスマンから「これが最後の修理ですよ。」と言われながらも4~5年おきに一度ドック入りです。

今回の東芝の対応は全く納得がゆかないし、ユーザーを馬鹿にしています。正に利益至上主義であり、HD-DVDの旗振りであった企業としての、責任の取り方を取り間違えているのではないでしょうか!
この様な対応をしていると、折角高い技術力を持つ東芝製品を買わないユーザーが増えるのではないかと危惧します。

Feb/19にてアメリカのTVでも
この話題が放送されていましたの
日本製品は人気ですからね。
司会者が同じことを申してたのが
印象に残りまして、、、。

消費者政策の最先端を走っている紀藤さんにしてはかな~り浅い内容ではありませんか?

>東芝ユーザーないし東芝ファンであることを、東芝は見逃していると思います。
少なからずのこの件で日本国内のユーザにはBD側に今後東芝が手を貸してくれること
そして権利問題でがんじがらめのデジタル放送録画問題がフェアユースに向けた緩和に向かうこと
この二点の方を強く望んでいる連中が少なくありません。

ベータやPHS云々話が出ていますが、規格の歴史上あまり比べるべくはないでしょう。
ベータのサポートが継続しているのは放送業務用カメラに副産物的な要素も強く、件のベータの宣言前でも
バブル期に発売されたソニーの製品群は、21世紀に突入した時点からすでに修理を喜んで受け付けてもらえる
状況にはありませんでした。

早速ですが、直近に松下電器が発売した機種では廉価型ではあるものの、初期型Blu-rayメディアの対応を
早速外しています。むしろ、消費者保護的には初期型Blu-rayデッキと現行機種は事実上似て非なるものです。
むしろそうしたBlu-ray側ユーザの少なくない犠牲もあったことは見捨てるべきではないでしょう。
同じく、ソニーにも初期型PS3がどこまでBlu-rayメディアの規格拡張にどの程度まで追従できるのか、
最近発売した廉価版PS3と共にユーザの一部から不安の声も挙がっています。
消費者本位というならば、こうした部分のサポートも勝者の責任としてBlu-ray陣営に課せられるはずですが、
勝者の奢りが早速垣間見られるような気がしてなりません。
そして、法曹関係者であるならば、HDDVD陣営がBlu-ray陣営に鞍替えするに当たって、ペナルティを意図した
取引条件を提示することの無いよう、即ち独占禁止法に抵触することが無いよう監視する、ということも
声を大にして取り上げていただきたい。

そもそも初期型製品というのはベータ戦争の直後から一定の免責条件を加味した上で購入せねばならないと
いうのは、数ある規格が乱立した中で消費者もすでに学習しているものです。
小泉劇場的な15秒コメントレベルのブログネタならエントリとしての意味はないでしょう。
むしろこういうネタ振りを故意にすることでタダで情報を集めようとする意図なら邪魔はしませんが。

興味あると思ったですが、

http://www.youtube.com/watch?v=CTdtoRM0CyQ

どうぞ。

アスコムが業務を停止している模様です。
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080222/21302
カルト宗教の本を入手したいなら急いだ方が良い鴨。

この問題の最大の理由には
アメリカという巨大国の大手安売り企業が
Tosshiba製品の待ったをかけその影響に
不安を感じたとアメリカのニュースにありましたの
巨大国での売上は企業も揺るがすですかね

今回の件で、HD DVDソフトメーカーはどうなるんだろうと思ってます。
ひょっとしたら東芝に莫大な損害賠償がいかないともいえません。
東芝は昔からそうですが、消費者や社会を甘く見てる社風が根強いです。
かくいう私もA600のユーザーですが、先日ヨドバシカメラに行った時に
東芝の営業の方がおられたのでちょっと話してましたが、「出来る」「出来ない」の話だけで
「何で」と聞いても答えが返ってこない。
A600年末に買ったというと「(HD DVDが駄目だという)雰囲気がありましたからねぇ~」
とまるで100%選んだあんたが悪いといわんばかりでした。

日本人は「言わないのが美徳」の気質をを逆手にとっての今回の
発表だと思います。

西田社長のあの発表の仕方は落第点でしょう・・・

パナソニックにHDDの件を問い合わせました。
完全に問題を誤魔化されました。消費者はいつも弱い立場ですね。
以下、本文。

松下電器お客様ご相談センターの○○と申します。
○○をご購入いただきまして誠にありがとうございます。
また、このたびは○○で、ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。

ご購入いただきました○○につきまして、下記のとおり
ご回答申し上げます。

○○は、ブルーレイに対応しておりませんが、○○で録画
されたDVDディスクを引き続き、弊社のブルーレイレコーダーで再生が
可能でございます。
恐れ入りますが、弊社では商品交換の対応をおこなっておりません
ことをなにとぞご理解、ご了承ください。

お問い合わせのとおり、東芝社がHD DVDから撤退するとの報道がされて
おりますが、従来のDVDがなくなることではございません。
HD DVDは、ブルーレイと規格競争をしておりました、次世代DVDレコーダー
の一つの規格です。
HD DVDとブルーレイは、どちらもデジタル放送のハイビジョン放送を、
そのままの画質と音質でディスクに保存できることが特長となっており、
弊社ではブルーレイを推進しております。

HD DVDが終息したとしましても、○○など、弊社DVDレコーダーをお使いいただいているお客様への影響はございませんので、ご安心ください。

皆さんいかが思いますか?

>とまるで100%選んだあんたが悪いといわんばかりでした。

でも、電化製品は世代(時代)や消費者のニーズとともに変化し続けてるものなので、『どの時点で購入するか』は、やはり自己責任なのではないでしょうか?

昨日Toshiba製品を優先的に取り扱う
大手電気店へ行ってまいりましたの
確かにToshiba製品はアメリカ人にも
人気なのが一目瞭然でして

張り紙がしてあり
こんな事情でToshiba製品は一部取り除くとあり
店員さんにお話を伺ったら、うちも今回の決定での
打撃は間違えなしと申してました。
^^:

●香港スター,エディソン・チャン(陳冠希)わ いせつ写真流 出事件まとめ【画 像・動 画】
怒号のS E×ムービー!!

http://chinastar-maniac.blogspot.com/

引退を余儀なくされた大スターの驚くべき痴 態を一挙公開!!

http://chinastar-maniac.blogspot.com/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/40187703

この記事へのトラックバック一覧です: たった2年で、HD DVD事業からの撤退を発表した東芝の不誠実 2008年3月1日加筆:

« ついに統一協会の行う元祖霊感商法が摘発!! そして統一協会関連団体に対する家宅捜索(:2008年2月19日更新) | トップページ | sun速報!無罪判決が出ました。加筆第1稿第2稿2008年3月1日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ