フォト

カテゴリー

« 国際宗教学宗教史会議世界大会 | トップページ | 裁判官訴追委員会 »

2004.03.16

和光大学の職責放棄に抗議する!

和光大学の理念
「和光大学は外に向かって開かれ、市民のみなさんとともに生きることを大切にしてきました。」

こんなすばらしい理念を掲げておいて、教育機関としての職責の放棄だと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------

<松本被告三女>「自由な学習守り切れない」入学不許可で和光大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040316-00001057-mai-soci

 オウム真理教(アーレフに改称)の松本智津夫(麻原彰晃)被告(49)=東京地裁で死刑、控訴中=の三女(20)の入学を拒否したことについて、和光大学(東京都町田市)の三橋修学長は16日、「本人の自由な学習を守り切れないと同時に、在学生の学習環境を維持できないと考え、入学不許可という苦渋の選択をした」とするコメントを出した。

 同大によると、試験合格後に入学手続き書類を提出させた際、家族構成などから松本被告の三女と判明したという。

 三橋学長は「本人に責任がなくとも、学内の平穏な教育環境を乱す可能性が大きい。賛否の議論はある。社会の批判のあり得ることも承知の上、この決定をした」としている。(毎日新聞)
[3月16日13時48分更新]


-----------------------------------------------------------------------------------

カルトをなくすためには、ただ孤立させるだけではなく、社会が受け入れていくしかないという視点が欠けています。
まして国や自治体から助成金(税金から出している)を受けて運営している公器たる大学としての視点が欠けています。
3女は、いわゆるカルトの子として、生まれてから、まったく社会の風や常識を教えられていないという、悲劇の子です。既にある程度人格が成立してから、入信した場合とわけが違います。
教育機関である以上、こうした子どもにこそ、配慮をすべきです。

大学は教育機関です。大学を設置した以上、その社会的責務はあります。
和光大学の、教育機関としてのセンスを疑います。
あと法的には、いろいろ言いたいことはありますが、引用が大変なので後日にしますが、補助金の返納もありうる事態です。国、自治体が、和光大学に対する指導を放棄するなら、国、自治体の責任も大きいと思います。
カルトに対する国の無策の結果と言えるかもしれません。

ちなみに早稲田初等部の場合は、都は、返納を求めています。


和光大学
2004年度入試における合格者の入学不許可について(2004.03.15)-PDFファイルです。

2004 年3月15 日

2004 年度入試における合格者の入学不許可について
和光大学は2004 年度入試において人間関係学部の合格者1 名を、3月12 日に入学不許可とすることを決め、同日本人宛通知した。
いったん合格とした受験生に入学を拒むことは、本学にとって異例のことであり、当該受験生に当惑や苦痛を与えることを承知している。しかし、この間学内での教職員の議論を踏まえ、学長判断のもと、後に記す理由で苦渋の選択をした。
本学は、入学手続書類提出とともに、保証人、家族構成を記させている。したがって、本件における受験生がいかなる家庭的背景をもっているかは、その際、はじめて判明した。
本学は当該合格者が入学した場合、当人が学内外で特異な存在となり、内外の不安や好奇な目にさらされることを防ぐ自信を持たない。その結果、本人に責任がなくとも、学内の平穏な教育環境を乱す可能性が大きい。
本学は小さいながら開学以来30 数年、学生一人一人を大切にすることを教育の原点と考え、教職員と学生ともども努力を重ねてきた。今回の事態に対し、本学の存在意義にまで立ち返り慎重に対処方を検討してきたが、本人の本学における自由な学習を護りきれないと同時に、在学生の学習環境を維持し切れないと考えざるを得ず、現時点では入学不許可という苦渋の選択をすることになった。
この決定が、自由な大学としての本学の伝統に影響のあることを承知している。大学内には今日なお、学長の決定に賛否の議論はある。社会の批判のありうることも承知の上、この決定を行った。

和 光 大 学
学 長 三橋 修

« 国際宗教学宗教史会議世界大会 | トップページ | 裁判官訴追委員会 »

1989~ オウム真理教=アレフ=アーレフ」カテゴリの記事

コメント

私立なのに国から私学助成金を得ている大学
初めて聞きました。)意味までありがとう)
麻原の子というだけで、学びたくても学べない
日本ではサリン事件のような無差別テロを起こすような
犯罪者は過去に無かったわけですから、その子供となれば
社会もどう適応してよいのか、ってもありとおもうし

日本の場合は和光大学に限らず、私立大学では入学拒否でしょうね
1人の学び精神を取るか、他の学生の、大学の安全を優先するか、
小さい時に入信させられて、そのままの環境で大きくなった子にどれだけの責任があるのか、彼女はほんとうに学びたいという気持には嘘はなかったからの大学受験でしょうに、大学側の先の心配などもあるでしょうけど、合格をしていながら取り消すことより
入学を許可し、1年様子をみるとか、他の選択もあるような気がしますわね。

オウムの麻原の子というだけで、これからもこういう差別は
続いていくとおもうと、子供から孫の代までつづくのかな?

滝本さんもコメントを入れています。

http://www2.diary.ne.jp/user/140664/

滝本さんのコメントも拝見しました。
宗教家を親として生まれたお子さんは一番に信じるものは親しか
いないわけですから、そこから出て行くなんて
経済的にも無理でしょうから、世間がなんといおうとも
家族になるしかないですものね。

麻原のように、子供の将来より、自らのお国を作る
ためならって、、子供も犠牲にしているわけですから
子供には何の責任がないわけですから、どの子供たちには
就学の権利はあるはずとは思いますけど、麻原の死刑判決が出た以上はあのサリン事件のような凶悪的な活動につながらないだろうし、、

だれかが、学びの場として迎えいれてあげないと、ただ麻原のこともだからというだけで、子供社会という環境からも、学校生活と言う場も受けられないなんて、義務教育を設けている日本国にも疑問が、、、、。

まず「早実の私学助成金の返還」とは、関係ないと思います。
早実は入学試験・面接の場で募集要項の7倍もの寄付金を親に
要求したもので、寄付の要求が「適切でない」ものでしょう。

…和光大学の場合は「私学の独立」のなかで選択されたもので
入学基準を満たしていることと、入学許可は「別物」です。

私学には、国公立と違う選択基準が許されていいと思います。
国公立で排除されたのと、問題が違うのではないでしょうか?
私学への国の関与が大きくなれば、そのほうが問題でしょう。

自由を尊ぶ和光の建学の精神に適っているとは思えませんが、
和光にだけ「建学の精神」を要求するのは不当だと思えます。
青学や立教や上智なら「キリスト教」を理由に、正当ですか?

確かに「オウムの子」の問題は大きいけれど、一私学に責任を
帰するのは、酷というものです。国が責任を持つべきもので、
その前に、オウム事件に真摯に向き合っていない、麻原彰晃や
オウム(アーレフ)自身の「責任」を問うべきことです。

…3人のお供を従えた「アーチャリー」が、大学を闊歩する
光景は、事件被害者とのバランスを欠いていると思えます。

松本の子供だっただけで
学業も妨げられるとは、考えば考えるほどお気の毒

オウム以外の環境を知る良い機会だったのに、
アメリカですと、日本のような隔離的なことはせず、
地域が一丸となり、まともな生活を営むように
しますけどね。

日本だと、それをするのは内の大学でなくてもいい、他でやってくれればって、誰かの責任に押し付けるような、
他の大学も受けて合格していたとか、
義務教育もままならず、すごい努力したとおもうし、
がんばったことを認めた差し上げずに
入学する前から、危険だって、、だれが決められるのかな?

日本の教育ってなんなんでしょ?
和光大学に是非入学させてほしい、前向きに考える教育機関は
日本には存在しないかな、、

和光大の「OB」(厳密には中退者)としては、情けないの一語につきる。

過去に和光大はさまざまな入学者を受け入れてきた。(その「被教育権」を実質保証できたか否かは今は問わない。)

 私が在学していた当時の実例で言えば、「連合赤軍K兄弟の生き残り」が、いた。その兄貴(連合赤軍被粛清者)も、和光大出身だ。

 いささか、扇情的なレッテルだが「兄貴殺し」が入学できて、「被告人の子供」が入学できないのは、おかしい。

 昨今の大学を巡る経済的な状況はわかっているつもりだ。だが、かっての和光にはいい意味での「インテリは食わねど高楊枝」「学問芸術はやせ我慢」とでも言うべきプライドがあった。

 プライドも無い偏差値も高くない大学には市場経済の中で、哀れな末路しかないだろう。

 やむを得ないか、というほどの思い入れしかすでに「OB」の自分には無い。

松本被告の子が入学できないで
赤軍関係者が入学ができてた
親子関係と兄弟関係の違いなのでしょうか?

「和光大学」って
この松本被告の娘さんの受験にて
東京にはそんな大学あったんだ、、とはじめて知りました。
30年前にも、すでにあったのかしら?


和光を悪玉にするのに、どっかひっかかりを感じます。
アーチャリーが司法試験に受かったら、貴殿は喜んで受け入れます?

西村氏へ

「和光大学を悪玉に?」
悪「玉」という日本語の意味がいまいちよくわかりませんが、
悪というからには、、

せっかく受かった大学なのに、親が犯罪者というだけで
その犯罪には無関係な松本被告の子というだけで、
「あなたは入学ができません」といわれた側と申した側

学びたい精神で、受けた大学なのに、
合格しながら、拒否されたほうのお気持ちは、、
「犯罪者の家族への差別」があるのは日本国らしいですが

和光大学の決断されたことは
紀藤氏が申されるように、和光大学の理念とはかけ離れていますけどね。それならばいますぐにでも、
「和光大学では犯罪者の子供は合格ができても
入学できないこともあります」と理念自体を変更すべきね

和光大学の入学案内に記されている理念を信じ、合格さえできれば、入学できるものと信じて受験したのでしょうから、違いまして?

あとから、、理念を変更するような、、和光大学は
開かれた大学とはかけ離れているように思えますわね。


このサイトの主ホントに弁護士?まともとは思えない引用のしかたして,著作権てのがあるのわかってんの?
それとも正義の味方だから,悪いことしてるやつの権利は無視して良いって言うのかな?
それじゃオウムバッシングして平気でいる奴らと何も変わらないんじゃないの?
和光大から引用の許諾とってんのなら見直してあげるけどね。

「本当に弁護士?」ずいぶん変なご質問ですのね

あららら、、
弁護士でもない方なら、それを名乗ったら司法試験をパスしなければなれないライセンスビジネスですから、犯罪でしょうに。引用も著作権も弁護士なんですからご自分で責任が取れる範囲で行っていますのよ。

BBSなどで書き込み方は一般人も弁護士などの法曹系に方も
ご自分の書き込みに責任が持てると承知しての書き込みではございませんの? 

なんだか、あなたはご自分で無理やり、紀藤氏がオウムバッシングをする方のお仲間にいるくせに、と申したいようですのね。
以前のオウムバッシングはされてあたりまえのことをしてきたわけですから、あの事件でなんとも感じない方がいたのなら
そちらのほうが、おかしくはないですかね?

無差別テロ事件を起こし、多くの被害者が出たケースにもかかわらず、他人のことは関係がないさと事件からなにも感じないというタイプよりはオウムについて語るほうが人間的ではございませんの?

あなたがご心配することはなく、紀藤氏は弁護士ライセンスを持つ
以上は、引用についてもご自分で責任がとれるからこそ
のここでのご紹介ですわよ。

あなたはオウムの無差別テロについてなにも感じなかったですかね? もしあなたもあの無差別テロケースで、多少なりとも怒りを感じた方なら
「テロ」と「和光大学入学」をいっしょにして
考えないとおもいましてよ。

別の問題という意味がおかわりになれば、
なぜ紀藤氏が娘さんの入学拒否をした和光大学に怒りを表しているのか、おわかりになるはず。

松本の娘さん,文教大も受けていたのですね。
合格されていたとは、かなりお勉強されたのがわかりますわね。
やはりそこも入学取り消しとは、

他の大学が決断したから、みたいなコメントで
まだ教団関係者だからと、あれだけの大事件を起こし
裁判沙汰になり、徐々にかわりつつ団体であるのも関わらず
過去の事件を理由に,入学拒否とは、、、

1学生にどこの大学も恐怖心、、
ふーむ日本の大学制度って摩訶不思議な世界ですのね。
団体と個人を一緒に考えて学びたい精神を
なにがなんでもむしり取る、、学問とはなんぞや、、
学びたいのに、学べない、、、そんな差別が
経済大国日本にある事態、、おかしいのでは、、?

文教大学入学できるそうで、良かったですわね。
学びたい方のお気持ちを無視しされないでこそ
学問でしょう。わたくしが同じ文教生なら、彼女にいろんなことを教えてさしあげたいな。

紀藤さんは、そこまで和光大の教育責任・措置等に憤慨・責任追求を言及するなら、無償で担当弁護士となり、三女の入学不許可の取り消し処分の裁判を起こすのが本筋でしょう。口ばかりで行動の伴わなず言動が矛盾しているのに、よく不特定多数が見るHPに堂々と書けますね!弁護士として恥ずかしくないのか?こんな輩が正義の味方の弁護士面して多くのマスコミに登場し、発言する無神経さがおかしい!

>一言さん

矛盾だらけですよ。気がsつきませんこと?
紀藤氏バッシングがしたいためにが見え見えです。

では、
あなたのそれと同じお言葉を公表した
(3女さんの入学うんぬん記事を)
書いた新聞社の記者や、マスコミ関係者の方にも言えますかね?

そこまでいえるのなら弁護士費用を新聞社が負担して
あたりまえだと?

どなたかどんな記事にどんな感想をしようが自由
そこで、「そんなに言うのなら紀藤さんが、3女さんのために
するべきだ、、弁護士だから、?」
3女さんの問題に便乗して、紀藤氏批判をしたいだけが
見えてしまいましたわね。

口だけで行動が伴いなわないのはあなたでしたね

以下の反論の件ですが、紀藤氏をバッシングしたい為としか受け取れない軽薄さに驚きました。

紀藤氏とマスコミの立場の相違を混同していますね。

弁護士という職業の立場を明確にしたHP上で、和光大を批判している訳ですから、それならばその論理・信念を実証する行動の一つとして、無償でも取り消しの裁判をしたらと言っている訳です。実際この件ではないですが、そうした論理・信念の基に、無償で弁護を引き受け裁判をしている弁護士さんはいます。

論拠もまともに理解できないこのような人が、したり顔で反論するとは、厚顔無恥も甚だしいですね。全く恥ずかしい限りです。

「矛盾だらけですよ。気がsつきませんこと?
紀藤氏バッシングがしたいためにが見え見えです。

では、
あなたのそれと同じお言葉を公表した
(3女さんの入学うんぬん記事を)
書いた新聞社の記者や、マスコミ関係者の方にも言えますかね?

そこまでいえるのなら弁護士費用を新聞社が負担して
あたりまえだと?

どなたかどんな記事にどんな感想をしようが自由
そこで、「そんなに言うのなら紀藤さんが、3女さんのために
するべきだ、、弁護士だから、?」
3女さんの問題に便乗して、紀藤氏批判をしたいだけが
見えてしまいましたわね。

口だけで行動が伴いなわないのはあなたでしたね」

便腰・きとう某、なんら実情も知らずに、全くの門外漢のアンタが、無関係な大学に嘴を突っ込むのは止めなさい。大阪くんだりの、田舎便腰めが、、、、。痴漢教員の居る法学部出が偉そうに、、、、恥を知りなさいッ。お前見たいのが事故が起きると、真っ先に、大学の「責任」がどうのと因縁をつけて、金儲けに結び付けるんでしょ。貧乏臭い容貌で嫌いです。返事も要りません。さっさと東京から出て行きなさい。はい、さようなら、、、。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/307041

この記事へのトラックバック一覧です: 和光大学の職責放棄に抗議する!:

» 和光大学の件 [Jam'z View]
教祖の娘、一転入学を不許可 和光大学  和光大学(東京都町田市)がオウム真理教 [続きを読む]

» 和光大学 [ドイケンブログ 妄]
アンタッチャブルのシカゴマンゴを聞いていたらある人を検索したくなって検索したら和光大学という名前が出てきた。こ、こんな大学しらねえ。思い人は表現学部文学科を2003年度におそらく卒業している。計算すると、俺と同い年で、そして、まったく知らなかったけど、俺と同じ道を俺よ... [続きを読む]

« 国際宗教学宗教史会議世界大会 | トップページ | 裁判官訴追委員会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ