フォト

カテゴリー

« 紀藤が漫画でとりあげられる! | トップページ | 和牛預託商法-ついに最後に残った二つの共済牧場のうちの1社「ふるさと牧場」が破綻しました。 »

2007.11.27

本年12月4日にスピリチュアル・霊感被害110番を実施します。

僕も相談に対応します。
大変ですが頑張ります。

asahi.com:12月4日に電話相談 スピリチュアル被害 - 暮らし

12月4日に電話相談 スピリチュアル被害 朝日新聞 2007年11月26日22時40分

 スピリチュアルやヒーリング(癒やし)ブームに乗じ、前世占いや開運相談と称して高額の支払いを迫られるケースが急増しているとして、全国霊感商法対策弁護士連絡会は26日、電話による相談窓口「スピリチュアル・霊感被害110番」を12月4日に開くと発表した。

 相談は午後1時から同5時まで、電話(03・3501・7071)で受け付ける。仏教、キリスト教などの宗教者も待機し、金銭面だけでなく、精神面の被害についての相談も受け付ける。

 同連絡会がスピリチュアルに関する電話相談をするのは初めてで、被害者本人だけでなく、家族からの相談も受け付ける。

 記者会見した同連絡会の山口広弁護士らによると、各地の消費生活センターや同連絡会などに寄せられる宗教トラブルの被害額は、06年に約40億円で、05年の約30億円から急増。「スピリチュアルやヒーリングなどのブームによる被害が拡大したため」とみている。

 被害の多くは、大規模な特定の教団に所属しない街の占師や気功師らがかかわっているケースが多いという。

 同連絡会の紀藤正樹弁護士は「一連のスピリチュアルブームは、テレビ番組や雑誌記事などが支えている側面もある」とメディアの責任を指摘。「解決には宗教者の協力は欠かせない」と話している。

« 紀藤が漫画でとりあげられる! | トップページ | 和牛預託商法-ついに最後に残った二つの共済牧場のうちの1社「ふるさと牧場」が破綻しました。 »

宗教被害」カテゴリの記事

コメント

かつかつ不景気で癒しが欲しい時代。リストラもあり、受験地獄で親友もできなく、就職難、結婚難、親もうるさい。ヒーリング占いスピチュアル癒しが、悪魔のように心の空虚に入り込む。悪魔は本性、素性を決して表さないし言わない。お金を得るためには、優しく手厚く接してくる。悪魔は金とあなたの心が欲しいから。綺麗に育った方、裕福な方、苦労した人、傷ついてる人、優しい人達は免疫がないので、ひとたまりもない。10代は統一教会、幸福の科学の名前さえ、知らない。悪魔は大学のサークルにも偽装して入ってくる。今はさらに巧妙だ。被害に逢った方は、自信をなくさないで、大丈夫、人生の糧になったのだから。たくさんの友に知らせて免疫を造って防御させてほしい。一人の声が、無知な、事実を知らない一人を確実に、救う。声をあげてくれ。伝える勇気を持ってくれ。みんなでリンクし、つながろう。未来のために。情けないほど非力だが、一人を救えるのだから。救って欲しい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/17201390

この記事へのトラックバック一覧です: 本年12月4日にスピリチュアル・霊感被害110番を実施します。:

« 紀藤が漫画でとりあげられる! | トップページ | 和牛預託商法-ついに最後に残った二つの共済牧場のうちの1社「ふるさと牧場」が破綻しました。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ