フォト

カテゴリー

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.17

祝電事件、これでは統一協会問題を放置したのは、自民党ではないか!

http://www.youtube.com/watch?v=5sSv38hd6fs&mode=suggested_some&search=

上記のビデオを見ると、祝電を入れたのは、安倍官房長官だけでなく、ほかに、中川秀直は現在の自民党政調会長保岡興治は元法務大臣、増原義剛(比例中国)は、自民党の政務調査会の専任部会長ということですので、深刻な被害を生み出している統一協会問題に対する、自民党あげての怠慢ともいえるもので、ただ知らなかっただけではすまされないほど、重大な問題だと思います。

統一協会が日本に上陸して40年以上、摘発されたオウム、法の華以上に、問題が根深い統一協会問題を放置したのは、結局自民党政権ではないのか?そう疑われてもおかしくない事態が今おきています。


2006.06.12

統一教会の今 そして安倍晋三官房長官の重い責任

もう終わってしまいましたが、TBSの2006年6月11日の報道特集が、統一協会の今を報道しています。

少しだけ動画も見れます。

報道特集

2006.6.11

山中に巨大’ホワイトハウス’~宗教施設?

日本などで布教を行う団体。
その団体が、山中に巨大な施設を建設中だという。
建設場所を探ると、ホワイトハウスそっくりの建物が!
集金活動の実態は?

統一教会が、未だに、被害を巻き散している巨悪であることがよくわかります。

きちんと説明します。
ちょっと固いけど、よんでください。

「弁護士による霊感商法被害の救済と根絶のための活動は昭和62年2月に始められ、同年5月には全国の弁護士約300名によって、弁護士の連絡会である全国霊感商法対策弁護士連絡会が結成されたが、昭和62年2月以降、全国の弁護士等への被害相談は、平成17年12月までの約19年間に計2万6000件、被害相談合計は優に940億円を超え、被告統一協会の被害の深刻さと異常さは、一見して明白である。」

「統一協会は、韓国国籍の訴外文鮮明を創始者であり且つ救世主(メシア)であるとし、「原理講論」を経典とする宗教団体であり、日本国内においては、昭和39年に設立登記された所轄庁を被告文部科学省とする宗教法人である。その目的は、宗教法人登記を見れば、「宇宙の創造神を主神として、聖書原理解説の教義をひろめ儀式行事を行い信者を教化育成する為の財務及び業務並びに事業を行う事。この法人はその目的達成に資するための出版業を経営する。」とある。
 統一協会は、いわゆる霊感商法による違法な資金集めや、伝道目的を一切秘してビデオセンターに誘い込んで行う詐欺的伝道、及び、いわゆる合同結婚式など、さまざまな社会問題を起こし、別紙「統一協会の責任を認めた判決の概要」(略)のとおり多数の訴訟を通じ、資金獲得活動、伝道活動という宗教法人としての活動の根幹部分に加え、合同結婚式勧誘活動という被告統一協会の宗教活動の根幹部分についてまで、最高裁判所において違法性を認められたという稀有な宗教法人であり、違法集団と呼んでよい宗教法人である。」

「統一協会は、その精神的支配下に入った信者を利用して霊感商法を初めとする数々の違法な資金獲得活動を組織的に行ってきた。このような活動は、「宗教法人が行う公益事業以外の事業について第6条第2項の規定に違反する事実」(宗教法人法79条、同78条の2、1項1号)、「法令に違反して、著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる行為」(宗教法人法81条1項1号、同78条の2、1項3号)、「宗教団体の目的を著しく逸脱した行為」(宗教法人法81条1項2号、同78条の2、1項2号)にあたることは明らかであり、現に、前記のとおり被告統一協会の宗教活動の根幹部分について最高裁判所においてすら違法性を認められている。」

「ところが現に地方裁判所等で争われ、そして、最高裁判所の判決が出された後も、被害は続いており、被告統一協会の遵法意識の著しい欠如からは、もはや民事的な解決では、被告統一協会の暴走を止めるのは難しい状況にあり、このような被告統一協会の暴走を放置してきた行政の怠慢は甚だしいというほかない状況にある。」



060611

その統一教会に加担する安倍晋三官房長官は、行政官として、また政治家として重大な責任があります。資質としても問題でしょう。今回の祝電事件は、あまりにも、その責任は重いと思います。

辞任してその責任を明確にし、あわせて、この機に「統一教会の違法性」を明確に問い、行政のトップの1人として、指導力を発揮すべきです。そうすることが本当に責任をとったことになると思います。


[参考]
■LINC統一教会=統一協会BLOG
■祝電映像など

続きを読む "統一教会の今 そして安倍晋三官房長官の重い責任" »

2006.06.01

やっぱり-出生率1・25、今年も最低更新

出生率の低下と僕の意見

やっぱりというほかない。

人権のためにも、日本の未来のためにも、ヒューマニズムが、人口増のキーワードと言うべきでしょう。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 出生率1・25、最低更新 人口動態統計.

出生率1・25、最低更新 人口動態統計

 1人の女性が生涯に産む子供数の推定値である合計特殊出生率が、5年連続で過去最低を更新し2005年は1・25となったことが1日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。
 昨年生まれた赤ちゃんの数(出生数)は約106万3000人で過去最少。出生数から死亡数を引いた「自然増加数」は、統計を取り始めた1899(明治32)年以来、初の減少となるマイナス2万1000人(データのない1944-46年を除く)。厚労省が昨年12月に発表した推計を裏付け、05年が「人口減少元年」となった。
 出生率の減少幅が0・04と大きく、政府の対策にもかかわらず少子化に歯止めがかかっていないことが示された。社会保障制度や労働力確保に影響が出るのは必至
(共同通信) - 6月1日21時7分更新



卑劣!

人事とは思えない。

自由を暴力で封ずる、こんな動きは卑劣だ。

しかも無関係な家族にまで・・・・・・。

■ライター溝口敦さんの長男を襲撃、傷害容疑で2人を逮捕?-?社会

ライター溝口敦さんの長男を襲撃、傷害容疑で2人を逮捕 

朝日新聞 2006年06月01日13時51分

 暴力団関係のルポなどで知られるノンフィクションライター溝口敦さん(63)の長男を襲撃してけがを負わせたとして、警視庁は、いずれも指定暴力団山口組の関係者で東京都日野市多摩平、無職上野孝夫(53)と同所、同上野浩(43)の両容疑者を傷害容疑で逮捕した、と1日発表した。

 組織犯罪対策4課の調べでは、上野容疑者らは、1月8日午前10時40分ごろ、三鷹市野崎1丁目の路上で、溝口さんの会社員の長男(33)の右太ももを後ろから刃物で刺し、軽傷を負わせた疑い。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ