フォト

カテゴリー

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.21

日本版ホワイトバンドwhite band は反論すべき!-例としてあげるイギリスの例を検証する。

日本版ホワイトバンドの売り上げが、「活動費」に使われるということの意味について考えてみたいと思います。

この点、日本版ホワイトバンドが「数百万のホワイトバンドを販売したとしているイギリスの例」を取り上げてみたいと思います。

まずhttp://www.makepovertyhistory.org/whiteband/を見ると、購入ページよりも先に、きちんとwhite bandの説明がついています。

You can wear it any way you like:(あなたは好きな方法で身に着けることができます)とあり、

Around your wrist(手首にも)

Around your rear view mirror(車のルームミラーにでも)

As a hair band(ヘアバンドとしても)

Through the laces in your trainers(トレイナーのひもとしても)

Around the straps of your handbag(カバンのストラップとしても)

As a lapel ribbon(襟につけるリボンとしても)

On your key ring(キーホルダにつけても)

Even on pet collars(ペットの首輪につけても)

The really important thing is that you just wear it.(重要なのはとにかく身につけることです)

とあります。

そうした説明の後、右側に

You can get your white band:(買うこともできます)とあり、

Onlineをクリックすると、参加団体である各NGOのホームページを選択できるページに飛びます。そのうえで消費者は、参加団体のホームページを選択して、white band を購入することになります。

つまり消費者は、自分が、どの団体に寄付するのかを理解したうえで、またその団体に賛同できるか否かをきちんと選択したうえで、white band を購入を決めることができます。

要するにこうした事前の説明が十分なされているならば、white bandの購入は具体的な目に見える参加団体への寄付と同類であり、それならその団体の活動費に使われてもかまわないと思います。

つまりイギリスのwhite bandは、日本版ホワイトバンドwhite bandとは異なり、何に使われるかわからない、参加団体の立場もわからないところでなされる運営団体への白紙委任の状態での寄付ではないことに注意する必要があります。

つまり日本版ホワイトバンドwhite bandは、寄付か活動費かという問題以前に、消費者への事前の情報開示の点でも疑問が残ります。


2005.09.20

六本木ヒルズのテナント

ライブドア・楽天・リーマンと並んでいる。読めるかな。p505is0018809166.jpg

2005.09.19

紀藤も被害者-今回の復讐代行詐欺?サイト(更新情報あり

探偵被害?事件を生み出すきっかけとなったサイトは、ここです。→http://www.blacklist.jp/top.html
(・注:たった今(午後11時)見ると、このページを消したみたいですね。「道義的責任を強く痛感しております。」「☆さようなら、消えます☆」とのことですが、まだ↓後述する僕や山口弁護士への誹謗中傷ページなど、サブページはまだ生きています。頭隠して尻隠さずですね。)

実は紀藤も被害者です。

このサイトとシームレスでつながっているリンク先をだどると、紀藤の悪口もたくさん出てきます。
紀藤も誹謗中傷(名誉毀損)、脅迫行為の被害にあっています(怒)。

またサイト内にも、あいまいにしてありますが、山口事務員が大いに吼えるの山口事務員というのは、当事務所所属の、山口貴士弁護士のことです。弁護士山口貴士大いに語るのパロディのつもりでしょうが、これもひどい(怒怒)。

[参考]
■探偵被害?-2005.09.15付け

■悪徳商法マニアックスのトピックスから
■奥平事務所


続きを読む "紀藤も被害者-今回の復讐代行詐欺?サイト(更新情報あり)" »

2005.09.17

日本版ホワイトバンドwhite band は反論すべき!

こうした批判があることを、日本版ホワイトバンドはきちんと反論すべきではないでしょうか?

参考リンク:
banner

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------->>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

日本版ホワイトバンドは、
「募金活動とはちょっと違います」ではなく、冒頭ページに、募金ではないことをはっきりと明示すること、ホワイトバンドは購入する必要はなく自分で白い包帯でも巻けば十分であること、購入する場合は、その利益は、そのほとんどがキャンペーンの活動費に消えるか、一部のNGOや市民グループの活動費に使われることを明示すべきだと思います。

募金的なイメージで誤解が広がっているのは、消費者の視点から見て大変問題があると思います。

ちなみに英語/スペイン語/フランス語版がある本家本元のThe Global Call to Action against Poverty (貧困を根絶するための行動を呼びかける世界運動=GCAP)は、

トップページの左側にある「Wear a white band(ホワイトバンドをつけよう!)」というページを見ても、

WHITE BAND - Questions and answers ホワイトバンド- 質疑応答
の中で、

What should the white band look like? This is entirely up to you. Some suggestions are wrist bands, arm bands, head bands, lapel bands, etc. This action was chosen because it is simple for anyone to get involved - you can just make your own white band with a piece of fabric.

紀藤訳

「白いバンドとはどんなものでしようか?

あなた自身で決めてください。
いくつか申し上げますと、リストバンド、腕章、ハチマキ(バンダナ)、襟バンド(たすき)、などです。
この運動は誰でも簡単に参加できるという理由で選ばれました。- あなたは、布切れ一つで自分の白いバンドを作ることができます」

としています。

購入ページもありません。

要するにホワイトバンド運動は、意思表示運動であり、購入する必要はない運動です。

むしろ「世界に貧困をなくすために、とにかく早く皆で白いバンドをつけましょう」「白いバンドなら何でもよいです」「買う必要もありません」「一刻も早く皆で白いバンドをつけましょう」というのが、本当のところです。

購入方法はこちらから」などと、購入をあおるのが、正しい運動とは思えません。

しかも日本版ホワイトバンドが、そのホームページで、「ホワイトバンド(日本では” * * * ”マークの入った白色のシリコン製バンド)を身につけて貧困をなくそうという意志を表す。」と言うのでは、「買わないと参加できない」というのと同じですから、運動の本来の趣旨からは、完全にはずれています。


[参考1]→
・2005年9月16日付け東京新聞「ホワイトバンド ネットで灰色転売貧困解消の証し『格好いいから』人気に」→
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20050916/eve_____sya_____004.shtml
HUNGER FREE WORLD-売り切れ続出のホワイトバンド。HFWで買うことができます

・ピンクリボン運動の場合→http://www.j-posh.com/


***↓日本版ホワイトバンド
img_776205_10211461_0


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

[参考2]-白いバンダナを巻く「GCAP議長 クミ・ナイドゥー(Kumi Naidoo)さん」-オルタモンドのホームページより→http://altermonde.jp/20050727_htmlから

050727-1

2005.09.16

がん商法:また重篤な事件が起こりました。哀しい。

リンク: ZAKZAK.


続きを読む "がん商法:また重篤な事件が起こりました。哀しい。" »

裁判官の名前を覚えましょう!

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 在外邦人の選挙権制限、最高裁が違憲判決.

横尾和子(官僚出身)、上田豊三(裁判官出身)、泉徳治裁判官(裁判官出身)の名前をよく覚えておきましょう。次の国民審査に役に立つかも!

続きを読む "裁判官の名前を覚えましょう!" »

2005.09.15

探偵被害?

どうコメントしたらよいのでしょう?
どうして探偵に殺人依頼をするのか?意思形成過程を知りたい事件です。そうでなければ真相に迫れません。

リンク:Yahoo!ニュース - 共同通信 - 不倫相手の妻殺害依頼 東京消防庁職員逮捕

不倫相手の妻殺害依頼 東京消防庁職員逮捕

 インターネットのサイトで知り合った男に、不倫交際していた男性の妻の殺害を依頼したとして、警視庁捜査1課は14日、暴力行為法違反(集団的犯罪等の請託)容疑で東京都多摩市連光寺、東京消防庁渋谷消防署の消防副士長河口絵里子容疑者(32)を逮捕した。
 殺害を請け負ったとして、同法違反容疑で東京都国立市中、自称探偵業田部孝治容疑者(40)を逮捕した。
 河口容疑者は「男性の妻に子どもができて裏切られた気持ちになった」と容疑を認めている。田部容疑者に計1500万円の現金を払ったが殺害が実行されず「だまされたのではないか」と警視庁多摩中央署に相談、事件が発覚した。

(共同通信) - 9月14日21時13分更新

ただ暴力行為法違反(集団的犯罪等の請託)容疑だと、「6月以下ノ懲役又ハ10万円以下ノ罰金」で、詐欺罪だと10年以下の懲役なので、こちらの方が重い。しかも詐欺で立件可能なら、被害が1000万円を超えているので、一発実刑もありうる事案です。

探偵詐欺の事案だとも思われますので、警察は、最終的には、詐欺で実刑に持ち込む方針だと思います。

米国では、探偵は、PI(パブリック・インベスティゲイター)と言って、公的資格となっていますので、職業倫理が確立しています。
それに比べて、日本では資格が必要ありません。それがTとかOとかの探偵詐欺を暗躍させる結果となっています。

郵政解散で廃案となった法律の中に、「探偵業の業務の適正化に関する法律案」があります。

自民党の山本拓議員を中心に議員立法として提案されたもので、今回郵政解散により成立が遅れたのはとても残念です。

当然今回の事件は、この法律の制定を加速させると思います。

立法理由は、
「探偵業の業務の運営の状況等にかんがみ、探偵業について必要な規制を定め、もってその業務の運営の適正を図る必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。」だそうです。

僕も、より早い制定を望む者の一人です。


[参考]-山本拓議員のホームページより→PDFファイル
http://yamamototaku.jp/report/162/162k011.pdf

2005.09.12

町村さん

ただいま、インターネット法の大家、町村泰貴教授と飲んでます。詳しくは町村さんのブログへ。


p505is0018350407.jpg

2005.09.09

NHKの暴走

仮に訴訟が乱発されたら、各弁護士会の消費者問題対策委員会が乗り出すことが必至だと思う。

NHKは自らの延命を考えるなら、受信料とは別のシステムを考えた方がよい。


リンク: ZAKZAK.

“皆様の”総スカン必至…NHK教硬策転換の波紋 簡裁から督促状  増え続ける受信料の不払いにNHKが、ついに不払いに対して法的措置をとることに一歩踏み出した。8日の定例会見で橋本元一会長=写真=が言及したものだが、法的な問題や新たな不公平を生むという問題があるうえに、視聴者がさらに激しく反発するのは必至だ。海老沢勝二前会長への退職金1億円は「凍結」という不透明な対応をしておきながら、自らに都合のいいように司法を利用するとは虫が良すぎないか。  「受信料を払っている視聴者から、不払い者を放置しておくのかとの声が多く、不公平感が募る一方だ」  橋本会長は「法的措置」導入検討の理由をこう説明する。法的措置とは、テレビを設置した人にNHKとの受信契約を義務付けている放送法に盾に、支払いをしない契約者に対し簡易裁判所に申し立てて督促状を送るというものだ。

 相手が2週間以内に異議を申し立てて裁判で争わなければ、督促は確定判決と同じ効力を持ち、差し押さえも可能になる。

 この対応について、司法関係者は「制度を正しく理解していなかったり、裁判所からの書類というだけで驚いてお金を払ってしまう人が多く出てくるだろう。そういう“弱者”を狙い撃ちにするという点で、最近よく見られる小額訴訟制度を悪用した詐欺事件と同じ構図ではないか」と厳しく断罪する。

 さらに消費者問題に詳しい紀藤正樹弁護士は「そもそも契約の自由の原則から言えば、(契約を義務付けた放送法自体が)憲法問題になっていい」と指摘する。「裁判になった場合も全て認められるか疑問」ともいう。

 また支払い督促は契約が前提のため、もともと未契約の場合には新たな不公平が生まれる。未契約は不払いの約7倍の約800万件にものぼる。「未契約ならば払わなくてすむのか」という視聴者からの反発が出てくる可能性は高い。

ZAKZAK 2005/09/09


2005.09.08

BOWSの現実

リンク: Yahoo!ニュース - 共同通信 - BOWS広告に排除命令 合理的根拠示さずと公取委.

BOWS広告に排除命令 合理的根拠示さずと公取委

 新聞広告などに掲載した人気ダイエット食品「BOWS(ボウス)」の宣伝内容に合理的根拠を示さなかったとして、公正取引委員会は8日、景品表示法違反(優良誤認)で、ボウスを販売する健康食品販売会社バリアスラボラトリーズ(東京)に訂正広告を出すよう排除命令を出した。
 公取委によると、ボウスは、2001年2月の販売開始以来、同社が04年12月までに約105億円を売り上げたヒット商品。同社は昨年1-2月の間に全国紙などで、また同3-9月ごろまで自社ホームページ上でボウスの広告を掲載した。
 その中で、油分油分の吸収が阻害され摂取カロリーが大幅に減少したり、多くの使用者にやせる効果があるという調査結果があるように表示していた。またアンケートで多くの人が結果に満足しているかのように宣伝した。
(共同通信) - 9月8日18時2分更新


2005.09.04

今日の疑問

新幹線の社内販売で爽健美茶を買った。160円!とはおかしくないか!。

p505is0018219027.jpg

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ