フォト
無料ブログはココログ

バックナンバー

カテゴリー

2014.10.01

ついにFC2に法のメスが!>公然わいせつほう助容疑 大阪のネット会社「株式会社ホームページシステム」に家宅捜索

ようやくですが、2014年9月30日は、インターネット史上、ある意味で、歴史的な日となったので、記録しておきます。

FC2は、表向きは、ネバダ州に本社を持ち米国人が代表者とされ、米国に企業があることを理由に、ネット上では、日本法を無視した、わいせつだけでなく、名誉き損・プライバシー侵害なども含めて、何でもありの状態の、言わば「表現の自由万能論」教団と化していたのですが、ついにこの「FC2」に、法のメスが入ろうしています。

実質的な代表者は日本人で、ロサンゼルスに住み、この間、摘発逃れをしてきましたが、京都府警サイバー犯罪対策課など5府県警の捜査は、どこまで伸びるのでしょうか。

以下の毎日新聞の記事によると、「FC2は、2000万人の視聴者を抱える大手動画サイトで、1999年に設立。運営法人は米ラスベガスにあるとされる。府警は、ホームページシステムが事実上運営するダミーの法人とみて捜査を進める方針」だとのことです。

捜査の結果次第では、名誉き損やプライバシー侵害の被害者にとっては、朗報です。

捜査の進展を大きく期待しています。

ところで、実は、このFC2の会社の実態は、既にその一部がwikiでも明らかにされています。

wikiによると、

「運営会社=FC2は米国法人とされているが、2006年の雑誌『Yahoo! Internet Guide』5月号に掲載された代表の高橋理洋のインタビュー記事によると、2006年時点では兄の高橋理洋と弟の高橋人文の2人が中心になって運営がされており、正社員は17名で、ほかに非常勤スタッフが約30名いるとしている。Webサービスのアクセス数の95%は日本からである。広告代理店は株式会社ホームページシステムである。」とされています。


[参考]=下線と太字は紀藤
高橋理洋氏のフェイスブック

・今回家宅捜索を受けた株式会社ホームページシステムの事業内容→「メディアレップ事業 オンライン広告の各種取次 米国fc2.inc 日本国広告代理店

・今回家宅捜索を受けた株式会社ホームページシステムの会社概要 

設立日
 2002年 1月
所在地
 大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館21階
※2013年4月社屋移転いたしました。
電話番号
 06-6449-4000
事業内容  電子コミック配信事業 システム設計・開発サービス メディアレップ事業 ITコンサルティングサービス google apps 正規代理店
資本金 1億円
代表  足立 真
従業員数 130人(2014年6月現在)
主要取引先 
 FC2,Inc.(アメリカ・ラスベガス)
 Google株式会社
 ヤフー株式会社
 株式会社サイバー・コミュニケーションズ
 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 トランスコスモス株式会社
 株式会社オプト
 GMO アドパートナーズ株式会社
 株式会社マイクロアド
 アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社
 ユナイテッド株式会社


{参考記事}
<FC2>公然わいせつほう助容疑 大阪のネット会社捜索 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
毎日新聞 9月30日(火)12時11分配信

 大手動画配信サイト「FC2」で性行為の生中継を手助けしたとして、京都府警サイバー犯罪対策課など5府県警は30日午前、サイトの運営にかかわる大阪市北区中之島3のネット通信会社「ホームページシステム」など数カ所を公然わいせつほう助容疑などで家宅捜索した。

 わいせつ動画の配信で、投稿者側ではなくサイトの運営者側を摘発するのは極めて異例。

 FC2は、2000万人の視聴者を抱える大手動画サイトで、1999年に設立。運営法人は米ラスベガスにあるとされる。府警は、ホームページシステムが事実上運営するダミーの法人とみて捜査を進める方針。

 捜査関係者によると、捜索容疑は今年6月、大阪市北区豊崎4、自称ライブチャット配信業、松本隆志被告(31)=公然わいせつ罪などで公判中=と兵庫県宝塚市の女子短大生(当時19歳)が松本被告宅で性行為をし、わいせつ動画を不特定多数のユーザーに有料で即時閲覧させるのを手助けした、としている。

 動画は有料会員向けの「FC2ライブ」と呼ばれるサイトで中継され、動画の投稿者にも報酬が入る仕組み。府警はFC2側から松本被告に少なくとも3070万円が入金されたことを確認。違法行為を容認していた可能性が高いと判断し、捜索に踏み切った。

 FC2を巡っては、わいせつ動画や著作権法に違反する動画配信が相次ぎ、警視庁や大阪、京都両府警など各地の警察が、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列容疑や著作権法違反容疑で投稿者を相次いで逮捕するなどしている。【岡崎英遠、土本匡孝、宮川佐知子】

参考

  • ★FC2の会社概要http://fc2.com/company.html



  • 会社名 FC2, INC.
    所在地 4730 South Fort Apache Road Suite 300 Las Vegas, NV89147
    業務概要 ドメイン販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発
    ホームページ http://fc2.com/
    E-mail fc2 @ fc2.us     お問い合わせはこちら
    代表者 DEREK G ROWLEY
    設立 1999年7月
    取引銀行 Bank of America

  • 会社沿革

    1999年 7月
    • FC2, INC. 設立
    • ホスティングサービス開始
    2001年 2月
    2001年 4月
    • すごいカウンターサービスを開始
    2002年 2月
    2002年 7月
    2003年 1月
    2003年 2月
    2003年 5月
    2003年 7月
    2003年 11月
    2004年 5月
    2004年 9月
    2004年 10月
    2004年 11月
    2005年 2月
    2005年 3月
    • 無料ブックマークサービスを開始
    2005年 8月
    2006年 1月
    2006年 4月
    2006年 7月
    • FC2マイサーチサービスを開始
    2006年 8月
    2006年 10月
    • SEOリンクサービスを開始
    • FC2キーワードサービスを開始
    2007年 2月
    2007年 5月
    2007年 7月
    2007年 8月
    2007年 10月
    2007年 11月
    2008年 4月
    2008年 5月
    2008年 6月
    • FC2クリエイターサービスを開始
    2008年 7月
    2008年 8月
    2008年 11月
    2009年 1月
    2009年 2月
    2009年 4月
    2009年 5月
    2009年 7月
    • FC2カウンター(韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語)
    2009年 8月
    • FC2バックアップサービスを開始
    2009年 9月
    • FC2動画(英語、簡体字、繁体字、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語)
    2009年 10月
    2009年 12月
    • FC2アクセス解析(英語、簡体字、繁体字、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語)
    2010年 4月
    2010年 6月
    • FC2拍手(英語、簡体字、繁体字、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語)
    • FC2 Appsサービスを開始
    2010年 7月
    • FC2BBS(英語、繁体字、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語)
    2010年 8月
    2010年 9月
    • FC2ノウハウ(英語、繁体字、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語)
    2010年 10月
    2011年 1月
    2011年 4月
    • FC2 SNS(英語、繁体字、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語)
    2011年 6月
    • ひまわり動画のサイト運営権を譲受
    • FC2 Apps(英語、簡体字、繁体字、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語)
    2011年 9月
    2011年 12月
    2012年 1月
    2012年 2月
    2012年 3月
    2012年 4月
    2012年 5月
    2012年 7月
    2012年 8月
    2012年 9月
    2012年 11月
    2012年 11月
    2013年 1月
    2013年 2月

    2014.09.24

    福島原発事故重要資料=政府事故調査委員会ヒアリング記録 - 内閣官房=平成26年9月11日公表

    公開資料政府事故調査委員会ヒアリング記録 - 内閣官房=平成26年9月11日公表

    なお公表された記録は、いわゆる「吉田調書」も含めて、、19人分1300頁という膨大なものです。 但しそれでも「政府の事故調査・検証委員会が事故関係者772人から計1479時間にわたって聞いた記録」」のごくごく一部にすぎません。

    これらの調書は、原発事故の真実、そして予防を考えるうえでの一級の資料であり、我々の税金で集めた資料です。

    朝日新聞の問題で、この問題の本質から離れて行ってしまっている感がぬぐえませんが、とにかく国民、日本の未来のためにも、早期の全面公開が必要です。

    shine裁判

    関心のある方は、ぜひ傍聴を!

    one僕が弁護団長をつとめる東京都民・東電慰謝料請求訴訟

    次回の期日は、9月30日(火)午後2時
    東京地裁:615法廷(6階)

     裁判後、弁護団が裁判の解説をしますので、お時間のある方は、裁判終了後、廊下でお待ちください。

    その次は
    11月18日(火)午後1時30分に、証人尋問の時間として仮に設定されました。いずれも、615法廷

    two河合弘之弁護士が弁護団長。僕も弁護団に参加する東電株主代表訴訟

    いよいよ期日は来週

    開始時間がいつもと異なり11時からになります。ご注意ください。

    9月25日(木)第13回口頭弁論期日&報告・学習会

    東京地裁:103号法廷(1階)

    その後、報告集会&学習会


    -------------------------------------------------------------------------------------

    被聴取者
    聴取日時
    聴取内容
    聴取結果書
    氏名
    調書上の所属
    池田 元久 元経済産業副大臣 2012/2/9 事故対応全般について (PDF:4,015KB)
    枝野 幸男 経済産業大臣(事故当時は内閣官房長官) 2012/3/25 事故対応全般について (PDF:7,084KB)
    海江田 万里 民主党衆議院議員(元経済産業大臣) 2012/2/8 事故対応全般について (PDF:3,714KB)
    元経済産業大臣 2012/2/13 事故対応全般について (PDF:3,287KB)
    菅 直人 衆議院議員(事故当時は内閣総理大臣) 2012/4/3 事故対応全般について (PDF:7,378KB)
    北澤 俊美 民主党参議院議員(事故当時は防衛大臣) 2012/5/31 事故対応全般について (PDF:1,066KB)
    近藤 駿介 原子力委員会委員長 2012/2/1 最悪シナリオについて (PDF:1,281KB)
    内閣府 原子力委員会委員長 2012/2/1 外的事象のリスク及びAMの認識、外的事象PSAの技術水準等について (PDF:5,206KB)
    原子力委員会委員長 2012/4/16 1.不測事態シナリオ、日米協議について
    2.PSA、外部事象のリスク、AMについて
    (PDF:11,004KB)
    首藤 伸夫 東北大学名誉教授 2011/7/6 首藤名誉教授の原発安全審査への関わり、土木学会原子力土木委員会津波評価部会における議論等 (PDF:635KB)
    2011/9/29 H23.8.17付け毎日新聞(夕刊)記事及び原子力発電所の津波対策について (PDF:422KB)
    鈴木 篤之 日本原子力研究開発機構理事長(元原子力安全委員長) 2012/3/8 委員長を務めて感じた、安全委員会の問題点及びそれに対してどのような対策に取り組んだか (PDF:1,686KB)
    鈴木 寛 民主党参議院議員(事故当時は文部科学副大臣) 2012/2/23 モニタリング、SPEEDIについて (PDF:3,675KB)
    2012/3/7 モニタリング、SPEEDI、校庭の利用基準について (PDF:3,404KB)
    髙木 義明 衆議院議員(元文部科学大臣) 2012/1/31 モニタリング、SPEEDI、校庭の利用基準について (PDF:3,442KB)
    中野 寛成 民主党衆議院議員 2012/5/8 3月11日の官邸5階での協議、緊急時被ばく線量限度の引き上げについて (PDF:172KB)
    長島 昭久 民主党衆議院議員 2012/2/2 日米協議、放射線被ばく線量限度500mSvへの引き上げ検討について (PDF:4,016KB)
    福山 哲郎 民主党参議院議員(事故当時は内閣官房副長官) 2012/2/15 事故対応全般について (PDF:8,461KB)
    2012/2/28 事故対応全般について (PDF:4,217KB)
    藤城 俊夫 財団法人高度情報科学技術研究機構 参与 2012/3/29 平成18年当時の原安委防災指針検討WGにおける防災指針改訂に係る議論等について (PDF:2,410KB)
    細野 豪志 環境大臣/原子力発電所事故収束・再発防止担当大臣/内閣府特命担当大臣(原子力行政) 2011/12/14 事故対応全般について (PDF:8,125KB)
    環境大臣(事故当時は内閣総理大臣補佐官) 2012/5/31 不測事態シナリオ、原子力規制委員会の態勢について (PDF:699KB)
    松浦 祥次郎 公益財団法人原子力安全研究協会評議員会長
    (財団法人核物質管理センター会長(非常勤)兼務)
    2011/8/2 アクシデントマネジメント、リスク情報の活用等 (PDF:3,775KB)
    松本 宜孝 内閣府 政策統括官(防災担当)付参事官(災害応急対策担当)付業務担当主査 2012/1/16 原災本部長の権限の一部委任について (PDF:883KB)
    森山 善範 原子力安全・保安院災害対策監 2011/9/13 汚染水、統合対策本部における広報について (PDF:801KB)
    経済産業省 原子力安全・保安院 原子力災害対策監 2011/10/18 原子力安全・保安院による津波対応について (PDF:682KB)
    吉田 昌郎 東京電力福島第一原子力発電所長 2011/7/22 事故時の状況とその対応について (PDF:7,010KB)
    2011/7/29 事故時の状況とその対応について (PDF:7,170KB)
    2011/8/8
    2011/8/9
    事故時の状況とその対応について  1 (PDF:3,639KB)
    事故時の状況とその対応について  2 (PDF:3,514KB)
    事故時の状況とその対応について  3 (PDF:3,513KB)
    事故時の状況とその対応について 4 (PDF:6,870KB)
    事故時の状況とその対応について (資料) (PDF:5,298KB)
    2011/8/9 汚染水への対応について (PDF:536KB)
    2011/10/13 高濃度汚染水の存在についての3月24日以前の想定について
    4月4日統合本部会議における発言の趣旨・背景について
    (PDF:625KB)
    2011/11/6 事故時の状況とその対応について (PDF:7,481KB)
    2011/11/6 事故時の状況とその対応について (PDF:4,233KB)

    [参考]
    弁護士紀藤正樹 @Masaki_Kito @masaki_kito 9月11日

    「ありがとう!ハフィントンポスト日本版さん!!!!ぜひほかも!>吉田調書・全文をテキスト化 政府が公開したテキスト埋め込みがされていない400ページ超のPDFファイルを、機械読み取りでテキストデータ化した。http://t.co/WoypT6W3Hw @HuffPostJapan」

    なおハフィントンポスト日本版のテキスト化は不十分であるため、現在公表された記録の全PDFにつき、テキスト創出版のPDF作成のプロジェクトをおこなっています。

    どなたかご協力を願えませんか?

    ・このブログ=マスコミの"誤報”問題を考える-朝日新聞、佐村河内、ASKAまで =2014年9月24日修正 2014.09.12

    吉田調書等は、朝日新聞が最初にこの問題を報じなければ、その公開は、10年以上、遅れたと思います。調書は、原発事故を考えるうえでの、一級の資料の一つであり、我々の税金で集めた資料です。この時期、公開されたことは、原発訴訟に関わるものとして、とにかく結果としては、本当に良かったと思いますし、この点は、国民、そして日本という国に大きく貢献したと思います。


    2014.09.19

    日本人は、もっとこの映画を宣伝しないといけない!>映画「日本と原発」 私たちは原発で幸せですか? 弁護士河合弘之 初監督作品

    映画「日本と原発」 私たちは原発で幸せですか?

    弁護士河合弘之 初監督作品

    2014/11/8から自主上映『シネマート六本木』3階シネマートホールにて


    {参考}
    河合弘之弁護士インタビュー(その1)「原発差止め訴訟で20連敗し続けた理由」‐シリーズ「3・11以降を生きる」|マガジン9


    shine裁判

    関心のある方は、ぜひ傍聴を!

    one僕が弁護団長をつとめる東京都民・東電慰謝料請求訴訟

    次回の期日は、9月30日(火)午後2時
    東京地裁:615法廷(6階)

     裁判後、弁護団が裁判の解説をしますので、お時間のある方は、裁判終了後、廊下でお待ちください。

    その次は
    11月18日(火)午後1時30分に、証人尋問の時間として仮に設定されました。いずれも、615法廷

    two河合弘之弁護士が弁護団長。僕も弁護団に参加する東電株主代表訴訟

    いよいよ期日は来週

    次回口頭弁論期日と、報告集会&学習会のお知らせを再掲します。
    開始時間がいつもと異なり11時からになります。ご注意ください。

    9月25日 第13回口頭弁論期日&報告・学習会

    東京地裁103号法廷

    2014.09.18

    高齢者詐欺・早期警戒情報!>政府広報がよくてきていますので拡散します>危機的状況=特集-家族みんなで防ごう!高齢者詐欺!:政府広報オンライン

    特集-家族みんなで防ごう!高齢者詐欺!:政府広報オンライン.

    振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺などの被害は年々増加

    "特殊詐欺"とは、被害者に電話をかけるなどして対面することなく欺き、指定した預貯金口座への振り込みやその他の方法により、不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪の総称です。その代表的なものが振り込め詐欺と言われている、オレオレ詐欺や架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺です。

    平成25年の特殊詐欺の状況については、認知件数が11,998件、被害総額が約489億円と、いずれも前年に比べ大きく増加しています。"認知件数"とは警察において把握している被害の件数であり、誰にも相談せず、どこにも届け出をしていないような被害者も含めると実際はこの数字をはるかに上回るとされています。

    特殊詐欺の認知・検挙状況

    平成22年平成23年平成24年平成25年
    認知件数6,888 7,216 8,693 11,998
    被害総額約112億円 約204億円 約364億円 約489億円
    検挙件数5,189 2,556 2,990 3,419
    検挙人員686 923 1,523 1,774

    (資料:平成25年の犯罪情勢)


    なお
    警察庁の2014年8月7日発表の
    平成26年上半期の特殊詐欺認知・検挙状況等について」=PDFによると、

    特殊詐欺全体の認知件数は、さらに、前年同期に比べ14.4%増加し、被害総額は26.5%増加しています。

    被害総額は268億2,950万円(26.5%)、既遂事件1件当たりの被害金額は472万円ということです。

    このままでは今年全体の予想で見ると、このままのペースで行けば、500億円を超える過去最大のハイペースとなっています。

    要注意です!


    2014.09.17

    備忘録:IT用語「MDM=Mobile Device Management=モバイルデバイス管理」ツール とは?

    携帯端末にまつわる個人情報の流出事件=最近の大事件

    ⇒米オスカー女優のジェニファー・ローレンス(24)や米歌手、リアーナ(26)ら100人を超える人気女性スターのヌード写真や動画がインターネット上に流出

    ジェニファーらのヌードがネットに大量流出 「iCloud」ハッキング被害 - 芸能 - ZAKZAK 2014.09.02

    この事件は、米アップルのクラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」がハッキングされた。

    企業にとって、「MDM=Mobile Device Management=モバイルデバイス管理」ツールが、必要とされるゆえんだ。


    モバイルフォン利用にまつわる個人情報流出の時代に、モバイル端末の集中管理がますます必要となっている。

    [参考]

    基礎から学ぶ「MDM(モバイルデバイス管理)ツール」の選び方 | ビジネスネットワーク.jp.


    企業がスマートフォン/タブレットを活用するうえで、必須の管理ツールとなるのがMDM(Mobile Device Management)だ。

    ・・・・・・・

    MDMがなければ、端末導入時の設定も、展開後の設定変更の際にも、さらに業務アプリやファイルを配布するにも、その都度、端末を回収してPCにつないでは1台ずつ作業を行うしかない。こうした作業を遠隔から一括で行うことで、端末・アプリ管理の作業負荷は劇的に改善する。

    2014.09.12

    マスコミの"誤報”問題を考える-朝日新聞、佐村河内、ASKAまで =2014年9月24日修正

    朝日新聞の誤報問題が世間を賑わせていますが、マスコミは、期せずして誤報する場合もあります。

    誤報は、客観的には「嘘」ですが、嘘にも、当然に、故意のものから過失のものまで、過失も「重い」ものから「軽い」ものまで、様々なものがあり得ます。

    故意の誤報も、記者のやらせ報道は故意の誤報の一つですが、マスコミという会社自体から見れば、通常は、過失の誤報になります。

    現場で、マスコミとかかわり、また報道被害の問題に携わる弁護士としては、

    問題は、個々の誤報の性質や誤報に至る経過=事実認定であり、そこが、とても気になります。

    ここで、例として、引用するのは、サンデー毎日の2013年7月7日号の目次です。昨年のものです。

    クリックするとpdfがダウンロード↓
    Asukaetc_4

    今となっては、びっくりする記事が二つ出ています。

    ASKAと、佐村河内氏の記事です。本当は中身もUPしたいところですが、時間もないので、今回は控えます。

    さて、この記事が出た後、

    ASKAの薬物使用が発覚するんですが、そのきっかけを作ったのは、週刊文春が2013年8月8日号(8月1日発売)「シャブ&飛鳥の衝撃 飛鳥涼は「覚せい剤吸引ビデオ」で暴力団に脅されていた!」という記事⇒チャゲアス飛鳥が『覚せい剤吸引ビデオ』で脅迫されていた!-週刊文春WEB; 2013年7月31日です。

    さらにASKAの逮捕は、2014年5月18日。

    覚醒剤と合成麻薬MDMAの使用で「懲役3年、執行猶予4年」の有罪判決を受けたのは、今日2014年9月12日(⇒ASKA被告判決 「大切なことは何なのか、一から考え直して」裁判官が説諭 (産経新聞) 産経新聞 9月12日(金)23時0分配信 - Yahoo!ニュース

    です。

    佐村河内氏の嘘が発覚するきっかけとなったのは、同じ週刊文春の2014年2月13日号(2014年2月6日発売)「驚愕スクープ 全聾の作曲家はペテン師だった!」という記事⇒「現代のベートーベン」佐村河内守氏のゴーストライターが語った! | スクープ速報 - 週刊文春WEB 
    2014.02.05 18:00

    佐村河内氏が、自らの嘘を認める記者会見を開いたのは、2014年3月7日です⇒佐村河内氏「私のうそで迷惑かけた」 新垣さんに反論も:朝日新聞デジタル-2014年3月7日18時32分

    この問題については、たまたま文春が、スクープを連発していますが、文春が誤報をしないか、ということで言えば、当然にマスコミである以上、期せずしての「誤報」はあります。

    そして文春の報道の前には、疑惑報道を、別のメディアがする前打ち報道もあります。

    ASKA氏の場合⇒東京スポーツなど。

    佐村河内氏の場合⇒新潮45など。

    必要なのは、多少誤報はあっても、国民全体から見れば、それを暴いていく複数メディアの存在への許容性、マスメディアの多様性への包容力(この点、大手新聞や放送メディアと異なり、雑誌やスポーツ新聞の表現の自由を馬鹿にする風潮があるのも気になります)、つまりは表現の自由の重要性への理解です。

    表現の自由は、単独のメディアの報道の自由も当然に指しますが、真実に近づく、歴史の英知として、国民全体に認められたものです。

    ということで、「誤報」問題は、現場記者のリテラシー、会社としてのリテラシー、読者としての国民のリテラシーにかかわる問題ともいえます。

    吉田調書等は、朝日新聞が最初にこの問題を報じなければ、その公開は、10年以上遅れたと思います。
    調書は、原発事故を考えるうえでの、一級の資料の一つであり、我々の税金で集めた資料です。

    この時期に公開されたことは、原発訴訟に関わるものとして、とにかく結果としては、本当に良かったと思いますし、この点は、国民、そして日本という国に、大きく貢献したと思います。

    2014.09.11

    すごいまるで僕の空港!=富山きときと空港 ⇒ 2014年10月4日、富山県入善町で「消費者講演会」を行います。

    僕のインターネット上のハンドル名は、きときと

    まるで僕の名前を冠した空港です。

    富山きときと空港

    とっても、近しい感じがします。

    しかも英語表記は、TOYAMA KITOKITO AIRPORTです。

    僕の英語表記、KITO とまんま同じになります。すごいです!

    実は、来る2014年10月4日、この富山県の入善町で、僕の講演会を開きます。最寄りの方、ぜひ来てみてください。

    タイトルは、「悪徳商法の手口と撃退方法」です。

    Tizu5


    「平成26年度 消費者講演会」

    日 時 

     平成26年10月4日(土)

     開 場 12:30

     開 演 13:00

     寸 劇 「うまい話にのられんちゃ」
         出演 入善警察署のみなさん
            (だまされやす子さんもやってくる)

     講 演 13:30~15:00
         演題「悪徳商法の手口と撃退方法」
         講師 弁護士 紀藤 正樹 氏

     
    場 所
     入善まちなか交流施設 「うるおい館」イベントホール
     〒939-0626入善町入膳5232-5 TEL 0765-72-0123

     
    定 員
     200名(整理券が必要です)

    ●整理券(無料)は9月5日(金) 9:00から

     入善まちなか交流施設 「うるおい館」窓口にて配布(お一人様2枚まで)

     ☆ちらし・ポスターはこちら
    Toyama20140104


    ■お問い合わせ 入善町役場 住民環境課 生活環境係
     〒939-0693 入善町入膳3255 

     TEL 0765-72-1100(内線132) FAX 0765-74-2364 


    ---------------------------------------------------------------------------------------

    [参考]

    Goo辞書-富山方言:あのひとあ、きときとの人や→(あの人は気力の充実した人だ)

    2014.09.10

    金スマ報道最後の「倉渕透=MASAYA=MARTH=倉渕雅也」のコメントのToshi及び紀藤に対する名誉き損性と虚偽性について #XJAPAN #Toshi

    金スマ X JAPAN Toshi 2014年8月22日 part 8 8 - YouTube


    Toshi140822


    ホームオブハートの主宰者であるMASAYA=倉渕透=MARTH=倉渕雅也は、

    金スマの取材に答えて、次のように答えている。

    「様々に言われていることがあると思います。 事実無根のことでございますが そのようなことで争う悲しみは 人類の痛みと同じ 大変つらいことと感じてやみません 彼の幸せと繁栄を、 そしてみなさまのご健勝と幸せを 陰ながら心よりお祈り申し上げます。」

    しかしMASAYA=倉渕透=MARTH=倉渕雅也が、何の根拠もなく、

    事実無根のことでございます

    などとコメントすることは、

    真実を語るToshiに対する名誉き損

    であると同時に、

    後半は、争っても勝てないことと感じたのか、「人の良さ」を装っています。

    しかして、そのホームオブハートや倉渕透らの真の姿は、

    僕のこの「ブログ」で既に記載したとおりです。

    MASAYA=倉渕透=MARTH=倉渕雅也の発言から見るホームオブハートの真実=2010.01.24UP

    TOSHIの妻:守谷香=森谷香=出山香=WANKUの発言から見るホームオブハートの真実=2010.01.23UP

    しかもこれはあくまでもさわりにすぎません。

    MASAYA 倉渕雅也 オフィシャルサイト

    このサイトでは、

    「彼の幸せと繁栄を、そしてみなさまのご健勝と幸せを陰ながら心よりお祈り申し上げます。」

    などと言いながら、

    いまだに、

    「MASAYAがプロデュースしたアーティストをご紹介いたします。」

    として、Toshiをプロデュースしたこと、そしてToshiの歌のUPを続けている。

    なんという厚顔無恥!


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    紀藤の著書
    →マインドコントロールについて、もっと知りたい方は、ぜひ僕の本を読んでいただければ幸いです。
    Toshlさんの脱会についても触れています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    «ブログ更新>僕が提唱する「無知・脆弱性不法利用罪」の重要性!・・Toshiさんの本「洗脳 地獄の12年からの生還」に、アマゾンの殿堂入りレビュアーであり、トップ10レビュアーである Edgeworth-Kuiper Belt さんが、感想を寄せていただきました。

    2014年10月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    最近の記事

    最近のコメント