フォト

カテゴリー

« これが商品先物会社の実態-株式会社小林洋行 上場会社でさえこの体たらく | トップページ | ついに報道!クオーク、オリエントコーポレーション、アプラス、ライフなど、大手有名クレジット会社の責任 »

2007.07.09

さおだけ屋のトラブルが多発、2本で1000円のはずが・・・・・。

さおさけ屋のトラブルが急増中だそうです。国民生活センターが注意喚起を行って行っています。

移動販売等での物干し竿購入に関するトラブルに注意!2本1,000円のはずが・・・、高額な料金を請求されることも (2007年7月5日)

2001年から被害相談が急増中のことです。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (新書) を山田真哉氏が書かれたのが2005年のことですが、そもそも、同書が著された時点で、さおだけは、半永久的に使用が可能、量販店で廉価で購入可能という時代に入っているわけですから、すでに、さおだけ屋は、もう業態的には、市場において成立し得ない業者となっていました。

同書にもこの点は触れてあるのですが、安く仕入れて高く売るという机上の経済学が強調されていました。はっきりと、さおだけ屋の危険性について明示されていないのが、気になっていました。

市場で必要とされない業者が、利益を確保しようとすると、勢い販売手口が悪質化します。むしろ現在においては、暴利狙いの悪質業者の巣窟のような形になっているのが現状です。

国民生活センターが、おそるおそるですが、「消費者へのアドバイス」として、

(1)声をかけるのは慎重に
(2)購入する前に価格を十分確認し、不要な場合はきっぱりと断る
(3)領収書等を受取り、その場で連絡先を確認する
(4)トラブルにあったら消費生活センターへ相談する

としていますが、僕は、(1)は、むしろ「声をかけるべきでない」と考えています。


[参考記事]
さおだけ屋トラブル多発、2本1000円→「1本2万円」(読売新聞) - goo ニュース.

さおだけ屋トラブル多発、2本1000円→「1本2万円」
読売新聞2007年7月5日(木)21:20

 「2本で1000円」などと言って移動販売している物干しざおの購入を巡り、トラブルが急増していることが5日、国民生活センターの発表でわかった。

 呼びかけとは異なる高額なさおを購入させられ、被害に遭う例が大半で、平均契約購入金額は約6万5000円。悪質な「さおだけ屋」が暴利をむさぼるからくりの一端が浮き彫りになった。

 同センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた物干しざおなどに関する相談件数は、年々増え、2006年度は639件。01年度の288件に比べて約2・2倍になった。相談件数の9割は移動販売で購入しており、女性や高齢者の被害が目立った。

 40歳代の主婦は、「2本で1000円」とアナウンスしていた移動販売車を呼び止め、2本買おうとしたところ「こっちの方がさびない」とステンレス製を勧められた。値段を聞いたが返答はなく、物干し台に合わせて切ってしまってから「1本2万円」と言われた。

« これが商品先物会社の実態-株式会社小林洋行 上場会社でさえこの体たらく | トップページ | ついに報道!クオーク、オリエントコーポレーション、アプラス、ライフなど、大手有名クレジット会社の責任 »

消費者被害」カテゴリの記事

コメント

LINC総合掲示板が無くなりましてから、ウエストコーストさんが、可哀想な時があります。
オリジナル・スペースと呼ぶと変ですが、ハー・ルームと呼ぶべきか?
とにかくも、彼女のベストな行動が取り難いと感じています。
基本となるポジションが抜けた彼女を哀れと感じています。
無理が感じれると言うべきなのか。
かつての歯切れが薄いと感じています。

訴えられたら困るから。」ではなくて。
訴えられたら、紀藤さんの依頼人として、
逆○○○○ができる。
却って和解せずに、
○○○を為す事もできる。

考えてみよう。
紀藤さんのネームを頼りにするのではなくて、
正式に、紀藤さんの思いとして、依頼人が
、でいいかな。

昔から疑問におもってたんだよね~。
1000円ぐらいで、それも毎日買うようなものじゃないさおだけを毎日のように売りにきていて、よっぽどガソリン代が高いだろうにどうしてあんな商売続けてるのだろうな~って・・・。
やっと解りました・・・。
脅迫して言い値で買わせるならそりゃもうかるよね・・・。

>124 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2007/06/11(月) 15:08:21 ID:aDE39wTNO
>紀藤正樹弁護士は「女性用トイレの盗撮は合法」と言ったバカです。

 アイツなら言いかねないね…。
 満員電車に乗って痴漢するのは仕方ないって言ってたらしいよ。

ネットリテラシーのない人には困りものです。
↓こうした投稿はためにする議論です。
僕の意見は、1999年に発表済みです。
ご自分の意見を訂正ください。

http://homepage1.nifty.com/kito/mac19.htm

でも本当は自作自演なんでしょうね。

まあせいぜいボロが出ないように頑張って下さい。
http://c-docomo.2ch.net/test/-/court/1175672613/i

紀藤さんがそんなことを言う筈が無いだろが。つまらん。

下記投稿の二つは、IPアドレスが同一です。要するに自作自演です。
予想どおりの結果となりました。

YOUK | 2007.07.22 23:14

2 | 2007.07.20 18:18

お久しぶりです。
引っ越して、ちょうど新しい物干し竿をネットで探していたところに
こちらの記事を読み・・・

山田真哉氏の著書の大分前から、移動販売の物干し竿トラブルは伝えら
れてましたが、未だに引っかかる人が多数いるんですねぇ。

一生錆びない物干し竿って?!
私は10年前、ネットで安いステンの物干し竿(3.5m)を買ったけど、
全く錆びてないし今でも新品同様。ただ、新居の物干しは3.8mなのでこ
れまでのが使えなくて泣く泣く新しいのを探しているわけで、安いステ
ンのモノで十分!

移動販売の物干し竿は恐くて買えません(最初から選択肢外)
その最大の理由として、これまでの多くのトラブルを見聞きしているから。

それでもなおトラブルに引っかかる人が多いのは何故?
実は知り合いが短期だけど移動販売のさおだけ屋のアルバイトをやって
たことがあり、彼から聞いた話によると・・・
高齢者が狙い易いんだそう。
最初、孫のように親身に高齢者の話を聞いてあげて(時には庭の方付け
などを手伝ったりして)、相手がこちらに心を許したところで高額な物
干し台と物干し竿を売りつける・・・という手口。

ん・・・巷によくある高齢者狙いの詐欺と手口似てますよね・・・

知り合いはそんなやり方に嫌気がさして、すぐに辞めましたのでご安心を(笑)。

ネットをやっている人とやってない人では、こういったトラブルに関す
る情報量が違うし、ターゲットになりそうな主婦や高齢者の方々には周
囲から情報を教えてあげるというのが予防法の一つとして大切だと思い
ます。


紀藤先生

Web上の情報商材の販売について、紀藤先生が編集に協力した旨の
記載がございます。
http://www.w-hakusho.com/
(ページ下部に紀藤先生が写真入りで掲載)

こちらの情報商材に紀藤先生が協力されたのは事実でしょうか?
購入を検討しており、よろしければコメント頂戴できますと幸いです。

紀藤です。

僕のところは、情報商材の問題性を指摘したのものです。

ただ今のところ、僕のところにも、掲載誌を送ってきていないので、この情報商材全体の中身を見ていませんから、購入はすすめられません。


やっぱり・・・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070908-00000076-san-soci

「さおだけ屋」商法摘発 契約時の威迫困惑の疑い
9月8日8時1分配信 産経新聞


 ■「なぜ潰れないのか?」に便乗

 法外な値段で物干しざおを強引に販売したとして、大阪府警生活経済課は7日、特定商取引法違反(契約時の威迫困惑)の疑いで、兵庫県芦屋市、訪問販売業、中川信介容疑者(25)を逮捕し、契約を結んでいた神戸市東灘区の建材卸会社「ベンチャーズガーデン」神戸支店(本社・横浜市)など4カ所を家宅捜索した。同様の手口による被害は全国で相次いでおり、府警は会社側が組織的に関与していた疑いもあるとみて調べている。

 調べでは、中川容疑者は7月20日、大阪府南部の無職女性(83)に、ステンレス製さおの価格を「イチキュッパ(198)」と推奨。切断したあとで「1本1万9800円」と告げ、女性が購入を断ると、「さおを切ってしまったから買ってもらわないと困る」と迫って購入させるなどした疑い。

 トラックに物干しざおを積んで住宅街を回る「さおだけ屋」をめぐっては、格安をうたいながら高額の支払いを求めるトラブルが全国で急増中だ。

 国民生活センターによると、昨年度に全国の消費生活センターに寄せられた相談は、5年前の2・2倍の639件。

 ターゲットは在宅率の高いお年寄りの女性らで、契約者の年代別は50歳代以上が8割を超える。平均契約金額は約6万5000円。領収書ももらえず、業者と連絡がつかないまま泣き寝入りする人が多いという。

 ベストセラーとなった「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」(山田真哉さん著、光文社新書)では、さおだけ屋がつぶれない理由として「実は売り上げが高い」「実は仕入の費用が低い」を仮説としてあげて検証しているが、今回の事件と同様、詐欺的業者は、ここを巧みに突いている。

 手口は、客の目の前でさおを切り、買わざるを得ない心理状況に陥らせ、価格を聞かれると、「イチキュッパ」としか答えないのが主流。ある70歳代の女性は2万円を請求されたが、量販店で値段を確認すると1000円前後だった。

最終更新:9月8日8時1分

価格を訊いても「イチキュッパ」としか答えないのなら
¥198じゃないと駄目でしょ。

さらにやっぱり。

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_09/t2007090803.html

さおだけ屋つぶれないワケは押し売りだから!?

さおだけを法外な値段で売りつけていた「ベンチャーズガーデン」神戸支店=7日午前、神戸市東灘区
さおだけを法外な値段で売りつけていた「ベンチャーズガーデン」神戸支店=7日午前、神戸市東灘区
 大阪府警生活経済課は8日までに、特定商取引法違反(契約時の威迫困惑)の疑いで訪問販売業(さおだけ屋)の男を逮捕し、契約を結んでいた建材卸会社を家宅捜索した。恐喝まがいの手法で高額なさおだけを売りつけられる被害は全国で相次いでいる。同府警は同社が組織的に関与していた疑いもあるとみているが、ベストセラーも真っ青の手口とは。

 逮捕されたのは兵庫県芦屋市の男(25)。捜索を受けたのは神戸市東灘区の「ベンチャーズガーデン」(本社・横浜市)の神戸支店など4カ所。

 調べでは、容疑者は7月20日、大阪府の無職女性(83)にステンレス製のさおの価格を「イチキュッパ(198)」と説明。女性が1980円支払おうとすると、「1万9800円だ。さおを切ってしまったから買わないと困る」と大声で脅した。女性は仕方なく財布の中の有り金全部、1万5000円ほどを払った。

 格安をうたい文句に軽トラックに物干しざおを積んで住宅街を回る「さおだけ屋」だが、同様の手口によるトラブルが全国で急増している。

 ベストセラー「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」(山田真哉著、光文社新書)には、つぶれない理由を「さおだけが高いから」「さおだけをきっかけに物干し台などを売るから」などと書かれているが、こうした手法を“悪用”したケースもあったようだ。

悪のニュース記事に登録したのを後追いされてる気がするけど気のせいですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/15698852

この記事へのトラックバック一覧です: さおだけ屋のトラブルが多発、2本で1000円のはずが・・・・・。:

« これが商品先物会社の実態-株式会社小林洋行 上場会社でさえこの体たらく | トップページ | ついに報道!クオーク、オリエントコーポレーション、アプラス、ライフなど、大手有名クレジット会社の責任 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ