フォト

カテゴリー

« これが現実! | トップページ | 外国為替証拠金取引は、賭博です。 »

2004.02.10

アイレディース化粧品(=アイスター)の非常識

■アイスター秘書室長 入所者を元暴力団員に例え宿泊拒否理由を説明:
http://kumanichi.com/feature/hansen/kiji/20040206.1.html

これに対しアイスター側が取った対応は→
【Scan】アイスター、ホテル宿泊問題の抗議メールを個人情報ごと公開


参考:「アイスター」
http://www.ai-star.co.jp/top.html
2004/02/07
新聞に引用されたメールの交信文


プライバシーを暴かれた酒井氏が、めげてないのが救いです。
今後も頑張ってください。

【朝日】宿泊拒否のアイスター、学生の抗議文をHPに掲載

宿泊拒否のアイスター、学生の抗議文をHPに掲載
--------------------------------------------------------------------------------

 熊本県南小国町のホテルがハンセン病歴を理由に国立療養所入所者らの宿泊を拒否した問題で、ホテルを経営する「アイスター」(東京)が8日、大阪市の男子大学生(20)の抗議文を自社ホームページ(HP)に公開した。抗議に対し、同社の秘書室長が入所者らを元暴力団員にたとえて拒否理由を説明する返事を送ったが、この内容が報道され、誤解を避けようとしたという。学生は「事前に連絡はなかった」としている。

 学生は昨年12月、同社長あてに抗議文を出した。秘書室長が、入所者を元暴力団員にたとえ「宿泊客に威圧感と恐怖心を感じさせる」とメールで返送。2月上旬にこの内容が地元の新聞で報道され、「一方的な記事が掲載され、誤解を与えると心配なので交信文を全文掲載する」としてHPに抗議文や秘書室長の返事を載せた。学生の氏名や住所、メールアドレスもそのまま掲載された。

 学生には8日未明、秘書室長から「全文を公開させていただきました」などと説明する内容のメールが届いたという。

 HP掲載後、学生には中傷メールが数通届いた。学生は「事前に公開を了承した覚えはない。人権意識が低い会社と思っていたが、宿泊拒否当時と意識は変わっていない印象を受けた」と話す。

 同社広報室は「(本人の)了解を得たかどうかも含め、会社としてコメントすることはない」と話している。

(02/10 03:06)


■『酒井徹の今週の裏主張』
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2207/sakai/sakaitop.html

« これが現実! | トップページ | 外国為替証拠金取引は、賭博です。 »

人権」カテゴリの記事

コメント

公開されたという個人情報以外の抗議文は
より多くの方にも改めて知っていただくためには
公開されたほうが返ってよかったのではないでしょうか、

それに公開された大学生は、めげることもなく
堂々とされているということなら、ご自分の意見をどなたにも
見られても恥ずべきではないわけでしょうしね。

前向きに考えれば、
住所名前以外の公開は、、
堂々とどこでもご意見としてお出だしになれるはず
ではございませんこと。

こちらのHPをその大学生にご紹介する予定ですの
あなたにも一応つお伝えしておきますわ。
事後承諾だなんていわれないように、

う~む・・・・・・
個人情報保護法の解釈問題に一石を投じたことになりますね。

そもそも、こんな問題は常識の範疇だったわけですが、常識を法で定義しないとは・・・・。
弱ったもんだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1655/182432

この記事へのトラックバック一覧です: アイレディース化粧品(=アイスター)の非常識:

« これが現実! | トップページ | 外国為替証拠金取引は、賭博です。 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ