フォト

カテゴリー

« 福田総理が国民生活センターを視察した! | トップページ | おなかがすいた(^^)-備忘録 »

2007.11.13

また弁護士が逮捕!今度は4大法律事務所の元弁護士

コミニカ:社長と元顧問弁護士を脱税容疑で逮捕 - 毎日jp(毎日新聞 2007年11月12日 20時02分 (最終更新時間 11月12日 20時52分)
)

逮捕されたのは、竹原隆信(49)容疑者。元西村ときわ法律事務所(現西村あさひ法律事務所)のパートナー弁護士で、ニューヨーク州弁護士の肩書きを持つ人物です。

竹原容疑者は、日経シンポジウム「法化社会の企業責任」などで、講演していたのに・・・・・・・

同講演の趣旨

 原則禁止から原則自由、事前規制から事後チェックへとカジを切った日本の経済社会。それはルールがより重い意味を持つ「法化社会」の到来を意味します。
 コンプライアンスの語源complyはcomplete(完全な)とsupply(供給する)の合成語で「従うことによって完全なものを提供する」が本来の意味です。つまり、企業には社会の公器として、社会の期待や要請に真摯に応えるという、法律に上乗せした行動規範をとることが求められているはずです。
 本シンポジウムでは、スピード経営と自由競争の名のもと、常にぎりぎりの判断を迫られる企業経営において「社会の期待に応える」にはどうすればよいか議論を深めながら、起こりうる企業不正への備えと対策の途を探ります。

とても残念です。

ちなみに竹原隆信(49)容疑者が、パートナーとして所属していた法律事務所は、現在、西村あさひ法律事務所として、国内最大の法律事務所となり、4大法律事務所の一つとして数えられています。

当然に同法律事務所の社会的責任も感じますが、現時点で、なんらの発表も、同事務所のサイトではしていません。

企業に、コンプライアンスを説く法律事務所である以上、また300人以上の弁護士を要する法律事務所として、社会的責任は企業と同等、あるいはそれ以上に負うと思われますから、いいことばっかり書かずに、今回の問題について、どうして生じたのかも含めて、正式な発表も、サイト上等で、すべきだろうと思います。
それこそ、コンプライアンスではないでしょうか?


[参考]リンク
<法律事務所>企業向けの大型化進む 上位4所は200人超(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

<法律事務所>企業向けの大型化進む 上位4所は200人超

10月30日20時21分配信 毎日新聞

 企業向け業務を行う法律事務所の大型化が進んでいる。上位4事務所の所属弁護士数はそれぞれ200人を超え、5年前の数十人規模から大きく拡大した。M&A(企業の合併・買収)など法律知識を要する企業間の取引は急増しており、法律事務所も多数の専門家をそろえてサービスのスピードと総合性を競い合う時代に入ったといえそうだ。

 最大手の西村あさひ法律事務所は今年7月、4大事務所の「西村ときわ」と、6位の「あさひ」の一部が統合して発足した。所属弁護士数は351人(16日現在)に達し、国内で初めて300人を超えた。4大事務所は00年以降すべて統合を経験し、この間、所属弁護士数はいずれも3倍以上に膨らんだ。

 大型化が進んだのは、企業が弁護士の助言を必要とする機会が増えたためだ。06年に件数が過去最高に達したM&Aの場合、法律事務所には合併相手が持つ契約や内規が適法かどうかの分析や、合意文書内容についての助言などが求められる。金融商品取引法など新たな法令への対応や、自社の法令順守体制の点検など依頼内容も多様化しており、「限られた期間で答えを出すには5~20人のチームが必要。専門性を持った人材を確保する必要もあり、どうしても人数が必要になる」(アンダーソン・毛利・友常)という。

 ただ大型化には課題もある。依頼が4大事務所に集まる傾向が強まり、「競合する複数企業から依頼が来るなど、『利益相反』が疑われるケースが増えた」(M&Aに詳しい弁護士)。弁護士事務所の運営はパートナーと呼ばれるベテラン弁護士が行うが、「人数が増えることで調整が難しくなっている面はある」(西村あさひ)といい、利益相反についての審査委員会を設けるなど、内部管理体制の強化を急いでいる。

 米国では、1000人を超える大手法律事務所が一般的で、中国、韓国でも400人超の事務所がある。西村あさひの小杉晃執行パートナーは「企業が行政指導でなく、法律や契約に基づいて行動する社会に日本も変化しており、法律事務所の大型化は必然的な流れだ。数年後には500人まで増やしたい」と話す。【坂井隆之】


コミニカ:社長と元顧問弁護士を脱税容疑で逮捕 - 毎日jp(毎日新聞 2007年11月12日 20時02分 (最終更新時間 11月12日 20時52分)
)

コミニカ:社長と元顧問弁護士を脱税容疑で逮捕

 東京地検特捜部は12日、精密フィギュアメーカー「コミニカ」(東京都新宿区)の社長、大久保恭子(52)と元顧問弁護士、竹原隆信(49)の両容疑者を法人税法違反(脱税)容疑で逮捕した。調べでは、両容疑者は商品仕入れ額を水増し計上するなどの方法で、05年2月期まで3年間の所得約1億9800万円を隠し、法人税約5700万円を免れた疑い。

 コミニカはアニメキャラクターを立体像化する精密フィギュアの草分け的な存在。スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」「もののけ姫」「となりのトトロ」などのフィギュアやアクセサリー販売で知られる。信用調査会社によると、同社は85年に設立され、過去数年間は毎年2億5000万~4億7000万円程度の売り上げがあった。

 竹原容疑者は元検事で、87年の退官まで横浜地検などで勤務した。その後は弁護士登録し、東京都内の大手法律事務所に所属していたが、今年8月に登録を抹消した。竹原容疑者は大久保容疑者と事実婚関係にあり、隠した所得を自分の口座などに入金して管理していたという。【田村彰子】

毎日新聞 2007年11月12日 20時02分 (最終更新時間 11月12日 20時52分)

« 福田総理が国民生活センターを視察した! | トップページ | おなかがすいた(^^)-備忘録 »

司法」カテゴリの記事

コメント

そういえば、真田もと弁護士はいまどうしているんでしょうか。

こんばんわ!最近、近未来通信詐欺事件の報道を見なくなりましたが、どうなったのでしょうか?被害者で自殺した人もいるらしいような記事も読みました。私は被害にはあいませんでしたが、自宅に知り合いが勧誘しに来た事がありました。許せない事件なのでたまにはここで取り上げてください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/17059730

この記事へのトラックバック一覧です: また弁護士が逮捕!今度は4大法律事務所の元弁護士:

« 福田総理が国民生活センターを視察した! | トップページ | おなかがすいた(^^)-備忘録 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ