フォト
無料ブログはココログ

バックナンバー

カテゴリー

2015.04.25

日本のテロへの備えの甘さが浮かび上がる「ドローン事件」の真相=容疑者のブログ「ゲリラブログ参」に一部始終が掲載されていた!

ドローン事件で、警視庁に、本日2015年4月25日逮捕された山本泰雄容疑者(福井県小浜市青井)のブログは、出頭する直前の昨日2015年4月24日まで更新されています。

なんとアップされた、記事を追うと、官邸のセキュリティのなさだけでなく、管理されていないといけないはずの、放射能汚染土が、福島で全く放置され、テロや犯罪に使われかねない状態にあることが、わかります。

しかも実際に「見えない武器」として、高浜町に使用されています。

見えない武器3 (03/14)

高浜町議会同意 (03/20)

第1の矢 (03/25)

結果として、高浜事件は、事件になっていないだけです。

今回のドローン事件が、真に悪意のあるテロリストのしわざで、なかったことが、本当に、運がよいくらいです。

集団的自衛権、憲法改正、太平洋戦争の戦禍に謝罪するか否かの議論など、正直、机上のことにばかりにかまけて、現実の、具体的なテロに対する安倍政権の甘さが、浮き彫りになっています。

今回のドローン事件は、

1 首相官邸のテロへの備えの甘さ

 ⇒たとえば首相官邸の屋上管理の問題(⇒<ドローン>官邸屋上1カ月点検なし…警備を強化 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース.毎日新聞 4月23日(木)21時50分配信)。

2 原子力発電所及びその事故後の対応のテロへの備えの甘さ

の2点を、明らかにしています。

そもそも原子力発電を進める政策は、テロとの戦いの最前線であり、日本の原子力発電所のテロへの脆弱性は、米国に比較しても、あまりにも弱いです。

発電所を守るのが、第一次的に「警察」では、テロへの備えとしては、不十分で、原子力発電所を本当に稼働させるなら、ふだんから自衛隊で守ってもよいくらいです。

今回のドローン事件は、オウム真理教事件でさえ、いまだに総括できない、日本政府と、そして野党を含む我が国の議会の平和ボケのような甘さを、教えています。

[参考]

■地下鉄サリン事件20年の節目にテロとの戦いに思う!=「オウム真理教事件(1995年)」の失敗を学んだ「IS(イスラム国)」と、失敗に学ばない「日本国」: 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版.2015.03.19

Twitter⇒たとえばテロ対策だと日本は世界で一番脆弱な国=小泉氏はまた「日本は世界一厳しい安全基準を持っているというが、アメリカやフランスなどと比べどこが一番厳しいのか、ひとつも説明していない=「小泉元首相、改めて原発ゼロに向けた政治決断訴え」 http://t.co/ySPwllMmky .23:07 - 2015年2月17日

◇以下山本容疑者のブログより

ゲリラブログ参. 2014.07.14~2015.4.25

最新記事

月別アーカイブ


ニューオータニの360度回転レストラン「VIEW & DINING THE Sky」で集団食中毒

びっくりなニュースです。今日発表されたようです。

場所は、ニューオータニの旧館最上階の360度回転する名物レストラン「VIEW & DINING THE Sky」

17階ですが、ニューオータニの周りには比較的高層ビルがありませんので、6度を1分ほどで回って、1時間ほど、食事していれば、東京の全貌が一望できます。

しかも料理もバイキング形式で取ってもおいしいです。

僕の麹町の事務所から近いレストランとして、昔はよく行っただけに、とても残念です。

[参考]

ニューオータニで集団食中毒(2015年4月24日(金)掲載) - Yahoo!ニュース=(2015年4月24日(金)掲載)

 ホテルニューオータニ(東京都千代田区)は24日、本館17階のレストラン「VIEW & DINING THE Sky」で集団食中毒が発生したと発表した。症状が確認されたのは14人で、いずれも軽症という。千代田保健所はレストランに対し、24~28日の5日間の営業停止を命じた。 (時事通信)

・ニューオータニのお詫び
http://www.newotani.co.jp/tokyo/oshirase/201504_01.html

最近、検索されないように、お詫びを、あえて画像ファイルにしてあることが多いのですが、ニューオータニともあろうものが、画像処理していることは、さらに、とっても残念です。

インターネット時代は、不祥事のニュースは、時間がたっても隠しても隠しきれないので、お詫びも、きちんとその間は、ネットに残っていった方が、悪い記事だけ浮き草のように残るより、かえってよいし、潔いです。

・「VIEW & DINING THE Sky」
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/sky/

2015.04.23

ついにFC2幹部が逮捕=海外に拠点を置く動画投稿サイトの運営側の摘発はインターネット史上初

昨年2014年9月30日の家宅捜索から、ようやく半年以上の捜査期間を経て、「FC2」に対し、ついに公然わいせつの疑いで、逮捕者が出る事態となりました。

報道によると、「京都、三重、島根、山口、高知の5府県警合同捜査本部は23日、公然わいせつの疑いで、大阪市北区中之島のインターネット関連会社「ホームページシステム」代表、足立真容疑者(39)」と、「同社の元社長で相談役、高橋人文(ともん)容疑者(38)=同市福島区福島=」を逮捕し、「高橋容疑者は、FC2の創業者の実弟」だとのことです。

京都、三重、島根、山口、高知の5府県警の合同捜査本部による捜査であることから見ても、警察としては本腰の、大がかりな捜査であることがわかります。

この逮捕で、FC2の全容等が、解明されることになるでしょうが、高橋容疑者の兄など、さらに逮捕者が出るのか、についても興味深いところです。

「海外に拠点を置く動画投稿サイトの運営側の摘発は全国初」ということですので、ベッコアメ事件(1996年2月、インターネット史上、最初の逮捕事件と評価されるもの=わいせつ図画公然陳列罪で有罪)と同様、我が国のインターネット史に残る逮捕事件になると思います。

なおベッコアメ事件については、1998年の拙稿:弁護士紀藤正樹のLINC/インターネット犯罪の系譜.MacFan1998年11月1日号=をご覧ください。

なお「海外サーバーにアップロードすれば逮捕されない」などという都市伝説は、既に、大阪府警が、1997年2月に、海外サーバーに猥褻画像をアップロードしたという事件にメスを入れたことから見ても、嘘であることがわかります。

さらにこの点の詳しい論考は、実は、紀藤は、1997年11月という時点で、本を書いています。
絶版ですが、本は入手可能ですので、ぜひ、詳しくは、そちらをお読みください。

単行本: 230ページ
出版社: ベストセラーズ (1997/11)
ISBN-10: 4584183139
ISBN-13: 978-4584183137
発売日: 1997/11
商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm


ちなみに、FC2は、表向きは、ネバダ州に本社を持ち米国人が代表者とされ、米国に企業があるとされていましたが、会社が海外にあることなどを理由に、ネット上では、日本法を無視した、わいせつだけでなく、名誉き損・プライバシー侵害なども含めて、何でもありの状態、言わば「表現の自由万能論」教団と化していました。

FC2については、既に、家宅捜索の翌日に、僕のブログに、記事をアップしていますので、そちらも合わせてご参照ください。


弁護ついにFC2に法のメスが!>公然わいせつほう助容疑 大阪のネット会社「株式会社ホームページシステム」に家宅捜索 (1/2)=•弁護士 紀藤正樹 Masaki kito=2014年10月02日 00:03

もと記事⇒ついにFC2に法のメスが!>公然わいせつほう助容疑 大阪のネット会社「株式会社ホームページシステム」に家宅捜索: 弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版.=2014.10.01


[参考]

FC2幹部逮捕 創業者の実弟も逮捕 「事実とは違う」と容疑を否認 (産経新聞) - Yahoo!ニュース=4月23日(木)12時16分配信

 動画投稿サイト「FC2動画」で性行為のライブ配信に関与したとして、京都府警などの合同捜査本部は23日、公然わいせつの疑いで、大阪市北区中之島のインターネット関連会社「ホームページシステム」代表、足立真容疑者(39)=大阪市天王寺区清水谷町=に加え、同社の元社長で相談役、高橋人文(ともん)容疑者(38)=同市福島区福島=についても逮捕した。

 京都府警によると足立容疑者は「間違いです」、高橋容疑者は「事実とは違う」といずれも容疑を否認している。海外に拠点を置く動画投稿サイトの運営側の摘発は全国初という。

 捜査関係者によると、高橋容疑者は、FC2の創業者の実弟。

 FC2は米国・ラスベガスに本社があるとされ、外国語でのサービスも展開しているが、日本語のページのみに広告が表示されることなどから、日本向けに運営している会社が存在する可能性が高まり、ホームページシステムが浮上した。

 その後の捜査で捜査本部は、日本国内では実質的に同社がFC2を運営していたとの疑いを強め、昨年9月、公然わいせつ幇助(ほうじょ)容疑で同社などを家宅捜索。押収資料の精査などを通じて運営への関与を裏付け、2人の逮捕に踏み切った。


性行為ライブ配信にメス…犯罪のインフラ「FC2動画」の実質的運営者を逮捕:イザ!=産経新聞2015.4.23 10:13

 わいせつな動画や著作権法違反にあたる映像などが投稿される事件が相次いでいる動画投稿サイト「FC2動画」で、性行為のライブ配信に関与したとして、京都、三重、島根、山口、高知の5府県警合同捜査本部は23日、公然わいせつの疑いで、大阪市北区中之島のインターネット関連会社「ホームページシステム」代表、足立真容疑者(39)を逮捕した。捜査関係者によると、容疑を否認している。さらに関係者の逮捕状を取っており、容疑が固まり次第逮捕する。捜査本部は同社がFC2の日本側の実質的な運営者とみており、運営の実態解明を進める。

 捜査関係者によると、足立容疑者は昨年6月、FC2で性行為をライブ配信した男(31)=公然わいせつ罪で有罪確定=と共謀し、わいせつな動画を不特定多数に閲覧可能な状態にした疑いが持たれている。

 捜査本部は昨年9月、男の配信を手助けしたとして公然わいせつ幇助(ほうじょ)容疑で同社などを家宅捜索。FC2は米国の法人が運営しているとされていたが、日本国内では同社が実質的に運営していたとみて調べていた。

 法人登記によると、同社は前身である有限会社が平成14年に設立され、20年に株式会社化。資本金は1億円で、インターネットを利用した情報提供サービスやサーバーの設置・管理などを行っているとされる。

2015.04.15

あいつぐ飛行機事故も”消費者問題”であると言う認識が日本でも必要=危険な航空会社&LCC「安全・要注意」格付けランキングを見る!

電車に乗る、バスに乗る、タクシーに乗る、飛行機に乗る、いずれも乗客は消費者、サービスの提供者は事業者であり、乗車契約は、当然に消費者契約であり、消費者契約法の適用もある。

したがって、航空機事故も当然に、消費者問題であり、国交省の所管だけでなく、消費者庁の所管対象でもある。

航空会社の安全度やサービスの質を調べ、格付けする、オーストラリアの航空会社格付けウェブサイト「Airline Ratings.com」は、世界449の航空会社の安全性等を1~7つ星で評価。毎年初めに「安全な航空会社トップ10」、「安全な格安航空会社トップ10」などを発表している。今年1月にも、2015年の最も安全な航空会社の上位10社を発表している。

なおAirline Ratings社のTwitter も参考になる。

LCCへの不安や、飛行機事故が相次ぐ中で、消費者による監視のためにも、こうしたサイトは、日本でも、必要だろうと思う。日本は、消費者参加型のランキングサイトは数々あるが、プロの目による消費者の視点から見たランキングサイトがほとんどないのは、憂うべき国である。

どなたか(会社も含む)、日本でも、こうしたサイトを、作ってもらえないだろうか?

消費者にとって、飛行機選びに非常に有用だと思うのは、僕だけでないだろうし、こうしたサイトは、日本の航空会社の安全対策強化への心理的契機を生むことにもなろう。

ちなみに2015年4月14日に広島空港で、事故をおこしたアシアナ航空は、今回の事故を受けてか、「Airline Ratings.com」によると、安全性評価が「ペンディング」とされている。つまりランク外の航空会社である。

その事実を、私たち消費者は、知らされていない。

以下は、同サイトの今年1月6日の記事(World's Safest Airlines for 2015)と、同サイトの記事の内容を日本語として記事化した、危険なのは?航空会社&LCC「安全・要注意」格付けランキング:イザ!=2015.04.10の記事を参考に、参考として、まとめたものである。


安全性を評価された「航空会社」トップ10は?

1位は、自国のオーストラリアのカンタス航空で、若干、手前味噌な感があるが、自国に就航しているキャセイやシンガポール航空もトップ10に入っている中で、日本の日本航空、全日空は、トップ10にも入っていない。

 ⇒参考記事:カンタス航空が最も安全 格付けサイトが発表 日本の航空会社は上位10社に入れず〔産経ニュース〕=2015.1.7 16:31更新

社名
○1位 カンタス航空 オーストラリア
ニュージーランド航空 ニュージーランド
ブリティッシュ・エアウェイズ イギリス
キャセイパシフィック 香港
エミレーツ航空 アラブ首長国連邦
エティハド航空 アラブ首長国連邦
エバー航空 台湾
フィンランド航空 フィンランド
ルフトハンザ航空 ドイツ
シンガポール航空 シンガポール
※1位除きアルファベット順

そのほか“最高”の7つ星=149社

「エアライン評価」が評価する449社中、最高の7つ星となった会社は、日本の日本航空、全日空を含む149社

日本航空
全日空

さらに

安全性を評価された「LCC」トップ10

社名
エアリンガス アイルランド
アラスカ航空 米国
アイスランド航空 アイスランド
ジェットブルー 米国
ジェットスター オーストラリア
クルラ航空 南アフリカ共和国
トーマス・クック航空 イギリス
TUIフライ ドイツ
ヴァージン・アメリカ 米国
ウエストジェット航空 カナダ
※アルファベット順

格安航空の上位10社に目を向けると、米国からジェットブルーなど3社が選ばれた。カンタス航空子会社のジェットスターも高評価である。

以下は、3つ星以下…評価が低い「要注意の航空会社」であるが、ガルーダ・インドネシア航空(日本航空とのコードシェア便もある)、ネパール航空など、有名な航空会社もあるので、またびっくりでもある。


{参考}
アシアナ航空 安全姿勢に疑問(2015年4月15日(水)掲載) - Yahoo!ニュース=以下一部引用

 アシアナ航空は、平成21年、関西国際空港で着陸に際し、機体後部を滑走路に接触させる事故を起こしている。23年には、韓国の済州島沖で貨物機が墜落し乗員2人が死亡。25年には、米サンフランシスコ国際空港で着陸時に護岸に接触させるなどした炎上事故も起こした。この際は、米運輸安全委員会(NTSB)は機長らの操縦ミスなどが原因とする調査結果を示している。


2015.04.08

衝撃!消費者庁の注意喚起!>なんと過去5年で、市販の総合感冒薬で8人が死亡

消費者庁が、本日2015年4月8日付で、市販薬の副作用についての注意喚起を行っています。

「市販薬の副作用で重症化することも!初期症状が出たら医師、薬剤師に相談しましょう[PDF:536KB]」

Drug_3


驚くことに平成21年度~25年度の過去5年で、市販の風邪薬で死んだ人が8人、後遺症が残るなどの重傷者が9人も出ているようです。全体では15人の死亡が確認されています。

余りにも衝撃的な数字です。

消費者庁によると、

薬局やドラッグストア、インターネットなどで購入できる風邪薬などの一般用医薬品でも今回紹介するような死亡に至る又は後遺症が残る副作用が起こる場合もあります。しかし、一般用医薬品の副作用症状についてはまだ多くの人に知られておらず、副作用の発見が遅くなるおそれがあります。 「副作用の初期症状」を知っていただき、症状に気付いたらすぐに医師、薬剤師に相談しましょう。また、薬局などで一般用医薬品を購入する時には、薬剤師や登録販売者にアレルギーの有無や副作用の経験、持病、及び、併用している薬を伝えて相談し、副作用の説明を受けましょう。

とのことですが、どう注意したらよいのでしょう。

現実的な対応策は難しいです。

やっぱり薬はできるだけ頼るなと言うことしかないと思います。

ちなみに僕は、だからと言ってはなんですが、ふだんから、市販薬も含め、薬はほとんど飲みません。薬に頼る生活をすると、体の本来持つ耐性が奪われていくような感じがするからです。

同様な理由で、ビタミン剤や栄養ドリンクもほとんど飲みません。

薬の効用を否定するわけではありませんが、できるだけ、薬に頼らない努力をしています。


{参考}
「ご注意ください!」情報 | 消費者庁

かぜ薬など市販薬の副作用、5年で15人死亡(TBS系(JNN))= 最終更新:4月8日(水)19時33分

 かぜ薬など市販されている薬の副作用とみられる症状で、5年間に15人が死亡していることがわかりました。

 消費者庁によりますと、去年10月までのおよそ5年間で、市販されている薬の副作用とみられる発熱や肝臓障害、皮膚のただれなどの症状が出た人は1225人で、うち15人が死亡していたということです。死亡した人が服用した薬で最も多かったのはかぜ薬で、次いで解熱鎮痛剤となっています。

 市販薬の副作用件数は3年前に厚労省が公表していますが、消費者庁としては、改めて消費者に注意を呼びかけたいとして、最新の状況を公表しました。


«必見のソース=これはもはやニュースでしょう>なんとスーパーマリオブラザーズ30周年! 

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント