フォト

カテゴリー

« 探偵業法の施行時期 | トップページ | 近未来通信の被害者の皆様へ »

2006.11.26

隠さない、逃げない、ごまかさない!

「医療事故が起こったときには、余計なことは絶対に話すな」

これが日本の医師の世界の常識のようですが(すごい!)、

このような悪弊を問題視し、東京大学のお医者さんのボランティアグループ(東京大学 医療政策人材養成講座有志・「真実説明・謝罪普及プロジェクト」メンバー)が、ハーバード大学病院で使用されている「医療事故:真実説明・謝罪マニュアル: 本当のことを話して、謝りましょう」の全訳をされました(日本のお医者さんにも、善意な人たちがいる!ことに一安心)。

同グループによると、米国では、「真実説明・謝罪」の普及により、「『医療事故を誤ったら訴訟で不利になる』ということが神話に過ぎなかった」と認識されつつあり、「真実説明・謝罪」が人道的であること、医療事故紛争処理費用を下げること、また、医療事故に遭遇した医療従事者の支援にもなること、などが広く知られるようになってきたため、「真実説明・謝罪」の普及に弾みがつこうとしている段階と考えられているそうです。

実際、ミシガン・ヘルス・システムの実績では、「隠さない、逃げない、ごまかさない」=「真実説明・謝罪」の実践の結果が、次のように出ており、

損害賠償費用 300 万ドル(2001 年8 月)⇒100 万ドル(2005 年8 月)
紛争解決所要期間 20.7 カ月⇒9.5 カ月
紛争訴訟件数 262 件⇒114 件

訴訟も損害賠償額も減っているとのことです。

「隠さない、逃げない、ごまかさない」というマニュアルが、現に、ハーバード大学で実践されていることも驚きですが、素直に謝る、そして真実を話すことが、訴訟を減らし、損害賠償も減らすという結果は、こうした事件の被害者が、お金目的ではなく「真実を知りたい」ということから訴訟を起こすという、僕の経験とも合致します。

日本の多くの医療機関で、すぐにでも、このマニュアルを実践すべきだろうと思います。


[参考]
SMAN(stop-medical-accident.net)真実説明・謝罪普及プロジェクト
このプロジェクト、「すまん」と「SMAN」をかけた語呂合わせのようです(^_^.)!。

連絡先メール: info%stop-medical-accident.net(スパム防止のため上記の全角「%」を代用しています。半角の「@」に直して下さい)
事務局: 牧田 篝(NPO法人患者のための医療ネット 事務局)
チームリーダー: 埴岡 健一(東京大学 医療政策人材養成講座 特任助教授)

■産経新聞 米国の医療事故・対応マニュアル翻訳 HPで公開(2006/11/17 21:03)


米国の医療事故・対応マニュアル翻訳 HPで公開

 東京大学医療政策人材養成講座で学ぶ現役の医師ら有志17人が、米国で広まりつつある「医療事故 真実説明・謝罪マニュアル」を翻訳し、16日からホームページで公開を始めた。

 マニュアルの原本は、今年3月にハーバード大学の関連16病院で作り、導入されたもの。医療事故が起きたとき「隠さない、逃げない、ごまかさない」を原則とし、「患者や家族にきちんと説明し、きっちり謝罪する」方法が示されている。

 翻訳に参加した東大医学部付属病院の内科医、渡辺清高さんは「事故を起こした医師のケアやサポートなども書かれている。日本でも医療現場に広がってくれれば」と話している。アドレスはhttp://www.stop-medical-accident.net/

【2006/11/17 東京朝刊から】

(11/17 21:03)

« 探偵業法の施行時期 | トップページ | 近未来通信の被害者の皆様へ »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/12832655

この記事へのトラックバック一覧です: 隠さない、逃げない、ごまかさない!:

« 探偵業法の施行時期 | トップページ | 近未来通信の被害者の皆様へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ