フォト

カテゴリー

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.30

福田総理が国民生活センターを視察した!

視察は10月26日のこと。

なんと今回の視察は、国民生活センターに初めて首相が視察したということらしい。

福田総理の番記者日記に生映像がUPされており、消費者問題にあまり知識のないように見受けられる福田首相が、次第に消費者問題に関心を持っていく過程がとっても興味深い。

縮小方向での意見が出ている商品テストの重要性も力説していて、心強いばかりだ。


[参考]
第168回国会における福田内閣総理大臣 所信表明演説 平成19年10月1日
国民生活センターの発表
福田総理の番記者日記


続きを読む "福田総理が国民生活センターを視察した!" »

2007.10.28

名物裁判官のこと

園尾隆司裁判官は、名物裁判官で、破産法の専門家でもあり、東京地裁の破産事件の処理を、要件事実型(債務者説明型)から、迅速処理型(債権者説明型-ほとんどの事件で債権者は意見を述べないので、簡単な破産申し立てでも、破産が認められる方式)に大きく変えた人です。

そのため破産専門弁護士事務所・営利追求型事務所の急成長と乱立という事態も生みました。
事務レベルでも、破産処理を可能としたからです。
最近テレビでよく登場する弁護士石丸幸人氏の事務所もその一つに入ります。

ただ僕的には、とても実直で人間的で、先例主義にとらわれない努力家で、とても大好きだった裁判官の一人でしたので、今回のことは、とても残念です。


[参考記事]
宇都宮地裁所長が所属裁判官審尋で質問、懲戒要求の動き (2007年10月27日20時20分 読売新聞)

 宇都宮地裁の園尾隆司所長が、地裁所属の裁判官が担当する破産事件の審尋に出席して債務者に質問していたことがわかり、栃木県弁護士会(直井勇会長、118人)は27日、「憲法に定めた裁判官の職権の独立を侵害した」として、園尾所長を裁判官分限法に基づく懲戒処分とするよう東京高裁に求めることを決めた。

 県弁護士会によると、弁護士会が裁判官の懲戒を求めるのは異例という。

 問題となったのは、同県日光市のホテルの破産事件で、今年2月21日に地裁で開かれた審尋。県弁護士会が出席した弁護士に聞いたところ、裁判官3人の合議体で行われた審尋に、園尾所長も「書記官の補助者」として出席し、裁判長の許可を得て債務者の資産などを質問したという。

 県弁護士会が27日に開いた臨時総会では、出席した50人全員が「園尾所長の行為は問題」との認識で一致。「人事評価の権限を有する所長が、所属裁判官の審理に立ち会うのは、裁判官の職権の独立を侵害する」などとする決議案を、賛成多数で可決した。

 園尾所長は、2006年9月から現職。東京地裁裁判長としてそごう、山一証券など経営破たん企業の案件を手がけた経験がある。園尾所長は25日、地裁を通じて「本件の破産事件が珍しいので、個人的な研究心から立ち会った」とコメントした。


2007.10.17

探偵業法の初摘発!

初摘発が報じられていますが、遅すぎるくらいです。

無許可で探偵業、男を逮捕…探偵業法違反で初摘発 :2007年10月17日13時15分 読売新聞)

asahi.com:探偵業法違反で初の逮捕者 無届け営業容疑 2007年10月17日12時08分 朝日新聞

[参考]
1 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版: 探偵被害? 2005.09.15

2 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版: 探偵詐欺事件 2005.10.12

3 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版: 探偵業法の施行時期 2006.11.24


続きを読む "探偵業法の初摘発!" »

2007.10.14

速報!

L&G被害対策弁護団のサイトができましたので、速報で、URLをあげます。
現時点で未完成版ですが、完成版は今日中にUPされると思います。


http://www.ab.auone-net.jp/~lg-higai

2007.10.11

あの大場武生が逮捕

今日逮捕されたようです。

[参考]「時効まで1ヶ月、金融ブローカー逮捕」 News i - TBSの動画ニュースサイト.

続きを読む "あの大場武生が逮捕" »

2007.10.03

2007年10月10日 二つのオウム集会

2007年10月10日午前11時から、第15回(もう)のオウム債権者集会が開かれます。
しかしもう破産管財の手続きでは限界に来ています。

破産手続き終了を提案へ 管財人「弁済に限界」-東京新聞 2007年10月3日 20時25分

 オウム真理教(アーレフに改称)の破産手続きで、破産管財人の阿部三郎弁護士は3日、被害者分の債務約38億円のうち最終的に配当できるのは37-38%にとどまり、今後の弁済には限界があるとして、東京地裁で10日に開かれる第15回債権者集会で破産手続きの終了を提案する意向を明らかにした。

 終了するかどうかは、被害者ら債権者の意向を踏まえて東京地裁(西謙二裁判長)が最終的に判断する。

 阿部弁護士は、国がオウム真理教に代わって未配当分を被害者に支払うための特別法の制定を求めている。(共同)


そのため、この日の午後、オウム被害者救済のための新法作りのために、院内集会を開催します。

紀藤も出席予定です。

[参考]
滝本太郎
高橋シズエ

債権者集会は誰でも参加可能というわけではありませんが、院内集会の方は、賛同者であれば、誰でも参加可能です。
賛同者の方で、この機会に、衆議院会館を見てみたいという方にとっても、絶好の機会です。

ぜひご参集ください。


~オウム被害者とテロ事件~オウム真理教による犯罪被害者の救済を!
・10月10日(水)14時~・衆議院第二議員会館第4会議室

―参加される方は、事前連絡のうえ、13時45分までに同会館一階ロビーにお集まり下さい。


プログラム
14:00 開会ご挨拶
14:10 「オウム真理教破産手続の現状報告」―阿部三郎破産管財人
14:30 問題提起「もし今、日本でテロが起こったら」―弁護士小野毅
15:00 パネルディスカッション「テロ被害者救済は国の責務」
コーディネーター ―弁護士小野毅
パネリスト:
・衆議院議員早川忠孝さん(自由民主党)
・衆議院議員長島昭久さん(民主党)
・破産管財人阿部三郎さん(弁護士)
・高橋シズヱさん
16:00 会場発言(紀藤発言予定)、

閉会ご挨拶

本集会呼びかけ人
安住  淳様(衆議院議員・民主党)      
漆原  良夫様(衆議院議員・公明党)     
大口  善徳様(衆議院議員・公明党)     
郷原 信郎様(桐蔭横浜大学法科大学院教授)  
後藤田正純様(衆議院議員・自由民主党)   
小宮山洋子様(衆議院議員・民主党)      、
近藤 正道様(参議院議員・社会民主党)
菅 義偉様(衆議院議員・自由民主党)
長島 昭久様(衆議院議員・民主党)
仁比 聡平様(参議院議員・日本共産党)
鳩山由紀夫様(衆議院議員・民主党幹事長)
早川 忠孝様(衆議院議員・自由民主党)
福島 瑞穂様(衆議院議員・社会民主党)
藤井 裕久様(衆議院議員・民主党最高顧問)
諸澤 英道様(常磐大学理事長)他 (50音順)
★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
主催
オウム真理教犯罪被害者支援機構(理事長:宇都宮健児)    
地下鉄サリン事件被害者の会(代表:高橋シズヱ)             
松本サリン事件被害者弁護団(代表:伊東良徳)             
オウム真理教被害対策弁護団(事務局長:小野毅)            
連絡先:〒194-0021町田市中町1丁目3番17号 
カタリーナホームズ2階 未来市民法律事務所 弁護士 中村裕二
電話: 042-724-5321 Fax: 042-724-6633
★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

以下集会の趣旨↓

続きを読む "2007年10月10日 二つのオウム集会" »

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ